自分の浮気で別居し復縁する場合は、自分を信じること?

自分が浮気し、別居しているときに復縁したいなら、反省するだけでなく自分を強く信じることが重要でしょう。

 

これはとても重要です。

 

その詳細をマインディスト KENの独自理論にてご紹介しています。

 

きっと、あなたの悩みや問題の解決に役立つことでしょう。



《広告》


 

「自分の浮気で別居し復縁するときに、本当に大切なこと」

 

自分の浮気で別居し、復縁するときに本当に重要であろうことは、自分をとにかく信じることだと当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

もちろん、反省し、それを真摯に相手に伝えることは重要だということには変わりありません。

 

しかし自分を信じることは、この反省しそれを真摯に伝えることにおいても、とても役に立つことにもつながります。

 

自分を信じることとは、あなたが再び浮気するかもしれないというリスクを、本当の意味で受け入れることだと言えるでしょう。

 

そして大抵の場合で、多くの人は自分に不都合なことや、それが起こる事実、起こるリスクと可能性を本当に受け入れているとは言い難いことが往々にしてあります。

 

それはなぜでしょう?

 

人は自分の人生がうまくいっている、そう思っていたい傾向があるからと言えます。

 

そして、それを期待する傾向が強くあるからです。

 

この場合は、自分が浮気したけれども、それよりも復縁したい、復縁してまたあの時の2人の生活を取り戻したい、ということを願い、そして期待していると言えます。

 

しかしこれは、自分の都合であり、自分軸にしたときにこの主張は成り立つものです。

 

相手を軸にして考えてみると、おそらく相手はあなたへの信用をなくし、裏切りさえ抱き、そして次もまた浮気をするに違いない、そう想像している可能性は高くあります。

 

別居までするということは、あなたに近づきたくないという心理が行動化したものだと言え、復縁など全く考えていないと予測した方いいかもしれません。

 

これを受け入れることが出来るかは、自分がとても自信を持って、これからの2人の関係とう自分の浮気のリスクと可能性についてしっかりと受け入れることがとても重要となるのです。

 

 

これは、個人的な復縁したい、ということではとても力不足であり、十分だといは言い切れません。

 

しかし自分に起こるであろうリスクと可能性に対して、本当に受け入れることができ、それを行動レベルに出来るなら、きっとそれは相手への信頼にもつながることでしょう。

 

では、そうなるにはどうしたら良いのでしょう?

 



《広告》


「浮気から別居、復縁するときに、自分を信じる方法とは」

 

自分の浮気はそもそも、自分の都合によって引き起こされたものであると考えられるでしょう。

 

あるいは、それを考えられないのなら、おそらくですが、今後の浮気リスクを受け入れることは難しいかもしれません。

 

自分の都合の良いように、人は解釈をする傾向があります。

 

これは人が自身が得られるであろう快楽と快感に対して、弱いことによって起こりやすくなるものです。

 

つまり人は多くの場合で、快楽と快感を得たいから、それを得られるように、都合よく解釈をしていまいやすいということです。

 

しかしこれは都合が良い解釈であるだけでなく、単なる個人的解釈にすぎません。

 

その快楽と快感を追い求めたことで、確かにそれを獲得することはできるでしょうが、それを獲得した後のリスクを自分の中で許していることは、ほぼないのです。

 

それはなぜか?

 

自分の都合の良いように解釈することによって、現状をあるがままに受け入れることが、すでにできない心理状態になっていることが多いからです。

 

現状をあるがままに受け入れることができず、自分の快楽のために都合よく解釈することは、とても日常的に起きているものです。

 

例えば多くの嗜好品は、健康被害があることは明白な事実ですが、それをやめられない人はとても多くいるのと同じです。

 

健康を害する嗜好品を日常的に摂取している人は、それによってまだ病気になっていないかもしれません。

 

そして嗜好品によって得られる快楽を獲得したいがために、自分の都合の良い解釈をするのです。

 

自分は大丈夫、

自分はこれで健康をがいすることはないのではないか・

年齢を重ねた人だけが健康を害する。

それまでには止める。

実はこの点においては体に良い面もある。

ストレスが解消する。

これがないと仕事のストレスを緩和できない。

 

などなど、自分の都合よく解釈し、それを継続する道を自分で選択し続ける傾向があります。

 

しかし、たとえそのような解釈をいくらしたとしても、健康被害のリスクと可能性が消えたわけではありません。

 

嗜好品を摂取し続ける以上、リスクは必ずセットで、ずっとついて回るのです。

 

簡単にいうと、快楽と快感とリスクは、必ずセットなのです。

 

では浮気についてのこれらはどうなるのかというと、まず浮気をしたときも、そのときは確実にあなたの求めていたでろう快楽と快感を獲得できたことでしょう。

 

またそれを獲得するために、勝手かつ自分都合の合理的思考と正当的な思考をし、決断を下したはずです。

 

そうではないと、浮気という結果が起こり得るはずもありません。

 

つまり、自分が都合よく考え、行動した結果が浮気であると言えるのです。

 

しかし自分がどれだけ都合よく考えたとしても、妻(あるいは夫)やパートナーがいて、彼女たちがどのようなことをあなたにするか、そのリスクが消えることはないのです。

 

つまり妻(あるいは夫)が今回のように別居やまたは離婚という選択をするリスクはあり、それは実現したと言えます。

 

また法的なリスクさえ、抱えている状態です。

 

法律では夫婦以外の人と肉体関係を持った場合、不貞行為というれっきとした法律違反に定義されているものです。

 

浮気をする人は、本当にこれらを受け入れた上で、浮気という選択肢を選んだのでしょうか?

 

きっと違うでしょう。

 

しかしこうなる可能性があることくらいは、知っていたか、または考えることができたかもしれません。

 

 

しかし行動にはできなかったのです。

 

妻(あるいは夫)が別居や離婚という選択をした事実を確認して、きっと、あなたの気持ちが変わったことでしょう。

 

あるいは妻(あるいは夫)がいる生活や、その大切さに気がつけたのかもしれません。

 

これはきっと以前も頭の中では理解していたことだったはずですが、それを行動にすることができなかったといことは、以下のことが言えます。

 

人は頭でよく理解していることと、行動することとは、全く異なる能力を使っているか、あるいは違うということです。

 

そして、別居中の妻(あるいは夫)と復縁するには、これから頭で理解していることが、行動に自然となっていることがもっとも重要なことなのです。

 

これが自分の浮気リスクと可能性を、完全に理解することによって、その助けになるのです。

 

 



《広告》


「浮気のリスクを受け入れ、行動にするために重要なこと」

 

浮気のリスクを受け入れることは、まず上述のことをしっかりと頭に入れることが大切です。

 

浮気をするリスクと可能性は消えないこと。

 

そしてそれを選択したら、内在している他のリスクが浮き彫りになり、それを受け入れざるを得なくんること。

 

これらはずっと消えないこと。

 

これらを踏まえた上で、あなたは復縁をしようとしているのです。

 

そして相手は、あなた以上にきっと、浮気のリスクを理解しているはずです。

 

あなたの浮気リスクを実現しないために役立つことは、浮気から関心が消え去ることだと言えるでしょう。

 

浮気の選択肢と環境があろうがなかろうが、まずそのことに関心がなければ、それを選ぶ気持ちさえ起こりにくくなります。

 

例えるなら、大嫌いな食べ物を、あえて自分からお金を支払って買おうとか、食べようと思わない心理に酷似してます。

 

大嫌いな食べ物は、自分にとってよくない現象を起こすことをよく理解しているはずです。

 

そのため、それを選択することに対し、全く関心も好奇心もないはずです。

 

関心が全くないから、それをあえて選択する気持ちさえ起こらないということにつながりやすくなります。

 

しかし一方で、関心がまだ少しでもあると、それによって獲得できる快楽と快感を手にしようと欲求が高まったり、欲求がさらに関心を高め、その結果として、浮気の選択をする必要性を自分で大きくしてしまいます。

 

浮気から自分の関心を消し去るには、想定される内在リスクが現実のものになったとしても、それを受け入れることが出来るか?

 

ということを常に考えて、習慣化することが重要です。

 

リスクは以下に挙げるだけでも、十分かもしれせん。

 

離婚リスク

訴訟リスク

損害賠償請求をされるリスク

社会的立場のリスク

社会的信用のリスク

次付き合う人との信用リスク

離婚したことによって、様々なことを変更するリスク

生活が一変するリスク

後悔の念を抱き続けるリスク

どれか一つか実現するリスク

あるいは全てが、実現するリスク

このほか想定外のリスク  

 

これらは全て、受け入れることが出来るか、それを習慣的に考えてみることです。

 

この習慣は、あなたにきっと浮気という快楽や快感の欲求を満たすために失っていた理性を、取り戻すことを大いに助けるでしょう。

 

そうです。

 

理性的に、平常心で、よく考えれば、こんなにリスクの高い行為をしないと、誰でも理解し行動にしないことが出来るようになるものです。

 

言い換えるなら、危険な高い場所から、あえて飛び降りようとしないのに似ています。

 

想定される内在リスクでさえ、受け入れることができないなら、浮気という選択をするべきではないでしょう。

 

なぜなら、もっとも重要なことは、想定外のリスクがあるからです。

 

これも可能性に過ぎなくても、その可能性が消えることはないのです。

 

よりよく習慣的に、このことを考えて、理性的に対処できるようにならないと、復縁しても浮気のリスクと可能性が高いままになってしまうでしょう。

 

さらには、復縁する相手の信頼を獲得することは、かなり難しいと言えるでしょう。



《広告》


  

「自分の浮気リスクを受け入れる」

 

まず誤解のないために、あなたが知っておくべき事実をお伝えしましょう。

 

それとは、浮気のリスクと可能性は、あなただけではないということです。

 

浮気のリスクと可能性は、浮気をしたことがない人も、あるいは浮気をされたあなたの妻も含まれます。

 

それはなぜでしょう?

 

この理由は簡単で、人はいつだって浮気が可能な環境にいて、そうである限り浮気の選択肢が常に隣あるからです。

 

この選択肢を選ばない結果として、浮気をしていない状態が続くだけです。

 

あなたはその選択肢を選び、そによって明確になったあらゆる結果を、今受け取っていることでしょう。

 

浮気で快楽と快感を手にしたこと。

浮気で夫婦関係が崩れたこと。

妻(あるいは夫)が別居したこと。

妻(あるいは夫)が離婚する可能性が高まったこと。

離婚したら自分の生活がとても困る可能性が高まったこと。

 

などなど、浮気によって明確したことは、あなたが望んだことと、望んでいないかったこと、つまり内在するリスクが、浮き彫りになったということになります。

  

そしてきっと、「浮気なんてしなkればよかった・・・」という思いを抱いていることでしょう。

 

しかし、浮気によって起こるリスクをしっかりと完全に受け入れていたら、それを考えて自分はどちらの選択をすべきかを、よりよく考えることができ、それを行動にできたら、浮気という選択をすることはきっとなかったはずです。

 

上述したとおり、人は頭で理解していることと、行動は全く別のものなのです。

 

頭で理解していることが、行動になることは、往々にしてありません。

 

そしてこれからは、この浮気のリスクを受け入れることに加えて、それを行動にすることがもっとも重要であり、復縁の可能性を高めることにもつながるのです。

 

しかし浮気を再びしてしまう環境も可能性も、リスクも消えることありません。

 

とは言え、だから浮気の再発も浮気することも仕方がない、という解釈もあり得ません。

 

選択をしないことが重要であり、選択をしないようにするには、あなたの脳内にある思考や価値観が変わる必要があるのです。

 

そしてそれさえ変わってしまえば、浮気の選択をする必要性と重要性への理解を失い、その結果、自然とその選択をしないようにすることにもつながるのです。

 

まずは自分はこれからも浮気をする可能性があること、リスクがあること、環境と選択肢は消えないこと、これらをしっかりと受け入れましょう。

 

そして次に、その考えを行動に出来る方向へ、進みましょう。

 

次は、考えを行動にするまでのプロセスや重要なことについて、ご紹介します。

 



《広告》