平気で嘘をつく男は浮気する&浮気している可能性大

 

平気で嘘をつく男性は、浮気しやすいかもしれません。

 

これよりその心理的な特徴をマインディスト KEN独自の理論によって詳細にご紹介します。

 

きっとこれを読んだあなたは、聞いたことのない内容に驚くことでしょう。



《広告》


「平気で嘘をつく男が浮気しやすい理由」

 

平気で嘘をつく男性が浮気をしやすい理由には、いくつかあるものですが、中でも以下のことが多いのではないかと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

それとは、嘘をつける心理がある意味の自己防衛本能であり、それが強い傾向があるということです。

 

自己防衛本能とは、自分を守ろうとする本能的行為の一つだと言えます。

 

本能的な行為とは、特にあまり考えることなく、反射的にそれを行動にするか、または行動にしやすいものだと言えるでしょう。

 

例えば熱いお湯に触れると、「熱い!」とその指をすぐにお湯から離す行為をするのに似ています。

 

これは条件反射や反射神経というものが関係していて、熱いお湯を危機的なものだと認識し、何も考えることなく、手を引いてその危険なものから離れて自己を守ったということが言えます。

 

つまり危機や危険を感じたものから離れる、これは多くの人が何も考えることなく、即座にしており、さらには無意識かつ思考は及びにくいものです。

 

熱いお湯に触れた時に、「いや、これはもしかすると自分の勘違いかもしれない。」と立ち止まって考える人はいないでしょう。

 

これと同じように、自己防衛本能が働くと、思考や考察はさておき、とにかく行動で危険から自分を遠ざけようとするのです。

 

人にはこのような、とても便利な本能があるのです。

 

しかし、これは嘘をつくこと、特に、平気で嘘をつくような人にも、同じく機能していることがあります。

 

多くの場合で、人が嘘をつく時、嘘をつくことの罪悪感だけでなく、例えば嘘がバレた時の今後のことや、それによって想定されるリスクを考えたりします。

 

これは、本当は嘘をついて自分を守りたいけど、後々のことを考えるとどっちがリスクなのか?という理性的な思考も同時に機能している状態と言えます。

 

ところが、平気で嘘をつく人や、つける人は、反射的に自分を守ろうとするほど、そこに思考が生まれない可能性が高いのです。

 

嘘をつき、その場限りで自分を危険から守り、また嘘がバレたら嘘で被せるということを繰り返す傾向があります。

 

さらには、これが平気に実行可能なのです。

 

このようなタイプの人は、嘘をつくことに罪悪感どころか、正当性を抱いていることがあります。

 

「だって仕方がなかった。」

「そんなつもりはなかった。」

 

大抵の場合で、嘘がバレて追求されると、このような自己正当化をする主張をしてくることがあるのです。

 

時には、激しく泣いたり、泣き落とす人も少なくないでしょう。

 

人は嘘をつくことが、本来は好きではないのですが、実はハマってしまいやすいことでもあるのです。

 

なぜなら、危険を回避できて、そこに大きな安心感が生まれ、これは快感であり、快楽を与えるものでもあるからです。

 

この快感と快楽に、人はめっぽう弱い傾向があり、それが嘘をつくことを自分の中で容認してしまう心理を育むのです。

 

そしてこの快楽と快感は、それまでできたはずの理性的思考を抑制する働きがあるのです。

 

そのため、バレたらもっとリスクがあるとか、バレたら今後もっと辛い思いやリスクがある、嘘はよくないという、ブレーキをする理性的な思考が生まれにくくなります。

 

それよりも、嘘をついて、いますぐ得られる安心感と快感と快楽に傾倒してしまい、それが習慣的になってしまうのです。

 

これが嘘を平気でつく男性や人の心理的特徴だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

では、このような心理の男性が浮気をしやすい理由は、一体どのようなものでしょうか?



《広告》


 

「平気で嘘をつく男性の浮気をする心理とは」

 

平気で嘘をつく男性の浮気の心理は、浮気という快楽と快感に、すでに浸り切っている可能性が考えられます。

 

よくある通常の浮気のパターンとしては、浮気をしてしまった、バレたくない、その結果として苦し紛れに嘘をつく、というパターンが多くあるでしょう。

 

しかし平気で嘘をつける男性のそれとは、すでに恋人や妻に嘘をつく、浮気をする、という順番になっている特徴があるでしょう。

 

これをわかりやすくいうと、すでに嘘をつくとは、いかに自分が浮気をしない人間かをアピールする嘘をついている可能性があるということです。

 

この嘘は、疑われることから免れようとする嘘であり、事実、これを鵜呑みにした相手はこの男性を疑うことは困難でしょう。

 

そしてその嘘にはほとんど、罪悪感もなければ、むしろ、自分は自分を危険から守っているという正当性さえ抱いている可能性があります。

 

この正当性の強さは、巧みな嘘の技術に比例しているかのようで、正当性を強く抱いているほど、嘘を信じ込みやすい傾向があります。

 

自分は悪いことなどしていない、この自信に満ちた態度が嘘を見抜けにくい原因と言えるでしょう。

 

そして嘘をつく最大の理由こそ、自分を快楽と快感で満たしたいという欲求であり、これを満たすことが目的で嘘をつく傾向があるのです。

 

これはダイエットに似ています。

 

例えばあなたが、5キロのダイエットに挑戦しているしましょう。

 

5キロの減量を目的とするこのダイエットは、少しきついものですが、これを実現するためにも、きつい食事制限や運動を習慣的に行う必要があります。

 

最初は痩せたいという欲求が強いため、食事制限や運動をできるかもしれません。

 

しかし、やがて食欲が旺盛になる時期に差し掛かると、食べたくてしょうがない気持ちになるものです。

 

この衝動は非常に強力で、これまでの我慢とは比べ物にならないくらい、精神力を費やします。

 

そして結果的に、どか食いをしてしまったとしましょう。

 

この時、ダイエットに頑張っていたあなた、食べすぎたことの後悔、なぜ我慢できなかったのか、自責の念に駆られていることが多いでしょう。

 

しかし、食べる前は全く異なる精神と思考が機能していることがあるのです。

 

つまり、少しくらいないいか、今まで頑張ってきたし大丈夫、ダイエットは明日からでもいい、などなど自分を正当化し、かつ食べるための正当な理由がいくつも浮かんでいることがあるのです。

 

そうです。

 

人は、他人だけでなく、自分にも嘘をついていることが、往々にしてあるのです。

 

これはとても問題を生じさせます。

 

つまり、自分の欲求、快楽、快感を満たそうとするために、自分を欺き、嘘をつき、それを正当であるという判断をしてしまうのです。

 

これが何度も続くと、多くの場合で、本当の自分を見失っていく傾向を強めます。

 

そしていつしか嘘をつくことが恒常的になり、それが普通になり、嘘と真が全く区別つかなくなります。

 

この結果、嘘を平気でつく男性は、嘘をついている中でもほぼ、平常心でいられるのです。

 

だから、浮気をしても、していないことにできるのです。

 

浮気などなかったことにもできるし、なかったものだとすでに記憶を精査している可能性が高くあります。

 

もちろん個人差があるものですが、嘘が平気でつける男性は、平気で浮気をできる心理状態になっているともいえ、正当性を主張してくるでhそう。

 

 



《広告》


「平気で嘘をつく男との付き合い方」

 

もし、あなたが平気で嘘をつける男性とすでに付き合っているなら、嘘を見破ることも困難でしょう。

 

さらには、とても辛い思いを強いられる可能性があります。

 

程度にもよりますが、おそらく、彼は自分のことをすでに、見失っている可能性があるでしょう。

 

自分を全く理解していない、そう言えるかもしれません。

 

快楽と快感に溺れている自分に、全く気がついていない可能性があります。

 

これは本人が気が付くまで、待つしかないでしょう。

 

しかし気がついてしまえば、夢から覚めたかのように、全く異なる人格を持ち得る可能性はあります。

 

これも程度によりますが、そのような場合もあるのです。

 

あとは、あなたがまだその人を愛しているなら、あるいは、愛し続けたいという思いがあるなら、その心に従った判断を自身で下すことです。

 

平気で嘘をつく男性が、自分と向き合い、自発的に目を覚める可能性も、そうならない可能性もあります。

 

これはどちらとも言えません。

 

結果でしか、それを証明する手立てはないでしょう。

 

それまできっと、多くの困難があるだろうし、話し合いをしても決裂することもあるでしょう。

 

人は快楽と快感の虜になると、その重要性がとても高く、嘘をつかずにはいられない心理が働いていることがあります。

 

自分をよく見せようとする嘘、自分は優れているという嘘、自分はあなたを大切に思っているという嘘、浮気をしてもそんなつもりなどなかったという嘘、それらには枚挙にいとまがないでしょう。 

 

嘘をつく人の傾向として、快楽と快感に浸っている可能性が高く、そのためには嘘をついて自分の都合の良い状態でいることに対して依存しており、これには浮気をすることも含まれます。

 

つまり自己都合でしか、他人も現状もみることが、すでにできなくなっている状態と言えるかもしれないのです。

 

自己都合から外れることを恐れ、また時に拒絶する傾向があります。

 

そのよう時ほど、声を荒立てて、自分の主張をいうだろうし、また被害者であるという訴えをしたりするでしょう。

 

自分の都合の良い状態を整えるために、あらゆる都合の良い嘘を言ったりもするでしょう。

 

このような人と付き合うことは、大抵の場合で、嘘をつかれる人が、多くの傷をおう方です。

 

 

平気で嘘をつく男性は、すでに自分を見失っている可能性があり、それを実感するなら、あなたも真剣に、これからを考える必要があるでしょう。



《広告》