彼氏彼女の浮気相手に連絡 LINE(ライン)する注意点とは?復讐したい 連絡を取りたい まだ取り続ける人は許すべきか?

 

彼氏彼女の浮気相手に連絡をすることは、結論かいうと、まだよく考える必要があるでしょう。

 

ここではその理由を独自の理論から、ご紹介しています。

 

これは自分の将来にとても関わることにもつながるものでしょう。



《広告》


「浮気相手とまだ連絡を取り続ける彼氏彼女」

 

あなたの彼氏や彼女が、浮気相手とまだ連絡を取り続けている時、きっととても悲しい気持ちと、許せない気持ち、怒りなども込み上げていることでしょう。

 

このような相手を許すべきかということについて、あなたの過去も未来もよく考慮した答えに委ねるしかないのは事実と言えます。

 

そして、それをやるべきだということが当サイト(マインディストKEN)の考えになります。

 

では、過去と未来をよく考慮するとはどのようなことか?

 

これは実は簡単にできることでもあるのですが、それをしないことが多くあると言えます。

 

例えば過去は、すでに起こった出来事であり、過去に下した判断や決断が、今という現状を生んでいるということは容易に想像がつくものです。

 

今回の相手の浮気相手や、まだ連絡を取り続けているという結果に関しても、過去の自分の決断によって含まれた可能性の一つが形になったということが言えるのです。

 

つまり彼女を選んだ、彼氏を選んだ、付き合うことに決めた、ということの中に含まれている可能性やリスクというのは、浮気も含まれているということなのです。

 

そしてそのリスクと可能性が実現してしまったということが、今回の出来事だと言えるでしょう。

 

これは誰もが抱え続けるリスクであり可能性です。

 

そしてそれは消えることはなく、ずっとつきまとうものでもあります。

 

過去に決断したことが、今、本当に自分にとって素晴らしい決断をしたのか?ということがよく理解できる出来事だとも言えるでしょう。

 

人はお互いにリスクを抱えているものです。

 

しかし、そのリスクに対して全くの無責任さがあると、例えば浮気などの出来事について、ただただ感情的な怒りや悲しみなどに支配されやすくなります。

 

では、これからはどうすることが効果的になるか?

 

ということが、過去と未来をよく考えた決断をすることだと言えるのです。

 

つまり、今の決断から未来に起こるかも知れないリスクと可能性が起こったときに、自分は今から下す決断に対して責任を持てるか?ということをよく考えることを意味しています。

 

今回の相手の浮気や、浮気相手とまだ連絡をとっている相手に対して、許せないとか、怒りとか、何か負の感情を抱えたいるのなら、それはきっと、過去の決断においてリスクの存在と実現をあまり深く考えてなかったことが示唆されます。

 

人は完璧ではありません。

 

今の決断が一生、希望通りの結果に落ち着くことはあり得ません。

 

それを今日から受け入れ、未来、何か不都合なことがまた起きたとしても、今日下した決断に対して納得がいくかは、よく自分の中で理解しておく必要はあるでしょう。

 

これは別れる決断にしても、関係を続けることになったとしても、どちらにおいても重要なことだと当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

そしてきっと、あなたの未来に良い効果となる答えが見つかることでしょう。



《広告》


  

「彼氏彼女の浮気相手にLINE(ライン)をする」

 

彼氏彼女の浮気相手にLINEを送るということを考えている人がいるかも知れません。

 

この方法は、浮気相手と直接会うことなく、自分の意見や主張をいうことが可能な、とても便利な方法と言えるかも知れません。

 

だからこそ、LINEだけでも送信して、自分の言いたいことを伝えたいと思っている可能性があるでしょう。

 

しかしこれは、おそらく良い結果となる可能性は低いと言えます。

 

それはなぜでしょう?

 

その理由の一つに、相手にもおそらく、主張をしたいことがあるからです。

 

しかし相手から主張をLINEでしてくるということは、まず考えられないことでしょう。

 

主張される側は、必ずといっていいほど、その主張を無条件で受け入れることはありません。

 

だったら私だって、という自分の主張を言いたくなる心理が働きます。

 

この心理は、自己防衛的な本能が機能しており、自分が一方的に危害や何らかの精神的かつ肉体的なダメージを受けることを避けようとする行為だと考えていいでしょう。

  

上記のようにあまりないケースですが、浮気相手の方から、彼氏彼女の携帯にLINEなどのメッセージが、あなた宛に送られてきたとしたらどう思うでほうか?

 

例えば内容に、以下のようなものがあったとします。

 

「彼(彼女)は、もうあなたと別れたいと言っているから別れてください。」

 

 

これは無条件で受け入れる人は、おそらくいないでしょう。

 

もし受け入れることができるなら、すでにその彼氏彼女とは別れているはずです。

 

忘れない方が良いことは、浮気であるとは言え、ある意味でお互いが愛し合っているとか、好きで行っていることであることです。

 

この関係性に口を挟み込む時、それは大抵の場合で衝突が生まれるものです。

 

これはお互い様だと言えます。

 

なぜなら、感情によって生み出された思考と行動は、そのほぼ全てが破滅的であることが多いからです。

 

LINEやメールという手段で、自分の主張をしたいという行動は、もしかすると、あなたの感情的な衝動から生まれた思考と行動である可能性があります。

 

その状態、つまり言い換えるなら、理性を失い感情に支配されている状態では、この方法はとても便利であっても、効果や結果としては破滅的なものになるでしょう。

 

重要なことは、今はとにかく、自分の感情を特に抑え、完全に平常心を取り戻すことが先決です。

 

これはとても難しいことですが、例えば朝の寝起きに、このことを考えることは良い方法の一つになるかも知れません。

 

朝の寝起きには、まだ感情的思考が生まれにくい状態であり、言い換えると破滅的な思考をしにくい傾向があります。

 

そのタイミングで、自分の彼氏彼女の浮気相手にLINEを送るべきか、送らないべきか、などを漠然と考えてもう良いかも知れません。

 

感情的な思考に支配され、破滅的にならないように気を付けましょう。

 

これはあなたも、破滅的な結果を受け入れざるを得ない状態になりかねません。



《広告》


「浮気相手と連絡を取りたい」

 

浮気相手と連絡を取りたい気持ちは、きっと多くの浮気をされた側の人にはあることでしょう。

 

しかしよく考えてから、それを行動にする必要は変わりないと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

浮気相手と連絡を取ることは、あなたの主張が必ずしも通ることはない、ということをよく理解しておく必要があります。

 

この理由は上述したとおりで、相手にもそれなりの主張や意見、自分の幸福のための選択をしている1人の人間であることは、忘れてはいけないことです。

 

もちろん、あなたもその1人であり、今回の彼氏彼女の浮気によってそれを浮気相手から踏みにじられたのでしょうが、同じリングの上には上がらない方が、おそらく賢明なのです。

 

もし浮気相手と連絡を取りたいのなら、連絡を取ってからその後に起こる可能性の高い、衝突、別れ、精神的不安定な時期、あるいは考えられ想定される最悪の結果を、よく考えた方が良いでしょう。

 

それらが起こっても、自分が納得がいく、大丈夫、ということが自信を持って言えるのなら、もしかすると浮気相手と連絡を取っても、その後何が起こっても大丈夫だと言えるかも知れません。

 

このような自分自身で覚悟や決意がしっかりとしていないと、その後に起こるかも知れない負の出来事や都合の悪い出来事に対して、こんなはずじゃなかった、という思いをする可能性があります。

 

こんなはずじゃなかった。

 

という言葉を口にするのは、とても簡単なことです。

 

なぜなら、後先を全く考えない決断を、今すれば、それはほとんど可能なことだからです。

 

もちろん、浮気相手の方が後先を考えない行動をしたのは事実でしょう。

 

しかしそれを解決改善するのに、自分もあとさきを考えない手段を選択する必要性は、どこにもないものです。

 

浮気相手に連絡と取り、話し合う時、そして何かの決断をあなたがするとき、すでにその後のことをよく考えた前提であることが良いでしょう。



《広告》


「彼氏彼女の浮気相手に復讐したい」

 

彼氏や彼女の浮気相手に復習したい、という思いが強い場合は、当サイト(マインディスト KEN)の考えは、これを一切おすすめしないという立場になります。

 

その思い、感情がすでにあるというのなら、あなたの精神的かつ心理的なバランスは大きく崩れていると言え、本来の自分自身から遠く遠ざかっていると言えるでしょう。

 

復讐心を抱かない人などいません。

 

人は自分に何か危害があるとか、またはそれが第三者によって加えられたと認識すると、その対象物に対して何らかの復讐心を無意識で抱くことが多いものです。

 

これは人間の本能的な働きだと言え、自己防衛の一部だと言えます。

 

時として復讐は復讐を生みます。

 

なぜでしょう?

 

この原因の一つとして、例えばあなたが危害を加えたのなら、それは相手も危害を加えられたという認識を強く抱くことにつながるからです。

 

最終的な結末は法的なものか、体力的なものか、あるいは精神的なものか、頭脳的なものか、その優劣によるかも知れませんが、いずれにせよ、消耗線になるでしょう。

 

復讐はあなたのこれら全てを、消耗させることを示唆します。

 

日常の自分の精神状態にも関係してくるだろうし、平常心でいられる時間はおそらく皆無に等しくなるでしょう。

 

もしかすると、もっとひどい状態になるかも知れません。

 

最悪の事態となる可能性は、いつだって潜んでいるものです。

 

あなたはそれを、納得のいく形で完全に受け入れることはできるでしょうか?

 

もしできるという答えななら、もう一つだけお聞かせください。

 

あなたの人生の願望に、少しでも役に立つ行為でしょうか?

 

この回答に正当性を見出せるのは、あなたしかいません。

 

当サイト(マインディスト KEN)を含め、あなたの周囲にいる大切な人が伝えることができることも、それでいいのか?ということしか言えません。

 

そしてもし、あなたが全ての人の全ての質問に対して、イエスと答えるなら、これから先起こる結果に対して全ての責任を負う覚悟を持つ必要があります。

 

「こんなはずじゃなかった」

 

とか

 

「そんなつもりはなかった」

 

ということは自分で許してはいけないことになるでしょう。

 

あなたはそれを実現できますか?

 

これが第三者からの最後の質問だとしたら、あなたの回答はどうなるでしょう・・・・



《広告》


「浮気相手に連絡をしない」

 

あえて、浮気相手に連絡しないという選択もあります。

  

何が一番ベストな方法であるかは、あなたの中で決めるべきことですが、この選択肢が残されていることは覚えておくと良いのは確かでしょう。

 

あなたの中で、浮気相手に連絡をするべきか、しないべきかを決める要素はたくさんあると思います。

 

例えば連絡をする場合としては、傷つけられた自分を取り戻すため、納得のいく結末を迎えるため、相手に仕返しをしたいなどがあるでしょう。

 

 

これらはとても合理的なことだと思われますが、感情を行動で表現している傾向があると言えます。

 

連絡をしない場合の感情的な表現の中には、おそらく、これ以上傷つきたくない、争いを避けたい、相手と一切関わりたくない、というものがあるかも知れません。

 

感情的なものを行動に移すことで、今後問題になる可能性が高いことは、将来に起こるリスクに対応しにくいことだと言えます。

 

そのような行為によって、仮に将来に想定していなかったことが起こったときに決まって出てくる言葉が、こんなはずではなかった・・・というものが多いでしょう。

 

当然、人は全てを予測することは不可能です。

 

しかし感情優位の状態は、それを考える心的余裕、心理的状態、創造的思考を妨げる傾向があるのです。

 

浮気相手に連絡をしないことで、できる限り冷静な精神と心理状態で考えられる将来のリスク、それが実際に起こっても納得できるか、ということを考えていく必要があるでしょう。