【恋愛依存症の男は浮気しやすい】特徴や症状 浮気の原因 治し方 克服方法とは

恋愛依存症の男性は浮気をする可能性が高いかもしれません。

 

ここではその特徴や原因、治し方や克服方法などを詳しくご紹介します。

 

きっとあなたが悩んでいる何かの役に立てることでしょう。

 



《広告》


 

「恋愛依存症の男の特徴や症状」

 

恋愛依存症の男性の特徴や症状的なものはどのようなものかというと、これは女性にも見られるものと同じものだと言えるでしょう。

 

恋愛に依存しているとは、自分の周囲の人を大切にする思いの強い人が、陥りやすいとい言われています。

 

周囲の人を大切にしたいし、また自分も大切にされたいという欲求が強くなると、それは依存性を大きくしてしまう可能性があるでしょう。

 

この依存性が恋愛という感情的な行為によっても、生まれることがあるようです。

 

そして恋愛依存症の男性は、恋愛という「誰かが常に、自分を気にかけている状態」を好む傾向があると言え、またこれに依存している心理的状態だと言えるでしょう。

 

依存性というのは、概ね、欲求が満たされた時に訪れる快楽や気分の良い感覚によって、依存度が高まることがあります。

 

そしてその依存性を高めるのは、特に、自分が求めているものが強いものが、満たされた時に

 

例えば、何かスポーツなどを真剣にしており、毎日努力していたとします。

 

そして大きな大会に出場し、勝利や優勝した時の感覚は気持ちいいと感じるものです。

 

さらに、その瞬間は全ての努力が認められた、と強く感じるものです。

 

そして自ずと、次も勝ちたい、次はもっと大きな大会に出たい、もっと、もっとというように、今手にしている素晴らしい勝利を超えたものを目指そうとします。

 

なぜなら、もっと大きな快感や快楽を味わいたいと、勝利を手にした次の瞬間にすでに求め始めていると言えるからです。

 

これは依存度を高めている傾向があると言えるでしょう。

 

依存度が高まると、次はそれを失うのが怖くなる傾向になります。

 

そして最も問題なのは、前回の勝利では満足できない心理になっていることです。

 

つまり恋愛依存とは、今自分が付き合っている人とは、今は満足しているけれど、それがsすぐにピークとなりやすく、今の相手よりも自分をさらに気にかけてくれる誰かを、求める傾向が強いと言えるでしょう。

 

依存性は自分ではほぼ、全く気がつくことなく、どんどんと依存度は高まり、進行することがあります。

 

そしてこれには、終わりのない欲求と渇望の繰り返しを意味し、求めている本人がおそらく一番の苦痛を味わっている可能性があります。

 

さらに求めている行為は、止めることが難しいことがあります。

 

なぜなら、求めている方がまだ安心感があり、それは幻想の安心感でもありますが、これを抱いている方がまだマシだという認識がある可能性があるからです。

 

そして最も怖いことが逆に、求めることを止めることでもあります。

 

恋愛や自分を気にかけてくれる人を求めないことは、イコール、自分の頼り切っていたものを自ら捨てることを意味します。

 

例えば甘いスイーツが大好きだとして、それをこれから食べてはいけないとなると、人生の楽しみやその一部を奪われたという被害的意識が強まります。

 

依存している可能性の高いものほど、それを手放すことや捨て去ることが、とても怖いことがあるのです。

 

つまり恋愛依存症の男性は、恋愛をすることやそれで手に入るあらゆる感情、求めることを捨て去ることが困難で、なかなか自分を改善できない傾向にあると言えるでしょう。



《広告》


「恋愛依存症の男性の浮気」

 

恋愛依存症の男性は、上述のように、自分を気にかけてくれる人や状態を好み、それに依存している可能性があると言えます。

 

つまり、ざっくりというと、気にかけてくれるなら誰でもいいし、気にかけてくれる人元に行ってしまいやすい、ということが言えます。

 

これが浮気という形をとることもあるでしょう。

 

しかし決して本人は、浮気とか、付き合っている相手を傷つけたいという意図で、浮気をしている感覚はないでしょう。

 

理由のほとんどは、怖いから、もっと愛されたいから、もっと気にかけてもらえる人といれば安心できるから、というものが多い特徴があるでしょう。

 

恋愛依存だから浮気するとは限りませんが、自分の意思には非常に芯が弱い傾向があり、流されてしまいやすいでしょう。

 

では恋愛依存症の男性に浮気をされたら、どうすればいいのでしょう。

 

これはあなたが決めるべきことですが、おそらく、その男性の愛情は長く続かないことをよく考えておくと良いかもしれません。

 

流されやすいというのは、ただ頼りない感じに思えるタイプもいるでしょうが、例えば浮気相手か、本当の相手かを決められない、ということも恋愛依存症の男性には見られる傾向があります。

 

なぜなら、自分を気にかけてくれる人が、1人よりも2人いた方が、きっと安心感をより多く感じられるからと言えます。

 

例えばあなたが、恋愛依存症の男性と付き合っているとしたら、その彼は、あなたも浮気相手とも、できれば両方一緒にいて欲しいとさえ思っている可能性があるということです。

 

もちろん事実と真実はこの限りではありません。

 

自分自身でしっかりと話し合い、決定することが最も重要です。

 



《広告》


 

「恋愛依存症の男の治し方 克服方法はあるか」

 

恋愛依存症の男性が、その傾向を改善するには、できる限り自分で恋愛に対して積み重ねてきた記憶や内容を、捨て去っていく必要があるでしょう。

 

これは難しいとも言えるし、とても簡単でもあると言えます。

 

なぜなら、難しいという理由の一つは、恋愛依存の思考回路をすぐに止めることができない時、どんなこともつい依存的な思考によって考えて答えを出そうとしてしまうからです。

 

そして一方で簡単である理由には、その思考回路を止めることができれば、夢から覚めたように、すぐに改善する可能性が往々にしてあることです。

 

これは小さい頃に犬に噛まれた記憶を持った人に例えると、とてもよくわかりやすいかもしれません。

 

犬に噛まれた体験がある人なら、きっと知らない犬を撫でることは怖くてそう簡単にはできないでしょう。

 

なぜなら、犬が怖い存在だという記憶とその内容が、本人の思考回路支配的にしていると言えるからです。

 

しかし冷静に考えてみると、その犬は自分が幼い頃に噛んできた犬とは、全く別の犬なのです。

 

そしてよく見れば、犬はとても友好的な合図をしていて、耳をペタンとして、体を摺り寄せて、甘えているし、他の人は平然としてその犬を撫でているとします。

 

その犬に必要以上に怯える理由は、おそらく本人以外は見つけることができない光景でしょう。

 

しかしそれでも、犬には触れられないことがあるのです。

 

概ね、人はこのような葛藤があると、恐れが勝利を治める傾向があります。

 

なぜなら、少しの挑戦よりも、怖いことを回避した方が安心感が強いと言えるからです。

 

だから、恋愛依存症の男性は、自分が恐れていることをつい、習慣的に回避しようとすることを繰り返しやすいと言え、その傾向があるでしょう。

 

これを克服する方法は、少しずつ、犬に触れ合い、犬に慣れていくように、恋愛への依存を少しずつ手放す体験を繰り返していくことが重要でしょう。

 

そして周囲をよく見てみれば、恋愛に依存して恐れの中で恋人と付き合っているのではなく、とても楽しそうに恋愛をしている人たちが、事実、たくさんいることを確認することも大切です。

 

自分で自分の歪んだ認識に、気がつくこと、整理すること、理性的に事実を把握することを繰り替えることが効果的です。

 

恐れを乗り越えるのは、自分にしかできないことです。

 

上述の例えではないですが、犬を触る勇気は自分から出てくるのであって、犬を触るその手も、自分のものなのです。

 

少しできたら、大きく休み、また少しやってみる、この繰り返しをまずは、少し、やってみることが大切でしょう。

 

そしてきっと、自分で克服ができるはずです。



《広告》