なぜ男は浮気をするのか。

 

なぜ男は浮気をするのか、その特徴や心理をできる限り詳細にご紹介します。

 

きっとあなたも知らなかった内容がここにあり、驚きを隠せないことでしょう。

 

これより、なぜ男は浮気をするのかについて、マインディスト KEN独自の理論に基づいて、ご紹介します。



《広告》


 

「なぜ男は浮気をするのか?」

 

男はなぜ?浮気をするのでしょうか?

 

当サイト(マインディスト KEN)は、主に二つの理由があると考えています。

 

それとは、まず性別的に浮気をしやすい特徴や特性があることです。

 

二つ目に、大勢の男性が浮気をする環境にいることです。

 

これら二つの理由を詳細にご紹介していきます。

 

ですがその前に、もしあなたが相手の浮気に悩んでいたり、浮気をされるのではないかと心配していたり、浮気をとても拒絶しているのなら、これだけは受け入れた方がいい事実があると言えます。

 

それとは、浮気の脅威も、浮気される可能性も、これから消えることはないという事実です。

 

人は誰でも浮気をすることが可能です。

 

なぜなら、詳細は後述しますが、人は浮気ができる環境にいるからです。

 

他の人と繋がり、接点を持てる状態であれば、あとは心一つで浮気をする決断ができます。

 

問題は、それを決断するかしないかのことであり、最終的な結果でしかないということです。

 

そのため、浮気に悩み苦しみ、さらにはそれが悪いことだと批判していても、浮気のリスクは消えません。

 

なぜ男が浮気をするかという理由よりも、男も女も、浮気をする可能性はあるのです。

 

いくら逃げても、いくら叫んでも、いくら求めても、浮気のリスクも可能性も消えないのです。

 

ましてや、自分が浮気する可能性さえあることです。

 

浮気をしないのは、まだその選択をしたことがないか、していないかだけの違いなのです。

 

これを踏まえた上で、なぜ男が浮気をするのかを知ると、より自分の中で納得のいく回答が得られることでしょう。

 



《広告》


 

「男が浮気をする理由として、性別的特徴と生理的作用がある」

 

男が浮気をする理由の中に、性別的特製や生理的な特性があると考えられます。

 

それは男性ホルモンというものが、男性は多くあり、これをテストステロンと言われたりしています。

 

男性に多くあるホルモンのため、テストステロンは男性ホルモンと言われていますが、女性にもこのホルモンは分泌されているのです。

 

ただその分泌量が、男性よりも圧倒的に少ない傾向があるのです。

 

男性はテストステロンが女性の10倍ほど、分泌されていると言われています。

 

そしてこの男性ホルモンは、欲求を高める生理作用を司っています。

 

これは言い換えると、男性の方が女性よりも、異性に対する欲求が10倍はあると言えるものです。

 

男性の方が異性への欲求が高まりやすいという、性別的特徴が言え、そのため浮気のリスクと可能性も高い傾向があると言えるのです。

 

しかし女性も同じく欲求を高めるテストステロンが分泌されていることは確かです。

 

女性の場合は、男性の唾液や発汗などに含まれているテストステロンの作用によって、その影響を受けやすい傾向があるようです。

 

例えばキスや、距離が近くなることによって、男性のテストステロンに反応して自分もテストステロンの分泌が増え、その結果、欲求が高まってしまうことがあります。

 

これによって、テストステロンが高まりあった男女は、浮気だけでなく、欲求的になり、恋愛などにも発展したりもするのです。

 

そして本当に浮気に発展してしまう時、すでに理性的な思考と判断は限りなく抑制されていると言えます。

 

理性を失いやすくなるとか、理性が抑制されることは、往々にしてあります。

 

それが上述のように欲求が高まった時、またはそれに加えて、日々のストレスや疲労が蓄積されているなどすると、理性的な判断と思考は特に抑制されやすくなるでしょう。

 

理性が抑制されることによって、人は快楽と快感と欲求の暴走をする傾向を強めます。

 

男性は性別的な特徴、つまりホルモン的な特徴によって浮気しやすいと言えますが、この疲労とストレスも深く関わっているのです。

 

それは次の、浮気する理由の二つ目である、浮気ができる環境に多くの男性がいることにも繋がります。



《広告》


「男が浮気する理由として、そもそも浮気ができる環境に多くの男がいる」

 

浮気をする男性が多い理由として、まず浮気ができる環境に多くの男性がいたことが理由として考えられます。

 

浮気ができる環境とは、社会に出ることを意味しています。

 

男性が浮気をするのが定番のように扱われているのも、これがもしかすると要因かもしれません。

 

なぜなら、少し前までは社会に出るのはほとんどが、男性であるからです。

 

当時の男性の社会進出率は、女性を遥かに凌ぎ、また女性は社会に出ても寿退社をして家庭に入るということが当然のような時代がありました。

 

社会に出ているということは、多くの異性との関わりと繋がりが絶えません。

 

これは別の言い方とすると、浮気ができる状態が、今日も明日も、明後日も、男性にはあると言えます。

 

もちろん全ての男性が、これを理由に浮気をするわけではありません。

 

浮気をするに至るには、本人が、それを選択した結果ですので、そこまでに至る前の男性も多いことは確かです。

 

ただ当時では、男性は女性に比べると圧倒的に、浮気リスクが高かったとは言えるでしょう。

 

上述の男性の性別的な特徴も相まって、浮気リスクはとても高かったのかもしれませんし、事実、男性の浮気がとても多かったので、男性は浮気をするというレッテルが貼られたことでしょう。

 

しかし現在は、女性もそれなりに社会に進出しており、この割合は男性と同水準になっている状態です。

 

浮気が環境であることを裏付けるかのように、女性の浮気率も社会進出の増加に比例して、上昇しているという調査を見たことがあります。

 

今では男性が35%ほどの浮気率で、女性は30%という調査結果があるほどです。

 

言い換えると、男性も女性も、浮気ができる環境にいると、あとは本人の選択次第なので、浮気リスクと可能性は高まるということが言えるでしょう。

 

そして浮気リスクと可能性は、ただそのような環境にいるだけでは説明がつきにくいものです。

 

そうです。

 

最終的に浮気をしたということは、本人が、浮気の選択をしたことを意味し、そこにはとても心理的な作用によってその決断をしてしまうことがあるのです。

 

つまり、浮気などするつもりも、自分はすることもないと確信していた人であっても、環境に加えて、浮気の心理が発動することによって、グッとその可能性を高めてしまうか、あるいは本当に浮気を実現させてしまうことになるということです。

 



《広告》


  

「浮気ができる社会と環境は、基本的にストレスと疲労の世界」

 

浮気ができる社会に、多くの人は自分を置いているでしょう。

 

これによって浮気の可能性は整っています。

 

そして次に、浮気を実現させてしまうことは、実は、この社会が基本的に人のストレスや疲労を蓄積しやすい世界や環境であると言えることです。

 

わかりやすく一言で言うと、浮気と言う選択肢を選んでしまうのは、ストレスと疲労の蓄積によって、その多くがなされることがあると言うことです。

 

これは男性も女性も問わず、人の身体的な機能には、ストレスと疲労の蓄積によって、自律神経のバランスを乱し、その結果、理性が抑制されやすくなり、浮気という快楽と欲求への暴走を決断してしまう傾向を高めます。

 

浮気はある個人の、自己規律や、約束、ルールなどによって、制御ができると考えられがちですが、ストレスと疲労の蓄積によって、これは脆くも崩れ去ることが往々にしてあります。

 

規律や約束、ルールに従えるうちは、人は理性的思考と判断ができていることがあります。

 

しかし自律神経の乱れは、これをとても抑制するのです。

 

浮気ができる環境で、浮気をしない人や、まだその選択を選んでいない人は、まだ理性的に浮気のことを処理していると言えます。

 

しかし、男性も女性も浮気をしてしまうほど、自分がストレスと疲労によって、理性が失われていると、これは簡単にその選択に流れてしまいやすくなります。

 

では社会に出ないようにするべきかと言うと、全くそうではありません。

 

自分の本当の判断力、つまり理性を取り戻すには、ストレスと疲労を抑制することが重要で、自分を抑制することはこの結果によって、自然と可能となることなのです。

 

間違っていけないのは、自分を先に抑制することかもしれません。

 

これはストレスと疲労まみれの日常や自分に対して、さらなるストレスと疲労を加えることに繋がります。

 

このほかにも、懲罰的手段もあまり良い効果を発揮しないでしょう。

 

浮気ができる社会に居続けるなら、浮気への関心を完全に消し去ることであり、捨て去るこおとです。

 

これは理性が為せる技であり、理性は疲労状態では最も抑制されている状態だと言えます。

 

自分も、相手も、とにかくストレスと疲労の改善を優先することが効果的だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 



《広告》