「浮気をした彼氏の復縁の心理について」

 

 浮気をした彼氏の復縁に対する心理は、どのようなものでしょう。

 

真実は実際に聞いてみないとわからないことですが、彼氏がもし、真剣にあなたとの復縁を望んでいる場合を仮定して考えてみましょう。

 

浮気をした、けど復縁を真剣にしたいと言う彼氏の心理には、まず反省していること、そして後悔していること、本当に好きな人はあなただったと言うことに気がつけたことが言えるかもしれません。

 

あなたと別れるくらいなら、浮気などもう二度としない。

 

そう考えているかもしれません。

 

しかし犯してしまったことは、事実であり、後戻りはできないものです。

 

そのためとても後悔をしている可能性はあるでしょう。

 

しかし上述のように、浮気の可能性は後悔とともに消え去ってくれません。

 

残り続けます。

 

問題は、復縁を求める彼氏が、その選択をずっとしないかどうかだと言えるでしょう。

 

では彼氏は、どうすれば、浮気の選択をしないようになれるか、または浮気よりもあなたとの付き合いを優先できるのでしょうか。

 

これは彼氏が浮気に対して、全く自分の人生の役に立たないことだと、心から悟っている必要があります。

 

心から悟っているとは、あくまで理性的に浮気は全く役に立たないことだと、判断していることを意味します。

 

そのため、勢いや、自分に言い聞かせること、あるいは感情的になって自分は浮気などしないと誓うことは、あまり意味がないか、それで本当に浮気から関心が完全に離れたとは言い難いのです。

 

しかし、後悔というのは、この理性的な判断に大きな力を貸してくれる可能性はあります。

 

人は失敗したり、痛い目を味わったり、本当の怖さを味わったりする体験によって、これまでの見る目が変わることができたりします。

 

後悔とは、どうして自分は浮気なんかに手を染めてしまったのだろうと、自分のした行いと過去を振り返り、そして大切なあなたと言う存在を失う現実を味わってから、大きくなる傾向があります。

 

そして本当に大切なことや、大切な存在はなんだったのかに、深く気がつくことになるのです。

 

人は本当に、深い傷を追わないと、目を覚さないことがあるものです。

 

例えるなら、概ね何も問題がない時、人生が順調に進んでいるとか、あなたとの付き合いが順調だと言う時は、まさか問題など起こらないだろうと、夢の中にい続けているようなことに似ています。

 

浮気を選択したと言うことは、浮気しても大丈夫とか、バレないとか、一度はしてみたかったなどと言う気持ちがあったかもしれません。

 

興奮や楽しさ、快楽を得られる気分に支配されてしまい、浮気の選択から逃れられない自分や心理を作ってしまったと言えるでしょう。

 

そして本当の問題が起こってから、後悔し、ようやく気がつけることがあります。

 

逆に、ストレスと疲労によって自分の理性的な判断が欠けていくことでも、同じような心理的な状況に陥りやすくなります。

 

ストレスと疲労は理性的な思考を抑制することがあり、これが抑制されることによって、快楽の暴走をしやすくなることがわかっています。

 

彼はストレスと疲労によって、本来の彼の心理状態を維持できなくなり、浮気と言う快楽と興奮と欲求の詰まった行為に暴走的に進んでしまったかもしれません。

 

これも同じく、結果を得てから、深い後悔と自責の念が募りやすいものです。

 

このような場合だと、きっと彼は反省をしているでしょう。

 

しかし、問題は、彼は次に浮気をしない方法を、おそらく、知らないままであることです。

 

彼が浮気の再発や、防止をするためにはどうしたら良いのでしょうか?