旦那の浮気で別居したら復縁の可能性とは?復縁後に重要なことも紹介

 

結論からすると旦那の復縁で別居したら、その夫婦が復縁する可能性はあると言えるでしょう。

 

しかし、復縁後に2人が幸せになるにはもっと重要なことがあると、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

これよりその詳細を独自理論に基づいてご紹介します。

 

きっと初めて耳にする内容に、あなたは驚くかもしれません。

「旦那が浮気し別居したとき、復縁をするために重要なこと」

 

旦那が浮気をした後に、別居しているとき、どちらが復縁を求めているかに限らず。自分の明確な答えと、それに伴う覚悟がとても重要だと言えるでしょう。

 

 

自分の明確な答えは、どちらの立場においても重要だと言えます。

 

なぜなら、復縁を受け入れる側であっても、求める側であっても、旦那さんが再び浮気をするリスクを受け入れるのは、あなたになるからです。

 

これは。浮気をしない男性がいないということではありません。

 

浮気の可能性は常に、誰であってもあるということであり、それは事実です。

 

浮気を絶対にしない可能性も同時にあるとは言えますが、この結果を受け取ることが出来る日とは、2人の関係が何らかの原因によって終わる時しかないのです。

 

つまり、浮気をしていない人は、ずっと2人の関係が終わるまで、浮気をする可能性を抱えています。

 

なぜなら、人は誰もが、浮気が出来る環境にいて、その選択肢があり、あとは本人の決断次第によって結果が変わるからです。

 

このように可能性は残り続けながら、浮気をした旦那さんをどうのように受け入れるか、その重要な答えを出す必要があるのです。

 

そのためには、過去に浮気した事実を、これからの2人の復縁後の将来に用いるべきではないと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

しかしこの考えは、一方的に自分が不利だという意見が生まれたりもするでしょう。

 

この理由は被害を受けたのは自分だという認識がある場合に、とても多く見られます。

 

しかしこれはあまり的を得た考えとは言えないでしょう。

 

なぜなら、可能性はどんな考え方をもったとて、消えることはないからです。

 

重要なことは、その可能性がありまながらも、自分が覚悟をもってそれを受け入れることができたかどうかであるのです。

 

そしてその覚悟を決めるためにはも、答えを明確化しておくことが重要だということです。

 

明確化する答えとは、2人の復縁後に目指すものだと考えます。

 

2人の復縁後を、未来を、どのようなものにしていくか、その強い願望を明確化することが重要です。

 

 

それを決めたのなら、あとは過去のことは過去のことであり、それをいつまでもっていても、浮気の再発の可能性は消えないことを覚悟しておくことなのです。

 

復縁を求められても、求めていても、自分には受け入れるべきことがあるということが言えるのです。

 

厳しい言い方かもしれませんが、過去の浮気があったとしても、それはこれからの2人の幸福の役には立たないでしょう。

 

またそれを抱き続けていることも、全く幸福には良い効果とならないでしょう。

 

結婚している人が、夫婦以外の人と肉体関係を持ったのなら、それは不貞行為であり、列記として法律違反にあたります。

 

それを理解した上で、あるいは全くそれを気にしないで、それよりも2人の今後の幸福のために復縁を決意した方が良いでしょう。

 

過去の浮気の事実は、これからの幸福になぜ役に立たないか、なぜ過去の浮気の事実を綺麗に捨てる方が効果的かを、次にご紹介します。



《広告》