浮気から復縁後に大切なこととは?

 

浮気から別れ、復縁した後はとても大事です。

 

復縁後には信用の問題や浮気の再発などの可能性もあります。

 

これより、復縁後に重要なことをご紹介していきます。あなたの悩みの改善に役立つと幸いです。



《広告》


「浮気してから復縁後に大切なこと」

 

浮気してから復縁後に大切なことは、完全にお互いが、前回の浮気をリセットしていることでしょう。

 

どちらか一方でも、これに対して何らかの感情を抱いていると、例えば口喧嘩や衝突した時に、この時の感情が思い出されたり、あるいは攻撃する武器として機能する可能性があります。

 

これは復縁後にも、まだ水に流せていないことを意味します。

 

そして復縁後にこそ、別れの原因となった浮気を水に流す重要性が高いと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

浮気は確かに、相手を裏切ることでもあり、そう感じざるを得ない行為の一つだと言えます。

 

しかし、それは浮気した方も、浮気をされた方も、これらのわだかまりは一切なくした方がい良いと言えるのです。

 

なぜでしょう?

 

人は損失を嫌う傾向があります。

 

この時は特に、浮気をされた側の人が精神的にも物理的にも損失を被ったと言えるかもしれません。

 

そしてこの損失が完全に精査されていないと、多くの場合で、機会があればその損失を取り返そうとする心理が働きやすいのです。

 

では、この損失を取り戻ることは可能かというと、不可能です。

 

いくら頑張っても、過去の損失は取り返すことはできません。なぜならこれは単純な理由があるからです。

 

過去の損失と今やこれから獲得する利益は、全くの別のものであるからです。

 

過去の損失を取り返そうとしても、それはこれからの将来の利益では決して取り返すことはできません。

 

全く別の心理が働いており、本人はおそらく、今獲得している利益や、あるいは将来の利益は過去の損失とは異なるものだという認識が強く働きます。

 

それはそれ、これはこれ、なのです。

 

しかし、そして都合が悪いことが起こり始めると、過去の損失をその原因にして、それを取り返そうとする傾向があるのです。

 

しかし取り返そうとしても、全くの別物であるため、完全には補填はできないのです。

 

つまり、過去の損失は完全に、忘れる必要があると言えます。

 

これが浮気をされた方がしっかりとできていないと、今後のトラブルで何かと過去の浮気が頭をよぎることでしょう。

 

そして完全に過去の浮気という損失を精査することは、難しいかもしれませんが、可能なことでもあるのです。

 

それは、浮気をされた側の人が、特に理性的に納得をすることであり、完全に自分の選択に合意している必要があります。

 

例えば、浮気をされた人があなただとしたら、あなたはきっととても怒っていたり、傷付いたり、あらゆる損失を受けたと感じてることでしょう。

 

そして、それでも彼から復縁したいと迫られたり、または自分が復縁したい強く思っていたのなら、復縁が成立する可能性はあります。

 

しかし、この復縁後に、自分のこの決断、つまり、復縁を受け入れたことを完全に納得していないか、あるいは完全に自分の決定に同意をしていないと、あとで何か都合の悪いことが起こると、過去の浮気を盾と武器にしてしまう心理が働きやすくなります。

 

これは口約束や、ルール、束縛などの方法は、あまり良い効果とならないでしょう。

 

一瞬または、一定期間はこれで十分な効果を発揮できるかもしれませんが、やはり最も重要なことは、復縁を受け入れる人が、完全に自分のその選択に納得していることだと言えます。

 

では、完全に納得と合意をするためには、どのようにしたら良いのでしょう?



《広告》


 

「復縁後も完全に自分の選択を納得するには」

 

自分の選択したことを復縁後も納得するためには、復縁する前に感情を完全に沈めた状態で、この復縁について考えることであり、理性的に考えた結果、納得と合意をすることだと言えるでしょう。

 

復縁してからではなく、復縁する前に、これは行うと良いでしょう。

 

またもし仮に、復縁してからだとしても大丈夫ですが、感情を抑えることには少し苦労するかもしれません。

 

なぜなら感情を抑えるということは、彼(逆の場合は自分)がした浮気も、彼が好きだという気持ちも、復縁したいという気持ちも、復縁したくないという気持ちも、何もかもを忘れるくらいにする必要があるからです。

 

つまり簡単にいうと、距離をおく、ということになるでしょう。

 

距離を置いて、彼のいない生活にまず慣れてみることや、彼との生活がどれだけ自分にとって重要性があるかを、極めて冷静な心理と思考で、判断することが重要だと考えます。

 

なぜなら、理性的に出すことができた答えは、すでに当然のものだという納得が行っていることが多くあるからです。

 

例えば、過去に自分が犯した失敗について考えた時、あの時は仕方がなかった、という納得のいく答えがあったとします。

 

このように仕方がなかったという意見になるには、時間がかかったかもしれません。

 

しかし過去の失敗について、このように納得のいく答えが出ていたとしたら、それを再び振り返っても何も感情は沸きおこらないはずです。

 

これは失敗したことにも納得していて、それは仕方がなかった結果にも納得と合意をしているからであり、引きずっていない心理状態と言えます。

 

できれば復縁する前に、このような心理状態になることが望ましく、復縁をするときは自分の完全なる意思によって、彼とまた付き合いたいということが優先されていることが重要なのです。

 

つまり浮気をされて、あらゆる損失を受けたけれど、それよりも彼と一緒にいたいということに、心底納得していることが必要なのです。

 

過去の浮気の損失など、もう取り返す必要などない、そんなことはもういらない、ということに合意をしいる必要があるのです。

 

復縁後も、2人が幸福でいることや、さらに良い関係になるには、過去は全く振り返る必要はないし、またその行為は無意味だと言えるでしょう。

 

復縁後も関係を良くしていくのは、浮気をして罪悪感からあなたに気を使っている彼ではありません。

 

自分だという認識が重要です。

 

自分で復縁したいと思い、自分で復縁することに納得して、自分の中でこの決定に完全に合意している、ということを自分に言えるかどうか、これを試してみると良いかもしれません。

 

復縁後は過去の浮気など関係ない、そう思えるなら、とても良い復縁になるでしょう。

 

そして新しい2人の関係が、これから始まるのです。

 

 



《広告》