「浮気相手と連絡を取りたい」

 

浮気相手と連絡を取りたい気持ちは、きっと多くの浮気をされた側の人にはあることでしょう。

 

しかしよく考えてから、それを行動にする必要は変わりないと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

浮気相手と連絡を取ることは、あなたの主張が必ずしも通ることはない、ということをよく理解しておく必要があります。

 

この理由は上述したとおりで、相手にもそれなりの主張や意見、自分の幸福のための選択をしている1人の人間であることは、忘れてはいけないことです。

 

もちろん、あなたもその1人であり、今回の彼氏彼女の浮気によってそれを浮気相手から踏みにじられたのでしょうが、同じリングの上には上がらない方が、おそらく賢明なのです。

 

もし浮気相手と連絡を取りたいのなら、連絡を取ってからその後に起こる可能性の高い、衝突、別れ、精神的不安定な時期、あるいは考えられ想定される最悪の結果を、よく考えた方が良いでしょう。

 

それらが起こっても、自分が納得がいく、大丈夫、ということが自信を持って言えるのなら、もしかすると浮気相手と連絡を取っても、その後何が起こっても大丈夫だと言えるかも知れません。

 

このような自分自身で覚悟や決意がしっかりとしていないと、その後に起こるかも知れない負の出来事や都合の悪い出来事に対して、こんなはずじゃなかった、という思いをする可能性があります。

 

こんなはずじゃなかった。

 

という言葉を口にするのは、とても簡単なことです。

 

なぜなら、後先を全く考えない決断を、今すれば、それはほとんど可能なことだからです。

 

もちろん、浮気相手の方が後先を考えない行動をしたのは事実でしょう。

 

しかしそれを解決改善するのに、自分もあとさきを考えない手段を選択する必要性は、どこにもないものです。

 

浮気相手に連絡と取り、話し合う時、そして何かの決断をあなたがするとき、すでにその後のことをよく考えた前提であることが良いでしょう。