【浮気を辞めたい男】辞められない心理と辞める方法を徹底解説

 

浮気を辞めたい男性は、実はやめられにくい心理があります。

 

まずその詳細をご紹介し、改善ができるであろう方法をお伝えします。

 

これで彼の浮気を自然に止めるこおとができるかもしれません。



《広告》


「浮気を辞められない男は、浮気が楽しい」

 

浮気を辞められない男は浮気が楽しいと言う感覚が、もしかしたらある可能性があります。

 

浮気が楽しいものになっているのは、上述のように、思考回路が深く関わっていると言えます。

 

つまりこの場合は、楽しいことを辞めなてくはならない、と言うことが辛いか、または拒絶しているから、浮気を辞めたいけど辞められない可能性があります。

 

楽しいことを誰も辞めたいとは、なかなか思えないものです。

 

例えば、毎週の日曜日に何かのイベントに行くことが楽しみだとしたら、それを辞めることは、「どうして?」と言う疑問しか浮かばないでしょう。

 

しかし仮に、イベントに行くのが経済的な理由で不可能となったとしたら、仕方がなく行くのを辞めるはずです。

 

このときの心理には、がっかりし、悔しさや、怒りや、イライラした気持ちなどがあることでしょう。

 

浮気が楽しいと言う男性にも、浮気をやめろ言われたり、辞めざるを得ないとき、同じようにがっかりとしたり、悔しさや、怒り、イライラなどがある可能性があるのです。

 

浮気がたとえ悪いことであっても、楽しいと言う感覚があると、それを捨てることはとても困難だと感じてしまうものです。

 

そして浮気を辞めたとしても、浮気ができそうな現場や状況になっとき、再び楽しさが味わえると言う思考が浮かび、心理的に興奮し、楽しさを手に入れるか、それとも辞めたからやってはいけないと言う選択を選ぶかの、激しい葛藤が生まれることになるでしょう。

 

この葛藤はとても辛い体験とななり、本人に降りかかることが多くあります。

 

 

脳の記憶や認識の中で、楽しいことを辞めることは、すぐには難しく、浮気の楽しさや楽しさを獲得することが、自分にとってどれだけ無意味だったかを思い知る必要があるでしょう。

 

しかし、それを思い知ることによって、人は葛藤を起こすこともなく、浮気を捨てることができたりもするし、その可能性を自分で高めることにもつながるのです。

 

本人が浮気の楽しさが、どれだけ自分に役に立ったかを、見つめ直すことは重要です。



《広告》


 

「浮気を辞めたい男は、辞められない」

 

 浮気を辞めたい男は、なかなか浮気を辞められないことがあります。

 

その理由の一つは、浮気に対してすでに、思考回路が出来上がっている可能性があると言えるからです。

 

多かれ少なかれ人には、辞めたくても辞められないものがあるものです。

 

例えば甘いものを食べることや、コーヒーに含まれているようなカフェイン、その他にも嗜好品の数々は、辞めたくても辞められない人は多くいるでしょう。

 

これは男性の浮気にもよく似ている思考回路や特徴があると言えます。

 

つまり、辞めたくても辞められないものとは、ついそれを手にしてしまう、ついそれをやってしまうと言う習慣がついていることがいえ、それはすでに、それが自分にとって必要不可欠のものだと言う強い認識があると言えるのです。

 

例えば、嗜好品を辞めるとき、自分で辞めたはずだし、それを辞めたいと思っているのにもかかわらず、楽しみを奪われたとか、これがなくてイライラしてしまう、そうなってしまうのは仕方がない、と言う被害的な妄想や思考に偏ることがあります。

 

自分で辞めたくて辞めたのに、いざそれを辞めたら、とても惨めな思いを募らせてしまうのです。

 

これは自分の思考の中で、必要不可欠なことができなくなった、と言う思考が働いており、それによって、人生の中で必要なものを奪われたように錯覚を抱いていると言えるでしょう。

 

つまり、浮気を辞めたいけど、辞められない男性は、浮気やあるいはその種の行為が、自分の中で必要不可欠なものだと言う認識が強くなっている可能性があると言えるのです。

 

これを次の日から、一生浮気をしない。と言うように誓ったとしても、または誰かに公言したとしても、おそらくストレスとイライラ、怒り、惨めさなどの感情に満たされてしまうでしょう。

 

そして大抵の場合、この辛さに耐えられなくなり、辞めたいはずのものに再び手を染めることが、多くあるでしょう。

 

これは人の習慣を作り上げる、記憶や行動、情動といったものがとても深く関わっています。

 

人は、自分に良いことを習慣的に行う傾向があります。

 

 

そして人にとって良いこととは、多くの場合で快楽的なものや興奮的なものであり、それをずっとしていたいと思うようになる傾向があります。

 

また一度思考や行動が、習慣的になると、この習慣を変えようとすることに、思考が及びにくくなる傾向があります。

 

甘いスイーツを食べときの快楽と興奮に、浮気が似ていているなら、それを我慢することはとても難しいものでしょう。

 

浮気を辞めたい男性は、すでに浮気によって手に入る、快楽と興奮の虜になっているといえ、それが必要なものだと言う認識に発展している可能性があるのです。

 

これが辞めたいのに、辞められない理由の一つになると言えるでしょう。

 

しかし、もちろんそうだからといって浮気を全く辞められないことはありません。

 

自分の思考回路がどのようなことを習慣化しているかに気が付き、それが全く幻想で、ただの想像で、全く信用ならない思考だと言うことに気がつけば良いだけです。

 

なぜなら、以前は今のような思考回路など持っていなかったし、それがなくても普通に生活してこれたと言う事実があるからです。

 

しかしいつしか、自分の快楽と興奮を求めてしまうように、思考回路が作られてしまい、そして習慣化してしまっただけだと言えるのです。

 

思考回路を変えるには、例えば浮気したい衝動が出てきたときに、これは幻想だ、これは全くこれからの自分には役に立たないものだ、と言うように、新しい思考回路を習慣化させる必要があります。

 

このとき、行動的な努力よりも、おそらくこの思考的な努力の方が効果的です。

 

なぜなら人の行動の多くは、意識的、無意識的にかかわらず、思考から生まれることがほとんどだと言えるからです。

 

自分の思考回路を変えるには、捨て去りたい思考回路が、自分にとって本当に望んだ結果に、どれだけ貢献してきたかを冷静に考えると良いかもしれません。

 

きっと自分で自分に仕掛けてきた洗脳から、離れることができるでしょう。

 

そうすれば、浮気は不思議なほど、男性にとって無意味で無価値のものになることでしょう。



《広告》


「浮気を辞めたい男が、浮気を辞める方法とは」

 

浮気を辞めたい男が、浮気を辞める方法には、上述のように思考回路と心理時的な状態を自分で整理整頓することが重要となります。

 

特に、浮気に対して辞められないほどの興奮、楽しさ、快楽の認識があるのなら、これら刺激的な心理作用に支配されやすいと言えるでしょう。

 

そしてそれは、つい興奮と楽しさと快楽が勝ってしまう心理を、持っていると言えるかもしれません。

 

これは思考回路がすでに構築されていると言え、本人はおそらく無意識的な反応で動いていると言えます。

 

無意識的な反応というのは、熱いものに触ったとき、何も思考が及ばずにすぐに手を引くような、反射的な反応に近いものだと例えることができます。

 

つまり浮気を実際にしようとするとき、まさに興奮と快楽の坩堝の中にいて、全く他の思考が浮かばず、集中的になってしまうことです。

 

とは言え上述にもあったように、たとえどのような思考回路であっても、その思考の進行を止めることは可能だと言えるでしょう。

 

そして思考が途中で止まれば、その思考回路は機能しなくなり、浮気をしそうになっても未然で止めることが容易になっていくでしょう。

 

思考を途中で止めるには、自分でいかに浮気が自分の人生の願望と反対の効力があるかを認識する必要があります。

 

これは言い聞かせたり、無理やりにそう思い込むことではなく、とにかく冷静に、理性的な思考ができるときに、考えることを繰り返すことが重要です。

 

冷静で理性的な状態とは、例えば嗜好品を摂取していないタイミングや、ストレスやイライラ、または疲労が蓄積していないタイミングが望ましいでしょう。

 

これが揃うタイミングというのは1日の中で、おそらく多くはないものです。

 

人はいつも忙しく動き、また世の中の動きも早いため、それについてくのに必死なことが多くあります。

 

そのため、冷静で理性的になれるタイミングは、多くの場合で朝の寝起きくらいだと言えるでしょう。

 

それも休日で、朝急ぐ必要がない日が望ましいでしょう。

 

その時は、朝起きてぼーっとしたままでもいいので、浮気が自分の人生の希望を叶えるものか、それとも全く役に立っていないものか、あるいは全く望まない結果を自分に与えているか、などを考えてみると良いでしょう。

 

冷静で理性的に考えるとは、何も脳がテキパキと仕事をしている時とは限らないのです。

 

冷静で理性的とは、物事を中立で、客観的に捉えることができる思考の時だと言えます。

 

つまり浮気はよくも悪くもないが、それが自分にとってはどのような効果を発揮しているのか、望む効果なのか、そうではないのかを、中立の思考状態で考えてみると良いかもしれないということです。

 

浮気を悪者にして、それに打ち勝つようなことも可能かもしれません。

 

しかしこれは、理性ではなく感情で処理をしているため、浮気願望が生まれては戦い、また生まれては戦いという、とても辛い状況を強いることになるでしょう。

 

そうではなく、浮気をあくまで中立の状態で捉えて、それが自分の人生の目標や絶対に手にしたい幸福のために、役立っているかどうかくらいは、考えることが重要です。

 

全く役に立たないことを、これからもずっとやっているのはただの時間の無駄でしかなりません。

 

また自分の人生で絶対に手にしたいものから、遠ざかったり、あるいは全く望まない効果と結果となっているなら、今後も浮気を続ける意味などないことに気がつくでしょう。

 

これらを冷静に判断できるのは、脳がテキパキと働き、覚醒している時ではないことが多いのです。

 

むしろ、脳がテキパキと働いている時は、多くはどちらが損か得かということに重きを置いて考えていることが多くあるでしょう。

 

例えば、浮気は辞めたいけど、これまでの楽しみがなくなってしまう・・・・という考えや、浮気は辞めたいけど、妻やパートナーにバレたりするのが怖い・・・などの考えになりやすいでしょう。

 

つまり浮気を辞めたいけど、それによって自分は損をするのではないか、何か不都合なことがないか、という自分の習慣や楽しみを守ることばかりに思考が向いてしまうことがあります。

 

このような脳の思考状態は、合理的に考えているようですが、自分の習慣や思考回路を断ち切るには、あまり役に立たないものです。

 

結局は、自分の都合のよい思考や習慣を守ろうとする思考が勝つでしょう。

 

思考回路を断ち切り、それを潔く捨てることができるのは、人間の理性が必要です。

 

理性的にそれを捨て去ることに成功すれば、浮気がどれだけつまらないもので、自分の役に立たないかをよく理解していることを示唆します。

 

これが潔く、浮気を辞める一つの方法だと言えるでしょう。



《広告》