寂しがり屋の男が浮気しやすい理由とは

 

寂しがり屋の男性は浮気しやすい理由があると言えるでしょう。

 

ここではその真実に迫ります。

 

きっとあなたも驚きの内容を知ることになるでしょう。

 

「寂しがり屋の男は浮気しやすい理由」

 

寂しがり屋の男が浮気しやすい理由とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

寂しがり屋の男性は、その程度にもよるでしょうが、かなりの寂しやがり屋の場合は、浮気というよりも常に誰かを頼っていることや、依存していることがあるとは言えるかもしれません。

 

つまり、浮気をするとか、浮気をしたいという感覚よりも、自分が常に誰かといることに依存している傾向が、結果的に浮気に発展してしまう可能性がると言えるでしょう。

 

寂しがり屋と言っても、これは恋愛依存症とも捉えられるほどのものである場合は、特にその傾向があると言えるかもしれません。

 

恋愛依存症とは、自分の周囲の人を大切にする思いの強い人が、陥りやすいとい言われています。

 

周囲の人を大切にしたいし、また自分も大切にされたいという欲求が強く、それは依存性を大きくしてしまう可能性があるものです。

 

そして恋愛依存症の男性は、恋愛という「誰かが常に、自分を気にかけている状態」を好む傾向があると言え、またこれに依存している心理的状態だと言えるでしょう。

 

寂しがり屋の男性の心理にも、このような、誰かが常に自分のことを気にかけてくれてほしいという欲求が強い可能性があります。

 

寂しいという感情は、自分が1人では無価値だという、個人的な自己の解釈があると考えられます。

 

そして1人でいると無価値である自分は、誰かといて、その人が自分のことを大切に扱ってくれることを確認して、ようやく我を取り戻せる、正常な心理的状態を取り戻せるということがあるでしょう。

 

つまり、このようなタイプの男性が浮気に発展してしまうのは、自分への歪んだ評価と認識によるものだと言え、これを物理的な手段でバランスを取り戻そうとする行為の一つだと言えるかもしれません。

 

言い換えると、自分が自分であるために、浮気をしてしまうということかもしれません。

 

寂しいという感情は、特にこのようなタイプの人からすると非常に大きく、負の感情であるっことがあります。

 

そしてそれらは、恐れ、不安、心配、否定、悲しさ、寂しさを強く抱いていき、その心理的状態から早く抜け出したいという、逃避願望と欲求によるものだと考えられるでしょう。

 

そして多くの場合で、浮気をしたとしても、それは仕方がなかった、という意見か主張を持っていることが多くあります。

 

なぜなら、自分の中で膨れ上がっている負の感情や負の現実から、自分を守るためには仕方のないことであり、それは正当な行為の一つだという意見を抱いている可能性があるからです。

 

もちろん、全ての寂しがり屋の男性に、このケースと傾向が適用されるわけではありません。

 

しかし、心理的にも、認識的にも、若干とは言え歪んだ見方を自分にも自分以外のことにもしている可能性は示唆されます。

 

これはとても重要なことです。

 

なぜなら、現状をあるがままに受け入れることを、非常に困難にすることに加え、自分だけの世界にどんどんと吸い込まれていき、やがてそこから脱出することも難しくなる一方となるからです。

 

これを克服するのは、本当に寂しがり屋の男性本人で、自分と現実などの認識を改めていく他にないでしょう。

 

寂しがり屋の男性は、多くの場合で、自分の世界観と価値観のみを軸に、自分の行動を決定する傾向にあります。

 

自分で決断することは良いことなのですが、認知や認識が歪んだものから決断へとつながっていることが、おそらくとても問題であると言えます。

 

寂しがり屋の男性だけでなく、寂しがり屋の女性にも、同じような傾向が見られます。

 

他人や第三者からみると、そんなことはないのに、決めつけて、偏見を強く抱き、歪んだ決断をしてしまうことが多くあるのです。

 

その一つに、浮気という手段と行為があることは言うまでもないでしょう。

 



《広告》