「浮気を繰り返す男の特徴」

 

浮気を繰り返す男の特徴は、上述したように、そこに特徴があったとしても、なんら根拠は薄いと言えます。

 

しかし、浮気を繰り返す人には、確かに、特徴的な類似点が認められる場合もあります。

 

確定的ではないし、それが一生、その人が浮気を繰り返すと言う確証は一切ありませんが、浮気をすでに何度かしてしまっている男性は、概ね、不足感を抱いている場合がある可能性があります。

 

ここで伝えたい不足感とは、自分が今、満たされていないと言う意識であり、認識であり、現状の捉え方を意味します。

 

人の心理は、自分の願望は欲求が、満たされていない状態を確認したときや、その状態が長期間ある程度続くと、心理的なバランスを崩す傾向が強まっていきます。

 

心理的なバランスとは、例えば普段は温厚だったのに、または特に怒る場面やイライラする必要な時に、怒ったり、イライラしたり、焦りや、無力感などを抱きやすくなる状態になりやすいと言うことです。

 

例えば、これは生理的な機能にも関係しており、お腹が空いている時にイライラする人がいたりするのは、自分の食欲が満たされていないと言う状況に、心理的なバランスが崩れていることを示唆しているものです。

 

浮気を繰り返す男性は、何かが満たされていないと言う認識を、今から過去にかけて抱き続けていて、それがストレスとなり、疲労となり、結果的に欲求を暴走しないと落ち着かない心理状態になっている可能性が考えられます。

 

このような人に必要なことは、特に急速、睡眠、特別に何かすることをやめて、身体と精神を休ませることが効果的です。

 

そうでないと、浮気を繰り返す可能性を低くすることはできないでしょう。

 

つまり、浮気を繰り返す男性の特徴として、もし言えることがあるとするなら、自己否定の観念を持っているか、満たされていない現状認識をしていると言えるでしょう。

 

人はこれらによって、ストレスがたまると、睡眠が浅くなり、疲労はさらに蓄積されると言う繰り返しになりやすいのです。

 

この疲労は、交感神経が優位になる状態を長期化させてしまい、その結果、人は欲求や快楽の暴走を選択する心理と思考状態になりやすいのです。

 

暴走的だと言えるのは、そこに理性的な思考も理性的な判断も、もはや置き去りにされてしまうことがあるからです。

 

なぜなら、人は交感神経が優位になると理性的な思考を抑制することがわかっており、代わりに感情的になり、思考も感情的なものを優先するようにすることがわかっているからです。

 

浮気を繰り返す男性は、どこか勢いがよく、それが魅力的に女性には見えることがあるでしょう。

 

もちろん。これが本当の特徴であると言う保証はありません。

 

しかしその魅力の虜になると、男性が言っていることと行動していることの矛盾や、意見がいつの間にか変わっていることなどに、気が付きにくくなると言う危険があります。

 

特徴があったからと言って、浮気を絶対に繰り返すと言うことは、断言は誰にもできません。

 

自分自身で、冷静な視点と理性的な思考を維持すること、そしてそれで相手を判断することが最も重要だと言えます。