【浮気してる男の特徴】見分け方 顔 心理の特徴は何か?

 

浮気している男性には特徴があると言われています。

 

ここではその真相を、独自の視点でご紹介しています。

 

この先を読んだあなたはきっと、浮気する男性の特徴について、かなりの理解が深まっていることでしょう。



《広告》


「浮気する男 顔の特徴」

 
浮気する男性には顔などの共通点や特徴があるのでしょうか?

 

当サイト(マインディスト KEN)の見解は、おそらくない。と言うことになります。

 

おそらくと言うのは、もしかしたらあるかも知れないと言う可能性を示唆しますが、これは本当にその証拠があることを意味するものではありません。

 

つまり、それを信じている人には、顔の特徴がある、としか表現ができないと言うことです。

 

浮気する男は、どんな顔でも浮気をする可能性を秘めています。

 

ただ、本当にそれを実行するか、実現するか、結果となるか、それは全くの未知であり、誰にも予測がつかないものです。

 

顔の特徴を特定し、その見立てに基づき、あらゆる科学的なデータを駆使したとしても、完璧にそれが実現することもないのです。

 

全ては可能性の中にあり、未来、将来は全て、未知なる領域になることを受け入れる方が、浮気に対してよっぽどストレスを少なくして生活ができるでしょう。

 

もしあなたが、浮気する男の顔をあらゆる手段と情報リソースを使い、それを特定しようとしているなら、あなたは浮気の可能性を受け入れることができていないか、そのような精神状態とは言えないでしょう。

 

なんでも起こり得るこの世の中で、浮気だけは避けようと言うことは、不可能への挑戦だと言っても過言ではありません。

 

可能性は低くすることはできるかも知れません。

 

ただ、それが全く今後消えて二度と現れないようなことは、まずないのです。

 

これを受け入れるようにする心のゆとりが全くない場合は、浮気を阻止することに一生を費やす可能性もあります。

 

なぜなら、消えることのない可能性は、対応と対処に終わりがないからです。

 

浮気をする男性を見極めることができたら、さぞ、それは安心感を得られることでしょう。

 

しかしそれは、宝くじの高額当選番号がわかることに似ていると考えて良いでしょう。

 

それにどれくらいの期間を費やすか、それはあなた次第であり、あなた自身の選択次第であり、信じたいのなら、信じることもできます。

 

つまり、完全にあなた自由である。と言うことです。

 

これを踏まえて、浮気をする男性の顔を知りたいのか?

 

よく考えて決めましょう。

  



《広告》


 

「浮気を繰り返す男の特徴」

 

浮気を繰り返す男の特徴は、上述したように、そこに特徴があったとしても、なんら根拠は薄いと言えます。

 

しかし、浮気を繰り返す人には、確かに、特徴的な類似点が認められる場合もあります。

 

確定的ではないし、それが一生、その人が浮気を繰り返すと言う確証は一切ありませんが、浮気をすでに何度かしてしまっている男性は、概ね、不足感を抱いている場合がある可能性があります。

 

ここで伝えたい不足感とは、自分が今、満たされていないと言う意識であり、認識であり、現状の捉え方を意味します。

 

人の心理は、自分の願望は欲求が、満たされていない状態を確認したときや、その状態が長期間ある程度続くと、心理的なバランスを崩す傾向が強まっていきます。

 

心理的なバランスとは、例えば普段は温厚だったのに、または特に怒る場面やイライラする必要な時に、怒ったり、イライラしたり、焦りや、無力感などを抱きやすくなる状態になりやすいと言うことです。

 

例えば、これは生理的な機能にも関係しており、お腹が空いている時にイライラする人がいたりするのは、自分の食欲が満たされていないと言う状況に、心理的なバランスが崩れていることを示唆しているものです。

 

浮気を繰り返す男性は、何かが満たされていないと言う認識を、今から過去にかけて抱き続けていて、それがストレスとなり、疲労となり、結果的に欲求を暴走しないと落ち着かない心理状態になっている可能性が考えられます。

 

このような人に必要なことは、特に急速、睡眠、特別に何かすることをやめて、身体と精神を休ませることが効果的です。

 

そうでないと、浮気を繰り返す可能性を低くすることはできないでしょう。

 

つまり、浮気を繰り返す男性の特徴として、もし言えることがあるとするなら、自己否定の観念を持っているか、満たされていない現状認識をしていると言えるでしょう。

 

人はこれらによって、ストレスがたまると、睡眠が浅くなり、疲労はさらに蓄積されると言う繰り返しになりやすいのです。

 

この疲労は、交感神経が優位になる状態を長期化させてしまい、その結果、人は欲求や快楽の暴走を選択する心理と思考状態になりやすいのです。

 

暴走的だと言えるのは、そこに理性的な思考も理性的な判断も、もはや置き去りにされてしまうことがあるからです。

 

なぜなら、人は交感神経が優位になると理性的な思考を抑制することがわかっており、代わりに感情的になり、思考も感情的なものを優先するようにすることがわかっているからです。

 

浮気を繰り返す男性は、どこか勢いがよく、それが魅力的に女性には見えることがあるでしょう。

 

もちろん。これが本当の特徴であると言う保証はありません。

 

しかしその魅力の虜になると、男性が言っていることと行動していることの矛盾や、意見がいつの間にか変わっていることなどに、気が付きにくくなると言う危険があります。

 

特徴があったからと言って、浮気を絶対に繰り返すと言うことは、断言は誰にもできません。

 

自分自身で、冷静な視点と理性的な思考を維持すること、そしてそれで相手を判断することが最も重要だと言えます。



《広告》


「浮気男の心理的特徴」

 

 浮気男の心理的な特徴は、上述のように、不足感があり、それによってストレスと疲労が蓄積されている可能性があることが考えられます。

 

そして、ストレスと疲労が蓄積されていくに比例し、心理的にはとてもバランスを崩しやすい状態になっていると言えます。

 

これは、もうどうなってもいいや精神が強くなっていることがあると言えるでしょう。

 

もうどうなってもいい、と言うのは、すでに浮気をしたことによる不都合な結末、リスク、支払うべき代償などが、思考からほぼ完全にすっとんだことを示唆します。

 

もうどうなってもいい、と思えることは日常的にそうそうないものです。

 

なぜなら、多くの点で日常も人生も、もうどうなってもよくないからです。

 

これは例えると、ダイエットを頑張っていて、目標体重までもう少しの時に、ついに食欲に負けてしまい、一口食べたケーキがあまりにも美味しすぎて、もうどうなっってもいいや、とたくさん食べてしまうことに、よく似た心理状態です。

 

ストレスと疲労は日常的であり、日常的なそれらが蓄積されていくことによって、もうどうなってもいいや精神や心理がいつの間にか構築されている可能性があります。

 

そして浮気という快楽の暴走の引き金はほぼ完全にひかれ、あとは発射を待つのみ、という状態かも知れまあせん。

 

浮気は人の理性的な思考がほぼ完全に抑制される時に、そのスイッチが入りやすいと言えるでしょう。

 

理性的な思考が抑制される理由は、上述のとおりなのですが、スイッチが入るときは、もうあと先のことは考えておらず、今のこの瞬間の欲求や快楽を満たすことに集中的に意識が向いていることが多くあります。

 

まさに、ダイエット中に大好物のケーキを、目の前にし、一口食べた時です。

 

少しのつもりが・・・・。

 

ダイエットでのこのような暴走は、少しのつもりという意識も、思考も、制御も、ほぼ効果を発揮してくれないことが多くあります。

 

もう食べることしか頭になくて、食べることがいかに正当性が高く、妥当であるかと合理性をふくまらせていく思考が強くなり、それが結果的に理性では止められなくなるのです。

 

そうです。

 

ダイエットも、ストレスであり、それが疲労を蓄積し、交感神経を優位にさせ、やがて理性的思考が抑制され、暴走へと誘われていると言えるのです。

 

浮気をする男性の心理的特徴も、何かに頑張っていて、耐えていて、苦しんでいて、そして満たされていない現状をいつも確認し続けていることが多くあるので、このような浮気という暴走行為に発展しやすくなると言えるでしょう。

 

非常に心理的なアンバランスだと言えるでしょう。

 

なぜなら、本当は浮気などする人ではないのに、心理のバランスがあまりにも崩れた結果、浮気が自分の中で許されてしまったからです。

 

浮気をする人の心理はもちろん、今後も変わる可能性は十分に考えられるし、当然、可能性はあります。

 

しかし、自身が自分の心理状態のバランスを崩す要因を突き止めて、それを改善しないことには、浮気を続けるか、浮気に対して正当な主張を持つようになるでしょう。

 



《広告》


「浮気男がよく言う言葉の特徴」

 

浮気する男性がよく言う言葉の中には、自分の正当化するような言葉や表現が多くあると言えるでしょう。

 

上述のように、浮気に対して正当性と妥当性、さらには合理性を持っていることがあり、それはそのまま自分を守ること、正当性を主張する行為に発展する可能性はあります。

 

自分は十分に頑張っている。

浮気くらい大したことない。

君に迷惑をかけたわけでもない。

家族に迷惑かけているわけではない。

ストレス解消のため。

仕方がなかった。

 

などなど、自分を正当化する言葉は、いくらでも、無限に出てくるものだし、さらにはそれを率先して探している心理的な状態とも言えるでしょう。

 

正当化すると言うのは、これは浮気した男性が必ずしも悪いことを意味しません。

 

なぜなら、浮気をする前や、もっと前では、浮気などまさか自分がするとは思ってもいなかった可能性が高いからです。

 

もし仮にあなたが浮気をされたのなら、数年前の夫からは浮気するような要素が全くなかったと、あなたが感じたことがあるかも知れません。

 

そして数年間や浮気をするまでは、実際にその感覚を信じていたことでしょう。

 

結果、浮気をしなかったのなら、その感覚はまだ正しいままです。

 

しかし浮気をしたなら、その感覚は間違っていたことを意味します。

 

浮気をするなど考えたことがない、と言うのは自分も相手も一緒だったことが往々にしてあるものです。

 

彼を浮気に導いたのは、日々の、彼のストレスと疲労状態が、とても大きく関与しているかも知れませんし、当サイト(マインディスト KEN)はそのように考えています。

 

ストレスは、ダイエット中の人から目標を奪い、理性を奪い、そして暴走へと駆り立てる力があるのなら、男性の浮気はまさに、そのトリガーが引かれたことを意味しているでしょう。

 

 

そして浮気した自分や、浮気そのものを肯定するようになるのも、ケーキをたらふく食べた後に出てくる言葉の中身と似ているものです。

 

最近ずっと甘いものを我慢していたから。

これだけ頑張ったのだから食べてもいいだろう。

今日は特別。

明日からまたダイエットを頑張る。

たまには欲求は満たさないといけない。

 

などなど、ケーキを食べたことへの正当性が高いこと、妥当性があったこと、そしてそれは合理的に処理されることによって、自分は悪くない。と言う意見に落ち着くものです。

 

浮気する男性がもし、自分を正当化するようなら、もしあなたに許す心があるならですが、彼を少し休ませてあげると良いかも知れません。

 

彼はただ、自分自身と言う理性を、失いかけているため、自分の本意とは異なることを口にしている可能性があります。



《広告》


「浮気男の見分け方」

 

浮気する男性の見分け方は、特にこれといった方法は本来はないものです。

 

しかし、すでに浮気しないよりも、する可能性が高い特徴を見分けることはできるかも知れません。

 

その見分け方は、ここまで読んできたあなたには、もうお気づきのことかも知れません。

 

ではその見分け方とは、男性が現在、ストレスと疲労をどれだけ抱えているか?と言うことがとても大きなサインに感じられることでしょう。

 

ストレスと疲労の蓄積が高い状態だと、いつ快楽と欲求が暴走するかは不明な状態と言え、また暴走するタイミングは比較的早いだろうと言うことが言えます。

 

しかし、それだけではまだ見分け方として、不十分と言えるでしょう。

 

もう一つの見分け方を加えるとしたら、男性が現在、何か目標や目的を達成しようするタイプかどうか?と言うことを加えると良いかも知れません。

 

時として女性は、このようなタイプの男性に魅力を感じることがあるでしょう。

 

夢を見て、一生懸命に努力している男性はきっと、男らしく見えるものです。

 

しかし、目標や夢を追いかけると言うのは、身体的な機能でいうと、ドーパミンが多く分泌されている場合があります。

 

このドーパミンは交感神経を優位にさせることがわかっています。

 

上述のように交感神経は、やがて欲求と快楽の暴走を招く要因となる可能性が高くあります。

 

例えばたくさん努力して夢を叶えた人が、その後に横柄になることがあります。

 

これは自分がそこまでやり遂げたことに、自分で自信を抱いている心理的状態だと言えるかも知れません。

 

しかし、この横柄な態度はそのまま、例えば浮気などを肯定的に捉える考えを抱く可能性があります。

 

自分はここまで頑張ったのだから、浮気の一つや二つくらいいいだろう。

別に本当に愛したわけじゃないからいいだろう。

誰のおかげで今の生活があると思っているんだ。

浮気くらいで騒ぐな。

 

と言うような横柄な意見を抱きかねません。

 

これは夢を追いかける人が全て、浮気をすることを意味しないし、そのようなことは絶対にありません。

 

ただ、ドーパミンの分泌レベルが高く、それを主軸に生活をしていると、結果的にはストレスと疲労を多く蓄積する習慣となりやすいのです。

 

つまりこれが、浮気の可能性を高めると言えるでしょう。

 

浮気する男性の正確かつ絶対的な見分け方は、存在しません。

 

それを受け入れた上で、自分が好きになった男性とお付き合いをする必要があるのです。

 

付き合いながら、お互いが理解していくことしか、誰にも選択肢が残っていないと言えるでしょう。