「浮気で後悔した男と離婚した時」

 

 浮気をし、後悔した男とを離婚をする時、これも上述のような思考が重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

浮気への後悔した男性と離婚する、あるいはすでに離婚したのなら、それは最終的に彼の浮気を許さなかった、ということが言えるでしょう。

 

浮気は許されるべきではない、という意見を持っている女性は多くいるものです。

 

それが離婚という決定を下した可能性は、とても理解できるものです。

 

ただし、許さないという決定を出し、その選択をすることにおいても、決定者には失うものがあり、それはしっかりと覚悟しておく必要があると言えるでしょう。

 

もしあなたが同じような当事者であるあんら、浮気をした男性は、結果的にその選択によって、あなたを失うという結末に至りました。

 

そして、あなたが下した離婚するという決断は、相手との今後の幸福の可能性のほぼ全てを諦めたということが言えるでしょう。

 

言い換えると、彼との幸福を失うということを意味します。

 

それと同時に、例えば気持ちがすっきりしたとか、せいせいしたなどの高揚感などを得られたり、または新しいスタートの機会を獲得したとも言えます。

 

決断は何かを獲得するために、何かを失うものだと言えるのです。

 

許さないという選択にも、失うものがあることは覚悟することが重要だという意味には、自分は浮気の被害者であっても、その後の決断によって獲得するものと失うものは、常に付き纏うことがある、ということです。

 

失うものはそれだけではないでしょう。

 

彼とのこれまでの時間、思い出、共有してきた数々を、捨てるか諦めることを余儀なくする。それが離婚という決断になると言えるでしょう。

 

それを捨て切れるなら、または、今後の新しいスタートの方が自分の人生の目的や望みに大きく役立つという自信があるなら、その決定はきっと、あなたにとって良い決定になる可能性を高めます。