【男はみんな浮気する】それは間違いであるという理由とは?重要事項を徹底解説

 

男はみんな浮気する、これは正解でもあり大きな間違いでもあるでしょう。

 

その事実を、これより徹底的に解説します。

 

これを読んだあなたは、きっと男性と浮気の事実を確認することでしょう。

 

「男はみんな浮気をする最もな理由とは」

 

男はみんな浮気をするとは、必ずしも言い切れませんが、しかし生態的な特徴として浮気をする最もな理由があると言える部分はあるかもしれません。

 

例えば男性ホルモンであるテストステロンなどは、欲求を高めることがよく知られています。

 

これは欲求を高める働きであり、決してそのまま浮気の原因にすることはできませんが、男性にはこのホルモン分泌量が女性よりも高いため、欲求が強まる傾向があることは言えるでしょう。

 

男はみんな浮気をする可能性を示唆する一つとして、このテストステロンというホルモンはあげられるものです。

 

欲求が高まると、人は理性的な判断と欲求的な判断の衝突が起こりやすくなります。

 

この衝突はかなり強いか、あるいは欲求が勝ることが往々にしてあります。

 

なぜなら、欲求とは人の本能的な要素だと言える部分があるからです。

 

人も動物であり、野生に生息している動物たちと同じ機能と、同じ本能を持ち合わせています。

 

ところが、人は大脳の中でも前頭前野と言われる部位が、他の動物よりも発達したことによって、理性的な思考や理性的な判断をする傾向を強めていることがわかっています。

 

この理性的な思考と判断とは、欲求をいかにして抑え、他に重要なものを最優先するべきかの思考と判断に役に立っているものです。

 

つまり、理性的な思考が高まることによって、欲求の暴走や快楽の暴走を未然に防いでいることが言えるのです。

 

理性的な判断が抑制されたりすると、欲求的な判断が強くなり、これらの暴走を招く恐れとその可能性を高めます。

 

そしてさらに、欲求の暴走は大脳でも処理され、欲求の暴走が合理的であるという思考を強く抱くこともあります。

 

言い換えるなら、浮気をするのは仕方がない、という思考や価値観、あるいは基準が生まれやすいと言えるでしょう。

 

これが多くの男性の思考の中に、合理的なことだという判断になりやすい可能性はあると言えるでしょう。

 

なぜなら、欲求が高まり、それを満たしたいという衝動が高くなり、そのことを合理的かつ妥当で、正当性があることだという欲求的思考と判断になりやすいからです。

 

少々複雑なことは、欲求を満たすことは確かに重要なのですが、自分にとって都合の良い欲求を満たすことも、そこにはなんらかの正当性があるという主張が強くなることです。

 

これはのちに、浮気を許さない女性との激しい衝突を招くことにつながるものでしょう。

 

俺は悪くない。

俺は頑張っている。

俺にはその資格がある。

 

これらは浮気をした男性とそれを許さない女性との衝突の中で、とてもよくきくセリフと言えるのではないでしょうか。

 

このような自分を正当化する意見や考えと主張は無限に出てくることでしょう。欲求と欲求的思考と判断は、とても強い正当性を本人に抱かせやすいのです。

 

欲求的な思考が強くなると、理性的な思考を抑制する働きと機能が、人には存在していることがわかっています。

 

つまり、男性がみんな浮気をする、その最もとも言えるであろう理由こそ、テストステロンによって欲求が高まり、その欲求は妥当性と正当性を育み、理性的な思考を抑制することによって、多くの男性が浮気をしやすいか、浮気の可能性が高い傾向があると言えるのです。

 

繰り返し述べますが、これは浮気の可能性が高いということを示唆するだけで、必ずしも男性はみんな浮気をするわけではありません。

 

ある浮気の調査では、男性は3割を超える程度で浮気をしていることがわかっていますが、女性も3割前半の浮気率があることがわかっています。

 

これは客観的に見て、ほぼ同水準とも捉えられるものだと言えるでしょう。

 

男性は浮気をしやすい傾向は、確かに感じる部分はあるでしょうが、それは確実的なものではないのです。



《広告》