浮気したら復縁は無理?復縁を可能にする方法とは

 

自分が浮気したら復縁は無理だと思いやすいですが、決してそうではないものです。

 

これより、復縁を可能にできる方法を、ご紹介していきます。

 

あなたもきっと聞いたことがない内容に、驚きを隠せないかもしれません。



《広告》


 

「浮気して別れたら、復縁は無理?」

 

浮気をして別れたなら、復縁は無理かというと、きっとそうではないでしょう。

 

もしあなたが浮気をした立場で、復縁を求めている側だとしたら、難しいそうに感じているかもしれません。

 

事実、相手の怒りや、悲しみなどの感情の大きさによっては、これは困難になることや、または成功できたとしても期間を要することはあるでしょう。

 

しかし可能性としてゼロではないし、可能性をあげる要素としては、あなた自身の強い思いと覚悟と冷静さが必要になるでしょう。

 

浮気をされた方の相手は、とてもではないですが、簡単に元の関係には戻れない心理があるはずです。

 

その理由の一つに、相手の記憶にはおそらく、あなたが危害を加える存在だという認識となって記憶されているからと言えます。

 

人は自分にとって損失の大きい体験や、怒り、恐れなどの感情を強く伴った体験を、克明に記憶する性質があることがわかっています。

 

これを情動記憶といい、情動記憶は特に、恐れや不安、損失を避ける目的であることが多くあります。

 

おそらくですが、相手の彼は、あなただけでなく、これから交際したり付き合ったりする女性全てに対して、警戒心を抱いている可能性があります。

 

これは恋愛はすでに、危険を伴うものであり、自分は何も悪くなくても損失を被ることがああるという認識になっていることがあると言えるでしょう。

 

人は損失を喜んで受け取らないものです。

 

むしろ、わかっているならそれは避けるべきだと考える傾向にあります。

 

そのため、浮気したのがあなたの場合は、復縁はとても困難であるか、容易ではない可能性が高いのです。

 

しかし決して無理なことかというと、そうではないのです。

 

まずは、あなた自身がどうにかして、彼の中で構築された情動記憶、つまりあなたを避けるべき人物だという認識を、少しずつ変えていく工夫が必要になります。

 

それはどのような方法で可能となるのでしょうか?

 



《広告》


「浮気から復縁を可能にする方法とは」

 

断っておくと、浮気から復縁を実現する、その確かな方法はありません。

 

しかし、可能性を高めることは可能かもしれません。

 

上述のように、あなたはすでに、彼の中では避けた方が良い人となっている場合があります。

 

もしこのような状況であるなら、彼も、そしてあなた自身も、まずは理性的な心理と理性的な思考と、理性的な判断ができる状態を取り戻すことが重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

これを実現することが最優先であり、これがお互いにとって結果的に良い結果になる可能性が高いのです。

 

それはなぜか?

 

感情的なものが残っていると、感情的な思考と感情的な判断になりやすく、それは感情がまたどちらかに揺れると、すぐに壊れる可能性があるから、ということです。

 

つまり、2人はまたどちらかが浮気や問題などを起こした場合、それにすぐに感情的になりやすくなり、感情的な勢いで何かと決めてしまう傾向が高まります。

 

別れたり、また復縁したり、あるいは一生離れたりなど、感情は一定的ではないのです。

 

たとえ復縁が無理だったとしても、感情的だとだた傷つき、悲しみなどを感じることになりますが、理性的だとすぐにその結果に納得や合意があることでしょう。

 

理性的な判断はこのように、自分の中で完全に結果を受け入れられる心理的状態を助けてくれるのです。

 

そして、復縁を可能にする方法ですが、まずはお互いが冷静になるまで、期間をおくことが重要であり、また復縁を望むあなた自身は、理性的な時間帯に、復縁をするべきかを理性的に考える習慣をつけることが重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

浮気して別れたことや、まだ好きな感情、後悔、または罪悪感などが、あなたの中でほぼ完全になくなっていることが望ましいでしょう。

 

つまり精神を完全にリセットして、これからの復縁と彼との将来と、自分の人生を考え直すということです。

 

そして理性的な時間を利用するとは、朝の寝起きなどに、まずボーッとしたままでもいいので、今回の復縁をした方がいいかと自問自答することを意味します。

 

答えを出そうとするのではなく、まずはこの時間に聞いてみることです。

 

きっと答えはすぐには出ないことでしょう。

 

しかし、この寝起きの時間とは、一番感情的になりにくい時間帯であるため、質問に対して理性的な思考をしやすいと言えるのです。

 

感情的になってしまうと、つい、復縁したい思いや好きという思いが優先しやすくなります。

 

これらが優先されてしまうと、それに都合の良い答えを、合理的に考えようとしてしまう傾向を強めるのです。

 

しかしそれは客観的な事実とは異なり、自己都合の意見を中心に答えを出してしまう危険性を高めます。

 

だから感情的になりにくい、朝の寝起きを使ってみると効果的だと言えるのです。

 

また感情的にならない時とは、物事を中立にみることを助けてくれます。

 

浮気は確かに悪いことですが、それに対して必要以上の罪悪感を持っていると、自分の本当に望む答えを出しにくくなります。

 

復縁に対してもそうで、復縁したい欲求が高いと、今回の復縁について中立的な視野でみることが難しくなり、あなたの中で本当に納得できる答えを出しにくくなるでしょう。

 

まずはあなたが、理性的な思考によって、明確な答えを出す必要があります。

 

彼と復縁を望んでいるけれど、本当にそれがしたいことなのか?

 

自分がまた浮気をする可能性があるし、今度は彼が浮気をする可能性もある。それでも復縁は望むべきことなのか?

 

これらに対して、感情が一切左右されることなく、明確な答えが出ると、それはとても良い結果となるでしょう。

 

復縁ができる可能性はありますが、必ずしも、復縁をすべきでもないものです。

 

この答えは、あなたの中にのみ、存在しています。

 

よく探してみてください。

 

きっと、納得のいく答えが、答えの方からあなたに近づいてくることでしょう。

 



《広告》