浮気 復縁率わずか2割?確率を高める方法とは

 

浮気からの復縁率は低いと言えます。

 

しかし全く不可能なわけではないというのが当サイト(マインディスト KEN)の考えです。

 

では浮気から復縁を成功させる可能性や確率を高めるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

こうご期待の内容です。



《広告》


「浮気した場合の復縁率とは」

 

浮気した場合、その復縁率はかなり低いと言われています。

 

その確率は2割ほどか、2割以下と言われているようです。

 

これは、浮気をした人が復縁を求めるパターンの復縁率であり、やはり浮気した後の信頼や信用面で低い確率となっているかもしれません。

 

「浮気をされた場合の復縁率とは」

 

浮気された場合の復縁率は、上述の浮気をしたときの逆なので、これも2割程度の低い確率だと言えます。

 

この場合は、浮気をされた人が、浮気をした人を許さないパターンであり、もしあなたがその立場だとすると、この復縁率にも納得が行きやすいかもしれません。

 



《広告》


「浮気からの復縁の確率が低い理由」

 

浮気から復縁する可能性と確率が低い水準である理由も、おそらく、また相手がまた浮気をするのではないか、という信頼と信用に関わっているからだと考えられます。

 

それもひどく傷ついたり、怒りなどの負の感情の大きさを実感した人ほど、この信頼と信用は感情に比例して崩れる可能性が高いと言えます。

 

このもっともだと言える考えの一つに、人の情動記憶と認知という認識機能があると言えます。

 

人は実は、情動つまり感情の起伏が強く伴った体験ほど、記憶に強く残りやすいという傾向を持っています。

 

例えば、自転車で転んだ時は痛みを伴います。

 

この痛みは、負の感情を強く発生させる要因になり得ます。

 

痛い、怖い、辛い、こんな思いは二度としたくない、というように感情は次の思考を育むようになり、次回この人が自転車に乗る時には、とても気をつけて運転するようになります。

 

この機能は恋愛や人間関係にも同じように機能していることが、とても多くあります。

 

つまり、多くの場合で浮気された時、傷つき、辛い思いや怒り、不安などを強いられることになります。

 

これはほとんどの場合で、ほぼそのまま、浮気した人が自分にとって危害を加えた人物であるという認識と認知を作り上げる要素なります。

 

そしてこの認識と認知が脳内の記憶として形成されると、同じ人を以前のようには見れなくなり、自分に危害を加える存在として避けるようになるのです。

 

これは情動記憶と言われるもので、人は多くの点で、この情動記憶を元に行動の選択をしていると言えます。

 

そしてこの情動記憶は、例えば男性から浮気をされたなら、「男は浮気をするものだ」という認識を育む可能性さえ高めてしまいます。

 

つまり今回浮気をされた男性とは全くの別人の男性においても、同じような情動記憶が機能し、「全ての男性」を自分にとって危害を加える可能性があると認知してしまうことにもつながるのです。

 

このため、浮気から復縁を成功させるのは、困難が多く、この情動記憶が何らかの理由で緩和されないと、浮気された方はなかなか復縁をしたいと思えないのです。

 

浮気からの復縁率が低いという理由も、人の情動記憶と性質を考慮すれば、納得のいくものです。

 

しかし、復縁をしたいという願いは、どちらかにあるものです。

 

浮気から復縁をするには、上記のように難しい一面がありますが、これを成功に導くことや、その確率を高めるようにするにはどうすれば良いのでしょうか?



《広告》


「浮気から復縁を成功させる方法とは」

 

浮気から復縁を成功させることや、その可能性を高める方法には、あなたが浮気をした人か、浮気をされた人かでかなり異なってくるでしょう。

 

もし浮気をした場合は、あなたは復縁をお願いする立場になるので、復縁の成功と確率は低い傾向にあります。

 

一方で、浮気をされたけど復縁したい時は、あなたの返事次第でこの確率と可能性を高めることは比較的用意になるでしょう。

 

しかし、どちらにせよ復縁をするということは、以下の可能性を残したままだということは、覚えている必要があると言えます。

 

それとは、また浮気をする、浮気をされる可能性がある。

 

ということです。

 

さらにもっというと、これは誰にとっても言えるということです。

 

つまり、浮気の可能性は消えることがないということです。

 

可能性は可能性ままか、それとも実現となってしまうのか、結果としてその二つがあるだけです。

 

この事実を、自身と相手がどのように受け入れるかが、とても復縁の可能性を大きく変えていくことになるでしょう。

 

浮気が誰でもしてしまう可能性があることは、実は誰もが、浮気ができる環境と選択肢を持っているからです。

 

あとは、その人本人の意思、意図、その他の要因によって浮気をすることを選ぶか選ばないかの結果であるということです。

 

例えば、今まで浮気なんてしたことのなかった人も、自分の意思、意図、その他の要因によって、浮気をする可能性と未来があるということです。

 

この事実を受け入れないか、あるいは軽んじたまま、復縁を求めたり求められたりすると、成功率は低いままかもしれません。

 

特に、浮気をした側が自分だとすると、失ってしまった信用を取り戻すことは難しいでしょう。

 

なぜなら、口約束や二度と浮気はしないという誓いは、情動記憶がしっかりと定着した相手には、あまり通用しない手立てであることが往々にしてあるからです。

 

それだけ、情動記憶はとても強固に機能していると言えます。

 

この情動記憶を自分も相手も改善し、復縁への可能性につなげるためにも、まず自分はまた浮気するか、されたりすることを、理性的に受け入れることが重要なのです。

 

つまり、決して逃れることのできない事実と現実から、自分はどのように行動するべきかを、理性と冷静な思考でもって、よく理解することから始まると言えるでしょう。

 

これをしっかりと受け入れたあとは、きっと、それまで見えてこなかったこと、考えにも至らなかったアイディア、思考などに、気が付くことになるでしょう。

 

浮気から復縁をすることで、とても難しいのは、相手からの信頼であり、あるいは自分が相手をもう一度信頼できるかであることが言えます。

 

これは夢や希望のような、期待感ではもはや済まされないほどの深刻さと現実があると悟る必要があります。

 

人はそれだけ、自身が味わった負の体験において、臆病になる傾向があるのです。

 

現実と事実を受け止め、受け入れ、それに基づいた行動が必要です。

 

 

そしてきっと、あなたにそれはできるはずです。



《広告》