【浮気したい男】特徴 深層心理 原因とは?独自理論で徹底解説

 

浮気したいという男性は現実的にいるものです。

 

ここを読めば、浮気したい男の心理や特徴、原因をきっと理解できることでしょう。

 

そしてあなたの悩みも、多くが解決に向かうかもしれません。



《広告》


目次

 

該当箇所へジャンプします

 

「浮気したい男の特徴とは」

 

「浮気したい男の心理とは」

 

「浮気したい男の特徴とは」

 

浮気をしたい男の特徴には、明確かつ正確と言える特徴は特定は不可能だと言えるでしょう。

 

しかし、男性の場合はその身体的特徴や機能によって、浮気をしたいと言う欲求が高まる場合はあるものです。

 

これは全ての男性と全てのパターンに共通していることではないのですが、その機能が働きやすい人と、そうでない人の特徴はあるかもしれません。

 

浮気をしたい、それを促す身体的な機能の一つに、男性ホルモンとドーパミンという快楽ホルモンが関係している可能性があります。

 

そしてこれらホルモンの特徴には、その男性はとても好奇心が旺盛である性格的特徴があると言えるかもしれません。

 

浮気したい、というのは欲求だけでなく、それをするときっと何かしらの良いことを体験できるという期待感も大きくなっていると言えます。

 

つまり、浮気したいというのは、それで得られる快楽や欲求への期待であり、この期待は好奇心を大きくし、好奇心は止められない行動へと発展しやすいのです。

 

好奇心が旺盛な男性全てが、「浮気をしたい」と思うわけではありません。

 

ドーパミンレベルが高いか、あるいは高くなると、期待感が高まり、それを得たいという欲求が高まり、そして行動力が高まる作用が強くなるのです。

 

これは食欲でも同じことがいえ、何かの目的を達成しようとする努力にも、ドーパミンは多く分泌される傾向があります。

 

ドーパミンが分泌されることは、まず脳の記憶の中か、あるいは脳が重要だと蓄えている知識の中に、浮気は幸福感を得られるものだという設定がある必要があるでしょう。

 

そしてその設定に基づいて、自律神経やホルモン分泌の命令が発せられ、身体はまさにその設定通りに動く準備が整います。

 

この時、その設定通りにしっかりお動き、幸福感を獲得するために、理性的に思考する機能を抑制することがわかっています。

 

どうしても欲しい、いますぐ欲しい、早く手に入れたい、手に入れたらきっと素晴らしい体験ができるはず、という興奮、欲求、そして期待感が強くなると同時に、理性的な思考と判断は抑制されていき、結果的に浮気をしたい、という方向に自分を突き動かすようになるでしょう。

 

浮気をしたい男性は、このように、好奇心が旺盛なタイプか、またはドーパミンレベルが高いタイプか、あるいは理性的な思考と判断が欲求によって抑制されやすいかの特徴があると言えます。

 

浮気をしたいという男性の特徴は、これらの身体的な作用があり、さらに欲求を高めやすい男性ホルモンの分泌量が多いと、可能性を高めることを助けます。

 

男性ホルモンは欲求を高め、それを女性にも飛沫や吐息、唾液などで摂取させることによって相手の欲求も高めてしまう効果があることがわかっています。

 

こうなるとおそらく、多くの場合で、浮気への進行を止めることは困難と言えるでしょう。

 

また浮気がしたいという男性には、それが自分にとってとても幸福感を得られるという記憶や脳内の設定のようなものがあることも特徴であると言えるかもしれません。

 

これはどうにもこうにも、確認のしようがありませんし、本人に聞いてもおそらく、何のことだか理解不能でしょう。

 

しかし、その設定があると、設定が機能することによって、命令が出され、その通りに人体は動くのが本能的なものだと言えます。

 

男性にも女性にも、同じような設定があり、この設定のおかげで人は子孫を繁栄できるとも言えるのです。

 

これは本能的な設定だと言っても良いでしょう。

 

本能的な設定を我慢したり、あるいは自分にとって価値のないもの、意味のないものだという処理を行えるのが理性的な思考だと言えます。

 

この理性的な思考は、概ね全ての人が持っているものですが、ドーパミンによって快楽への欲求と期待感が大きくなると、簡単に理性的思考を吹き飛ばすことも可能なのです。

 

 

期待感が理性よりも勝ることによって、浮気をしたい、ということだけが頭の中を支配的にしてしまい、もう止められない状態になっていることでしょう。

 



《広告》


 

「浮気したい男の心理とは」

 

 浮気をしたい、そう思う男性の心理には、上述のように期待感が大きくあることがあるでしょう。

 

期待感は、おそらくですが、人が制御することが最も難しいポジティブな感情の一つだと言えます。

 

ネガティブな感情で制御が最も難しいのは、恐怖だと言えますが、ポジティブな感情はさらに制御が難しいことがあるのです。

 

なぜでしょう?

 

それはポジティブな感情は基本的に、気分が良いからと言えます。

 

気分の良いことをあえて制限したりすると、それは逆にストレスとなって跳ね返ってくることがあります。

 

これは本能的に、気分の良い方を選択するように仕向けられており、気分の悪い方はできる限り避けるという機能があるからと考えられます。

 

だから、浮気したい、きっと気分がよくなるはずだ、という期待感と重なり気分の良さというポジティブな感情が強まった時に、最も制限と制御が難しくなる心理状態になってしまうと言えるでしょう。

 

これに加えて、浮気をしたいという人のストレスや疲労が特に蓄積している傾向にあると、この欲求に歯止めが着ないあ場合もあります。

 

というのは、浮気がすでに本人にとってはポジティブで気分の良さを感じていることが多いなら、その人がストレスや疲労回復や解消のために、この気分の良さを選択する可能性と妥当性は一気に上がることがあるからです。

 

ストレスと疲労は、その人をその人ではなくすほど、理性的思考と判断を抑制することがあります。

 

これは交感神経が優位になり、それが長期間続くことによって、理性的な制御が困難になり、欲求と快楽の暴走に走る傾向があります。

 

そして浮気がとても幸福感やストレスの解消、あるいは快楽を導くものだという思考が強まり、それを止める理由がほぼなくなり、結果的に強い「浮気をしたい」という衝動に駆られる可能性があります。

 

浮気をしたい男性の心理には、浮気を本当にしたいというよりも、おそらく、浮気をすることへの快楽や欲求が満たされる期待感が強いことが言えるでしょう。

 

そして加えて、ストレスや疲労が蓄積されることによって、理性的な判断と理性的な思考が抑制され、快楽の暴走を正当で妥当性があるものだとして、実行にしてしまう可能性があると言えるでしょう。

 

人はこのように、概ね、外的環境から受け続けることによって心理が変わっていきます。

 

そして心理は、それに基づく行動につながることが多くあるのです。

 

心理がどのように、いつ、どうやって変わるか、それは個人的な差があり、環境の違いがあり、さらには環境の受け入れ方も異なるので特定することは難しいでしょう。

 

しかし浮気をしたいという心理には、何らかが原因となって、浮気への期待感が大きいことが言えるでしょう。



《広告》