「浮気されて別れた後、復縁するのに克服する心理と方法とは」

 

浮気されて別れた後、復縁する時に克服するべき心理と方法には、過去の体験から今や未来を関係させない認識をすることが重要であり、効果的な方法となります。

 

人は過去の体験によって、今と未来を生きていく傾向が強くあります。

 

そしてその傾向は、人生経験が積み重なるほど、自身の可能性を自分で小さくすることを助けます。

 

なぜでしょう?

 

人の脳は認知したこと以外のことが思考できなかったり、または同じ現状を見たり体験しても、それ以外の解釈や処理ができないことがわかっています。

 

例えばオレンジジュースが好きな人と、嫌いな人では、同じオレンジジュースなのにも関わらず、認知のされ方が異なっているのに似ています。

 

オレンジジュースが美味しいと思い、好きな人は、かなりの確率でオレンジジュースを次も手にするでしょう。

 

しかし嫌いな人では、目の前に出されただけでも嫌悪感をあらわにするものです。

 

 

この違いは認識や認知がただ異なるだけで、同じ現実をそれぞれの解釈と見方をしていることを教えてくれています。

 

浮気されたことにおいても、このような原理が機能している可能性があるのです。

 

つまり、浮気をされて悲しい思いや辛い思いをしたのなら、それは今後も浮気に対してそのような思いをすることがほど確定しているということを意味します。

 

そして結果的に、オレンジジュースが嫌いで拒絶する人と同じように、浮気をした人、浮気をする人に対して、自然的かつ本能的に拒否と拒絶をしてしまう心理が機能してしまいやすいのです。

 

復縁するために乗り越えるべき心理は、まさにこのことであり、それは過去の体験によって蓄積された浮気と浮気をした彼への認知を、新しいものに変えることを意味します。

 

では次に浮気されたことや、浮気した彼の認知を変える方法とはどのようなものでしょうか?