浮気したけど復縁する場合、連絡はするべき?

 

自分が浮気したが復縁したい、連絡したい時、どうすれば良いかを独自理論に基づき詳細にご紹介しています。

 

あなたの聞いたことなかった、驚きの内容を知ることでしょう。

 

そして、あなたの悩みの改善の助けになれば、これに勝る喜びはありません。

「浮気したけど復縁した時はいつ連絡をするべきか?」

 

浮気したけど、復縁したい思いがあり、連絡はいつした方が良いのでしょうか。

 

もちろん、浮気直後にはおそらく冷静さに欠けている可能性がお互いあるので、ある程度落ち着いてからの方が良いとは思えます。

 

例えば冷却期間などを設けることは、良い方法だと言えるでしょう。

 

とは言え、相手が浮気に対して、全く理解を示していない時は、この期間は長くなる可能性があります。

 

浮気にはそれだけ、人を傷つけるだけでなく、今までの信用を裏切ることだと捉えている人は多くいるものです。

 

そのため、復縁も決して容易でないものだと言えます。

 

再び相手に連絡する時、最適な時期は自分でしっかりと見極める必要がありますが、相手の人はもしかしたら、あなたの連絡先さえ、すでに消去している場合も考えられます。

 

そのため、期間を起きすぎると、全く覚えられていないこともあるでしょう。

 

復縁したくて、また連絡をとる時に、必要なことはあなたの覚悟になると当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

つまり、復縁をうまくしようとか、復縁ができることを期待しないことです。

 

まずは何が必要で、何を捨てるべきかを、この冷却期間中に考えると良いでしょう。

 

とくにこの場合の復縁にはかなり多くのハードルと、かなり多くのステップが必要となる場合があります。

 

なぜなら、たった一度の浮気によって、長期間に渡って積み上げた信頼や信用を失ってしまったと言えるからです。

 

相手からしたら、それまで日常的だったあなたとの関係が、実は全くの幻想だったという事実を、突きつけられたような感覚だったかもしれません。

 

この場合の相手の人の気持ちは、何を信じて良いのか、全くわからなくなった心理状態になっていることでしょう。

 

この心理状態は、同じ人をもう一度信じることに、かなり強い抵抗が生まれていることがあります。

 

これは人の本能的な機能でもあり、この本能は自己防衛の本能の一種だと言えるでしょう。

 

自分を二度と、あのような苦しい機会に遭遇させないように、記憶にしっかりと今回の体験を刻み込み、例えば再びその人が近づいてくると、それを強く拒絶するようになるものです。

 

これは恋人同士でなく、友人知人や、見知らぬ人にも同じような機能が働くことがあります。

 

二度と顔も見たくない、という思いになる本能的な働きだと言えるでしょう。

 

本能は危険から離れることや、危険な現象、危険な人物や対象物から離れるために機能しているものです。

 

そのため、危険な人物という記憶になると、連絡も、会うことも、かなり困難となる可能性があります。

 

これは自分の都合だけでは、全くうまく進行することはほとんどないと言えます。

 

相手をとにかく尊重し、自分がまず何を得るだけで十分か、それだけ達成できれば十分だというものを決めると良いでしょう。

 

例えば、連絡をするだけでいい。相手が電話を受けてくれるだけでいい。覚えてくれただけでいい。などなど、細かく自分のステップを明確にしていき、目の前のステップだけが達成されるだけで満足することが重要です。

 

そして、それ以外の展開や期待は、一切捨てることが良いでしょう。

 

もしそのようなことを期待していると、それは裏切られる可能性と、本当に裏切られたときの精神的苦痛が大きくなる場合があります。

 

もちろん、ステップが全てうまくいくこともあり得ないことです。

 

相手の怒りや感情、記憶次第では、全く進めないステップも存在するでしょう。

 

以下のことは、常に理解し、覚悟しておくと良いかもしれません。

 

それとは、相手の人は、あなたを再び信じるのが、とても怖い、ということです。

 

これは個人差もありますが、これを前提に考えておくと良いかもしれません。

 

言い換えるなら、大きな犬に噛まれた経験のある人が、犬に触わることを躊躇してしまう精神構造に似ています。

 

この心理はしっかりと、理解しておく必要はあるでしょう。

 

そして連絡をするのに最適な時期は、この心理ができる限り治まってきた時か、細かなステップによってこの心理を穏やかにしていくことが重要だと言えます。

 

復縁を急に迫っても、相手にはこのような恐れから自分を遠ざけようとする心理が、強く機能していると言えます。

 

復縁を焦らず、復縁したくても、今はそのゴールを求めないこと、目の前のステップだけが達成されることで十分であるという意識を持つと良いでしょう。

 

その繰り返しが、復縁に繋がっている道だと、覚悟することが重要です。



《広告》