自分が浮気して別れたけど【復縁したい】

 

自分が浮気して別れたけど、「復縁したい」という思いがあることでしょう。

 

しかし相手は「また浮気されるかも」という恐怖心がある可能性があります。

 

自分が二度と浮気をしないようにするにはどうすれば良いのでしょう?

 

これより詳細にご紹介し、あなたの復縁のお手伝いをしたいと思います。

 

この内容は、きっと役に立つことでしょう。



《広告》




《広告》


「自分が浮気したけど、復縁をしたいとき」

 

自分が浮気したとき、とても後悔してから、復縁をしたいと思い直すことがあるものです。

 

それはきっと、その相手の人がやっぱり、自分にとって大切で、欠くことのできない存在であったということに気がついた可能性があります。

 

そのような心境になったとしても、浮気して別れた相手と、復縁をすることは困難である現状は変わらないことがほとんどです。

 

ではどうしたら良いのでしょう。

 

まずは、もう一度、自分の中で冷静になって、本当に別れた彼との復縁が自分の人生にとって重要なことであるかを考え直してみる必要があると言えます。

 

そして、これが最も重要なことかもしれませんが、自分が二度と浮気をしないことを誓えるか?ということでしょう。

 

なぜなら、浮気をされた方は、大抵の場合で、浮気をした人を信用していないか、これからも信用するつもりなどない、という心理が強く働いていることが多いからです。

 

これは人の自己防衛本能の一つと言えます。

 

つまり、以前にとても嫌なこと、損害を被った出来事やシチュエーション、人物やその可能性の高いものには、恐怖心が高まりやすくなり、それを拒絶する心理が機能しやすくなるのです。

 

ほとんどの人は自分の失敗や過ちなどにおいて、猛烈に反省と後悔をして、もう二度とそのようなことはしないと思い、事実、多くの人がそんなことをしないように自分を変えるでしょう。

 

今回もし、あなたが浮気をした側だとしてら、きっとこのような思いや後悔の念を抱え、そして次は二度としないようにと思っていることでしょう。

 

それは相手の方も同じ、ということがいえるのです。

 

あなたは自分の後悔を晴らすことが目的であるのに対して、相手は、あなたは離れるべき存在だという強い観念と思考がある可能性があるのです。

 

つまり、自分が受けた損失や損害というものを、人はとにかくよく覚えている傾向があり、さらにはこの体験によって出た答えにおいて、並々ならぬ自信と確信さえ持っていることが言えるのです。

 

人は損失を避けるために、あらゆる選択をしていると言えるかもしれません。

 

浮気をされ、信じていた人から突然裏切られ、悔しい思いを強いられ、これまで積み上げてきた2人の思い出や信用はなんだったのかという思いを抱えた相手の人からすると、これは大きな損失であり、今後は避けてとおるべき道であることは理解に苦しくないでしょう。

 

もしかすると、他の女性にも、同じような恐怖心や不安を抱いて、歪んだ現実をみるようになっているのかもしれません。

 

このように損失を避ける心理が強烈かつ強力な理由は、自分がそれが正しいという納得と合理的な判断だということを、強く感じている傾向があるからです。

 

こうなると浮気をした人を、信用しない理由などいくらでも出てくるし、出てきたもの全てが正しいという合理性を持っていること多くあります。

 

このような相手の心理状態の中で、復縁をしたいということや、あるいは復縁を実現させることは、とても困難であることを覚悟する必要があるでしょう。

 

 

 

おそらく、あなたがすべきことは、この相手の心理を徹底的に考えて、相手の立場、心境を自分のことのように理解することだと言えるでしょう。

 

相手の人は、あなたはまた、浮気をするだろう、と思っている可能性が非常に高いのです。

 

それだけでなく、上述したように、あなたとの関係は避けるべきで、二度と近寄ってはいけない存在だという認識さえある可能性があるのです。

 

そして事実、また浮気する可能性はあります。

 

これは、浮気する環境も選択肢も、全く消えることがないからです。

 

人は誰もが、このような環境にいます。

 

言い換えると、誰もが浮気をする可能性を持っているということです。

 

それが一度だろうが二度だろうが、可能性は存在し続け、消えることはありません。

 

浮気は、本人の選択した結果なのです。

 

これも彼が浮気した人や、それによって自分が損失を被った体験を、簡単にリセットできることが難しい理由と言えるでしょう。

 

あなたがこのような立場であるとしたら、自分が二度と浮気をしない方法を、見つける必要があるでしょう。

 

では、そのような方法は存在するのでしょうか?



《広告》


「浮気をして復縁をする方法 二度と浮気をしない自分になる方法とは」

 

浮気ができる環境と可能性が消えない中で、二度と浮気をしない、そんなことが可能なのでしょうか?

 

これは可能性の話になりますが、可能であると言えます。

 

実はこれには簡単な理由があります。

 

まず浮気をすることや、実際に浮気をした人の心理には、それまで関心のなかった行為に、ある時から関心かが生まれ、そしてその関心が欲求となり、抑えられることが不能になり、浮気という選択をした。ということが言えます。

 

つまり、人は何であれ、関心が高くなると、そこに欲求が生まれやすくなるのです。

 

この欲求は、理性が機能しているときはそれを選択しないように制御することが可能です。

 

しかし理性はいつだって機能しているわけではありません。

 

例えばこの欲求と理性の関係は、ダイエットを初めて、お腹が空いた時に、ダイエットのことなど忘れて食べ過ぎて、リバウンドするようなことに似ています。

 

ダイエット中は、自分が痩せることや綺麗になること、綺麗になったらこんな洋服も着たり、いろいろと楽しめるということに関心が強くある傾向があります。

 

この結果、食事制限、ある程度の我慢などは、心地よい努力に感じることもあるし、少し成果が出たときは喜びに変わることもあります。

 

そして加えてこの関心は、ずっと続くことはないことがほとんどです。

 

その理由とは、食欲という本能的な欲求が人にはあるからです。

 

いつしか痩せて綺麗になり、それを楽しんでいるはずの自分とその関心から、食べることへの関心が強くなっているのです。

 

しかし多くの場合は、このとき、理性的な思考が働きます。

 

痩せるために今ダイエットしていること、食べたら今までの努力は無になってしまうこと、綺麗になって人生を楽しむということなどなど・・・。

 

このときは食欲の暴走を抑えるための思考やアイディは無限に生まれていることでしょう。

 

これが理性的な思考と言えるものであり、まさにそれが機能している現象です。

 

しかし、食べることへの関心が強くなると、やがて欲求が高まっていきます。

 

そして欲求が高い状態が長期間続けば、この欲求を抑えるために理性は、いつしか機能しなくなっていくのです。

 

なぜなら、欲求の高まりは、理性的思考を抑制する性質が人にはあるからです。

 

関心と欲求が高まり続けると、今度はその欲求を満たすために、無限にその理由やアイディア、考えが思いつきます。

 

少しくらい、今まで頑張ったから、食べ過ぎなければ大丈夫などなど、ありとあらゆる理由を見つけては、食欲を満たすことを合理化していきます。

 

これはすでに理性が機能を抑制され、欲求的かつ感情的に思考している心理状態だと言えるでしょう。

 

そして理性が抑制されると、ダイエットではどか食いや食べ過ぎ、リバウンという選択になり、恋愛では浮気や不倫といった選択を選びやすくなるのです。

 

つまり、浮気をする前は、人は浮気の選択肢がいくら目の前にあっても関心がないため、それを選ぼうとしません。

 

浮気をするリスクや、浮気をしたら彼が悲しむこと、裏切りたくないことなど、ありとあらゆることが理性的に思考でき、心理は至って平常心であるはずなのです。

 

ところが、何かきっかけで浮気やまたは他の異性に対する関心が高まってくると、欲求の高まりに反比例して、理性的思考は思考は抑制されていきます。

 

理性の抑制はやがて、快楽や快感、欲望の暴走をすることにつながります。

 

つまり、あなたが浮気を二度としない、その可能性を高めるためには、浮気への関心を極めて低くするか、一切なくす必要があると言えるのです。

 

人は関心がないことを、あえてやろうとはしないし、あえて選択しない傾向があります。

 

そこには無駄、非合理的、役に立たない、リスクが大きいなどの理性的思考が、それを助けているのです。

 

では、浮気や他の異性への関心を高めないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

 



《広告》


「浮気から復縁する方法 関心をなくすには」

 

浮気の選択肢は消えない、環境も変わりません。

 

あとは本人が浮気を選択しないことで、結果的に浮気をしないことになります。

 

浮気をしない選択を優先するには、浮気や異性への関心を極めて低くするか、あるいは一切なくすことだということは、きっとご理解いただけかと思います。

 

そしてその方法には、もちろん一つではないですが、効果的だと言える方法を一つご紹介します。

 

それとは、自分のストレスケアと睡眠ケアが、最も効果的ではないかと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

この理由には、ストレスと疲労の蓄積が、実は関心する対象を変える可能性があると考えているからです。

 

ストレスと疲労が蓄積していくと、実はそれだけで、理性的思考や理性的判断が抑制されることわかっています。

 

この原理としては、まずストレスと疲労の蓄積が進むことによって、交感神経といわれる自律神経が優位になりやすくなります。

 

これは興奮や攻撃性、または不安や恐れなどの心理的な状態を作り上げることを助けることがわかっています。

 

そしてそれだけでなく交感神経は、欲求を満たそうすることにも寄与しています。

 

交感神経が高まると、強い自己防衛本能が刺激されやすくなり、例えばダイエットでの飢餓感を食欲で埋め合わせようとしたり、食べまくることでこのストレス状態を解消しようと試みようとます。

 

これが結果的にどか食いやリバウンドになり、その選択肢から逃れられない心理になる流れだと言えるでしょう。

 

人はストレスを疲労を感じるだけならまだマシですが、これらが蓄積されていくことによって、そこか逃げたいという防衛的本能が機能しやすくなるのです。

 

これが交感神経優位の状態だといえ、同時に早く逃げ出すために理性的思考を抑制していきます。

 

理性的な思考は、危機的な状況からいち早く逃れるためには、少し邪魔になる要素の一つとなり得ます。

 

早く逃げるか、何か行動を起こさなくてはいけない場面で、立ち止まって考えることや、考えてから答えを出すことは、非効率的だということです。

 

そのため、このような交感神経とその心理時的女王たいが整い始めると、早く行動を促すためにも理性的な思考を抑制すると考えられます。

 

理性的な思考が十分に抑制されることによって、人はすぐに行動をしやすくなります。

 

これが快楽や快感、欲求の暴走に発展しやすくします。

 

それがいけないことだと、多くの人は自分を責めたり、禁止的なルールを作ったりして、快楽や欲求の暴走を食い止めよとします。

 

しかし、これは理性的な思考によって止めることができるため、理性が元に戻らない限り、我慢することや関心を抑えることも欲求を抑えることも、より困難になります。

 

その結果、いかなるルールも自分に課した規律も、破られることになるのです。

 

浮気がまた起こる可能性があるのは、目の前に浮気の選択肢と、浮気ができる環境と可能性が消えないだけではありません。

 

上述のような、自分の心理的な状態によって、浮気の選択は再び行われる可能性を高めるのです。

 

関心のなかったはずの浮気が、いつしか気がつけば他の異性や浮気に関心が高まっていく段階には、自分のストレスと疲労が蓄積されていき、その結果、交感神経が優位になり、それによって理性的な思考ができなくなっている可能性が高いのです。

 

そして理性を取り戻すには、自分が交感神経優位から、副交感神経優位の状態になることが望ましいということです。

 

副交感神経は交感神経とは異なり、リラックスや平常心、そして理性的な思考をする状態を助けます。

 

理性が取り戻されることによって、浮気への関心が低くなれば、その選択をする可能性を自ら、自然に低くすることにつながります。

 

日頃から自分のストレスと疲労をよくしり、睡眠をよりよくとることによって、これらは改善に向かいます。

 

ストレスと疲労は感じるものであり、これもまた消すことはできません。

 

大切なことは、蓄積をしないように心がけた行為を繰り返していくことだと言えます。

 

ストレスケアは特に、睡眠ケアによって良い効果を発揮してくれるでしょう。

 

これはストレスケアは睡眠の質の向上などの他にも、刺激物などをできる限り摂取しないようにすることは、交感神経から副交感神経を優位にすることを助けます。

 

そしてストレスと疲労が改善されていくと、結果的に、浮気やその他普段は全く関心のなかったものに対して、喚起されてしまった関心と欲求が穏やかになることでしょう。

 

関心がなくなれば、浮気の選択をする必要性を、不思議なくらい感じなくなるでしょう。

 

これが、あなたが浮気を二度としなくなる結果に、やがてはつながるのです。

 

まずは自分のストレスと疲労の具体に注目し、それを緩和および改善していくことが重要だと、当サイト(マインディスト KEN)はk



《広告》