彼女の浮気に気がつかないふりをした方がいい理由 浮気相手からの連絡 態度などについて

彼女の浮気に気がつけないふりを、きっとした方が良い可能性があります。

 

その理由をこれよりご紹介していきます。

 

これを読んだあなたは、きっと他では知れない独自の理論に驚くかも知れません。

 



《広告》


「彼女の浮気に気がつかないふりをした方がいい理由とは」

 

彼女の浮気に気がつかないふりをした方がいいことには、理由があると言えます。

 

そしてその理由の中には、もしそれを本当に特定したいのであれば、彼女の出している多くの矛盾点に気を配る必要があるからと言えます。

 

気がつかないふりをした方が、多くの情報をあなたが受け取ることが可能な状態を整えることを助けます。

 

気がつかないふりをした方が情報がたくさん入手しやすいのは、相手はなんら疑いもなく、あるいは、バレていないと言う感覚の中で、その行為を徐々に、明るみしていく可能性があるのです。

 

つまり受けての方が、とても情報の獲得には有利に働きやすいのです。

 

一方で、優しさや好きと言う感情、あるいは人を疑ってはいけないと言う、ある意味で良心的な性格から、気がつかないふりをする人もいるでしょう。

 

どちらであっても、気がつかないふりをするは、何かとリスクとデメリットが多くあることは事実と言えるでしょう。

 

それらリスクやデメリットの多くは、こちら側が相手の行為のほとんどを尊重することになることであり、画面が必要となることであり、そして時として、辛さや怒りなども感じることがあることです。

 

気がつかないふりをするにも、個人的な理由は様々あるでしょうが、どちらにしても相手は多くの情報をあなたの前で出すようになることになるでしょう。

 

人は多くの場合で、経過心を高める必要があると、それをどこかで解放する欲求も高まります。

 

例えるなら、水の中に顔を入れて呼吸ができない状態が、警戒心が高い精神状態だとしたら、それをずっと高い状態で維持しておくことは難しいのです。

 

そのため、どこかで、または彼女も全く気がつかないまま、警戒心と緊張状態を緩めてしまう時が訪れることになるでしょう。

 

その時もあえて、全く変わらない対応をしてあげ続けることで、相手はここまではバレていないと言う安心感が高まる傾向があります。

 

そして、徐々に、本当に警戒心を緩めた行為と現像を、あなたの目の前でも出してくるようになるでしょう。

 

この効果はかなり高いものです。

 

なぜなら人の心理的かつ本質的な部分、つまりそれこそ、彼女に対して緊張からの解放を提供してあげることにつながるからです。

 

そして覚えておくべきことは、上述もしましたが、受け手に徹することは、それなりに精神的な苦痛というリスクがあることを肝に銘じておくことです。

 

それと引き換えに、彼女の真実の情報が手に入るかも知れません。

 



《広告》


  

「彼女の浮気の問い詰め方」

 

彼女の浮気の問い詰め方には、上述の方法ような、気がつかないふりをしていることが、最も効果的だと言えるでしょう。

 

その理由とは何か?

 

それとは、気がつかないふりを継続して行った挙げ句の果てに、あなたがたくさんの彼女の矛盾点や情報を獲得している可能性があり、その証拠と共に彼女に問い詰めることが可能になるからと言えます。

 

問い詰めることは何も、強制的な手段によって、自白させるだけではないし、それは効果的とは言えます。

 

自分がしっかりと彼女の様子を伺い続けたこと、そして彼女が緊張から解放され、徐々に油断をして情報を与え続けたことなどを説明しても良いでしょう。

 

問い詰めることは、あくまで、会話的あることが望ましいです。

 

相手が本当に浮気をしていたとしても、人権や人間的存在価値はあります。

 

それを踏みにじるようなことは、決して行うべきではなく、避けるべき方法だと言わざるを得ません。

 

彼女の浮気を問い詰めるときは、あくまで、冷静さと理性さによって、話し合っていくことをお勧めします。

 



《広告》


  

「彼女が浮気したが別れたくない時」

 

彼女が浮気をしたけど、別れたくないときは、自分がその行うであろう決断を、数年後振り返ったとしても、後悔がないと言う実感がわくことが望ましいでしょう。

 

人は過去を振り返るとき、あのときああしておけば良かったとか、なぜこんな選択を繰り返してきたのか、などなど後悔する選択をしていることに気がつくこと多くあります。

 

もちろん、ああして良かった、これしか方法がなかったなどの、肯定的な意見もあるでしょう。

 

ただ問題なのは、決断をする前に、未来に過去を振り返った時をイメージしにくいことであり、そのためそれを行うことが少ないことです。

 

そして決断の多くには、大丈夫だろう、きっと彼女は変わってくれる、彼女は二度と自分を裏切るはずがない、などなどを思い込み的な希望によって決定してしまうことが多いのです。

 

これは希望的な観測に過ぎず、将来に彼女が再び浮気をするリスクも可能性を完全に消えたことを意味しません。

 

そればかりでなく、その可能せは消えることは今後もありません。

 

可能性は可能性として残り続け、現実になったときにのみ、可能性が本当の事実になったといしか説明がつかないのです。

 

だから、浮気が起こらないように努力することは、かなり不毛な努力となりやすく、とても労力とストレスがかかります。

 

そして二度と浮気をしないと言う希望を抱き続けることも、それは自分が責任逃れをした決断の一種とも言えるかも知れません。

 

この現実、つまり浮気の可能性が消えないと言う事実を、あなたが受け入れた上で、彼女と別れない決断をするべきか、これを時間をかけてでもよく考えた方が良いでしょう。

 

仮に数年後、また浮気した彼女を目の当たりにして、自分は今日の決断をどう思うだろうか?

 

時間が本当に経過する前に、一足先にそれをよく想像してみると良いでしょう。

 

きっと、良い答えが見つかる可能性があるでしょう。

 



《広告》


  

「彼女の態度には気がつくことが重要」

 

彼女の態度に気がつくことが、実はとても重要です。

 

そしてもっとも重要であろうことは、彼女の態度の異変や浮気などに気がついた時に、すぐに問い詰めないことです。

 

すぐに問い詰めると、おそらく多くの場合で、彼女は反射的に違うと否定するでしょう。

 

さらには問い詰めるだけに十分な、確信が自分の中にないときは、それは不発に終わることが多くあるでしょう。

 

自分に問い詰めるべき確信が持てるまで、彼女の態度には気を配り、そして気がつかないふりなどをして、情報を多く獲得することは重要です。

 

そして気がつくことで重要なことは、まだあります。

 

それとは上述でも触れましたが、行動と言動の矛盾点をしっかりと忘れないで、記憶に宿しておくことです。

 

また記録をして、文字にして、それを客観的に分析することも大切でしょう。

 

こんなことまでする必要ない、と言う意見もあるかも知れませんが、何のためにそれを行うかの理由を個人でしっかりと明確化しておくことは重要です。

 

例えばそれを記録しておくことによって、自分が本当にこの彼女と付き合い続けるべきかの冷静な判断を仰ぐため、と言うことでも良いのです。

 

仮に浮気されて、それを感情的な怒りや、衝動的な勢いによって決断をしてしまうことを避けることが望ましいと言えます。

 

それとは、自分が完全に理性的に思考しても納得した形によって、別れたわけではないことが多いからです。

 

他人からどんなことを思われても、重要なことは、あなたが理性的に自分の将来をよく考えた結論と決断をすることだと言えます。

 

そのためにも、彼女の矛盾することや、矛盾を感じることや態度には、よく気がつくことは必要です。

 



《広告》


  

「彼女が浮気未遂の時」

 

彼女が浮気未遂の時、これは今後の彼女の行動と言動について、よく観察しておくと良いでしょう。

 

よく人はボロを出すなどと言いますが、これは緊張状態からの解放や、解放したい欲求が緊張状態を上回ることによって、ボロを出しやすくなります。

 

つまりずっと気を付けていたことが、今日は大丈夫かな、これくらいでもバレないかな、と言うように自分を甘えさせ、解放させていくことがあるのです。

 

徐々にそれはエスカレートしていくことも多く、何をしてもバレないとまで思い込み、ボロを出し続けることがあります。

 

これは上述をしてきた通り、受け手に徹することで成功するでしょう。

 

相手がもし浮気を本当にしているのなら、それはとても緊張状態をあなたの前では維持していることを示唆します。

 

そしてその緊張感の解放を、浮気相手との楽しい時間などで解消しているとさえ考えら得れます。

 

これはサイクル的な要素があり、そのサイクルはほとんどの場合で、小さくなることはありません。

 

そして、結果的にあなたにはバレていない、大丈夫だ、などといった思い込みや決めつけを強くしていく傾向があります。

 

もし本当なら、いずれ彼女はあなたに、何らかの証拠や矛盾を提示することになるでしょう。

 

彼女の浮気が未遂の時ほど、焦らず今後を見守り続けると良いでしょう。

 



《広告》


「彼女の浮気相手と連絡することは望ましいか」

 

彼女の浮気相手と連絡をしたい、その欲求が高まることはあるでしょう。

 

話をつけたいと言う思いや、二度と手を出すなと注意したい思いなどが、爆発的に大きくなり、それは大きな怒りや悲しみなどの負の感情を伴っていることでしょう。

 

しかし、この問題を解決か改善に向かわせることは、決して感情と衝動に基づいた行動ではないことを覚えておくことが重要です。

 

むしろそれらの行為は、かなりの確率で裏目に出る場合もあります。

 

人は心理で行動することがよく知られています。

 

そして心理には、バランスの整っている状態と、整っていない状態の二つがあります。

 

バランスが整っているときは、自分の欲求が外部で満たされていると実感したり認識できているときに整いやすいものです。

 

例えば、お腹が満たされているときは、他の料理を見ても空腹感やそれによるイライラが生まれないものです。

 

これはすでに自分の欲求が満たされていると言うことを、自分でよく実感していると言えます。

 

一方でバランスが崩れる時とは、自分の欲求が外部で満たされていない、と言う時に心理のバランスはとても崩れやすくなります。

 

例えば今回のような浮気のケースでいうと、彼女と楽しい恋愛や幸せな恋愛、あるいは未来を描いて暮らしていたはずが、それが崩れ去り、目の前から消えたと認識している時です。

 

心理的なバランスが崩れると、それは目の前の現状の捉え方を大きくねじ曲げて捉える機会を増やすか、それを大いに助けます。

 

これによって、恋愛も幸せも、自分の手の中から全て失ったと言う心理は、文字通り、強い憤りと怒りといった感情を生みやすくします。

 

強い感情まで発展すると、人は概ね、それを解消しようと無謀なことを試みる傾向を強めます。

 

無謀というのはかなり的を得た表現で、つまり、あと先のことを考えずに、衝動的な行動をしやすくなるということです。

 

もしそのような心理と感情の状態で、彼女の浮気相手と連絡をしようとするなら、それは避けるか、かなり落ち着いてから連絡するべきかを考えた方が良いでしょう。

 

自分で責任を持って、感情的な勢いを止められるなら問題ないのかも知れません。

 

しかし、それは実は非常に難しいことです。

 

できないとまでは言わなくても、容易ではないことは確かだと言えます。

 

浮気相手に話をつけてやろう、などと考えているのなら、それを完全に落ち着かせるまで、待つことが懸命でしょう。