男の浮気の定義とは?男はどこからが浮気の境界線なのか

 

男性の浮気の定義は、女性では考えられない境界線があるかもしれません。

 

ここでは男性の浮気お境界線などの詳細を、独自の理論を交えてご紹介しています。

 

あなたの浮気の定義と男性の定義と、かなり違うことに驚くかもしれません。

 



《広告》


「男性と女性における法的な浮気の定美とは」

 

まず法的な浮気の定義について、知っておくと良いかもしれません。

 

 

法律的に浮気の定義というと、恋人であるか、それとも夫婦関係にあるかという違いで大きく異なっています。

 

恋人どうしは基本的に自由恋愛であることから、浮気の定義は法的ではなく、むしろ個人的な解釈に依存します。

 

例えば、2人でデートしたら浮気とか、キスをしたら浮気というなら、それはその人にとって浮気であるということです。

 

これが夫婦になると、デートやキスくらいでは、浮気とは言えないのです。

 

では法律的な浮気の定義というのは何かというと、まず夫婦関係であることに加えて、そのどちらかが夫婦以外の人と肉体関係を持つこと、ということが定義のようです。

 

法的に不倫、不貞行為が浮気にあたり、法的に定義されているということはつまり、罰せられる可能性があるということです。

 

 

 

 

もしあなたが夫婦関係を持ち、他の人と肉体験系を持ったのなら、それは法的な浮気であり、法律違反をしたということを意味します。

 

このことにおいては当然、男女を問わず、法律違反になります。

 

 

ところが肉体関係に及ばない、あるいはキスの証拠などだけでは法律の示す浮気とは言い難く、違反しているとは言えないことが多いようです。

 

法律的に「浮気」とは、不貞行為であり、肉体関係であると言うことを覚えておくと良いでしょう。

 



《広告》


「男の浮気の定義は個人差がある」

 

上述では、法的な浮気の定義を示したましたが、ここでは自由恋愛を前提とした男性の浮気の定義の特徴をご紹介します。

 

もちろん、不貞行為は法律違反であり、また男性側もこれは浮気であるという自覚は持っていることがほとんどです。

 

しかし自由恋愛や夫婦関係で不倫まで及ばない行為、例えば2人で会うことや、手を繋ぐことなどは、浮気に入らないと主張する男性はいる可能性が高くあります。

 

そしてこれは非常に感覚的なものであり、男性のある特徴によって異なる場合があります。

 

その特徴というのが、男性ホルモンの分泌量である可能性があるのです。

 

男性によって男性ホルモンの分泌量には違いがあります。

 

特にテストステロンといわれている男性ホルモンには、欲求を高くする機能があり、この分泌量が浮気の定義や思考について、関与していると考えられるのです。

 

では、テストステロンが多い男性の浮気に対しする考え方と、低い男性のそれとはどのような違いと傾向があるのでしょう。

 



《広告》


「男性ホルモンが高い男の、浮気の定義と境界線の傾向」

 

男性ホルモンであるテストステロンの高い人は、まず異性への欲求が高い傾向にあることが傾向としてあります。

 

そして欲求が高いということは、それを自身で正当化したり、合理的だという考え方をしやすいと言えるでしょう。

 

その結果、浮気の定義や境界線は、比較的広い傾向があると言ってもいいかもしれません。

 

テストステロンはまた、論理的な思考にも関与していることが言われており、浮気の定義に対して、かなり正当性の高い主張と意見をしっかりと持っている場合があります。

 

そのため、例えばあなたが、女性と2人きりで遊ぶことから浮気だという定義と境界線があるとしても、それを論破する主張を持っていることがあるのです。

 

そしてかなり本能的な問題として、このようなテストステロンレベルの高い男性は、多くの女性から魅力的に見られたり、魅了をしてしまうことが多くあることです。

 

つまり、女性から魅力的に思われることで、この人に近寄りたいという欲求を高めてしまうことが往々にしてるのです。

 

これは実はテストステロンの作用でもあるのです。

 

テストステロンは唾液の中にも多く含まれていて、検査などの時も唾液を採取してテストステロンレベルを計測するほどです。

 

そして、この唾液は飛沫し、または吐息などから飛散し、2メートル以内の女性がそれを吸い込むことがあります。

 

テストステロンは異性への欲求を高める効果があるため、これを吸い込んだり吸収してしまった女性は、その男性への欲求や好意などを高めることに繋がります。

 

女性はテストステロンの分泌量が少ないため、欲求が高まることは少ないのですが、このようにテストステロンレベルの高い男性から吸収することによって、欲求のスイッチが入りやすくなるのです。

 

この作用の最もわかりやすい行為が「キス」です。

 

キスによって、男性の持っているテストステロンを女性がほぼダイレクトで吸収することによって、欲求が高まるということです。

 

テストステロンの高い男性は、たとえ欲求が高まっていなくても、女性から近寄られることは多く体験していて、またそれを避けようともしない場合が多くあります。

 

そのため、気がつけば彼女以外の女性と、かなり仲良くなったりしているでしょう。

 

このような本能的な機能によって、(不貞行為を除く)浮気を浮気相手側も、男性に近づきたいという欲求が高くなりやすく、それを望んでしまう傾向が強いと言えます。

 

また、もしかするとあなた自身も、彼の男らしい部分や、飛沫しているテストステロンの作用によって、魅了されて好きになったかもしれません。

 

男性ホルモンの分泌量が高い男は、一言で言えば、モテるのです。

 

そして、往々にして浮気の定義と境界線は、広い傾向があると言えるでしょう。



《広告》


 

「男性ホルモンの低い男の、浮気の定義や境界線の傾向とは」

 

テストステロンの分泌量が低い男性は、女性を本能的に魅了することが、高い男性よりも劣っている可能性が高くあります。

 

そのため、傾向として浮気のリスクは低いと言えるでしょう。

 

そして浮気の定義や境界線も、自分がそのような機会が少ない傾向があるため、狭めである可能性があります。

 

狭いというのは、例えば、2人だけで会うことがすでに浮気だという認識があったり、他の女性に自分の連絡先を教えたがなかったりということがあるでしょう。

 

またそのような機会が少ないことから、浮気する機会そのものにもつながらない可能性が高く、浮気を心配する女性からすると安心できる人かもしれません。

 

ただ、あなた自身がその彼に魅力を感じるのか?という点を完全にクリアできればのことです。

 

もしあなたが求めている男性が、自分の心に魅力を感じさせてくれる人や、魅力的だと思える男性だとしたら、おそらく、かなりの確率でテストステロンの低い男性はスルーするでしょう。

 

おそらく多くは、ただの友人か、または恋愛感情の全く抱かない存在として、あなたの中で認識されていることでしょう。

 

上述のように浮気をする可能性の高い、テストステロンレベルの高い男性は、本能的に魅力を感じてしまいやすいものです。

 

そのため、浮気リスクは高い傾向であり、その代わりに、魅力的な恋愛や結婚が可能かもしれません。

 

テストステロンレベルの低い男性は、浮気リスクが低い傾向があり、その代わりに、恋愛感情は高まりにくいかもしれません。

 

どちらを取るかはあなた次第になりますが、もちろん、男性が浮気だと認識する定義や境界線は、これだけではないのです。

 

男性においてもかなり異なるし、最終的にはあなたがその男性と付き合い、時間を共有する中で、理解していくものです。

 

この内容が、その役に立てることなら、これに勝る喜びはありません。

 



《広告》