心の浮気をする既婚男性の心理や理由4つとは?旦那が離れる時は近いかもしれない

 

既婚男性における心の浮気は、おそらくかなり危険と言えるでしょう。

 

また心の浮気は、全くわかりません。

 

この詳細をこれより、できる限り詳細にご紹介します。

 

あなたの悩みに役立つことができたら幸いです。



《広告》


 

「法的に心の浮気とは何か」

 

法律的には浮気は、妻以外と肉体関係をしたものだと定義されているようです。

 

これは法律では不倫、不貞行為として法律違反になります。

 

では心の浮気はというと、不定行為には当たらないため、法律的には浮気とは捉えられないことが多くあります。

 

例えば心の浮気には、アイドルにハマる感覚と同じだという主張があるなら、法律的に浮気だと断定することは困難でしょう。

 

しかしそれでも、結婚生活に支障をきたす場合は、この限りではないようです。

  



《広告》


 

「既婚男性の心の浮気とは」

 

既婚男性の心の浮気には、恋愛感情があるものです。

 

これは時として本気になりやすく、危険を伴う可能性が高いと言えます。

 

もちろん結婚しているので、本気になり肉体関係を持ってしまった時は、不貞行為に当たり、法律違反になります。

 

しかし心だけの浮気は、法律や個人的問わず、相手を静止させることは難しくなるでしょう。

 

既婚男性が心の浮気をするにはいくつか理由があると考えられます。

 

そうです。

 

何も脈略なしに、心の浮気をしないものなのです。

 

それではそこには、どのような理由が考えられるのでしょうか。

 



《広告》


「既婚男性の心の浮気の理由1 妻に尻に敷かれている」

 

既婚男性が心の浮気をする理由の一つの中に、妻に尻に敷かれているということは多いかもしれません。

 

なぜなら、男性は基本的に尻に敷かれるような、窮屈な居場所を嫌う傾向があるからと言えます。

 

自尊心の欠如、自己否定、自分の人生への否定を抱きやすく、精神的苦痛を伴うものへと発展していくでしょう。

 

これが長期間継続することによって、男性はこの環境を自分にとって危険な場所であるという認識に変わっていきます。

 

仕事でも安全など確保されていないのに、家庭に帰っても危険にさらされるという感覚が尽きないのです。

 

これは男性に限らず、多くの場合で人は、このような環境から逃げたくなる心理が強く働き、これは自己防衛本能の自然な思考であり、当然の流れだと言えます。

 

そして自分の安住の地や安心できるもの、安心を与えてくれる対象を求める行為に繋がっていくでしょう。

 

これが心の浮気に発展し、本気にまで行かなくても、これを大切にする心理が機能していくのです。

 

そして結果的に、家庭にも妻にも愛する気持ちは希薄し、心の浮気の相手である女性を一番にすることにつながります。

 

これは男性だけが悪いということも言い切れない事例だと言えます。

 

なぜなら、男性の心理には危険から逃げ出してきたという、本人には明確な主張と正当性を持っているからです。

 

誰かを好きでいること、それによって、彼は精神的安定を確保している可能性があります。



《広告》


「既婚男性の心の浮気の理由2 家に居場所がない」

 

既婚男性の心の浮気の二つ目には、家に居場所がないという感覚や認識があることがあります。

 

これは上述の妻に尻に敷かれている心理にも似ています。

 

家に居場所がないという男性は、案外いるようです。

 

休日で家でゆっくりできない。

邪魔者扱いされる。

子供からも拒否されたり馬鹿にされる。

 

一生懸命に仕事をしてきて、そのお金を家族に費やしているにもかかわらず、その家族からも認めてもらえない状況が、自分の家にあるのです。

 

このような環境で、楽しい、嬉しい、という感情になれる男性はまずいないでしょう。

 

つまらない、腹ただしい、または不安さえ抱いていることでしょう。

 

もちろん妻も家事に育児に忙しく、さらには仕事をしていることもあるでしょう。

 

そのため、家のことを手伝ってくれない夫に対して、苛立ちやストレスを抱くこともあるものです。

 

つまり、夫婦はお互いにストレスに蔓延していて、それを少しでも楽にしたいという行為や、解消したいという行為への欲求が高まっているということが言えるのです。

 

これは自己防衛本能が機能しているといえ、お互いが、この今の現状に対して強い不満感を抱えており、それを解消するために妻は夫に手伝ってくれと要求し、夫は少しでも休みたいという欲求があると言えます。

 

そして夫は家にいたくないという心理や、家に自分の居場所がないという心理になっていくことで、心の浮気へと発展するケースがあるでしょう。

 

これは自己防衛本能であり、自分の精神が破綻することをなんとかしようとすることを意味しているかもしれません。

 

お互いに頑張っていることは承知でも、人はこのような自己防衛本能が強くなると、理性的な思考が抑制され、快楽へと流されやすくなります。

 



《広告》


「既婚男性の心の浮気の理由3 男性ホルモン的な関係」

 

既婚男性が心の浮気をしやすい理由には、男性ホルモン的なことが関係している可能性があります。

 

これは、テストステロンというホルモンが特に関係が深いと言えるでしょう。

 

テストステロンは本来、男性の異性への欲求を高くさせる作用や、筋肉を付きやすくする作用があり、また男性らしさを象徴するホルモンだと言われています。

 

これは女性にも分泌されているのですが、男性の10分の1程度にとどまっています。

 

つまり男性はこのホルモンの作用によって、異性への欲求が女性よりも高まりやすいことが言えるのです。

 

このホルモンが心の浮気に関与しているかは定かではありませんが、その傾向を高めることはあるでしょう。

 

そしてテストステロンの分泌量が高い男性は、往々にして、女性からモテる傾向があるのです。

 

これは女性が男性に魅力を感じるホルモンであるため、女性の方から男性に近づいてくる可能えいを高めてしまいます。

 

そして男性のテストステロンは唾液や吐息、飛沫などにも含まれていて、それを女性が吸収することによって、女性も異性への欲求が高まってしまう作用があるのです。

 

これらのことから、心の浮気のリスクを高める要素として、このような男性ホルモンが関係している場合が考えられます。

  



《広告》


 

「既婚男性の心の浮気の理由4 ストレスと疲労で理性が抑制されきっている」

 

既婚男性の心の浮気の理由として、ストレスと疲労の蓄積があるでしょう。

 

これは上述にもあるように、ストレスと疲労の蓄積は何も仕事や人間関係だけでなく、家庭内でも起こりえているものです。

 

多くの場合で人は、ストレスと疲労から逃れることができない状況だと言えます。

 

これは夫のみならず、妻も同じ環境にいると言えるでしょう。

 

ここでは既婚男性の心の浮気について言及しますが、このようなストレスと疲労の蓄積は交感神経を優位にし、これはやがて快楽と欲求の暴走を招きやすいことがわかっています。

 

これが最終的に法律的な浮気、つまり不貞行為に及ぶこともあるかもしれません。

 

しかし心の浮気に止めることもあり、それによってストレスと疲労の解消、つまり快楽と欲求を解放することによって、これを実現している可能性があります。

 

もし、夫あるいは妻も、ストレスと疲労の蓄積見られるなら、快楽と欲求が暴走する前に、これらを他の形で解消する必要があるでしょう。

 

しかし嗜好品や刺激物の摂取、あるいは他の刺激的な行為という手段では、根本的には解消できないことがあります。

 

ストレスと疲労を回復するには、睡眠がとても効果的です。

 

これを2人で話し合い、お互いが深くて、質の良い睡眠をできるように協力し合うと良いでしょう。

 

ストレスと疲労は夫を夫ではなく、妻を妻ではなくしてしまうほど、人を変えてる要素になり得ます。

 

心の浮気が本気になる前に、対応すると良いかもしれません。



《広告》