浮気しそうな男とは?特徴や知られざる事実をご紹介

 

浮気しそうな男性の見つけ方や特徴について、あなたもきっと聞いたことのない事実をご紹介しています。

 

きっと、これを知ることで、浮気しそうな男をより理解できることにつながるでしょう。

「浮気しそうな男の特徴に気がつけるようになる方法」

 

浮気しそうな男には、どんな特徴があるかというと、これは言動と行動が矛盾していることが多いという特徴があると言えるかもしれません。

 

しかし、それに気がつけるようになるには、自分自身の心理的状態や思考状態が重要だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

浮気しそうな男だと言っても、本当に浮気をするかは、付き合ってみないとわからないものです。

 

言動と行動が矛盾していることも、ある程度深く付き合ってみないと理解しあえない部分があります。

 

そして例えば浮気はしない人だろうという予測を立てたとしても、あまり意味がない場合があります。

 

人には特徴的な外見、言葉、行為や雰囲気があるものです。

 

それが誠実な男性というイメージだから、浮気をしない人だろうと捉えてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、これは全く役に立たないこともあるのです。

 

むしろ、その予測に裏切られる可能性も、往々にしてあるでしょう。

 

浮気をしそうな男であるかと、疑ってみている時は、概ねその人の本質に気がつきにくい心理であることがあるのです。

 

それはなぜか?

 

それは、疑いにもし、不安や心配があるとしたら、それを解消する方向でしか、すでにその人を判断しようとしていない傾向があるからです。

 

人は自分の生活や人生は、順調であってほしいと意識的にも無意識的にも願っている傾向があります。

 

だから、自分の生活や人生において、異常やトラブル、問題や辛いこと、不都合な出来事を正常化しようとする思考が生まれやすいのです。

 

これは正常性バイアスとも呼ばれているものです。

 

自分は大丈夫だと、思い込んでいるか、思い込みたいか、それで得られる安心感のために機能にしている心理とも言えるでしょう。

 

浮気しそうな男を特定しようとするときも、この正常性バイアス的な心理や思考が働きていると、その人をすでに、あるがままでは捉えていないことがあります。

 

特にその男性の魅力に惚れていたり、好きになっていたりすると、その男性と付き合いたいという欲求が、きっとこの人なら大丈夫だという前提で、浮気をしそうか、そうでないかを判断しようとしていると言えるでしょう。

 

これはすでに、甘い判断になっていることや、現実を歪曲して捉えようとしている状態だと言えるでしょう。

 

浮気しそうな男の特徴をいくら聞いても、あるいは相手の男性にそのようなことがあっても、この正常性バイアスが機能していると、おそらく全く気がつかないか、無視してしまう傾向が強くなります

 

浮気しそうな男を判断するのは、自分の思考であり、心理であり、自分自身であることを忘れないようにしましょう。

 

そしてそこには現実があり、あるがままで受け入れるだけの心理的状態を持っておく必要があります。

 

好きとか、またはその人と付き合いたい、結婚したいという思いが強いと、その目的を果たすために、その人と一緒になれるにはどうしたらいいかで思考してしまう傾向があります。

 

これが正常性バイアスを最も自分で強化してしまう可能性の高い心理だと言えるでしょう。

 

浮気そうな男を見分ける心理は、とても重要です。

 

なぜなら、正常性バイアスの働いていない状態で、相手をみると、あるがままにその人を認識する助けになるからです。

 

あるがままに見るとは、中立の立場でその人を見ていて、どのような言葉も行動も、しぐさも、雰囲気も、精神的かつ感情的に左右されることなく判断できるようになることを意味します。

 

欲求があると、それを満たすために狙ったり、意図的に操作したり、時に自分自身の思考や感じたことを操作しようとしてしまう可能性が高く、それはそのまま、冷静な判断や事実を判断することに影響を及ぼすでしょう。

 

 

浮気しそうな男や、浮気する男は時に、全くそのような雰囲気を出さないまま、あなたに接近してくることもあるでしょう。

 

雰囲気や外見のイメージ、言葉やしぐさなどからは、全くそのような要素は感じさせないこともあります。

 

これには、自分で気がつくしかないし、気がつけなかった時は、自分の中でそれを無視したり、大丈夫だと正常性バイアスが機能したりしていることが往々にしてあるものです。

 

あるがままで、現実を、中立に見ようとすることで、きっと浮気しそうな男に気が付きやすくなることでしょう。



《広告》