「不妊治療中の妻が浮気をする原因」

 

不妊治療中の妻が、浮気をする原因は、上述のように過剰すぎるストレスがそれにあると考えられます。

 

もちろん、これは本人と話し合ってみないと真実は明らかにはなりませんが、浮気の原因がストレスによるもので、さらには、それを解消しようとするための選択だったとしたら、考えるべきことがあると言えるでしょう。

 

それとは、不妊治療を続行するべきかどうか?

 

ということだと考えられます。

 

不妊治療をするということは、きっとお互いが子供を産みたいという強い願望があっての決断だったはずです。

 

それは当然、夫もそうだし、妻も同じく強い願望があったに違いありません。

 

しかし、不妊治療がなかなか効果を発揮してくれないと、それは本人がとても自己嫌悪や自己否定、または自尊心を失う傾向にあるでしょう。

 

これは大きな精神的な苦痛の一つとなり得るもので、そして大きなものだと言えます。

 

自分がダメで、原因は自分にあって、自分が迷惑をかけていて、子供産む資格がなくて・・・などなど、個人差はあれど、自分の存在を否定することにつながっていくと、これはかなりの精神的苦痛を抱く可能性を高めていきます。

 

新しい苦痛は新しいストレスとなり、それは多くの場合で、改善が難しいものです。

 

そして不妊とストレス過剰は、比例していることもあるようです。

 

子供が欲しいという願望が強く、それによって決意した不妊治療ですが、それによって妻自身の精神が破綻してしまうことは、本末転倒でもあると言えるでしょう。

 

そして結果的に妻が浮気をしてしまったのなら、現在行っっている不妊治療そのものを考え直す必要も出てくるでしょう。

 

 

上述のように、過度で過剰なストレスの継続は、その人をその人でなくすことに力を与えます。

 

つまり、今の妻は、本来の妻ではない。

 

ということさえ考えても不思議ではない、そんな状況だとも言えるでしょう。

 

もし、不妊治療やそれによって引き起こされた新しいストレスが原因であるのなら、まずは妻が本来の妻に戻ることが、良い選択肢の一つともなるのではないでしょうか。