「復縁後に彼がまた浮気する可能性について」

 

 復縁後に彼氏が再び浮気をする可能性とは、どれくらいあるのでしょうか。

 

答えは、また浮気をする可能性はある、ということになります。

 

しかし、浮気を二度としない可能性もある、という答えも同時に含まれています。

 

可能性はどちらにもあり、その可能性が実現する時、つまり、浮気をまたしたという結果をあなたが受け取るときは、彼が浮気をした時に限られます。

 

そしてこの可能性は、常に変わっていき、どちらかに大きく偏った時に、浮気をしないか、浮気をするかの確率を高める傾向があります。

 

では、どのような時にこの可能性は動きやすいのでしょう。

 

そのもっともな部分的要素とは、彼の精神的な疲労やストレスの度合いによって動きやすくなると言えるでしょう。

 

つまり、彼の普段の精神状態と心理によって、浮気の可能性は大きく変わっていくことが言えるのです。

 

なぜでしょう。

 

この理由には、人は精神的な状態を司っている「感情」によって動くことがあり、これはストレスと疲労が蓄積されると、より衝動的な行動をしやすくなると言えるからです。

 

より衝動的というのは、概ね、快楽や快感、興奮や楽しいことへの欲求の暴走だと言えるでしょう。

 

人は感情的な精神状態に偏っていくことで、同時に理性的な思考と理性的な判断が抑制されることがわかっています。

 

大袈裟にいうと、私たちは感情的な自分か、理性的な自分か、どちらかしか選ぶことができないということです。

 

これらはいつも外的環境や外的な要素によって、いつも変化します。

 

例えば朝起きて、休日の時、寝起きのすぐは感情的なものがなかなか沸きおこらないことがあります。

 

これはどちらかというと理性的で、物事を客観的かつ中立的に見ていると言える精神状態です。

 

しかし、友人と遊ぶ約束をしていて、外は天気予報でも伝えていないかった大雨が降っていること確認しました。

 

この時にハッと目が覚めて、外の景色を見ては、とても落胆することでしょう。

 

ネガティブな感情が徐々に大きくなっていき、それが支配的になっていく流れの一つです。

 

このように外的な変化や影響、あるいはそれに対する自分の立場などによって、心理的状態は常に変わっているのです。

 

しかし、疲労とストレスが蓄積していくと、この感情的な状態が支配的になることや、支配sれやすい状態を助けてしまうのです。

 

その結果、理性的な思考や理性的な判断が抑制され、人は感情によって物事を判断するようになる傾向を強めていきます。

 

これによってどうなるかというと、食べすぎたり、夜は早く寝るべきなのに夜更かししたり、楽しいことに興じたり、などなど今までしたこともなかったことを徐々にするような変化が生まれてくるでしょう。

 

そして浮気もその一つで、これは理性的な思考によって、もう興奮と快楽の暴走を止める小tごができなくなった状態と言え、ついにピークとなった瞬間だと言えます。

 

他にも、彼氏が再び浮気をする可能性を高める要素はあります。

 

しかし、気がつかないままその可能性とリスクを高めてしまいやすいのが、この疲労とストレスと言えるでしょう。

 

疲労とストレスが溜まっている時、特に喧嘩などをすると、浮気の一つや二つという快楽の暴走をする思考にもなりやすいと言えるでしょう。

 

人は付き合っている時や、結婚して夫婦になると、お互いに自分の要求の通りに動くことや変わることを、お互いが求めることがあるものです。

 

おそらく、これは最も2人のストレスともなり得る可能性があります。

 

人は人を変えることは不可能とまではいかなくても、とても困難であることは確かでしょう。

 

なぜなら、人が変わる時とは、本人の強い意思が必要であり、その意思には例えば強い後悔、辛すぎる痛み、悲しすぎる現実などが、自分を変えようとする強い意志と覚悟に発展しやすいからです。

 

つまり、人は話し合いだけでは、すんなりと変わるほどの強い意思は持ちにくいといえ、ある意味で強烈な体験が必要であるということです。

 

 

彼が浮気することについて、過去にどれだけの強烈な痛みや苦しみを味わい、二度とそんな思いはしたくないというものが、彼を変える原動力となり得るでしょう。

 

多くの場合で、ストレスと疲労の蓄積は、その人とその人でなくしてしまう要素があります。

 

彼の浮気の可能性を低めるには、2人の、あるいは彼自身とあなた自身の、ストレスと疲労を緩和することによって、良い効果が得られるかもしれません。