彼が浮気したけど復縁し結婚に成功する方法とは?

 

彼が浮気し、別れた後に復縁し結婚まで成功できることはあり得ます。

 

その時どのようなことが必要か、これより詳細にご紹介しています。

 

きっとあなたの復縁や結婚の悩みを、改善することになるでしょう。



《広告》


「彼が浮気したけど復縁するには?」

 

彼が浮気し、それでも復縁をしたい時、それを実現するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

まず復縁したいという側があなただとしたら、彼の浮気を許せるかは重要だと言えるでしょう。

 

彼の浮気を許すとは、完全に、それを今後も忘れ去ることが可能かが問われると言えます。

 

例えば浮気されたときの怒りも、悲しみも、それら情動的に強く記憶に残ったものを、手放すことができるかということを意味します。

 

これは実は、意外にも難しいことでもあります。

 

なぜなら、人は情動が強く働く体験をした時、その情動の強さに比例して、記憶に深く宿すという性質があるからです。

 

これは情動記憶と呼ばれています。

 

わかりやすくいうと、怖い体験などはとても強い情動記憶として残り、今後はそのような怖い体験をしないように、この記憶が機能することが往々にしてあるのです。

 

怖い体験や同じような思いになることを避けようと、脳は本人が無意識か意識的かには関係なく、避けようとする方向に仕向ける機能です。

 

浮気のときに強い情動つまり何らかの感情が生まれた時は、これは記憶の中でも強く、そして色こく残されている可能性があります。

 

これは浮気したことをしっかりと忘れたり、捨て去ることが困難な傾向にある理由の一つとなるものです。

 

しかし、もちろん強い情動記憶だからと言って、必ずしも忘れることができないとか、難しいわけでもないのです。

 

人は情動的な部分や思考と、理性的なそれらの機能があります。

 

つまり、人の考えと心理状態にはこれら二つの状態をいつも行ったり来たりしており、バランスをとっている状態とも言えるのです。

 

浮気をされたときや、忘れることが困難な時は、ほとんどが、情動的な思考やその心理的状態にあると言えるでしょう。

 

そして決まって、このような思考と心理の状態では、彼が浮気をしたことを許すことは困難を招かざるを得ないでしょう。

 

それはなぜか?

 

情動的な思考と心理は、自分を守ろうとする思考に重きを置いていることがほとんどだからです。

 

自分を守るとは、自分の都合の良いように解釈したり、都合の良いことにならないか期待したり、都合の良い結果にしよと力を加えることを意味します。

 

これは自分が再び、以前に記憶した情動記憶の二の舞を受けないようにするための、本能的な行動であり、行為の一つだと言えます。

 

そしていうまでもなく、これは自分を軸にした思考であり、自分中心の思考や決断となりやすいものです。

 

これでは、復縁をしたとしてもおそらく、あなたか、もしくは相手の男性の心的なところは完璧に満たすことは難しくなるでしょう。

 

どちらからが損をし、どちらかが得をしている、そんな関係になりそうです。

 

これでは、復縁したとしても結果的にストレスな関係性を構築しかねません。

 

浮気した彼とよりよく復縁するには、浮気を相手がしたとしても、それから先は全くのフィフティーの関係であることを認識する必要があるでしょう。

 

つまり、浮気はもう、どうでも良いことか、またはそれは2人が一緒にいることに比べると、まるで問題にはならない、という状態や関係になることが重要だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

浮気よりも、あなたと彼が、一緒にいることが最も重要であること、これに感情や情動ではなく、理性的に納得いくことができたら、きっと、以前よりも自然に、そして安心感さえ抱きながら、2人の関係は復縁されるかもしれません。

 

 

それだけ愛せる人がいるというのは、とても幸福なことです。



《広告》


  

「浮気した彼と復縁し結婚するには?」

 

浮気した彼と復縁したのちに、結婚をするために重要なことは、上述のことに加えて、あなた自身がしっかりと現実ということを受け入れられるかにあると、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

これはどういうことというと、現実とは誰にも平等で、個人がそれを変わることも、変えることも不可能なことを受け入れることを意味します。

 

そしてその変わらない現実というのは、この物理的な環境のことであり、物理的な環境とは、何事も起こり得るという事実です。

 

簡単にいうと、現実はあらゆる可能性がある、ということであり、これを受け入れることが、復縁した彼と結婚できるかにおいて重要だと言えそうです。

 

信じたくないという個人的な感情と価値観は全く別問題で、浮気をした彼が、また浮気をする可能性はあるのです。

 

とてもひどいことを言うように聞こえるかもしれません。

 

しかし、浮気を絶対にしないなど、口が裂けても言えません。

 

なぜなら、それがこの物理的な環境であるからです。

 

未来や将来のことは誰にもわかりません。

 

浮気した彼は浮気するかも、二度としないかもわかりません。

 

さらにこの事実は、浮気をしたことがあるかに関係なく、浮気をする選択肢とそれが可能な環境は、いつだって目の前に広がっているのです。

 

わかりやすく例えるなら、あなたがダイエットを始めたとします。

 

食事制限をして、大好きな高カロリーな甘いスイーツや食後のデザートを制限することにしました。

 

しかし、あなたには、いつだってスイーツを食べる環境にいて、いつだって、その気になれば食べられるし、いつだってその選択は可能なのです。

 

ただ、目標がその欲求や誘惑を上回り、選択しないだけです。

 

これはダイエットに限らず、ほとんど多くのことにいえる事実です。

 

私たちは、何かをしないと心に決めたとしても、実際にそれはいつだって可能なのです。

 

浮気をした人も、今までしたことがなかった人も、浮気ができる環境いれば、あとは選択するかどうかで、結果が変わってくることになります。

 

つまり、受け入れた方が良い事実というのは、彼はまた浮気をするかもしれない、その可能性は消えない、と言う事実だと言えるでしょう。

 

これを受け入れた上で、彼と復縁することも、その後に結婚することも決めると良いかもしれません。

 

必ずしも受け入れなくてはならない、と言うことはありません。

 

受け入れた方が良いだろうと、ただそれだけの話です。

 

なぜなら何度も言いますが、これを受け入れても、受け入れなくても、この物理的環境の特性は変わることはないからです。

 

つまりいつだって、可能性としてはあり得る、と言う環境が継続されるだけです。

 

受け入れておくことによって、おそらく、あなたには手にすべき最小限のことを決めている可能性があり、それ以外の結果にはあまり執着や関心が低い可能性があります。

 

例えば、2人が一緒にいるだけで、自分の人生は満たされている、だから結婚を決意したとします。

 

だとすると浮気をまたされた時はおそらくショックはあるでしょうが、この結果への執着は自分が確実に手にしていてことに比べると大したことのないように感じるでしょう。

 

彼と一緒にいるその幸せに比べると、浮気は大したことではない。

 

そう感じることがあるかもしれません。

 

自分が手にしたいことを決めて、それ以外のことや、それ以外の結果は目を瞑るか、関心を寄せないような心理になれると良いでしょう。

 

その一歩が、この現実という事実を、あなたなりに受け入れてみると良いかもしれないと言うことです。

 

 

 



《広告》