浮気された後、復縁した人が最も注意すべきこととは?

 

浮気され、その後に復縁した人が注意すべきことは、また彼が浮気することだと言えます。

 

それをどのように改善するか、これよりご紹介します。

 

きっと、あなたの復縁後の悩みを改善するであろう内容になっています。

 

「浮気をされたけど、復縁をしたときに注意すべきこと」

 

彼氏(もしくは彼女)に浮気をされたけど、  復縁したという場合、特に注意すべきことがあると言えるかもしれません。

 

それとは、あなたが彼や彼女がまた浮気したときのことを、しっかりと想定の中に入れた上で、復縁をしたかということだと言えます。

 

浮気をされたときは確かに、辛い思いをしたり、悔しかったり、時に怒りさえあったことでしょう。

 

それを乗り越えて、浮気した相手を許し、そして復縁を決めた過程には、おそらくあなたなりの何かきっかけや意見があったはずです。

 

しかし、彼が浮気をこれから絶対にしないことや、絶対にそうならないという保証はどこにもないこと、この事実を受け入れているかいないかでは、大きな違いがあると言えます。

 

まず浮気の可能性は消えることはありません。

 

どんなに彼を束縛しようと、どんなにきついルールを作り守らせようとしても、浮気のリスクと可能性は消えません。

 

この理由には、可能性というものは必ず残る、という物理的環境の事実があるからです。

 

そして事実、浮気ができる環境は残り続け、浮気の選択はいつだって可能である中に居続けるのには、例外はありません。

 

では、浮気をしないように人を踏みとどませるものは何か?

 

それとは、人の関心と理性的思考だと言えるでしょう。

 

人は関心が高まると、それは何か知りたくなる好奇心が高まり、好奇心はそのまま欲求を喚起し、欲求は行動を促す起爆剤になり得ます。

 

これら一連の流れは何も浮気でなくても、日常的に起こっている自然な人の心理と行動の流れだと言えるでしょう。

 

つまり、彼は浮気をしないと誓ったとしても、その選択肢と環境と可能性は消えないこと、そしてそれを実行するには、関心と欲求が高まることによって浮気をする確率が高まると言えるのです。

 

もしあなたが、このことを全く想定していなかったら、彼が結果的にしてしまった二度目の浮気に対して、無防備すぎると言えるでしょう。

 

人は人を信じたいと思っていても、相手が必ずその期待に応えるとは限りません。

 

しかし相手だって、一生懸命にやって結果が、裏切ってしまうことだってあると言えるでしょう。

 

今回の復縁をもしかすると、そのようなケースだったのかもしれません。

 

しかし復縁したとしても、浮気の可能性が消えたことを意味しないし、その点は変わらないのです。

 

変わるとしたら、彼が変わるしかないのです。

 

彼が変わるためには、今の彼が抱えているかもしれない、浮気への関心を彼自身が自分のてで消し去る必要があると言えます。

 

関心がなくなれば、好奇心も欲求も生まれることも少なく、浮気という選択をする可能性も低くすることができます。

 

では彼が浮気から関心をなくすには、どうすれば良いのでしょうか?

 



《広告》