浮気された後、復縁した人が最も注意すべきこととは?

 

浮気され、その後に復縁した人が注意すべきことは、また彼が浮気することだと言えます。

 

それをどのように改善するか、これよりご紹介します。

 

きっと、あなたの復縁後の悩みを改善するであろう内容になっています。



《広告》


 

「浮気をされたけど、復縁をしたときに注意すべきこと」

 

彼氏(もしくは彼女)に浮気をされたけど、  復縁したという場合、特に注意すべきことがあると言えるかもしれません。

 

それとは、あなたが彼や彼女がまた浮気したときのことを、しっかりと想定の中に入れた上で、復縁をしたかということだと言えます。

 

浮気をされたときは確かに、辛い思いをしたり、悔しかったり、時に怒りさえあったことでしょう。

 

それを乗り越えて、浮気した相手を許し、そして復縁を決めた過程には、おそらくあなたなりの何かきっかけや意見があったはずです。

 

しかし、彼が浮気をこれから絶対にしないことや、絶対にそうならないという保証はどこにもないこと、この事実を受け入れているかいないかでは、大きな違いがあると言えます。

 

まず浮気の可能性は消えることはありません。

 

どんなに彼を束縛しようと、どんなにきついルールを作り守らせようとしても、浮気のリスクと可能性は消えません。

 

この理由には、可能性というものは必ず残る、という物理的環境の事実があるからです。

 

そして事実、浮気ができる環境は残り続け、浮気の選択はいつだって可能である中に居続けるのには、例外はありません。

 

では、浮気をしないように人を踏みとどませるものは何か?

 

それとは、人の関心と理性的思考だと言えるでしょう。

 

人は関心が高まると、それは何か知りたくなる好奇心が高まり、好奇心はそのまま欲求を喚起し、欲求は行動を促す起爆剤になり得ます。

 

これら一連の流れは何も浮気でなくても、日常的に起こっている自然な人の心理と行動の流れだと言えるでしょう。

 

つまり、彼は浮気をしないと誓ったとしても、その選択肢と環境と可能性は消えないこと、そしてそれを実行するには、関心と欲求が高まることによって浮気をする確率が高まると言えるのです。

 

もしあなたが、このことを全く想定していなかったら、彼が結果的にしてしまった二度目の浮気に対して、無防備すぎると言えるでしょう。

 

人は人を信じたいと思っていても、相手が必ずその期待に応えるとは限りません。

 

しかし相手だって、一生懸命にやって結果が、裏切ってしまうことだってあると言えるでしょう。

 

今回の復縁をもしかすると、そのようなケースだったのかもしれません。

 

しかし復縁したとしても、浮気の可能性が消えたことを意味しないし、その点は変わらないのです。

 

変わるとしたら、彼が変わるしかないのです。

 

彼が変わるためには、今の彼が抱えているかもしれない、浮気への関心を彼自身が自分のてで消し去る必要があると言えます。

 

関心がなくなれば、好奇心も欲求も生まれることも少なく、浮気という選択をする可能性も低くすることができます。

 

では彼が浮気から関心をなくすには、どうすれば良いのでしょうか?

 



《広告》


「浮気し復縁をした彼が、浮気から関心をなくすには」

 

浮気した彼が、復縁後に浮気をしないためには、彼自身が浮気または異性への関心がほぼなくなることが重要となるでしょう。

 

このためには、あなたが何かできるということはむしろ、少ないかもしれません。

 

なぜなら、あなたに対する彼の気持ちや思いが、どれだけ大きいかとか、深いかにもよりますが、それだけでなく、たとえ思いが大きく深くても、浮気の再発に発展するには、本人の心理状態のコントロールが最も重要であるからです。

 

この心理的コントロールは基本的に、あなたが頑張って実現できるものではありませんん。

 

もし浮気を繰り返すのなら、彼の思いはきっと以下のようなものでしょう。

 

「彼女が好きで、大切だということは十分わかっている。なのになぜか浮気をしてしまう。」

 

という状態である可能性があるでしょう。

 

これは関心が高まり、欲求が高まり、その結果、浮気を抑制する次精神が欲求に負けた結果だと言えます。

 

つまり人は、頭でわかってていても、行動にできることとは限らないのです。

 

そればかりか、頭で理解していることと、それを行動に実行できるということには、全く異なる能力であることが言えるのです。

 

頭で理解することは、例えば過去の浮気によって、あなたを傷つけ、あなたを失ったことを反省し、後悔し、それが脳裏に役ついて、もう二度とこんなことはしないと考えることであり、それを覚えていくことだと言えるでしょう。

 

しかし行動にすることは、その頭で理解し覚えたことを、あくまで平常心でできることを意味します。

 

なぜかというと、これができていないと、葛藤が生まれ、やがて苦しみ、ストレスがたまり、これは浮気をする可能性をとても高くすることになるからです。

 

人は何であれ、我慢、忍耐、葛藤などは、長靴続かない傾向があるのです。

 

これらは自分の高まる欲求と、それを抑えようとする反対の勢力の、いわば戦いです。

 

 

戦いに勝っているうちは、浮気をしないでしょうが、この戦いがずっと続くといつか、負ける時がきます。

 

人は誰でも常に勝利者ではいられないものです。

 

欲求とそれを抑え込む反対勢力は、感情と感情のぶつかり合いをしていると言えます。

 

そして最もこの感情と感情のぶつかり合いは、大きなエネルギーの消費につながり、これがやがて欲求がさらに強くなった時に、反対の勢力がエネルギー不足人流ことがあるのです。

 

この結果、人は浮気をするか、その可能性が極めて高い心理状態を作ってしまいます。

 

この戦いを終わらせるために、関心をなくすことが重要なのです。

 

言い換えると、これまでのやり方がもし、浮気をしない誓いやルールなどを設置し、葛藤が激しくあったり、または生まれるような方法をとっているとしたら、それはやがて負けることを示唆し、無意味に近いといことです。

 

ルールを作り、それを守るための精神力を鍛えることや、ルールを破る自分との戦いに勝つことよりも、浮気に対する関心をなくすことがよっぽど、勝負を楽にしてくれると言えるでしょう。

 

関心がなくなれば、欲求は生まれにくく、欲求が生まれなければ、それを選択する必要性も重要性も合理性も感じないものです。

 

結果、浮気をしない、ということにつながります。

 

そしてこの浮気への関心を彼に失くしてもらうためには、彼自身が、浮気などしても自分の人生の役に全く立たないことを、理性的な心理と考えから、その回答を得ることだと言えるでしょう。

 

理性的に考え、結論づけてことは、関心と欲求を最も自然に沈める力になり得ます。

 

理性的に考えるには、まず、自分が理性的な状態になる必要がありますが、このストレスと疲労の蓄積しやすい現代社会において、最も難しい心理的状態とも言えるのです。

 

つまり多くの場合で人は、ストレスが当然の生活をしていて、ストレス状態が慢性的になっていると言えるのです。

 

これは例えば日常的に理性的になろうとしても、実はそれは理性的になってなく、理性的になったつもりと勘違いしていることも往々にしてあります。

 

理性的とは、物事を中立的に、客観的に見られ、考えられることを意味します。

 

人は脳が覚醒している時間帯では、物事を中立的にではなく、偏見と思い込み、または決めつけで見ている場合が多いのです。

 

では、どのようにすると、人は理性的に考える機会を得られるのでしょうか?

 



《広告》


「浮気を二度としないために、理性的に考える機会を得るには」

 

浮気を二度としないためには、上述のように、関心と欲求をなくすこと、そしてそのためには理性的に浮気が全くの無駄で、人生において何も役に立たないことを、彼自身が悟ることだと言えます。

 

理性的になることは、実はとても難しく、この機会を獲得するのはおそらく、昼間や夕方などの活動的な時間帯には不可能でしょう。

 

また活動が終えた夜の時間帯も難しいと言えるでしょう。

 

人は今日一日あった出来事を、夜などの落ち着いた時間につい考えてしまい、それはつまり思い込みや偏見を作りやすい時間帯とも言えます。

 

しかし人の多くには、理性的に自然になれる機会や時間帯というのがあるものです。

 

理性的な機会を得やすい時間帯やタイミングというのが、実は、寝起き直後です。

 

寝起き直後はすぐには感情的に考えることはできないか、むしろそれはとても難しいものです。

 

だからこそ、カフェインなどを摂取して、早く脳を覚醒し、判断力をつけて、1日をスタートしようとしたりするものです。

 

しかし、それでは理性や中立的に物事を見るのではなく、個人的な偏見と思い込みで物事を見ることを助けてしまっているのです。

 

人はたくさんことを常に判断し、そして生きていると言えます。

 

その判断は特に平日なら、時間帯に縛りがあり、期限が決められていることが多いので、早く判断をする必要性が高い傾向があります。

 

会社や学校に遅刻してはいけないため、それを機軸に人は判断し行動するものです。

 

だから、早く目を覚まそうとし、準備をし、遅刻をしないように常に時計を見ながら行動しているものです。

 

 

これらは確かに重要なのですが、理性的に考えられる時間を、自分で短縮してしまうことを意味しています。

 

もちろん、忙しい平日に行うべきことではないかもしれませんが、できることなら、寝起きの直後、脳が覚醒する前に、浮気が自分にとって価値のあることか、それを彼には考えてもらう必要があるでしょう。

 

すぐに答えは出ないし、また出る必要はありません。

 

寝起きに、いつも、この質問をして、ほんの少しだけ考えてみる。それだけでもいいでしょう。

 

時間をかけて、それは徐々に習慣化していき、やがて答えを見つけられる思考が出来上がっていくでしょう。

 

休日の寝起きなどなら、これをゆっくりと考えられるかもしれません。

 

寝起きに脳が覚醒するまでとは、例えば食欲とか出る前までです。

 

何かをする気になるまで、ボーッとしながらでもいいので、浮気は自分の人生にとって、どれだけの価値ある行為かを問いかけてみることです。

 

そして、あなたにできることは、これをお願いすることしかできないでしょう。

 

彼が理性的な答えを導き出してくれることを、信じることしかできないでしょう。

 

しかし理性的な答えが出ればきっと、彼は自然と浮気への関心と欲求を、今まで以上に簡単かつ楽に、消し去ることができるはずです。

 

簡単に、そして楽に、自分をコントロールできるからこそ、浮気しない状態が続きやすいのです。

 

いつも戦いや激しい葛藤では、容易にこれを実現できませんし、きっと彼は疲れ果てて、その一瞬の隙間を疲れて、浮気への関心が高まるでしょう。

 

あなたには、彼を信じることしかできません。

 

であるなら、理性的な彼の意見が出るように、お願いをすることが大切だと言えます。

 



《広告》