「浮気されたことと浮気した彼に対する認知を変える方法とは」

 

浮気されたことや、浮気した彼に対して、すでに持っている認知は、過去に浮気された時にあなたが感じた感情、つまり悲しみや辛さなどが反映して認識や認知がされている可能性が高くあります。

 

その結果、「これからも」浮気やそれをした彼に対して、自分に辛いを思いをさせる存在として認知し、向き合う必要が出てきてしまうのです。

 

これはどいうことかというと、過去の体験と記憶によって、未来を見ている、未来を判断しているということを意味しています。

 

言い換えると、過去の体験が今とこれからのあなたを支配的にしていると言えます。

 

過去が、未来と今のあなたを作っていくのです。

 

人は過去の体験と記憶から、未来を作っているのなら、過去の延長を人は生きていることになります。

 

それだけでなく、過去が今と未来を作る原因ということになります。

 

これが今のところ、多くの人がしている認知の方法です。

 

とても当然のように思えるし、問題のない認知の方法だと言えますが、確かにこれといって問題はないのかもしれません。

 

ただし、自分の未来を変えること以外は。

 

自分の未来を変えるには、過去に原因を持っていると、これは不可能に近いのです。

 

なぜなら、未来はいつも未知であり、無限の可能性が考えられるからです。

 

それを過去のただ一つの体験によって、無限に広がる可能性、つまり、何が起こるかわからにない未知のものに対して、対応できるということは到底不可能であるとしか考えられないのです。

 

一つないしは複数回の浮気をされた嫌な体験は、無限になんでも起こりうる未来や未来を切ることに対して、なんら役に立たないことの方が多いのです。

 

過去の認知を変えるには、未来が自分を作り上げるという認識と認知に変えていく必要があるのです。

 

つまり、未来の自分が浮気された彼と復縁し、とても幸福になっているから、今の自分や過去の彼の浮気という体験があったという解釈に納得がいくかどうかが重要だと言えます。

 

未来の自分がすでに幸福であるから、過去に起きたことがつじつまを合わせるようになっていきます。

 

例えばこれは今も同じで、今すでに幸福だから、過去にあのような辛いことや悲しいことが起きた、または必要な出来事だった、ということです。

 

 

人の脳は、自分の認識に基づいてつじつまを合わせるように思考する傾向があります。

 

そのため今の哀しさや辛さを、過去に原因を持たせると、過去の出来事は未来に起きても辛い体験となるという解釈になり、浮気や浮気した彼を心から許すことは難しくなっていきます。

 

しかし、未来に原因を持たせることによって、過去の辛かったことや悲しかった体験などが、それがあってよかったとか、そのおかげで幸福になれたという解釈にすることができるのです。

 

言い換えると、あなたの思考の時間軸が変わることによって、過去は全て、つじつま合わせしかできないのです。

 

その結果、彼を本当に許すことができ、彼のした浮気も今後は全く気にならなくなり、また浮気する可能性がこれからもあったとしても、それは未来に幸福になっている自分のためだと納得もいくことでしょう。