彼氏が浮気をした、でも復縁したい時どうするべき?

 

彼氏が浮気し、それでも復縁したい時、浮気をしないように改善する必要があるでしょう。

 

ここでは、浮気の可能性とその改善方法について、詳細にご紹介しています。

 

復縁したいあなたの力に、きっとなれる内容になっているはずです。

 

「彼氏が浮気したけど、復縁をしたい時」

 

彼が浮気して、一度別れたか、あるいは距離をおくなどして、復縁したいという気持ちが高くなることはあることです。

 

この場合は特に、浮気をされた側が彼と別れることが諦めきれないという状態と言えます。

 

そして復縁をしたい時に、ある注意が必要だとも言えるでしょう。

 

それとは、彼がまた浮気をしたときのことを、しっかりと受け入れることができているか?と言うことです。

 

もしこれが完全なまでにできているのなら、今後の彼との復縁や復縁した後もきっと、精神的に乱れることや不安に思うことは少ないでしょう。

 

復縁をしたいとか、やっぱり彼氏が大切な人だった、または運命の人だった、という思いが再燃することはあるものです。

 

しかしこれがそのままだと、また浮気されて傷つくことになるかもしれない不安と恐怖などが残ったり、彼を信じることができなくて悩んだりとする可能性があるでしょう。

 

重要なことは、彼氏が過去に浮気をしたことではないと言えるのです。

 

本当に重要なこととは、自分が復縁した後に、自分の中でしっかりとした回答を持っているかどうかだと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

復縁できたとしても、彼がまた浮気をした時、自分はまた別れるという判断をするのか、それとも、本当に彼が大事な存在だと気が付いたのなら、この南極を乗り越えるだけの覚悟はあるか、などなど色々と考えるべきことはあるでしょう。

 

復縁をしたいと思うこと、言うこと、望むこと、求めることは、とても簡単なことで、これはそれを望む人なら誰でもできることでしょう。

 

しかし、それを行動にできるレベルということは、全く異なる次元であることがあるのです。

 

つまり、復縁をしたい、きっと乗り越えられると思っていても、それが本当に起こった時に実際にできるということは、全く異なる分野の話であるということです。

 

なぜでしょう?

 

人はつい、期待をしてしまう傾向にあるからです。

 

この期待感は、それを抱く本人にとっては時として安心できたり、きっと大丈夫だとポジティブな気持ちになれることはあります。

 

しかしこれはただ、自分の中で処理ができているだけで、実際に浮気がまた起きた時は、この機体が裏切られることを意味します。

 

そして期待感や期待の裏切りは、とても、精神的苦痛を余計に大きくすることが往々にしてあります。

 

つまり、復縁をしたいと思い、それを本当に良い形で実現したいなら、この期待感をほぼゼロにできることがよく、それが望ましいと言えるでしょう。

 

つまり彼に浮気をもうしないことや、そのように変わることも、そのような人物になることも期待しないことです。

 

これが少しでもあると、実際に期待に反したことが起きた時は、ただ落ち込むだけでなく、裏切られた思いを感じることにもつながります。

 

 

そして結果的に、復縁をしたことに後悔するのは、あなたの方になる可能性があります。

 

これでは何のために復縁したのかわからないし、裏切りと、後悔と、過ちは、辛くあなたの精神的な部分にのしかかることになるでしょう。

 

復縁をする時に、あなたが、将来またこのようなことが起きても、彼と一緒にいてよかったとか、あるいは、復縁をあの時に決意して全く後悔はないと、心の底から思えるかどうかが重要だと言えます。

 

それは覚悟であり、決意だと言えます。

 

覚悟と決意は、何かを決めることを意味し、同時に何かを捨てることでもあります。

 

人は何かを決めたら、それ以外のことを求めることや期待は、完全に除外した方が良いことがあります。

 

なぜなら、決めたこと以外のことが都合よく実現したとしても、それは全く自分の覚悟と決意とは関係がないからです。

 

それらは都合良いく実現する必要はないと、割り切ることで、あなたが本当に実現したいこと、つまり彼と一緒にいるという目的に集中できる力となり得ます。

 

では、彼が復縁後に浮気をまたしてしまう可能性は、どれくらいあるのでしょうか?

 

そして、その改善方法があるなら、どのようなものがあるのでしょう?



《広告》