浮気をした彼氏から復縁を求められた

 

浮気をした彼氏から復縁を求められた時、彼を信用できるかが問題でしょう。

 

ここでは、人の心理や人を信用するにはどうすればいいかを、詳細にご紹介しています。

 

あなたの復縁の判断の力になれれば、幸いです。



《広告》


 

「浮気をした彼氏から復縁したいと言われたら」

 

浮気をした彼氏から、復縁をしたいと言われたり、復縁をもとめられたとしたら、きっとあなたの脳裏に余儀っていることは、以下のことでしょう。

 

 

「彼はまた、浮気をしないだろうか・・・。」

 

 

いかがでしょうか?

 

あなたと復縁をしたいと真剣に思っている彼氏は、もう二度とあんなことはしないと、あなたに伝えているか、または自分の心に誓っているかもしれません。

 

あとはそれを信じるか、信じられるのか、と言う問題に焦点が当たりがちになります。

 

しかしこの問題に焦点を当てることで、重要なことを見失っている言えるかもしれません。

 

言い換えると、むしろ相手を信じることができるかは、あまり問題ではないと言うことです。

 

なぜでしょう?

 

それは、相手を信じられるかと言うよりも、自分が何を求めるかの方が、この問題の場合はとても大切になると言えるからです。

 

浮気をした彼氏が、たとえ自分を信じてくれと言ってきたとしても、浮気は二度としないと誓ったとしても、彼が浮気できる環境にいることは変わりありません。

 

それどころか、いつだって浮気ができる選択肢が、彼には残され続けるのです。

 

つまり、浮気が再びされるリスクや可能性は、彼の誓いによって消えることはないのです。

 

唯一消えることができるとしたら、彼が今後、浮気の選択肢を選ばないだけと言うことになります。

 

そしてこれは、結果的なことなので、彼があなたといる期間は、ずっと浮気の選択をしないことを意味します。

 

果たして彼は、このことを理解して、あなたに誓っているのかは不明です。

 

では彼が浮気を選ばなかったとしましょう。

 

その結果、あなたの願いである浮気の問題は解決されることを意味します。

 

しかし、彼との付き合いをまっとうするまでの期間が、彼が浮気をしないかどうかで、ずっと悩んだり、疑っている期間であるなら、これは満足のいく付き合いにはならない可能性があります。

 

もし、あなたが浮気をした彼氏との復縁に迷っているなら、結果としてこのような付き合いになることは納得がいくものか、そうではないかをよく考えるべきでしょう。

 

そして、それよりももっと、彼氏と作り上げたいものがあるなら、また浮気されるかもしれないリスクを、上回る求める何かがあることが、とても重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

 

浮気のリスクは消えません。

 

浮気の可能性は消えません。

 

浮気の選択肢は消えません。

 

浮気の環境は変わりません。

 

そしてこれは、完全に自分の都合の良い方に変更することは不可能です。

 

自分はそれでも、相手との復縁に満足いく時間や、人生にすることができるか?

 

これをよく考えた方が良いでしょう。

 

つまり、リスクを先に受け入れて、そのリスクよりも彼と一緒に入れることが圧倒的に勝ることであるか、と言うことを意味します。

 

復縁は自分が求めるものや、自分が何を求めているかで、しっかりと考えることが良いと当サイト(マインディスト KE N)の考えです。

 

 



《広告》


 

「浮気をした彼氏の復縁の心理について」

 

 浮気をした彼氏の復縁に対する心理は、どのようなものでしょう。

 

真実は実際に聞いてみないとわからないことですが、彼氏がもし、真剣にあなたとの復縁を望んでいる場合を仮定して考えてみましょう。

 

浮気をした、けど復縁を真剣にしたいと言う彼氏の心理には、まず反省していること、そして後悔していること、本当に好きな人はあなただったと言うことに気がつけたことが言えるかもしれません。

 

あなたと別れるくらいなら、浮気などもう二度としない。

 

そう考えているかもしれません。

 

しかし犯してしまったことは、事実であり、後戻りはできないものです。

 

そのためとても後悔をしている可能性はあるでしょう。

 

しかし上述のように、浮気の可能性は後悔とともに消え去ってくれません。

 

残り続けます。

 

問題は、復縁を求める彼氏が、その選択をずっとしないかどうかだと言えるでしょう。

 

では彼氏は、どうすれば、浮気の選択をしないようになれるか、または浮気よりもあなたとの付き合いを優先できるのでしょうか。

 

これは彼氏が浮気に対して、全く自分の人生の役に立たないことだと、心から悟っている必要があります。

 

心から悟っているとは、あくまで理性的に浮気は全く役に立たないことだと、判断していることを意味します。

 

そのため、勢いや、自分に言い聞かせること、あるいは感情的になって自分は浮気などしないと誓うことは、あまり意味がないか、それで本当に浮気から関心が完全に離れたとは言い難いのです。

 

しかし、後悔というのは、この理性的な判断に大きな力を貸してくれる可能性はあります。

 

人は失敗したり、痛い目を味わったり、本当の怖さを味わったりする体験によって、これまでの見る目が変わることができたりします。

 

後悔とは、どうして自分は浮気なんかに手を染めてしまったのだろうと、自分のした行いと過去を振り返り、そして大切なあなたと言う存在を失う現実を味わってから、大きくなる傾向があります。

 

そして本当に大切なことや、大切な存在はなんだったのかに、深く気がつくことになるのです。

 

人は本当に、深い傷を追わないと、目を覚さないことがあるものです。

 

例えるなら、概ね何も問題がない時、人生が順調に進んでいるとか、あなたとの付き合いが順調だと言う時は、まさか問題など起こらないだろうと、夢の中にい続けているようなことに似ています。

 

浮気を選択したと言うことは、浮気しても大丈夫とか、バレないとか、一度はしてみたかったなどと言う気持ちがあったかもしれません。

 

興奮や楽しさ、快楽を得られる気分に支配されてしまい、浮気の選択から逃れられない自分や心理を作ってしまったと言えるでしょう。

 

そして本当の問題が起こってから、後悔し、ようやく気がつけることがあります。

 

逆に、ストレスと疲労によって自分の理性的な判断が欠けていくことでも、同じような心理的な状況に陥りやすくなります。

 

ストレスと疲労は理性的な思考を抑制することがあり、これが抑制されることによって、快楽の暴走をしやすくなることがわかっています。

 

彼はストレスと疲労によって、本来の彼の心理状態を維持できなくなり、浮気と言う快楽と興奮と欲求の詰まった行為に暴走的に進んでしまったかもしれません。

 

これも同じく、結果を得てから、深い後悔と自責の念が募りやすいものです。

 

このような場合だと、きっと彼は反省をしているでしょう。

 

しかし、問題は、彼は次に浮気をしない方法を、おそらく、知らないままであることです。

 

彼が浮気の再発や、防止をするためにはどうしたら良いのでしょうか?

 



《広告》


「浮気した彼氏が、浮気を再発しないためには」

 

浮気した彼氏が、浮気を再発しないためには、いくつかの効果的な方法があると言えます。

 

まずは、よく休むことです。

 

これはストレスと疲労が蓄積している場合は、特に効果的と言えるでしょう。

 

そして次に、理性的でいられる時間で、浮気に対して自分はどんな価値観を持っているかを明確にすることです。

 

人は感情や勢いで、浮気はしない!と誓っても、その楽しさや興奮や快楽を忘れたわけでは兄のです。

 

脳裏の奥にしっかりと焼き付いていたり、あるいは、実は捨て去る気持ちがさらさらなかったりします。

 

人は楽しいことや、快感を覚えられるものを捨てることを、とても拒絶する傾向があります。

 

これは浮気だけでなく、嗜好品や、または大好きな食べ物、ゲームなど多岐にわっています。

 

つまり浮気などつまらないものだ、と言うことが感覚的にも思考的にも可能にするには、理性的な判断によって、それが全く役に立たないつまらないことだと言う認識が必要になると言えるのです。

 

そして理性的になれる時間帯というのは、概ね、朝の寝起きの時間だと言えるでしょう。

 

頭が働いていない時間が寝起きだと思われますが、頭が働いている必要はあまりありません。

 

ボーッとしている中で、そのまま、浮気についてどう思うか、復縁をする上で浮気は重要なのことか、などなど自分に質問をただ投げかけるだけでも効果的でしょう。

 

逆に頭が働き、思考がさえわっていると、感情的な思考が生まれやすくなります。

 

そして感情的な思考は、浮気をやめなくてはならないことは理解できても、それが行動になることを拒みやすいアイディアを多く出してくる傾向があります。

 

なぜなら、浮気の快楽を守ろうとする、本能的な働きが思考に混ざってくる可能性が非常に高いからです。

 

これは浮気をすでに優位にみている可能性があります。

 

そうではなく、浮気を中立のものとして、考えられるようにすることが望ましいでしょう。

 

そして彼氏が、浮気を極めて理性的な判断によって、全く不要なことだと判断できた時、きっと浮気への関心はほぼ壊滅していることでしょう。

 



《広告》