「浮気男の心理から生まれる行動の特徴とは」

 

浮気男の心理から生まれる行動的な特徴には、満たされないという心理から、誰かを求めてしまう行動をへとつながることがあるでしょう。

 

また誰かを求めるだけでなく、嗜好品などにハマっていたり、依存心が強い傾向があるでしょう。

 

浮気男は、たとえ強うそうで、男らしく、さらには信頼できそうな雰囲気に見えたとしても、何かを追いかけ続けていて、それをまだ達成していないという不足感を強く持っている傾向があります。

 

そのため、浮気をする男性の行動的な特徴は、夢や希望を実現しようと追いかけていることが多くあります。

 

これは言い換えると、今、彼は不足している感覚を強く抱いていることを意味します。

 

不足している感覚とは、夢に向かっている状態であるなら、自分はまだ夢を達成していない、夢を実現していない、夢を手にしていない、という心理状態にあることを示唆します。

 

夢だけでなくても、何かを目指している場合は、自分がそうなっていないという認識を強く持っているから、そのための努力をする行動となるはずです。

 

これは自分がその夢や目的を果たしたときに、初めて自分を褒めることができたり、自分を自分で認めることができる心理を持っていると言えます。

 

そのため、依存心が強くなる傾向となるのです。

 

不足感をずっと抱いたまま、人は正常で平常心で、普通の心理状態を保っていることは難しくあります。

 

そのため、不足感からくる大きなストレスや疲労を、嗜好品などの摂取によって解消することが多くあります。

 

そしてやがて、それに依存的になり、不足感をさらに大きくしていく傾向があります。

 

この不足感の増大は、やがて、快楽と欲求の暴走を招きやすくなり、結果的に浮気という行動にまで発展していくでしょう。

 

このように、不足感を抱いていて、自分が満たされないという心理は、それを埋める行為をなんでも取り入れていくことに繋がりやすいのです。

 

これは性格的に大人しいとか、行動力があるとか、ほぼ関係ありません。

 

人は、誰でも、欲求を埋めようとする本能があります。

 

本能が機能し、理性を上回る時は、ストレスや疲労や挫折感、不足感によって、理性を完全に抑制されてしまった時が多くあります。

 

本人は自分がかなり精神的に追い詰められていることが多いので、きっと、浮気を正当化してくるでしょう。

 

これも浮気男によく見られる行動的特徴と言えるかもしれません。

 

何かを追い求め、不足感を常に抱いき、そのストレスと疲労を他で依存している、このような特徴があると言えるでしょう。