【彼女の浮気を疑う】心理不安 調べ方やチェック 対策を解説

彼女が浮気をしているかも、そう疑う時はもしかすると、あなたの心理状態がそれを起こさせているかも知れません。

 

その理由をこれから、詳細にご紹介していきます。

 

あなたの不安の助けにきっとなることでしょう。

 



《広告》


「彼女の浮気を疑い、心が不安」

 

自分の彼女が浮気をしているかも知れないと、疑う時はとても不安感を抱きやすいものです。

 

人によっては不安だけでなく、怒りや、嫉妬などの心理的な状態に陥ることもあるでしょう。

 

また、疑いをかけるときも、罪悪感を抱いてしまう人も少なくないでしょう。

 

そしてどのような不安感であっても、その原因とは、真実が掴めない現状にあるから、と言えるでしょう。

 

人の脳の特質的なものとして、真実や確たるものが明らかになっていないとき、とても不安になり、さらにその不安は物事を複雑に考えようと仕向ける傾向があります。

 

この傾向とは、どうなっているんだろう、どうしたらいいんだろう、どう解決すれば良いのだろう、ということを特に考えさせるものです。

 

そして、気が付くと真実を突き止めることから、自分を遠ざけることにつながり、それが浮気を疑う期間と不安感をさらに継続させてしまうことにつながります。

 

何かを疑うことや、疑いをかけるときの心理の多くには、特に、自分の世界の中に入り込み、それから出ようとしない状態となりやすいのです。

 

これが実は、最も問題な心理をさらに強めたりするのです。

 

 

それは何か?

 

 

自分の世界に自分が入っていることに気がつかないか、入っていないとさえ思い込むことだと言えるでしょう。

 

人は自分が正しいことをやっていると、とても思い込みたいという欲求が強くあると言えます。

 

そしてその欲求が、他の客観的な事実から目を背けさせ、事実を確認することや、受け入れること、あるいはそれができる心理状態にさせにくくする傾向があります。

 

彼女が浮気をしているかの疑いが、自分の世界の中に閉じこもり、それが長く継続することによって、受け取っている客観的な事実は、とても主観性が強くなり、時として大きくねじ曲げていることもあるほどです。

 

この問題をできる限り解決するには、自分が自分の世界の中だけで答えを見つけようとしているのではないか?ということを自分に問うことが必要になるでしょう。

 

自分の中だけで答えを出そうとすることは、最終的には行うべき行為の一つです。

 

しかし、その答えを出すときに特に重要な客観的事実を、歪曲して受け取っている状態でそれを行うことは、おそらく多くの点で、あなたが納得のいく回答を得られないでしょう。

 

自分の世界の中から抜け出すことができたとき、もしかすると、彼女の本当の人間性に気がつけるかも知れないし、事実を確認しようと納得のいく答えや行動の必要性を受け入れることができるかも知れません。

 

これはとても大きな変化であり、そして、大きな一歩にもなり得るものです。

 

 

 



《広告》


「彼女が浮気をしているときの問い詰め方」

 

彼女が浮気をしていると思い、その事実を確認しようとするときに、問い詰め方を気にする人がいます。

 

もちろん、急に疑いをかけることは失礼だし、あまり良い効果を常に発揮するとは言い難いものです。

 

これは特に慎重に物事を運んでいく必要はあるでしょう。

 

そして物事を運んでいくことで、重要なことが、事実を確認することだと言えます。

 

事実を一つ一つ確認していくことによって、それを問い詰めるときの論理的な順番を構築することを助けてくれます。

 

特に避けたほうが良いことがあるなら、それは、探偵を雇うことや、他の誰かにそれを任せることでしょう。

 

これは疑っていることを、ほぼ直接的に相手に伝えていることに変わらないか、むしろ大きく信頼を失う可能性を高めます。

 

時間をかけて、自分でよりよく事実を確認していくことが良いでしょう。

 

彼女の言動、行動をよく確認し、矛盾点があるかないかを感じ取ることだと言えます。

 

そして心に留めておくと良いことが、言動と行動の不一致の事実を確認することは、時間と多少の負の感情が伴うことです。

 

そうです。

 

疑っている側の人は、それが浮き彫りになるまで、我慢すること、耐えることがついてまわることが多くありまっす。

 

しかし、そうしてまでも事実を確認し、受け取ってきたそれらは、あなたが最終的に、彼女との関係にどのような答えを下すかの大きな助けになるでしょう。

 

言動と行動の矛盾を感じ取ることが重要です。

 

感じ取ると言ったのは、人の心理的なものとして、「あれ?」「何かひっかかかるな。」というものを感じた時は、きっと何かしらの矛盾点に気がついていることが多くあるからです。

 

彼女の浮気を問い詰める最善の方法とは、実は、問い詰めないことがとても効果的だったりするのです。

 

たとえ、彼女が本当に浮気をしていて、疑いは立証され、それを受け入れるべき時が来たとしても、そこまで事実の確認を時間をかけてきたのなら、きっと納得と冷静と平常心のもと、別れるなどの決断ができることでしょう。

 

自分が裏切られたとか、馬鹿にされたとか、傷つけられたという主観的な見方をできるだけ避けてみることは重要です。

 

それらの補填を相手に求めても、おそらく人生の多くの時間を無駄にしてしまうでしょう。

 

自分の中で、そのような人と、これからも時間や自分の人生の一部を共有すべきか、それを自問自答する時間に使った方が、今後のあなたの恋愛に良い効果をもたらす可能性を高めます。

 

どんなことでも事実はきっと、あなたに手に渡ることでしょう。

 



《広告》


「彼女の浮気をチェックや調べ方とは」

 

彼女の浮気をチャックする場合やその調べ方とは、上述のように、とにかく矛盾点を感じ取ることや、感じ取った矛盾点をどのように処理していくかが、重要になると考えます。

 

時間をかけて、彼女の言動と行動の不一致と矛盾に気がつけることが大切で、それをよく記録しておくと良いでしょう。

 

これは実際にやってみると、とても骨の折れることで、面倒で、そしてそこまでの必要性があるかと思うかも知れません。

 

もちろん、実際にどのような行動するかを決めるのは、あなた自身であり、それを止めことは誰にもできないし、自分の責任に基づいて決断をすべきです。

 

なぜそのようなことをする必要があると言えるのか?

 

その最もな理由の一つに、自分が最終的に納得いく答えを出せるようにするためであり、その助けになるからです。

 

あなたが彼女の浮気を認めたくはないけど、もし本当に浮気をしているなら、その客観的な事実は消えるものでありません。

 

事実は事実なのです。

 

しかし問題は、その事実に対して主観的な捉え方をすることだと言えるのです。

 

浮気をされて気分の良い人はいないでしょうが、主観的な捉え方とは、悔しい、傷ついた、腹が立った、などなどの感情的な心理から発生する思考です。

 

この思考は浮気をされた現状を、自分にとって、非常に不都合なことだと受け入れることや、認識することを大いに助けます。

 

そしてこのような認識は、冷静さと理性、そして平常心でいる自分を、非常に難しくします。

 

この冷静さと理性、平常心でない心理、つまり感情的な状態が、多くのトラブルを招くきっかけにもなり得るし、自分自身が客観的事実を受け入れることをさらに困難にしてしまうことにつながるのです。

 

これは結果的に、あなたが自分の人生を前に進めることを、自分で抑制することになるでしょう。

 

そして、とても時間がもったいないことをしたと感じるのは、それが多くの時間の経過によって通り過ぎて、ようやく冷静さと理性と平常心を取り戻した時でしょう。

 

彼女の浮気を調べるときや、チャックするときには、自分が理性的な決断をするために、彼女の矛盾点を感じ、それが事実であるかの確認をする繰り返しが必要となるものです。

 

そしてそれが繰り返されることによって、あなたの心理は逆上するどころか、さらに冷静さと理性が取り戻っていく可能性があります。

 

それはなぜか?

 

矛盾と事実の両方が揃ったとき、「さて、この人と本当にこれからも付き合っていくべきか?」ということを冷静かつ客観的に見えるようになる可能性が高いからです。

 

そして最終的に到達する答えが、冷静で理性的なものであると、ほぼ後悔も未練もなく、その彼女との別れを決めることを助けます。

 

これは苦しいかも知れなくても、自分のためにとても重要となるでしょう。

 

冷静さと理性さによって、諦めがつくとき、それは後戻りをする必要性など感じない心理をすでに獲得していることが多くあります。

 

その納得こそが、あなたの次の恋愛をきっと素晴らしいものにしてくれることでしょう。

 



《広告》


「彼女の浮気を疑うときに働く心理」

 

彼女の浮気を疑う時の心理とはどのようなものでしょうか?

 

ここまでは、疑った時の不安感や調べ方などについてご紹介していきましたが、疑うときに働いている自分の心理に向き合う人は実は多くないものです。

 

それはなぜか?

 

その理由とは、自分にとって不都合なことが起きていると、思いたくない逃避の欲求や本能が働いている可能性があるからです。

 

よく耳にする現実逃避も、同じ原理と心理で起きていると言っていいでしょう。

 

そしてその自分の心理に向き合っていない時ほど、怒り、悲しみ、嫉妬、悔しい思い、復讐心などが大きくなる傾向があります。

 

これはとても心的に大きなストレスにもつながります。

 

この原因の多くには、自分が他人から危害を加えられている、あるいは、損失を与えられているという心理が奥底に眠っていることが多くあります。

 

確かに浮気を本当にされているという証拠を掴んだ時、危害と損失を与えられたと感じてもなんら支障はないでしょう。

 

しかし、客観的な事実をどのように認識するかは、完全に本人の自由が許されていることを忘れない方が良いでしょう。

 

客観的な事実は常に、中立で、ただそれが起こっています。

 

彼女の浮気に対しても、あなたがどのように認識するかは、あなたにすべて委ねられており、その責任もすべて、あなたにあるのです。

 

そして人は、自分の認識の仕方に基づいた行動をする傾向があります。

 

例えば浮気が許せない、自分は裏切られたという認識をしたなら、相手から何かを取り返してやろうと思い、行動することにつながりやすいのです。

 

この認識が間違いだとか、ダメなことだという否定をするつもりは全くありません。

 

ただ、自分が自分の心理に基づいた認識をし、認識の通りの行動になっているかは、自分と向き合って自問自答し、突き止める必要があることは事実だと言えるでしょう。

 

結果的に行動を起こした内容によって、あなたが受け取るべき人生が決まることにもつながっていきやすいのです。

 

だから、自分の心理と認識に向き合う必要があるということです。

 

あなたの心理状態は、他人とってはあまり重要ではないと言えます。

 

ただし、あなたにとってのそれは、あなたの人生に関わっていくものだと言えるでしょう。

 

それと向き合い、自分の中でしっかりとした答えを出すために、心理と向き合うことは大切ですし、また、あなたにはきっと、それができるはずなのです。

 



《広告》


「彼女が浮気をしているかも?その特徴について」

 

浮気には特徴がある、 という意見は事実あります。

 

しかし、それを特定することがおそらく、あなたの本当に必要な行為ではないと言えるのです。

 

浮気の特徴をいくら並べても、それは特徴に過ぎず、事実の特定が約束されたわけではありません。

 

特徴としていくら濃厚だというものがあったとしても、大切なことは、彼女が本当に浮気をしているかの事実であり、その特定には、彼女の言動と行動の矛盾点を突き止めことが重要だと考えます。

 

ただ浮気の特徴を知っておくことは、もしかしたら、その可能性があるかも知れないと気が付く助けになることはあるものです。

 

なぜなら多くの場合で人は、自分の人生は順調だと無意識で思っている傾向があるからです。

 

無意識でそのように思っている理由の一つに、脳の思考回路的、過去の状況や体験に基づいて思考や思い込みを処理している可能性があるからです。

 

この機能は、普段私たちが暮らしていく上で、とても重要な機能でもあります。

 

 

しかし、時として、客観的な事実つまり、他人から見ると自分の認識とは全く異なることが起きていることに、気が付きにくくすることもあるのです。

 

友人から言われて、浮気をしているかも知れないと気が付くことは、結構多くあります。

 

そのようなときに浮かぶ思考の多くには、「まさか、そんなことはないだろう。」というものが多くあるでしょう。

 

そのような思考が生まれることは、まだ事実は明からではないけれども、自分にそんなことが起こるはずがないという希望的観測や、自分は順調だと思いたい欲求的思考が働いているか、今の今までに働いていたことを示唆するものです。

 

人生が順調に進んでいると思い込みたい理由には、過去の体験において、そのようなことが全くなかったか、浮気を自分もしないし、相手からもされたこともないし、前例が全くなかった時に多くあるものです。

 

前例のないことを脳は、最優先には考えない傾向があるといえ、その結果として、本当に浮気をされてから、事実を受け入れざるを得ないという結果になりやすいのです。

 

確かに、ありとあらゆることに予測をしていると、気楽に落ち着いて生きていくことも難しいでしょう。

 

しかし、浮気をあなたがされない理由も、確証も、本来はどこにもないというのが事実でもあります。

 

もし浮気をされているのだとしたら、最も重要なことは、それを受け入れる時のあなたの心理的な状態であり、受け入れ方や認識の方向性だと言えるでしょう。

 

浮気をされないとも限らない、その可能性の中にいるのは、あなただけではなく、全ての男性や付き合っている人たち、恋愛をしている人たちに同じことが言えます。

 

そしてこれは可能性であるため、変えられないものです。

 

言い換えると、浮気をされる可能性を完全に消すことはできないのです。

 

彼女が浮気をしている特徴は、自分の今まで当たり前だと思っていたことにメスを入れたり、何かの気づきのきっかけとしてなら問題はないかも知れません。

 

それまで矛盾を感じていたことに、目を背けていた自分にも気がつけるかも知れません。

 

特徴とは、おそらく、その程度の効力しかないだろうと思い、事実を確認していくのは自分自身だという自覚が必要だと考えます。

 



《広告》


 

「彼女の浮気が心配な時の対策について」

 

彼女の浮気が心配ではない人はいないでしょう。

 

そのため相手を束縛したくなることや、監視したいという欲求などが強く働く人がいるようです。

 

彼女の浮気が心配な時の対策として、まず考えた方が良いことは、彼女が浮気をしているとか、その可能性をなくそうとか、相手のことではないと言えます。

 

重要な対策として考えられるのが、自分のことが優先するべきことだと言えるでしょう。

 

なぜなら、相手のことが気になって色々な方法や対策をとったとしても、その心配は消えることはないと言えるからです。

 

自分の心配していることを、相手に解消させようとすることは、おそらく一生を費やしても不可能でしょう。

 

なぜなら、自身の中にある心配する心理を、いかにして処理していくかの方がとても重要だと言えるからです。

 

心配するという心理は、今の現状がとても不安定な状態だという認識をしていることによってその心理状態が築かれやすくなります。

 

またその逆も同じで、不安定だという認識が、心配が絶えない心理を作りやすくもします。

 

どちらにしても、浮気が心配だという心理は、相手の行動や言動や性格などよりも、自分で作り上げている可能性の方がとても高いのです。

 

もちろん、そうではない可能性もありますが、もしそうであるなら、心配を抱える人と付き合うという選択はしないでしょう。

 

付き合ってから、つまり、自分にとって大切な人や存在になったという意識が働いたからこそ、相手のことを奪われたくないという思考が働きやすいのです。

 

これが結果として心配をうむことにつながりやすくなります。

 

彼女の浮気が心配なときこそ、その対策は自分自身にあるということが言えます。

 

自分が不安と心配を抱えている心理状態で、彼女の何を見ても、それは不安と心配にしか目に映らないでしょう。

 

これを早急に、あるいは自分で責任を持って、改善する必要があるのです。

 



《広告》


  

「浮気を疑い、怒るときの心理」

 

彼女の浮気を疑うことで、怒りを覚えることはあるでしょう。

 

浮気を疑うということや、それによって怒りたくなる時というのは、今までの自分との付き合いや時間、そして感情はなんだったのか?という根本的なことにおいて、とても大きな裏切りを感じているかも知れません。

 

当然、このようなことが事実であるならば、それは怒りの感情がわき起こることは容易に創造が可能です。

 

しかし、それが決して正しいということではないという部分も、自分のなかで理解しておく必要があるでしょう。

 

確かに浮気をされていると確定されたなら、そこには大きな怒りが生まれ、悪いことをしたのは当然のごとく、彼女にあると言えます。

 

当然のように怒ってもいいような状況の中で、それが正しくないかも知れないというのは、どのような意味かというと、それは、可能性が実現したということだからです。

 

可能性はいつだって、誰にでも、いかなる可能性があり、それが起こり得る状況にいるものです。

 

この可能性を考えないことは可能ですが、消すことは不可能です。

 

つまり、浮気を疑い、実際にされた時、ある一つの可能性が実現したということを確認した、それが自分だったということです。

 

そして、その確認した事実を、あなたがどのように受け入れるかは、あなたが決めることができるのです。

 

怒りか、憤りか、悲しみか、失望か、それらの形として自由に受け入れることが可能です。

 

一方で、可能性が実現したことを確認し、事実をあるがままに受け入れることも可能です。

 

つまり、この人はこういう人だったのか、ということとして受け入れることも可能だということです。

 

怒りや悲しみや失望がある中で、その人にこれ以上自分の感情をぶつけたとしても、何も現実は変わりません。

 

あろうことか、それによって相手の性格が様変わりすることなど、ほぼあり得ません。

 

事実を確認するまでは、たくさんの怒りなどを含めた感情があることでしょう。

 

疑っているときや、疑いが深まるときは、多くの場合でそのような傾向になります。

 

しかし自分の心理が、心配という思考のサイクルから抜け出ていないと、それを解消することは事実上、とても難しいでしょう。

 

自分の心理状態が、そのような心理と思考で支配されていないか、それをまず突き止めて、あなたが確認する現状や彼女の本当の姿を、心配で歪曲せずに素直に見えるようにすることは大切です。

 

そしてそこから、2人の関係は本当に始まるでしょう。