【浮気しない男性】特徴や一生または結婚しても浮気しない男について徹底解説

 

浮気しない男性はいるかというときっといるでしょう。

 

ここでは他では聞けない特徴や浮気しない男性について詳細にご紹介します。

 

初めて耳にするような内容と事実に、きっとあなたは驚くことでしょう。



《広告》


「浮気しない男性とはどのような特徴があるか」

 

浮気しない男性を求める女性はきっと多くいることでしょう。

 

もし本当にそのような男性がいるなら、きっとどんな特徴があり、どうすればその男性と巡り合えるかを知りたいはずです。

 

浮気しない男性の特徴とは、例えば口数が少ない、コミュニケーション能力が低い、女性のいる職場ではない、自分の趣味など没頭できるものを持っている、女性にお金を使わないなど、いろいろあると思います。

 

しかし、これで浮気の可能性がなくなったわけではありません。

 

当サイト(マインディスト KEN)の考えでは、浮気しない男性の特徴の全てを満たしたとしても、浮気をしないという確約は得られないという考えです。

 

なぜでしょう?

 

人はどんなに浮気しない特徴があったとしても、その環境から抜け出せたわけではないと言えるからです。

 

つまり誰でも浮気という選択肢のある環境にいて、そうである以上、可能性は確実に存在し続けるということです。

 

そしてこの環境は決して、一生を通じて、消えせることはないものです。

 

たとえ、浮気しないように男性を束縛し続けたとしても、その人はその束縛から離れた瞬間に、浮気の選択肢を獲得し、そして浮気をする可能性の中に戻ることになります。

 

一生誰かの行動や言動を束縛することは、不可能であるばかりでなく、そんなことをしたら相手は絶対にこの場所から抜け出してやるという強い反抗心さえ生まれるでしょう。

 

人は誰でも、浮気ができる環境にいて、浮気をする可能性があります。

 

では、何が浮気をする男性とそうでない男性に分けることになるのでしょうか?

 

これはとても単純です。

 

浮気の選択肢が常にありながらも、それを一生を通じて選ばなかった、という結果論でしかないということです。

 

結果として、その選択をしなかったというだけで、その結果をみるまでは、絶対に浮気をしない人など、誰にもわからないのです。

 

しかし、多くの女性が浮気をしない男性を好み、浮気をしない男性の特徴を知りたがり、浮気をしない男性との結婚や付き合いを望んでいる傾向があると言えます。

 

浮気をしない可能性も、する可能性も、これら二つは男性と付き合えば一生付き纏うはずなのに、なぜか、自分の都合の良い方だけを実現してほしいと願うわけです。

 

しかし自分さえ、浮気をする可能性を持った中で、相手にだけ不可能を求めているという、とても矛盾した態度であり、欲求であり、容貌であるとさえ言えるでしょう。

 

残念ながら、これが実現することは不可能に近いか、あるいはそれに固執するほど、幸福な恋愛や結婚から自分を遠ざけてしまうことになるでしょう。

 

重要なことは、その人が浮気という選択肢がある中で、それを行使しないことです。

 

とは言え、絶対に浮気という選択をしないという保証は、上述のようにどこにもありません。

 

しかし浮気を選択しにくい、そのような心理を持っている男性はいるし、そこには特徴があると言えるかもしれません。

 

それが、理性的な思考や理性的な心理を持っている男性と言えるでしょう。

 

しかし理性的な男性は、傾向的に控えめか、または冒険心と好奇心のある男性とは異なり、女性からすると魅力に欠けるということが考えられます。

 

そのため、「つまらない」という印象を与える傾向があり、もしかすると多くの女性は恋愛対象とはしない可能性もあります。

 

浮気の選択肢を選びにくい男性は、自分の現状や事態を把握することに能力が長けており、自分が浮気をする必要性や重要性のみならず、浮気に内在している多くのリスクを考える傾向があります。

 

浮気に内在しているリスクとは、本当に大切な女性を裏切ることや、それによって別れること、社会的な信用、社会的立場、相手の立場や自分との関係性などが悪化してしまうことなが含まれるでしょう。

 

そしてそれら例えば本当に悪化した場合、自分の仕事、職場、時として収入などにも影響し、それはそのまま人生の質や目標にも影響を及ぼす可能性まで創造的に思考できるでしょう。

 

ではここまで創造的に思考できたら、浮気などリスクでしかない。という答えに至るのは簡単に予測がつくものです。

 

だから、浮気の選択肢があっても、それを実際に選ばない可能性が高いと言えるのです。

 

しかしこのような理性的な思考は、特にアクティブなタイプの女性からすると、控えめで、臆病で、冒険心と好奇心のない男性という印象があるでしょう。

 

つまり派手さに欠ける印象があるといえ、それが特徴的かもしれません。

 

 

浮気をしない男性を求める傾向のある女性は、もしかしたら、このような控えめな男性には魅了されにくいかもしれません。

 

なぜなら、上述のように相手に不可能を求めてしまうのは、すでに自分の理性的な思考が抑制され、感情的になっている可能性があるからです。

 

人に不可能を求めていることや、それを冷静に受け止められないこと、またはそんなことはないと否定しているなら、それはすでに感情に支配され、理性はそれによって抑制されているでしょう。

 

人の身体的な機能には、興奮、喜び、恐れ、不安などのあらゆる感情が高まった時は、理性的な思考が抑制されることがわかっています。

 

そのため、現実や事実、つまり浮気の可能性は誰にでもあるという、とても当たり前のことを恐れたり、不安に思ったりして、拒絶してしまいやすくなるでしょう。

 

その結果、浮気をしない男性を一生懸命に探そうとしているのかもしれません。

 

これはすでに、恐れや不安のようなネガティウブで負の感情に自分の思考と半顔が支配されている状態と言えるでしょう。

 

まずは、自分自身がこの当然の環境を、あるがままに受け入れることが重要だと言えます。

 

浮気の可能性は、誰にでもあり、それは消えることがない。

 

これを前提に考えてみると、全く新しい恋愛観や、相手への接し方や付き合い方が見えてくることでしょう。

 



《広告》


「浮気しない男性は一生しないのか」

 

浮気しない男性は、一生浮気しないのかということは、上述の内容をよく読まれたあなたには理解できていることでしょう。

 

結論からいうと、そのような男性は1人もいないでしょう。

 

ただしもしいたとしたら、その男性は、いつ浮気をしてもおかしくないこの環境の中で、それを選ばないことを一生続けた人、だということです。

 

結果を得るまでは、可能性は依然として残り続けます。

 

浮気の選択肢、浮気できる環境、浮気の可能性は全く消え去ることはあり得ません。

 

どんなに浮気をしないように相手の男性に頼み込んでも、可能性は消えたことにはなりません。

 

また相手の男性は、「俺は一生浮気はしない」と自分でも確信を持って伝えてきたとしても、可能性が消えるなどという魔法は起こりません。

 

常になんでも起こり得る、それがこの物理的な環境なのです。

 

もしあなたが、以前付き合っていた男性に浮気をされて、悲しみ、悔しい思いをし、さらには、不条理な扱いを受けたとしても、これから付き合う男性が、絶対に浮気をしないということもあり得ません。

 

これを求めることは、生身の人間が明日、空を飛ぶことを求めることに似ているでしょう。

 

もしかしたら可能かもしれませんが、その可能性は絶望的です。

 

浮気をされて傷ついたとしても、あるいは、浮気をされていない人であっても、受け入れるべき事実は同じであり、平等なのです。

 

誰かと付き合うということは、自分の望んでいないことが起こり得ることなのです。

 

では、それが怖いからと言って、誰かと付き合うことを一切止めるのか?

 

これも選択肢の一つですが、それは同時に、誰かと付き合うことで得られる素晴らしいことを放棄することを意味します。

 

男性と女性の付き合いで言えば、愛情、子供、家庭、それらによって得られる素晴らしい体験や思い出も、諦めることになります。

 

その素晴らしいことよりも、恐れが勝るのなら、それは仕方がないかもしれません。

 

この判断と決断は、その人生を生き抜く、自分自身が決めるべきことです。

 

何かを得るには、何かを捨てる必要があります。

 

これは誰において言える、重要かつ単純な事実だとも言えるでしょう。

 



《広告》


「遠距離恋愛でも浮気しない男性」

 

遠距離の恋愛でも浮気をしない男性はいるでしょう。

 

それは、上述のように浮気の選択肢は、遠距離でも、とても真摯な男性であっても、存在しているからと言えます。

 

もしろん、遠距離恋愛でも浮気をしない男性はいるはずです。

 

言い換えるなら、浮気の選択肢を選ばなかった人です。

 

例えば離れていて、お互いが何をしているか分からないから、浮気のリスクが高いという人がいるとします。

 

これは全く違うというのが、当サイト(マインディスト KEN)の考えです。

 

お互いが何をしているか不明であるか、不明ではないかは、重要な問題とはなり得ないでしょう。

 

なぜなら、浮気の選択肢は変わらず残っている限り、あとはそれを選ぶかは本人の完全なる自由な選択だからです。

 

この自由な選択の中で、自分がどのような選択肢を選ぶかといことは、完全に個人に委ねるほかなく、さらには、その選択基準には、概ね人間性というものが映し出される可能性が高くあります。

 

この人間性は、いつも一定ではなく、時として大きく変わることがあります。

 

例えば、価値観、大切だと思っている優先順位や基準などによって、選択するものが変わっていくことがあります。

 

自分を大切にすべき時と、相手や誰かを大切にすべき時は、状況や環境によって異なり、刻々と変化しています。

 

そのため、いつだって自分の思い通りの選択をしてくれることなど、誰に対してもあり得ないと言えます。

 

つまり、遠距離恋愛で浮気をしない選択をする時と、浮気をする選択をする時と、それはその男性の環境や状況が大きく変わったりすることによって、どちらの可能性もあり得るということです。

 

例えばあなたが、遠距離恋愛をしているなら、相手の男性と大きな喧嘩をしたとしましょう。

 

口にはしてはいけない一言を言ってしまい、それで深く男性が傷ついたとします。

 

これはあなただけでなく、相手の男性の環境も心理的状態も、大きく変化したことを意味します。

 

そしてその変化は、自分のこれから行う選択肢や、選択の基準にも影響を及ぼし得るのです。

 

はっきりと言って、浮気をしない男性を求めることは、とても無駄な行為の一つであると言わざるを得ないでしょう。

 

そしてそれを求めるばかりに、無駄なことをする他にも、無駄な傷、無駄な争い、無駄な悲しみや怒りと言った負の感情を多くすることにさえ繋がります。

 

2人がどうするか、2人はどうなりたいか、これを建設的に考えていく方が良いでしょう。



《広告》


「結婚しても浮気しない男性」

 

結婚しても浮気をしない男性は、いない、という当サイトのいかにも出しそうな結論を、きっとあなたは理解できることでしょう。

 

浮気のリスクは皆に平等です。

 

可能性がある限り、それは平等なのです。

 

結婚という儀式は、確かにその抑止力となるかもしれません。

 

しかし可能性が消えたことは、一切あり得ません。

 

これは言い換えるなら、会社の社長という人が、皆総じて偉大な人だという歪んだ認識に似ていることでしょう。

 

会社の社長でも不正を犯す人もいれば、もちろん、真面目にやっている人はいるものです。

 

しかし世の中の風潮的に、社長というと何かすごい人であり存在だという認識を持ちやすい傾向があります。

 

これは結婚も同じことだと言えるでしょう。

 

結婚したから・・・・という何か保証じみたものを実感することは確かにあります。

 

しかし感じていることと、事実と現実は、全く異なります。

 

つまり結婚したからと言って、保証された未来も、保証された何かも、一切ないのです。

 

そして一切ないばかりでなく、一切そのリスクは消えないことです。

 

だから結婚したから、というのは理由には本来なり得ないものだと言えるでしょう。

 

では結婚はどんな意味があるのかというと、それは自分で見出す他にありません。

 

結婚に全く意味がないのではなく、結婚という象徴的な絆を持ったことによって、2人の関係が深まることや、愛情が深まることだってあり得ます。

 

それを自発的に引き起こすことは可能で、その可能性を高めるためにも結婚という状態は良いものでしょう。

 

しかし、それで内在するリスクが消えたというのは、幻想に過ぎないし、その幻想を抱くことは危険を伴うものでもあるでしょう。

 

一番人が惨めな思いをするのは、内在しているリスクを無視し続け、それが現実になった時かもしれません。

 

分からなかった。

 

知らなかった。

 

そんなつもりはなかった。

 

未来など知ることなどできない。

 

内在しているリスクが実際に起きた時、このような思いや言動をする人はきっとたくさんいるでしょう。

 

しかし、それはもしかしたら、自分勝手な意見かもしれません。

 

なぜなら、もしかすると気をつけたり、焦って行動する前に、もしかすると、もしものことを考えてみると、内在したリスクに気がつくことがあるからです。

 

上記のような言い訳をする人は、多くの場合で、内在しているリスクを考えないまま突き進んだ人に多く見られます。

 

自分でそれを見ない選択をしておきながら、都合が悪くなると、自分は一切悪いことはしてこなかったという自己主張をする傾向があります。

 

分からない。

しょうがない。

気が付けない。

 

これは皆が同じ状況です。

 

未来などわからないし、知る由もないし、気が付けないのは、全ての人において同じなのです。

 

しかしこれらの理由を主張するほとんど人には、自分がそれを無視してきた過失がある場合が多くあります。

 

そうかもしれない、もしも、仮に・・・・、このような考えをすることを過小評価し、やらなかった可能性があります。

 

さらにはそんなことをいちいち考えるよりも、今すぐに自分の都合の良い決断を出すことを選択した可能性があります。

 

つまり結婚した後、浮気をするかしないかなど、誰にもわかりません。

 

これはすべての人に共通した環境です。

  

これらを受け入れ、2人はどうやって幸福になっていくのか?

 

それがきっと、よい答えを導き出すことにつながるでしょう。



《広告》