浮気した彼との復縁が不安の心理を解消する方法

 

浮気した彼と復縁する時には不安があるものです。

 

ここではその心理と改善する方法をご紹介します。

 

あなたの不安はきっと、この先で解消することでしょう。



《広告》


 

「浮気した彼との復縁が不安になる心理的理由」

 

浮気した彼との復縁が不安になることは、理解できるものです。

 

また彼を信用していいのか、信じたらまた裏切られないか、などなど不安と心配は尽きないことでしょう。

 

このような心理になる理由とは、おそらくあなたの中に、浮気をした彼が、危険人物であるか危険な対象となってしまった可能性がると言えます。

 

これはとてもわかりやすく例えるなら、自転車で転び、大怪我をした体験をした人に例えるとことができます。

 

それまで普通に、自由に、安全に乗りこなしていた自転車で、スピードを出しすぎてしまい転んでしまったとします。

 

そして意外にも大怪我をしてしまい、それまで安全だった自転車の存在に対して、疑いを持つようになってしまう心理と似ているのです。

 

この時には二つの重要な心理の変化があることがわかります。

 

まず一つ目は、それまで安全なものだと信じていたものが、実はそうではなかったことに気がついたこと。

 

二つ目は、これから自転車には、より注意をして乗らなくてはならないと、恐怖感を抱くようになったこと。

 

これらは全て、それまでの自転車が全く別の存在として、疑いが生まれたり、恐怖心が生まれたり、扱い方を気を付けなくてはならない存在に変わったことを意味します。

 

つまり、浮気をした彼も、この自転車の存在のように、あなたの心理の中で変化した可能性があると言えるのです。

 

このような心理の変化は、人がもっとも強く拒絶や拒否をすることにつながりやすい変化の一つだと言えます。

 

なぜなら、人は自分が傷付いたり、心理的であれ物理的であれ損失を被るようなことを避ける本能的性質があるからです。

 

人は誰も、傷つきたくないし、損失を受けたくないものです。

 

リスクが存在するなら、それさえも、受け入れたくないという心理が強く機能している傾向があります。

 

そしてこれは増えることは容易ですが、減らすことは困難な傾向にあるのです。

 

言い換えると人は、恐る対象を危険な体験と記憶ともに、増やしてく傾向があるのです。

 

例えば、一度浮気をされて、酷く傷つき、悲しんだのなら、その彼との復縁には先ほどのような恐れや不安が募るものです。

 

しかし、彼とは違う男性と付き合う時にも、この体験から生まれた浮気への恐怖心は再燃することがあるのです。

 

全く違う人、全く違う環境、全く違う状況であったとしても、人は過去の恐怖や不安の記憶や体験と結びつけてしまうことがあるのです。

 

言い換えると、彼との復縁にはこれを乗り越えることは必ず重要だと言えますが、今後の男性との付き合いのためにも、これらを乗り越えておくことは大切なことだと言えるのです。

 

あなたがもし、浮気をした彼と復縁をしたいなら、この心理に決着をつける必要があるでしょう。

 

そして、決着をつけるには、あなたの中で、冷静かつ平常心で、彼の存在がもっとも重要だと思える必要があります。

 

冷静で平常心で思えるようになることが大切なのは、今回のような浮気という悲しい体験で、また別れたり、復縁したりということが、おそらくほとんどの場合でなくなることがあるからです。

 

つまり、寂しい、悲しい、という感情的な動きによって、別れる復縁するということを選ばなくなることを意味します。

 

そうなる理由の一つにも、彼が自分にとって、自分の人生にとって、自分の幸福にとって、重要で大切な存在であるから、このことが当然の意識の中で認識していると言えるからです。

 

ではそうなれるように、この恐れの心理と決着をつけるにはどうしたら良いのでしょうか?



《広告》


「浮気した彼と復縁するために、心理的決着をつけるには」

 

彼と復縁するために、心理的な決着をつける必要があり、そのためにはどのようなことが必要なのでしょう。

 

それとは、あなたがまず完全に今回の彼の浮気のことと、彼の存在を忘れるくらいに、期間をおいてみることが重要だと言えるかもしれません。

 

この目安はいつからいつまでということではなく、彼のことを考えても、感情的な動きがほぼ完全になくなるまで、ということを意味します。

 

例えば、まだ好きという感情や、浮気をされて悲しかったという感情、怒りの感情、辛さの感情などなどです。

 

これらの感情が生まれなくなった時に、彼という存在が自分の人生にとって、本当に重要であるかを冷静に、感情の起こらない心理状態で考えてみることが重要なのです。

 

好きという感情が沸き起こらなかったら、それは復縁する意味がないのでは?

 

という疑問が生まれるかもしれません。

 

それは少し違うと言わせてください。

 

好きという感情がもし、仮に残っているなら、それはその人と復縁したいという欲求につながりやすくなります。

 

それはなぜか?

 

概ね人は、好きとい感情があると、それを実現しようとする思考やアイディアを優先する傾向があるからです。

 

付き合いたい、復縁したい、また一緒になりたい、そのためにはどうするべきか?

 

というように、「片方」の状態だけを優先して考えたり、あるいは優先しようとする傾向があるのです。

 

これはダイエット中に、美味しそうなケーキをもらい、それを食べることを優先として考えに傾いている心理的状態と似ています。

 

今まで我慢してきた。少しくらい大丈夫か。明日からまたダイエットすればいい。などなど、食べることを前提にして考えてしまうものです。

 

彼と復縁したいという思いや、好きという思い、また浮気されて悲しい思いも、起こりたくなる思いも、何もかもが鎮静化した時に、本当に彼が必要かを考え直すことは、感情や欲求の力ではなく、理性的に彼が重要な人であることを理解することを意味します。

 

理性的に理解するとは、先ほどのダイエットで例えるなら、人は必要以上に食べると太りやすいし、必要以上に食べないように制限することで痩せやすい、これは当然だという心理や考えにとても似ています。

 

 

冷静に考えれば、この明白な事実を疑うこともないし、また当然だとも思えるものです。

 

しかしダイエットを始めたら、ここに強い感情が乗っかってきます。

 

 

そうです。

 

人は頭で理解していても、感情的になっていると、それが普通にできない傾向があるのです。

 

つまり、復縁をする時も感情的なものが強く残っていると、当然で、当たり前すぎる事実が、見えなくなりやすいのです。

 

言い換えると、もしかすると、今まで事実が見え難かったのかもしれません。

 

本当は彼はあまり重要な存在ではなかった、という自分の本心に気がつけるかもしれません。

 

これは復縁をする前に、またはその行為に及ぶ前に、重要な答えとなると考えられます。

 

 

復縁をしたいという感情が、一切なくなったとしても、彼と一緒にいたいと思えるか?

 

もし思えるなら、きっと、復縁はうまくいく可能性があるでしょう。

 

そしてその時はもう、彼がまた浮気することは、あまり大した問題や不安には感じていないかもしれません。



《広告》


「浮気した彼と復縁しても本当に大丈夫か?」

 

浮気した彼と復縁しても大丈夫かどうか?

 

もしあなたが、彼がまた浮気する可能性を、心配しているなら、彼はまた浮気をする可能性はあります。

 

これはあなたに復縁をしないように、仕向けている意味は全くありません。

 

純粋に可能性の世界のことを言っているだけに過ぎません。

 

人は誰でも、浮気ができます。

 

浮気できる環境は目の前に広がっているし、そうであるなら、可能性は必ず存在しています。

 

そして本当に浮気をするか否かは、本人の選択次第なのです。

 

復縁をしても大丈夫かどうかと悩んでいるうちは、おそらく、自分の心理がまだ恐れに傾いている可能性があるでしょう。

 

上述でも触れましたが、この恐れを乗り越えることは重要です。

 

浮気の可能性からは、彼だけでなく、誰であっても逃げることはできません。

 

そのような中で、あなたが男性と一緒になり、自分の幸福を手に入れたいと願うなら、このリスクを完全に受け入れておく必要があるでしょう。

 

復縁をしても大丈夫かという不安や悩みが、一切消えるまで、おそらく復縁はしない方がいいかもしれません。

 

あなたの中で、本当に大切な存在なのか、これを明確にしてからの方が、きっと復縁後は、これまで抱いていた不安や心配のほとんどない中で、付き合うことができることでしょう。

 

 

浮気の可能性はあります。

 

それは変えられません。

 

それでも、彼と一緒にいたいか?

 

時間をかけてもいいから、あなたの中で明確な答えを出してみると良いでしょう。

 



《広告》