【独占欲が強い男性】浮気や行動 心理の特徴を徹底解説

 

独占欲の強い男性の浮気や行動、そして心理を詳細にご紹介しています。

 

この先を読んだあなたは、独占欲の強い男性との付き合い方を、よく理解できるようになるでしょう。

 

そして、他では聞けない内容に、きっと驚きを隠せないことでしょう。



《広告》


 

「独占欲の強い男性が浮気をする理由」

 

 独占欲の強い男性が必ずしも浮気するとは限らないことを、まずはお伝えしておく必要があるでしょう。

 

とは言え、独占欲の強い男性には、ある特徴的なものがあり、それが浮気へと発展するか、その可能性があるとは言えます。

 

言い換えるなら、独占欲の強い男性が浮気に発展しやすい理由というのは、もしかしたら自信を持ってお伝えでいるかも知れません。

 

とは言え、これが全て当てはまることはありません。

 

あくまで可能性の一つであり、本来はあなたが独占欲の強い男性や、相手をどのように見て判断するかに委ねられます。

 

では独占欲が強い男性が浮気をしやすい傾向をご紹介します。

 

まず、独占欲とは自分のものを思うがままにしたいとか、多くのものを自分だけのものにしたい、多くのものを自分専用で所有したいという欲求だと考えられます。

 

これが恋愛になると、付き合っている女性を自分だけのものにしたいということに加えて、自分好みの女性全てを自分だけのものにしたい、という心理が働きやすいと言えるでしょう。

 

これを実際の行動に移せる男性はおそらく、とても自分に自信があり、誰もが自分に注目さえする存在だと思っているかも知れません。

 

とにかくとてつもない自信と、思い通りにならないと気が済まないという自分勝手さを持っている可能性があります。

 

何かを自分だけのものにしたい、という考えは、自分の思い通りにしたいという自己都合をより前面に出している考えだと言えるでしょう。

 

しかし現実的には大抵の場合は、自分の思い通りになることはないものです。

 

それを思い通りにしてしまう人が、時と場合によってはいるものです。

 

例えばさほど大きくない会社の社長や上司などは、自分の思い通りに社員が動かないと、癇癪を起こしたりもする人がいるでしょう。

 

 

独占欲が強い男性は、自分の思うがままに、現実が動いて欲しいという願望が強い傾向があります。

 

その結果、例えば好きな女性がいて、その人と付き合っているのに、もっと可愛い女性が現れると、それも自分だけのものにできないかと考えになりやすくなります。

 

欲しいものがあると、それを絶対に手にしたいという、まるで小さな子供のような発想に似ているかも知れません。

 

そしてそれが手に入らない時や、自分の思い通りにならなかった時、または自分だけのものでない時は、感情的になり、心理的なバランスを崩し、そして攻撃的になるでしょう。

 

このような心理的状態になると、自分は思い通りにならなかったのだから被害者だという意識もあるでしょう。

 

そして、だから何をやってもいいという思考も大きくなる傾向があります。

 

この結果、浮気へと発展する可能性を、本人が高めてしまうことがあります。

 

冷静に考えて、現実というものをよりよく受け入れてみれば、そのような衝動に駆られるほど、心理バランスを崩す必要もないのですが、独占欲とは、その人の理性的思考を抑制することがしばしばあるのです。

 

そして独占欲の強い男性は、自分は何をやってもいい、という思考がどこか深くにある可能性があります。

 

これは浮気の引き金を容易に引くことを、助ける要素になっているでしょう。



《広告》


「独占欲が強い男性の特徴とは」

 

独占欲が強い男性の特徴とは、上述のように、自分の思い通りにしたいという欲求が強い傾向があると言えるでしょう。

 

これが自分の好みのものは、必ず手に入れ、自分だけのものにしたいという欲求を生みやすくします。

 

そして思い通りにしようとするし、それでも思い通りにならない時は、とても心理的バランスを崩し、攻撃的になりやすいと言えるでしょう。

 

 

この世界で、思い通りになることは、思い通りにならないことよりも少ないと言えるかも知れません。

 

なぜなら。自分の思い通りになるには、その実現を手助けする誰かが必要となることが多いからです。

 

自分はお金持ちになりたい、そう思っている人がいるとします。

 

しかしお金持ちになる願望をいくら強く持っても、その人にお金を支払ってくれる人が多くいないことには、彼は一生かけてもお金持ちにはなれないのです。

 

つまり、独占欲が強い傾向の男性は程度にもよりますが、誰かや第三者に対して、自分の思い通りに動いてもらうことを、過度に期待する特徴があると説明ができるでしょう。

 

これが恋愛になると、付き合っている相手には、自分の思い描いた通りに動いてもらい、また自分の希望通りに自分を理解してもらいたいと期待していると言えるかも知れません。

 

そしてそれに背くと、全く相手にしないか、外方を向くこともするでしょう。

 

そのためこのような男性を否定することや批判することは、とても危険度が高いと言えるでしょう。

 

独占欲が強いとは、つまり、自分勝手な特徴があると言えます。

 

話し合って理解してもらえる人ならいいですが、できない人もいることは事実です。

 

そして独占欲の強い人と付き合うなら、それは、その人の思い通りに動かなかったら、自分が否定されることを示唆します。

 

暴挙にも出るかも知れないし、徹底的に非難されるかも知れません。

 

これは相手のストレスと疲労の蓄積度合いによって、大きく異なる特徴と場合があるでしょう。



《広告》


「独占欲が強い男性の行動とは」

 

独占欲の強い男性の行動的な特徴には、相手を自分の支配下にしようとする、コントロールしようとする、意見を聞かない、反対者は徹底的に避難するなどの行為をする可能性が高いといえます。

 

独占欲は上述しているように、自分の思い通りにいかないことは許せない思考回路の持ち主だとも言えます。

 

自分に自信があるとも言えますが、それを打ちのめされたときは、かなり強い負の感情に苛まされていることでしょう。

 

独占欲の強い男性は、しばしば、このように自分に軸があり、そして自信に溢れ、さらには行動力もあるため、女性からすると魅力的に感じることがあります。

 

そのため、モテる人も多くいるでしょう。

 

しかし彼らの人生は、自分都合に物事を解釈しようとする傾向があるので、心理と同時に人生も波乱万丈の傾向があるでしょう。

 

そのような男性と、あなたがどうしても付き合いたいと思うなら、これは全く自由な選択に委ねるものですが、とても苦労する傾向があると言えるかも知れません。

 

ただし、自分が相手に魅了されていて、理性的な判断を行使できていないかも知れないということは、考えた方が良いでしょう。

 

理性的な判断ができていないというのは、つまりほぼそのまま、あるがままを見えていないという身体状態だといえ、人の脳機能にはそのように仕向ける傾向があります。

 

つまり独占欲の強い男性と同じように、理性的思考が感情的思考によって抑制されている可能性があり、また、それは将来のリスクから考えが離れていることを示唆します。

 

魅了されるというのは、大袈裟にいうと、有名なアイドルが目の前に現れた時の心理に似ています。

 

目の前に自分が大好きな有名なアイドルが出現した時、おそらく多くの思考が止まり、事態を把握することも困難で、相手のいうがままになってしまうことがあります。

 

これに似たようなもので、人に魅了することはすでに、自分が理性から感情に傾き始めていることを示唆しているのです。

 

独占欲の強い男性も、自分の思い通りになるようにあなたに仕向けたり、それにそのままなんら疑いをしないで、受け入れて行動してしまう可能性を高めます。

 

判断をするときは、自分自身を取り戻してから、行うことが良いと言えるでしょう。



《広告》


「独占欲の強い男性の心理とは」

 

独占欲の強い男性の心理には、とてもバランス感覚に欠けた状態と特徴があると言えるでしょう。

 

上述してきたように、独占欲の強い男性には、自分の思い通りにならないと気が済まないという心理が強く働いている傾向があります。

 

これは現状が自分の思い描いたもの、感じたいもの、獲得したいものとかけ離れるほど、心理的バランスは悪化の一途を辿りやすくなります。

 

そしてこの心理的バランスの維持は難しいといえ、日常的にアンバランスであると言えるでしょう。

 

なぜなら、自分の思い通りになることの方が、この世の中では少ない傾向があるからです。

 

人は独占しても、それを一生は独占し切ることは不可能です。

 

これは状態は変わり、環境は変わり、さらには人の心理も変わり続けるからであり、独占するという行為自体が、かなり愚かな行為だと言えるでしょう。

 

しかしそれに固執している人が、独占欲が強い人だと言え、かなり大きな精神的苦痛や身体的な苦痛を体験しないと、気がつかないことが多くあります。

 

 

独占欲が強いと、自分のためならなんでもしようとするし、その行動ができる傾向があります。

 

つまり、このような人はどんどんと前に進み、障壁をぶち壊し、怖いもの知らずのようにみえ、自分にもそのような心理状態でいると思い込んでいることでしょう。

 

しかしそれは逆であることが往々にしてあります。

 

時として独占欲の強い人は、失敗、間違い、敗北、劣ることを嫌っていることが多くあります。

 

そして、勝利、成功、正義、優勢を、強く求めていて、それを追いかけ続けていると言えるでしょう。

 

これらは短期的成功者に多くある特徴で、長期的な成功者は真逆のことが多く見受けられます。

 

つまり心理的に短期で物事を判断する特徴があり、これは短期的視野、短期的価値、短期決戦が得意であるとは言えます。

 

そして独占することにおいても、短期的にそれができることを望んでいて、すぐに独占したいという欲求があり、概ね強欲とも言える特徴があるでしょう。

 

そしてこれらは長くは続かないので、思い通りにいかないときが続くと、心理的バランスを崩しやすいと言えるでしょう。

 

特に思い通りにいかないことには、敏感であり、浮き沈みの激しい心理だと言えそうです。



《広告》


  

「独占欲の強い男性との付き合い方とは」

 

 独占欲の強い男性とは、どのように付き合うと良いのでしょうか。

 

上述のような特徴をよく読んできたなら、その対応や対処には簡単なイメージが湧いているかも知れません。

 

そして問題は、恋愛関係として、彼氏として、旦那として、付き合っていく場合はどう付き合うことが効果的に働きやすいか?ということです。

 

これは相手に対して、長期的視野を促すような質問をすることが効果的かも知れません。

 

例えば、相手は自分の思い通りにいくことを強く望んでいて、それがきっとうまくいくとしか考えていないことがあります。

 

それはうまくいく可能性もあれば、そうではない可能性が同じく存在します。

 

もちろんよく考えた結果、大丈夫だという見立てによって、判断をしていることもあるので、彼の行おうとしていることを否定すると、とても攻撃をされる可能性が高いでしょう。

 

そうではなく、それがどれくらい長期的に継続する可能性があるか、それを教えて欲しいと伝えてみることや、質問をしてみると、相手の短期的な視野を少し広げることに役に立つでしょう。

 

もちろん、これが必ずしも大きな効果と確証となることはありません。

 

ただ短期的な視野と考えを、どうしたら長期的なものに少しでもなるかの工夫をすると良いkもしれません。

 

そして短期的な考えでいると、浮気の可能性さえ、高くなると言えるでしょう。

 

上述のように、浮気を肯定する傾向が強く、浮気をすることも短期的な欲求を満たすことに他ならないと言えるでしょう。

 

そして自分の思い通りに動くように、浮気相手にも強要する傾向があり、本当の彼女との付き合いも自分だけのものにし、浮気相手も自分だけのものにしようとする傾向があるでしょう。

 

どちらかを選べと迫っても、おそらくですが、自分の正当性を理解させるような主張を言ってくる可能性さえあります。

 

 

どちらかを選ぶように強制的にするよりも、それを続けた時に、彼にどのようなメリットがあるか、それを考えて欲しいと思考の軸を変えるように仕向ける方が、良いかもしれません。

 

これが長期的に続いたとき、万が一のリスクを考えているか?

 

このような類の質問で、もしかすると目を覚ますかもしれません。