「浮気後に連絡する時どうしたらいい?」

 

浮気した後に連絡する時は、おそらく多かれ少なかれ、相手の人は上述のような心理、つまり、危険な人には近づかないようにする心理が機能している可能性があると言えます。

 

つまり、危険な人に近づかないようにするとは、自分がそのような対象に思われていることを察知しなくてはならないと言えるでしょう。

 

連絡をしてはいけないわけではないのですが、連絡しても相手から拒絶、拒否、避けられる、ということは往々にしてあると考えられます。

 

このような時にどうすればいいかというと、あなたがもし、連絡をしたい立場なら、まず相手のことを考えないことか、考えなくなるまで時間と時期を十分においてみることが良いかもしれません。

 

自分の思考や感情が、十分に冷静になるまで、連絡をしないということも良い方法の一つとなるものです。

 

これにはいくつかの、良い効果が期待できます。

 

まずは、自分の意見や感情の整理がつく可能性があることです。

 

そして次に、自分の本当の気持ちに、気がつける可能性が高くなることです。

 

二つめは特に、復縁をしたいあなたにとって、重要なことになると考えられます。

 

なぜなら、本当は復縁したいのか、それとも復縁したくないのか、という自分の本心を理解することの助けになるからです。

 

つまり相手に連絡をする前に、自分自身の本心をしっかりと把握することが、連絡することや、それがうまくいくことより重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えているのです。

 

これは今抱いているあらゆる感情が、ほぼ完全に穏やかになるか、収束する必要があります。

 

穏やかにすると良い感情は、好きという感情、浮気したことへの罪悪感、復縁したい欲求、復縁へのあせり、恋人との思い出、などなどだと言えます。

 

つまり、完全に自分が冷静になってから、再度相手のことを考えることで、自分にとって本当にあの人は大切な存在なのか、ということが理解できるようになるということです。

 

なぜ感情が全て治まってからが良いかというと、感情がある、あるいは高い状態だと、人は感情が喜ぶ方向性や、都合の良い方向性でしか考えないようにする傾向があるからです。

 

これは都合の良い解釈でしかなく、事実や現実との乖離が起こる可能性があります。

 

完全に自分が感情の支配から抜けることで、それらに支配される思考も生まれにくくなります。

 

本当に恋人が必要な存在で、掛け替えのない存在であるなら、感情ではなく、理性的に考えて素直にそう思えることが重要だと言えます。

 

逆に感情でこれらを理解してしまうと、その感情によって、崩壊する恐れがあると言えるでしょう。

 

 

理性的にやっぱり大切な人だと理解する時は、おそらく、ほぼ感情が乗っていることはない場合が多くあります。

 

恋愛は感情的なものだと捉えている人や、認識している人は多くいるかもしれません。

 

しかし、本当に必要な人だと理解する時は、そこに感情的な勢いや、思いがないことが多くあるのです。

 

当然的な意識と、そうであることの当然さを、実感していることが多く、至って冷静で平常心である場合が多くあります。

 

そしてそのような当然意識で、再び連絡を取り合ってみると、良い結果につながりやすいかもしれません。

 

まずは、自分がしっかりと相手の人が大切だということを、理解することが重要です。