自分が浮気して別れたけど【復縁したい】

 

自分が浮気して別れたけど、「復縁したい」という思いがあることでしょう。

 

しかし相手は「また浮気されるかも」という恐怖心がある可能性があります。

 

自分が二度と浮気をしないようにするにはどうすれば良いのでしょう?

 

これより詳細にご紹介し、あなたの復縁のお手伝いをしたいと思います。

 

この内容は、きっと役に立つことでしょう。

「自分が浮気したけど、復縁をしたいとき」

 

自分が浮気したとき、とても後悔してから、復縁をしたいと思い直すことがあるものです。

 

それはきっと、その相手の人がやっぱり、自分にとって大切で、欠くことのできない存在であったということに気がついた可能性があります。

 

そのような心境になったとしても、浮気して別れた相手と、復縁をすることは困難である現状は変わらないことがほとんどです。

 

ではどうしたら良いのでしょう。

 

まずは、もう一度、自分の中で冷静になって、本当に別れた彼との復縁が自分の人生にとって重要なことであるかを考え直してみる必要があると言えます。

 

そして、これが最も重要なことかもしれませんが、自分が二度と浮気をしないことを誓えるか?ということでしょう。

 

なぜなら、浮気をされた方は、大抵の場合で、浮気をした人を信用していないか、これからも信用するつもりなどない、という心理が強く働いていることが多いからです。

 

これは人の自己防衛本能の一つと言えます。

 

つまり、以前にとても嫌なこと、損害を被った出来事やシチュエーション、人物やその可能性の高いものには、恐怖心が高まりやすくなり、それを拒絶する心理が機能しやすくなるのです。

 

ほとんどの人は自分の失敗や過ちなどにおいて、猛烈に反省と後悔をして、もう二度とそのようなことはしないと思い、事実、多くの人がそんなことをしないように自分を変えるでしょう。

 

今回もし、あなたが浮気をした側だとしてら、きっとこのような思いや後悔の念を抱え、そして次は二度としないようにと思っていることでしょう。

 

それは相手の方も同じ、ということがいえるのです。

 

あなたは自分の後悔を晴らすことが目的であるのに対して、相手は、あなたは離れるべき存在だという強い観念と思考がある可能性があるのです。

 

つまり、自分が受けた損失や損害というものを、人はとにかくよく覚えている傾向があり、さらにはこの体験によって出た答えにおいて、並々ならぬ自信と確信さえ持っていることが言えるのです。

 

人は損失を避けるために、あらゆる選択をしていると言えるかもしれません。

 

浮気をされ、信じていた人から突然裏切られ、悔しい思いを強いられ、これまで積み上げてきた2人の思い出や信用はなんだったのかという思いを抱えた相手の人からすると、これは大きな損失であり、今後は避けてとおるべき道であることは理解に苦しくないでしょう。

 

もしかすると、他の女性にも、同じような恐怖心や不安を抱いて、歪んだ現実をみるようになっているのかもしれません。

 

このように損失を避ける心理が強烈かつ強力な理由は、自分がそれが正しいという納得と合理的な判断だということを、強く感じている傾向があるからです。

 

こうなると浮気をした人を、信用しない理由などいくらでも出てくるし、出てきたもの全てが正しいという合理性を持っていること多くあります。

 

このような相手の心理状態の中で、復縁をしたいということや、あるいは復縁を実現させることは、とても困難であることを覚悟する必要があるでしょう。

 

 

 

おそらく、あなたがすべきことは、この相手の心理を徹底的に考えて、相手の立場、心境を自分のことのように理解することだと言えるでしょう。

 

相手の人は、あなたはまた、浮気をするだろう、と思っている可能性が非常に高いのです。

 

それだけでなく、上述したように、あなたとの関係は避けるべきで、二度と近寄ってはいけない存在だという認識さえある可能性があるのです。

 

そして事実、また浮気する可能性はあります。

 

これは、浮気する環境も選択肢も、全く消えることがないからです。

 

人は誰もが、このような環境にいます。

 

言い換えると、誰もが浮気をする可能性を持っているということです。

 

それが一度だろうが二度だろうが、可能性は存在し続け、消えることはありません。

 

浮気は、本人の選択した結果なのです。

 

これも彼が浮気した人や、それによって自分が損失を被った体験を、簡単にリセットできることが難しい理由と言えるでしょう。

 

あなたがこのような立場であるとしたら、自分が二度と浮気をしない方法を、見つける必要があるでしょう。

 

では、そのような方法は存在するのでしょうか?



《広告》