浮気されて別れた。復縁する時に、とっておきの解決方法とは

 

浮気されて別れた2人が、復縁をする場合、実は心理的なものを解決することが最も重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

これより、その具体的な方法を独自理論に基づきご紹介します。

 

きっと、あなたの悩みを解決する助けになるはずです。



《広告》


 

「浮気されて別れた時、復縁に障害になるもの」

 

浮気されて別れた時、復縁に障害になるものは、心理的な要因だと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

この心理的な要素が解決か改善されていない場合、復縁したとしても、おそらく多くの場合でうまくいかない可能性があります。

 

それはなぜか?

 

実は心理的なものは、かなり長期間残り続けるものであり、そしてそれは強固である場合があるからです。

 

心理的な要素とは、浮気した彼をあなたが信じることが再びできているかということが多くあるでしょう。

 

そして再び信じるということは、頭で理解したり、心に決めたりすることだけでは、かなり難しいか、おそらく無理な場合が多くあるでしょう。

 

なぜなら、また彼を本当に信じるためには、過去の体験を全く異なった解釈をして、それに対して完全に納得している必要があるからです。

 

浮気をされた時、その過去の体験や記憶はきっと、あなたにとって辛かったことでしょう。

 

そして今も、その辛い思いを引きずっていて、さらに復縁をするのなら、この辛かった思いを二度とさせないで欲しいと、彼に望んでいるかもしれません。

 

さらに彼も、二度と浮気をしないと誓ったかもしれません。

 

これで精神的には安心感を覚えることがありますが、心理的な全く異なっている場合が多くあるのです。

 

心理的には、二度とあの辛い思いをしたくないt、という防衛本能の思考が強く機能しており、精神的に安心した感覚は、すぐにも消えて無くなってしまうことでしょう。

 

そして大抵の場合は、以前付き合っていた時よりも、彼の行為が気になったり、心配したり、不安になったりと、精神的苦痛が徐々に増えていく傾向があります。

 

これが復縁の時に、心理的な要素が障害になるという理由の一つでもあります。

 

ではこの心理的な要素を克服するためには、どうすれば良いのでしょうか?



《広告》


  

「浮気されて別れた後、復縁するのに克服する心理と方法とは」

 

浮気されて別れた後、復縁する時に克服するべき心理と方法には、過去の体験から今や未来を関係させない認識をすることが重要であり、効果的な方法となります。

 

人は過去の体験によって、今と未来を生きていく傾向が強くあります。

 

そしてその傾向は、人生経験が積み重なるほど、自身の可能性を自分で小さくすることを助けます。

 

なぜでしょう?

 

人の脳は認知したこと以外のことが思考できなかったり、または同じ現状を見たり体験しても、それ以外の解釈や処理ができないことがわかっています。

 

例えばオレンジジュースが好きな人と、嫌いな人では、同じオレンジジュースなのにも関わらず、認知のされ方が異なっているのに似ています。

 

オレンジジュースが美味しいと思い、好きな人は、かなりの確率でオレンジジュースを次も手にするでしょう。

 

しかし嫌いな人では、目の前に出されただけでも嫌悪感をあらわにするものです。

 

 

この違いは認識や認知がただ異なるだけで、同じ現実をそれぞれの解釈と見方をしていることを教えてくれています。

 

浮気されたことにおいても、このような原理が機能している可能性があるのです。

 

つまり、浮気をされて悲しい思いや辛い思いをしたのなら、それは今後も浮気に対してそのような思いをすることがほど確定しているということを意味します。

 

そして結果的に、オレンジジュースが嫌いで拒絶する人と同じように、浮気をした人、浮気をする人に対して、自然的かつ本能的に拒否と拒絶をしてしまう心理が機能してしまいやすいのです。

 

復縁するために乗り越えるべき心理は、まさにこのことであり、それは過去の体験によって蓄積された浮気と浮気をした彼への認知を、新しいものに変えることを意味します。

 

では次に浮気されたことや、浮気した彼の認知を変える方法とはどのようなものでしょうか?

 



《広告》


  

「浮気されたことと浮気した彼に対する認知を変える方法とは」

 

浮気されたことや、浮気した彼に対して、すでに持っている認知は、過去に浮気された時にあなたが感じた感情、つまり悲しみや辛さなどが反映して認識や認知がされている可能性が高くあります。

 

その結果、「これからも」浮気やそれをした彼に対して、自分に辛いを思いをさせる存在として認知し、向き合う必要が出てきてしまうのです。

 

これはどいうことかというと、過去の体験と記憶によって、未来を見ている、未来を判断しているということを意味しています。

 

言い換えると、過去の体験が今とこれからのあなたを支配的にしていると言えます。

 

過去が、未来と今のあなたを作っていくのです。

 

人は過去の体験と記憶から、未来を作っているのなら、過去の延長を人は生きていることになります。

 

それだけでなく、過去が今と未来を作る原因ということになります。

 

これが今のところ、多くの人がしている認知の方法です。

 

とても当然のように思えるし、問題のない認知の方法だと言えますが、確かにこれといって問題はないのかもしれません。

 

ただし、自分の未来を変えること以外は。

 

自分の未来を変えるには、過去に原因を持っていると、これは不可能に近いのです。

 

なぜなら、未来はいつも未知であり、無限の可能性が考えられるからです。

 

それを過去のただ一つの体験によって、無限に広がる可能性、つまり、何が起こるかわからにない未知のものに対して、対応できるということは到底不可能であるとしか考えられないのです。

 

一つないしは複数回の浮気をされた嫌な体験は、無限になんでも起こりうる未来や未来を切ることに対して、なんら役に立たないことの方が多いのです。

 

過去の認知を変えるには、未来が自分を作り上げるという認識と認知に変えていく必要があるのです。

 

つまり、未来の自分が浮気された彼と復縁し、とても幸福になっているから、今の自分や過去の彼の浮気という体験があったという解釈に納得がいくかどうかが重要だと言えます。

 

未来の自分がすでに幸福であるから、過去に起きたことがつじつまを合わせるようになっていきます。

 

例えばこれは今も同じで、今すでに幸福だから、過去にあのような辛いことや悲しいことが起きた、または必要な出来事だった、ということです。

 

 

人の脳は、自分の認識に基づいてつじつまを合わせるように思考する傾向があります。

 

そのため今の哀しさや辛さを、過去に原因を持たせると、過去の出来事は未来に起きても辛い体験となるという解釈になり、浮気や浮気した彼を心から許すことは難しくなっていきます。

 

しかし、未来に原因を持たせることによって、過去の辛かったことや悲しかった体験などが、それがあってよかったとか、そのおかげで幸福になれたという解釈にすることができるのです。

 

言い換えると、あなたの思考の時間軸が変わることによって、過去は全て、つじつま合わせしかできないのです。

 

その結果、彼を本当に許すことができ、彼のした浮気も今後は全く気にならなくなり、また浮気する可能性がこれからもあったとしても、それは未来に幸福になっている自分のためだと納得もいくことでしょう。

 



《広告》