【浮気しない男】特徴とは モテる男 一生浮気ない男 全く浮気できない男はいるのか?

男が浮気しない。これはきっと女性にとって望ましいことでしょう。

 

しかし結論からすると、その可能性は低いでしょう。ここではその理由を詳細にお伝えしています。

 

この先を読むときっと、驚きの内容にあなたもびっくりすることでしょう。



《広告》


「モテる男は浮気しないのか」

 

モテる男は浮気しないと言われることがあるようです。

 

モテる男は女に困らないから、モテる男は女心をよく知っているから、モテる男ほど浮気を馬鹿らしく感じているなどなど、たくさんの憶測的情報が飛び交っていて、きっとあなたも何かしらを耳していることでしょう。

 

結論からすると、浮気をすることにモテるとかモテないは、おそらくですが、全くと言っていいほど関係ありません。

 

全くと言っても過言ではない理由が、そもそも浮気は常に、誰もがそのリスクがあり、モテる男でもモテない男でも、選択肢は一生消えなからです。

 

例えばモテる男は浮気しないということを求めたり、あるいはそのエピソード聞いて信用しているのは、そもそも自分の中にある欲求か希望的観測か、都合の良い事実だけを見ているかが原因となっていることが多くあります。

 

人は自分の望み通りのものを見ようとし、それを獲得したいという欲求があり、そして手にしたらさぞ幸福になれるだろうと信じる傾向があります。

 

簡単に例え話をするなら、空を飛べるアニメのキャラや、動物と話せるキャラになりたいと思う、その心理に似ていると言えます。

 

現実はそんなことはないか、あったとしても限りなく可能性が高いと思えないか、あるいはできたとしてもただの個人的思い込みである場合があります。

 

そして、思い込みは自由で、完全に許されたものであり、信じることも個人の完璧な自由意志によって任されています。

 

言い換えるなら、モテる男は浮気しないということを、個人的に信じるか信じないか、というだけのことであるとも言えるのです。

 

個人的に信じることは、本当に自由です。

 

しかし注意すべきことは、たとえその信用度が高く、そして信じることに事足りるだけの証明や確信があったとしても、リスクは消えないことです。

 

では信じることは無意味なのか?

 

という疑問が生まれるかも知れません。

 

無意味とまでは言わなくても、自由であることでしかない、ということが事実だと言えるでしょう。

 

信じることは、その結果が約束されたわけではなく、逆に信じたことに反した結果が現実のものとなった場合は、それを受け入れることを困難にする傾向があります。

 

信じていたのに、裏切られた。

 

信じていたのに、どうしてこんなことが起きたのか。

 

信じていたのに、酷すぎる。

 

心理的にこうなることや、精神的に傷つくことは起こり得ることです。

 

ではどうすることが、あなたにとってベストなのか?モテる男は浮気をしないことを個人的に信じ続けるのか、それともそれをやめるのか?

 

必ず手に入れてやると、その人を探し続けるのか?

 

実のところ、このような思考になっている状態では、おそらく、あなたを幸福にするようなそれらしい答えさえ、見つけることは困難でしょう。

 

モテる男と付き合うことや、その人を手に入れることはきっと、多くの女性を一時の幸福に満たしてくれることであると考えられます。

 

これは確かに、幸福を感じることがあるなら、その時はまさに幸せな状態だと言わざるを得ない時間です。

 

そして、モテる男は変わらず、異性からモテるということは引き続き継続することが容易に想像がつきます。

 

モテる男が自分と付き合ったからと言って、その魅力が急に数%になることはないでしょう。

 

そのため、モテる男はモテ続けるものです。

 

しかし、そこで彼が浮気をするのか、しないのかの結果は全く予測ができない未知のことなのです。

 

それを多くの女性は、自分の彼氏や旦那が異性からモテるという理想を手にしたのに、逆にそれが邪魔なものと感じ始める心理が強まっていく傾向にあります。

 

これはおそらくですが、女性側の一方的な恐怖心が高まっていることがあると言えます。

 

そして恐怖心が高まった女性は、徐々に、自分のパートナーの自由を奪うことをするでしょう。

 

束縛が強くなり、嫉妬が大きくなるのは、彼を失いたくないという恐怖心から端を発している場合が本当に多くあるものです。

 

もしかすると、恐怖から生まれた束縛と嫉妬心から、彼は離れたくなり浮気への願望が強まるかも知れません。

 

人は自分が嫌だなと感じる場所からは、出来る限り離れようとする本能的な衝動が生まれることがあります。

 

恐怖から生まれた束縛と嫉妬心は特に、危険人物であるという認識を強めてしまうことがあるでしょう。

 

そのように、自分のためにしたことが、相手の何かに触れて、相手にも負の感情を生んでしまうことがあるのです。

 

そして2人は以前のように愛情で包まれていて、モテる彼は変わらずにあなたのことを見ていてくれたのに、環境は気がつかないように変わっていくのです。

 

そうです。

 

環境は変わるし、変えていることがあるのです。

 

この変化に気がつかなくても気がついていたとしても、徐々に自分たちで変えた環境が、居心地の良いものだとしたら、それは問題もないかも知れません。

 

ただし、上記のように恐怖心に支配された行為を継続していたら、もしかすると、あなたとの意図する環境から、そうではない環境に変えてしまうかも知れないのです。

 

モテる男は浮気しないとか、そのような男性を求めるよりも、あなたが自分で、その人を受け入れることができるだけの度量や覚悟、または浮気のリスクを受け入れる精神状態が重要となるでしょう。

 



《広告》


「一生浮気しない男の特徴は何か」

 

一生浮気をしない男やパートナーを、女性は求めている心理が強いでしょう。

 

女性は安定を求める傾向が強く、それはパートナーとの関係も安定的であることを求めていることが多くあるものです。

 

この理由というのは、女性は男性と異なり、周期的に身体的な変化が訪れる生理作用があるからと考えられます。

 

周期的に身体状況だけでなく、それは精神状態も変わることがあります。

 

これは女性ホルモンの分泌に起因していることが、よく知られています。

 

そして大別すると、女性は一ヶ月の間に、ポジティブな身体と精神状態と、ネガティブな身体と精神状態の二つを、交互に行き来しながら、毎日を暮らしていると言えます。

 

つまり、安定的な状態などない、という思考がほとんどの場合で基本原則のように染み込んでいると言えます。

 

安定していないのだから、安定的なものへの憧れ、魅力、欲求というのは、男性に比べると大きくなりやすいものです。

 

そのため、何かと安定を求める女性は、社会、収入、将来、現在、パートナー、人間関係などの多くの対象物が存在しています。

 

このような精神を毎月のように繰り返しているとしたら、浮気をしない男性を求めることも理解に苦しくありません。

 

そして一生浮気しない男は、本当にいるのでしょうか?

 

残念ながら、安定を求める期待感とは他所に、その確約された現実は存在しません。

 

これは女性だけでなく、男性にとっても同じことがいえ、またこの事実は今後も消えることはないものです。

 

一生浮気をしない男がいれば、それはそれで満足するし、確かに安心感は高まることでしょう。

 

しかし、その安心感は個人的な感情であり、思考であり、おそらく多くの点で決めつけと偏見に過ぎないものです。

 

それにすがることは、むしろ予期せぬ事実を目の当たりにした時、そのショックは計り知れないくらいに大きく感じることでしょう。

 

もし一生この人は浮気をしない、浮気をする男ではないと信じたい時、それはあくまで個人的なものであることを忘れないようにするべきだと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

そしてそれを確証し得るだけの証拠は、おそらく一生を通じてそろわないことも覚悟することが望ましいでしょう。

 

いつだって、どんな人だって、浮気への選択肢はあるものです。

 

つまり一生浮気しない男の特徴は、一時的にはそれを個人的に認めることはできても、一生に渡って保証されている特徴はない、ということが結論として言えるでしょう。

 

これを聞いて残念だと感じる人もいるかも知れませんし、もしかすると今、あなたは残念さをすでに感じているかも知れません。

 

浮気しない男性と一緒になること、それが、本当に自分にとっての幸福の選択肢であるか、本当にそれを望んでいるのか、本当にそれによって起こる望まない結果を受け入れることができるか?

 

これらを考えてみることは、とても効果的でしょう。

 

なぜなら、浮気をされたくない恐怖に支配され、そのためだけのパートナー選びはおそらく、あなたの望まない結果になる可能性が高いからです。

 

その理由の一つに、自分がしっかりと決意をしていない、傷つくことから合理的に逃げた決断になっているかも知れないからです。

 

本当に好きな人がいて、愛したい人がいるなら、むしろそちらで起こり得るリスクを、どれだけ許容するか、可能であるかを考えた方がよっぽど建設的であることでしょう。

 

さぁ、あなたは何を選びますか?

 



《広告》


 

「浮気できない男の特徴」

 

ここまでお読みになられたあなたなら、きっとすでに察しがついてることでしょうが、浮気できない男でも、する可能性はあると言えます。

 

しかし浮気が苦手という男性の特徴的な部分、あくまでその傾向的な要素はあるかも知れません。

 

ただそれがあったからとは言え、それを重要視した選択が果たして、自分の望む幸福にどれだけ役に立つことになるかは、しっかりと考えた上で結論を出した方が良いでしょう。

 

浮気できない男は、浮気することもあるし、もしかするとこれからの関係の悪化によっては、自分が浮気をさせてしまう可能性もあるのです。

 

浮気ができない男だったはずが、浮気をする男になる可能性もあるにはあります。

 

その原因は特定することは難しいですが、もし、相手の男性が別れたいとか、もう逃げ出したいという心理が強くなっていくと、おそらく彼女から逃げる選択肢として浮気が浮上することはあるでしょう。

 

人は何かから逃げたい、離れたいという心理が強くなるにつれて、衝動的行動を起こしやすい傾向も強めていくことがあります。

 

これは恐怖心から来ており、そして人の心理はほぼ大抵の場合、恐怖が勝ります。

 

恐怖はそれを抱き、限界店に近い人に対して、衝動的かつ大胆な行為を促すことが往々にしてあります。

 

だから浮気をできない男だと、いくら認められる証拠が豊富にあったとしても、それをまるっきり信用することは長くは続かないのです。

 



《広告》


 

「浮気する男の割合」

 

浮気をする男性の割合は、3割未満程度だと言われています。

 

これが少ないか、多いかは個人的な感覚的なものによる判断になりますが、浮気する男の割合が3割程度の中で、それをとても気にしすぎる人がいることあるものです。

 

それを全く気にしない人は少ないでしょう。

 

これは自分の関係性を安定的にし、安心を担保したいという欲求から来ることが多く、それはすなわち恐れや不安からの解消を目的としていることが多くあります。

 

人は何かに対してほぼ必ず恐れを抱いていると言えます。

 

この場合は浮気する男性は、自分の精神的な何かに危害を加えられるということを恐れているか、あるいは自分が傷つくことや精神的不安定になることに恐れていると言えるかも知れません。

 

しかし、この恐れはたとえ本当にそれを実感として抱いていたとしても、必ずしも事実とは限らないのです。

 

最適な表現があるとするなら、例えば、恐れや不安は、幻想であるという表現も可能だと言えるでしょう。

 

恐れや不安は勝手に、個人的に抱いているものだという認識にしてみることや、考え方を少しだけでもそのように変えてみると、きっと今抱いているそれらは、かなりの確率で改善する可能性があります。

 

それはなぜか?

 

恐れ、不安が個人的な幻想であるという理由の一つに、それは実際の結果と異なることがあるからです。

 

例えば蛇が怖い人がいれば、蛇を首に巻きつけて笑顔で写真を撮れる人がいます。

 

これは蛇が必ずしも、私たちに共通した恐怖の対象ではないことを意味します。

 

浮気する男性がどれくらいの割合かを、あなたがなぜ気にしているのかは定かではありませんが、もし自分が浮気されることを恐れたり、不安に思ったり、心配を抱いているなら、それは事実とも言えないものです。

 

今のところ3割ほど浮気する男性の割合があると言われていますが、これが高いと幻想を抱くこともできるし、それは個人的な判断にのみ委ねられています。

 

そして3割の男性の浮気の確率を高いと恐れ、不安になることも、個人的に可能です。

 

その実感している恐れと不安によって、どのような行動をするのかを決めることも、個人的な自由です。

 

 

何が言いたいかというと、あなたの中にある、あらゆる解釈から行動が生まれ、解釈の通りの現実を自分で体験しようとしている、ということです。

 

蛇が怖い人は、蛇が怖い体験を自分で創造的に作り上げて、まさにその通りの現実を体験していると言えるでしょう。

 

これは怖さを一切抱くなということではなく、あなたの今抱いているその恐れや不安、心配を、そのまま抱いていることで、あなたの本当に成し遂げたい目的の役に立つかどうか?ということを考えることが重要だと当サイト(マインディスト KEN)は伝えたいのです。

 

そして、もし全く役に立たないそれら幻想を、ずっと抱いたまま、自分の時間を消費することこそ、とてももったいないことだと考えます。



《広告》


  

「男の浮気しない宣言は信じても大丈夫か」

 

 男の浮気しない宣言は、本当に信じて大丈夫なのでしょうか?

 

とても反省しているし、心を入れ替えたみたいだし、きっと大丈夫だろう。

 

まだ一緒にいたいし、何らかの理由と原因で一緒にいる必要があるし、浮気をしないというならきっとしないだろう。

 

などなど、これを信じる理由はたくさん出てくるものです。

 

浮気をしない宣言を信じることは、上述のように個人的な自由であり、これは完全に自分の選択に責任があることを理解しておく必要があるでしょう。

 

もちろん、その宣言をしたとしても、その男性には、浮気をする選択肢と可能性、リスクが全て消えたわけではありません。

 

これは男女ともに、そのリスクと可能性はずっと抱え続けるものです。

 

では、浮気をしなくなる人と、浮気をしない宣言をいくらしても繰り返してしまう人の違いは、一体なんでしょうか?

 

この理由の一つに、浮気の必要性を本人が完全に捨てたか、いまだに持っているかの違いが考えられます。

 

本人が浮気はいけないことだとわかっていても、それが深層心理の中で必要だという思いを抱いている場合があるのです。

 

これはストレスを上手に解放、解消できていないことや、その蓄積によって浮気の必要性を高めてしまう傾向があると考えられます。

 

 

なぜでしょう?

 

特にストレスは自律神経が交感神経優位にしている状態にしやすく、さらにその状態を長期間持続すると、そのストレスを解消するために、欲求が高まったり、暴走しやすくなることがわかっています。

 

そしてそこには理性的な判断をする、思考的余裕はほぼ皆無になっていることが多くあります。

 

理性的な思考がなくなる理由の一つには、自律神経の交感神経が関係している考えられており、交感神経優位の長期化は、感情的思考を優位にし、理性的思考を抑制する働きがあることがわかっているからだと言えます。

 

つまり、ストレスが高い状態だと、理性的な判断をすることがほとんどの人間において、困難になるということが言えるのです。

 

そしてその結果、欲求の暴走を食い止めることや、理性的な判断ができなくなったことで、浮気というリスクの高い行為が必要だと感じてしまい、衝動的に行ってしまうことが考えられます。

 

 

 

浮気は、自分のストレスを解消し、自分が自分でいられるために、あるいは自分に戻るために必要だという合理的な判断のもと、行ってしまっていることでしょう。

 

そしてそのような人が、浮気をしない宣言をしたとしても、おそらくですが、ストレス状態をかなりのレベルで緩和しないことには、また行う可能性とリスクは低くなったとは言えないでしょう。

 

 

もし仮にですが、あなたが浮気した相手を許すという選択をするならば以下のことがとても効果的だと言えるでしょう。

 

相手をとにかくよく休ませること

相手にとにかく質の良い睡眠を多く取らせること

とにかく刺激物や嗜好品の摂取量を減らすこと

 

これらが最も早期に相手に理性的に戻ってもらい、浮気の必要性を理性的な判断によって消し去ることを助けることにつながります。

 

相手を責め立て、これ以上のストレスを抱えさせることはむしろ、自分が再び悲しい思いをすることに拍車をかける可能性があります。

 

相手に浮気の必要性を自分でなくしてもらうには。理性的な判断によって、自分にとってとても不要で必要性のないことをしたということが理解が必要です。

 

それができれば、かなり多くの確率と可能性で、今後の浮気の抑制につながるでしょう。

 

そして浮気をしない宣言を、負の感情のもとではなく、理性的かつ平常心で宣言できる方が、とても信頼性の高いものだと言えるでしょう。

 

とにかく、浮気をしてしまった相手は、自分らしい自分ではない可能性があります。

 

本当の本人を取り戻し、それから正常な判断を本人ができる精神と身体の状況を助けると良いでしょう。



《広告》


「シャイな男性は浮気しない?」

 

シャイな男性は浮気をしないかというと、その保証はどこにもないことを、ここまで読んだあなたならお気づきのことでしょう。

 

シャイな男性であっても、誰であっても、浮気をする機会には常に恵まれています。

 

そして同時に、それを選択しない機会にも同じ量と質で恵まれているものです。

 

シャイな男性はきっと、女性に話しかけられても距離を置くことが習慣的になっていることが多くあるため、可能性として低いとは予測がつきます。

 

しかしそれは予測に過ぎず、リスクが消えたことを意味しません。

 

リスクが消えない理由はいくらでもあります。

 

相手の女性がグイグイと来たら?

むしろ相手の女性に惚れてしまったら?

シャイだけどずっと一緒にいて、連絡も頻繁になり、次第に女性との接触に慣れてきたら?

シャイな男性ほど、スイッチが入ったら別人になると友人から聞いたら?

 

などなど、枚挙にいとまがありません。

 

シャイな男性を選んでも、浮気をしないとは限らないし、そこまで浮気を心配してもおそらく、良い恋愛や結婚を自分で難しくしてしまうかも知れません。

 

シャイな男性の環境も、誰もコントロールはできないし、はっきり言って不可能です。

 

 

シャイな男性が本当にタイプなら、きっと良い恋愛にもなるでしょう。

 

しかし浮気を恐れるだけの選択肢であるなら、それは自分を後悔させる結果につながるかも知れません。

 

あなたの本当に手に入れたい願望に、少しでも、役に立つ選択か?

 

これを徹底的に追求した方が良いでしょう。

 



《広告》