「彼女は浮気しない女」それは心理的甘えかも知れない理由を紹介

彼女が浮気をしない女、というのは決めつけである可能性があります。

 

それは彼氏にとっては安心感があるかも知れませんが、それも幻想の一種かも知れません。

 

ここではその事実的側面を、独自の理論でご紹介します。

 

きっと、あなたの恋愛感に良い影響を与えることになるでしょう。



《広告》


 

「彼女は浮気をしないという思い込み」

 

最初にこれは物理的な事実として言えることですが、絶対ということは、この世界には存在しないことです。

 

絶対が存在するならこの物理的な世界は存在しません。

 

なぜなら、変化がない部分が存在することはあり得ないからであり、もし絶対に変化しないことがあるのなら、それは量子力学や物的な法則に大きく反することになるからです。

 

量子力学を中心とした、今日の物理的事実は、変化は常に起こっている、ということだと言われています。

 

そして変化があるということは、とてもランダム要素の確立的なもので、どのように次変化するかは、予測完全にすることは不可能だというのが事実のようです。

 

 

彼女は浮気をしない女という保証は、個人的な思い込みや偏見以外の部分では、どこにもないのです。

 

わかりやすく例えるなら、それはまるで、自分の性格がこれから一生変わらないと思い込んでいるの似ています。

 

人の性格も常に、変わる要素の一つです。

 

例えば若い頃は怖くなかったことも、年齢を重ねると怖く感じることがあるものです。

 

高い場所やジェットコースターなどは特にその傾向のあるものです。

 

では例えば高い場所が怖くなった性格が、自分のこれからの人生において、どのような変化を起こす可能性があるかというと、おそらく、怖いと感じたことを避ける選択をする傾向になるでしょう。

 

例えば同窓会などで、当時とは考えられないくらい変わった友人を、あなたもきっと知っているはずです。

 

人は変わるのが当然なのです。

 

その理由は、常に変わる可能性のある、まさにその環境にいるからです。

 

個人的に自分の彼女は浮気をしない女だという思うことは、完全に自由です。

 

誰も止められないし、信じることができるのは、その人本人以外にいません。

 

しかし環境は常に変わっている、この事実は変えることができません。

 

環境の変化は、彼女の性格の変化にも影響を与える可能性は、大いに考えられます。

 

また人の特性的に、環境によって人は順応するように、自分を変えていく性質があります。

 

あなたが彼女が浮気をしない女だという思い込みを、誰も止められないのと同じで、彼女の環境への順応を、あなたも止められないのです。

 

これは決して、彼女が浮気をすることを約束しているのではありません。

 

自分が抱えている一方的な思い込みと偏見を、今後も抱き続け、それが裏切られた時の精神的苦痛は、おそらくかなり大きいということだけは、理解していただきたいと思います。

 

自分も、相手も、誰もが、変化の中にいて、変化する可能性を存分に持っていて、また変化せざるを得ない寛容の中にいることを、よりよく認めて受け入れることは、とても大切なことの一つです。

 

思い込みや偏見は、自分の期待感に比例して大きく、そして強くなる傾向があります。

 

この期待感こそ、裏切られた時の精神的苦痛を大きくしやすく、それによって、自分自身を負の感情によって支配されやすくなります。

 

浮気されることも、浮気をすることも、どちらもお互いに可能性がある中で、今、一緒にいることを選んでいて、幸せを目指そうとしていることを思い出すことは重要です。

 

これを完全に受け入れるようになると、きっと、あなたは思い込みと偏見によって生まれている虚像的な安心感ではなく、本当に自分自身が納得しているという安心感を抱けることでしょう。

 



《広告》


 

「B型は浮気をしない女?か浮気しやすい女か?」

 

例えばB型の女性は、浮気をしやすいとか、しない傾向があるとか、血液型占いで言われているかも知れません。

 

はっきり言って、何も根拠などないと言って良いでしょう。

 

浮気をしないのは、結果的に浮気をしなかった人だけが言えることです。

 

浮気をする可能性が、全く消えないということはこの物理的な世界にはあり得ません。

 

B型もどんな血液型であっても、女性であっっても、男性であっても、浮気をする選択肢は常に残されており、この地球上から、あなたと相手の2人だけにならない限り、このリスクは消えないか、それでも残っているかも知れません。

 

このような情報を信じていたり、またそれを基準に付き合う人を決めているのは、かなり問題と言えるかも知れません。

 

それはなぜか?

 

その理由の一つに、自分で将来に起こるリスクを、ほぼ完全に受け入れる心理状態ではないと言えるからです。

 

上述したように、この世の中からリスクが消え去ることはありません。

 

何かを目指す人は皆、リスクの中で、自分の一歩を進めていく他ないものです。

 

例えばスポーツをしているなら、怪我はつきものです。

 

スポーツの世界は例え趣味であっても、自分も相手も怪我をするギリギリのところで、勝敗を競っているわけです。

 

つまり、怪我をするリスクから完全に逃げていると、そのスポーツで勝利を手にすることをより困難にさせることを意味しています。

 

恋愛も同じことが言えます。

 

恋愛は2人が一緒に付き合うことになり、そこにはお互い異なる考えや価値観が融合したり、または衝突することがあるものです。

 

つまり衝突することを完全に避けては、恋愛さえできないか、難しくするのは容易に考えられるものです。

 

血液型のようなB型の女性は浮気をしない、浮気をするという情報を、あなたがどこまで信じいるは不明ですが、それは何のために信じるべき内容なのか?を自分に問う必要があるでしょう。

 

なぜなら、もしB型の彼女が浮気をした場合、浮気をしない情報を信じていたなら、どうして?という混乱が起こりやすいからです。

 

人は関係性に嫌気がさせば、自分のストレスをどこに解放しようか、という選択はどこにでもあるものです。

 

 

B型かどうかというよりも、もし仮に近い将来にB型の女性が浮気をしたとしたら、自分がどう受け入れそうかの、未来の自分の状態を考えた方が、より建設的な回答が見つかるでしょう。

 

「もしも・・・」ということが、実際に起こることはあります。

 

「それは起こらないだろう、なぜなら彼女はB型だから。」ということはあり得ません。

 

逆に「私の彼女はB型だから、絶対に浮気をする。」ということもあり得ません。

 

どんな情報でも、信頼性が高くても、人には、いかなる可能性は存在しているのです。

 

 



《広告》


「浮気できない女とは」

 
浮気ができない女性というのは、確かにいるかも知れません。

 

ただし、それは結果が必ずしも確証的ではないということは変わりありません。

 

浮気ができない女性とは、傾向として浮気に対する善悪論が強く保有していることがあると言えます。

 

つまり浮気ができないのではなく、浮気に対して罪悪感や嫌悪感などのネガティブなイメージを強く持っているため、浮気をすることは自分にとってある種の恐怖であるという可能性が高いのです。

 

このような罪悪感や嫌悪感などは、幼少期の環境や両親の影響、またはテレビドラマやアニメなどの影響を受けていると考えられます。

 

そしてこれら何らかの環境はその人の中に、浮気とは何か、どのようなことが起こるか、それはメリットがあるのかないのかなどの判断基準を形成していく傾向を強めていきます。

 

浮気をできない女性には、このように幼少期などの頃の環境によって、浮気に正当な価値を感じていないことが多くあると言えるのです。

 

このような環境で長い時間が過ぎれば、それは心理を形成し、行動へと変わっていくことは容易に考えらるものです。

 

しかし、環境は常に一定であることはなく、環境が変わると、例え浮気ができないという心理と価値基準を強く持っている女性であっても、変わる可能性はあるのです。

 

本当に変わってしまうかは、可能性と確率の世界の中にしか存在しないため、そこにおいても確証はありません。

 

ただ、絶対はない、ということがいえ、絶対を信じないことや、それに依存しないことは重要だと言えるでしょう。

 

 



《広告》


  

「浮気しない女は一途か」

 

浮気をしない女性は、一途であるということは、確かにそのような表現が適切と言えるかも知れません。

 

しかし、浮気をしない女性が、最終的に離婚したらどうなるでしょう。

 

すでにご想像の通り、浮気と一途というのは、おそらくかなり異なる意味合いがあると言えるでしょう。

 

浮気をしないから一途なのではなく、一途というのは、どんなことがあっても、相手の人を思い、愛し抜ける人だと言えるでしょう。

 

だから、浮気をしない。という順番のような気がします。

 

 

あなたがもし男性で、浮気をしない女性を求めているのなら、どんなことがあっても愛し抜けるほどの強い愛情を持つ女性を見つけることが良いのかも知れません。

 

しかしこれには大きな障壁がないとも限りません。

 

それとは、自分がその人を同じように、どんなことがあっても愛し抜ける愛情があるかという点だと言えます。

 

これは重要だと言わざるを得ません。

 

それはなぜか?

 

その理由の一つに、自分が深い愛情を持っていないと、相手がそれを持っているかの判断がほぼ付きにくいからです。

 

人は自分の持っている価値観、感覚的なものによって、あらゆる人や状況などを判断している傾向が強く、さらにそれは無意識的であり反射的であると言えます。

 

例えば、あなたがパスタが好きだとすると、パスタをみるとほぼ無条件に美味しそうだと思うようなことに似ています。

 

条件反射という言葉がありますが、人を見る時もその人がどんな人かと予測する時も、自分の中にある価値観や何かの基準のようなものが反射的に機能し、判断していることが多くあるのです。

 

ただし、この判断は必ずしも正しいものであるとは限りません。

 

特に、求めているものが強いと、この判断は正確性を欠く可能性があるでしょう。

 

男性も女性も、一途な人を求める傾向があるものです。

 

できることなら一生、ずっと一緒にいられるパートナーを望んでいることでしょう。

 

しかしそれに対して条件反射的に間違った、あるいは見当違いの判断をしていることはあるかも知れないのです。

 

その判断に正確性を持たせるには、自分の中に、自分が求めているだけの同じ愛情を持つことが重要だと言えます。

 

そしてその深い愛情が、今度は新しい価値基準となり、相手の人がどれだけ深い愛情を持っているかの判断基準として機能してくれる可能性が高まります。

 

まずは、自分の愛情に目を向けることでしょう。

 



《広告》


  

「浮気性の女と結婚する、結婚しても浮気する女性」

 

浮気性の女性が結婚することや、結婚して浮気する女性について、あなたがもし男性であるなら、かなり精神的にしんどさを感じることでしょう。

 

浮気した女性と結婚する時の決断は、おそらくかなり迷いが生じるものです。

 

この迷いは、相手への信頼におけるものがほとんどで、信頼して良いのか、信頼した後に裏切られ自分が傷つくことがあるのではないかなどの、疑問や疑念が深いことが言えます。

 

信頼が崩れたりすると、それを回復改善することはとても困難なものです。

 

この理由の一つに、人の感情を伴った体験とそれによって構築される記憶が、一種の自己防衛本能の引き金となりやすいからです。

 

これはとても多くの場面や単純なケースにおいて、人はほぼ普遍的にこのような習慣性を持っていると言えます。

 

例えば自転車で派手に転んだ時、とても痛い思いと、怖かったという感情を伴った体験が記憶に定着すると、多くの人は同じような危険な運転は避けようとします。

 

これは他人から受けた傷や、精神的苦痛にも同じような原理が働きやすく、相手を避けようとしたり、二度と付き合わないようにするという防衛的な行動を自然と起こしてしまうものです。

 

浮気をする女性と結婚することは、それなりに、この過去に蓄積し定着した記憶と負の感情を綺麗に精算しておく必要があるでしょう。

 

同時に、結婚しても浮気する女性と一緒にいる場合も同様だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

もしあなたがそのような状況であるなら、結婚相手の浮気に対して、どのような受け入れ方や捉え方をするかによって変わると言えます。

 

つまり、過去などに結婚相手が浮気をした体験に、どれだけの情動があり、記憶として定着しているかが、あなたの受け入れ方に大きく関わってくるということです。

 

浮気した女性と結婚することも、結婚した後から浮気をする女性と付き合い続けることも、これら過去の情動的な記憶によって、それが妥当で正当性が高いかなどを決める傾向があるのです。

 

 

あなたがこのような状況にいるのであれば、それを決断することは、完全にあなたの責務であり、完全に自由なものです。

 

ただし記憶などによって、自分の本意と異なる決断が妥当で正当性が高いと感じることもあるものです。

 

これをできる限り避ける方法があるとするなら、上述のような記憶による妥当性と正当性を問うものではなく、あなたが本当に望むもの、それに少しでも近づく選択であるか、ということを掘り下げて考えた決断であることが望ましいでしょう。

 

全ての決断の責任は、自分にある。

 

自分の決断によって生まれる将来の出来事には、全て自分の過去の決断にある。

 

このことをより意識すると、あなたが本当に望んだ決断をする助けになるかも知れません。

 



《広告》


 

「彼女が社会人になって浮気をする」

 

彼女が社会人になってから浮気をするということは、学生の頃から2人は付き合っていて、別々の環境になってから浮気をしてしまった、ということが示唆されます。

 

これは上述もした、環境によって人は変わる、ということが的を得た回答だと言えるでしょう。

 

上述のように、浮気をしない女性はいない、ということが言えるのは、人は誰でも浮気をする環境にあり、選択肢があり、そしてそれは一切消えなことです。

 

たとえ浮気は良くない、自分は絶対にしない、ということを言っている人であっても、これらの環境と選択肢がなくなったわけでもないし、なくすことができたわけでもありません。

 

彼女が社会人になり、たくさんの人を見て、そしてそれは彼女の心理と精神の中にある価値基準によって判断が下され、行動になる傾向があります。

 

つまり言い換えるなら、本当の彼女の価値基準や人間性というものが、浮き彫りにもなったと言えるかも知れません。

 

これは彼女を責める意味での表現ではありません。

 

環境が、彼女のそのスイッチをオンにした可能性が高い、と言えるだけです。

 

言い換えるなら、彼女は環境によって、奥底にあった何らかの判断基準が浮き彫りになったかもしれないと言えるのです。

 

つまり彼女は、遅かれ早かれ、そのようなことをする可能性があり、それは彼女の中にある強い価値基準として機能していて、もしかしたら、彼女は自分は幸福になれるという判断のもと、浮気をしたかも知れないのです。

 

この真相は彼女のみぞ知るですが、人はこのように、潜在的だったものが何かのきっかけで、顕在化することがあるということです。

 

あなたがもし、このような境遇にあるのなら、あなたはあなたなりの基準で、彼女との今後を責任を持って決めるべきでしょう。

 

彼女を責めることもなく、または人間性が悪いという批判をすることもなく、あなた自身の人生の中で、本当に彼女が必要な存在であるのか?

 

これを自問自答すると良いかも知れません。

 

そして決断することが、自分の人生の目的に少しでも役に立つか?

 

これも併せて考えてみると良いかも知れません。

 



《広告》


  

「男にだらしない女はいる」

 

ここまでお読みになられたあなたは、きっとすでに理解していることでしょう。

 

もちろん男性関係にだらしない女性は、いるものです。

 

ただし一つ加えておくなら、誰しもが、そうなるリスクと可能性はあるということです。

 

自分はそうなりたくない、自分の彼女はそうであって欲しくないと思うことや、希望を抱きたい気持ちも理解できます。

 

しかし、この世の中の法則は、何事も起こり得る、ということが事実であるのです。

 

一定、確実、絶対、普遍、安定、これらは人が希望を抱きやすい要素であり、これらが実現してくれるととても安心感を得られるでしょう。

 

そうです。

 

人の希望的観測と期待感のほぼ全ては、この安心感を得たいから、そのためだけに変化を拒み、一定と安定を好み、希望を抱こうとする傾向があるのです。

 

しかし残念ながらこれらは全て、自分の中で作り上げた幻想に過ぎないでしょう。

 

なぜなら、一定や安定、確実なものが、ずっとそのままであることなどないからです。

 

人は何らかのリスクを、常に追っているものです。

 

それらをわかりやすくまとめると、「希望通りにならない時のリスク」だと言って良いでしょう。

 

男性にだらしない女性がいてもおかしくないし、それがもしかすると、今付き合っている自分の彼女であっても不思議がない世の中でもあるのです。

 

また言い換えるなら、だらしなかった女性が、とても誠心誠意に男性を支える女性に変わることだってあるのです。

 

重要なことは、自分で決めることだと言えるでしょう。

 

自分の決断が将来、もしかしたら希望通りの結果にならないことがあるかも知れません。

 

そうであったとしても、自分は納得がいっているか、納得をしている自分が未来にいるか、それを考えて決断をすると良いでしょう。



《広告》


  

「浮気が楽しい女の特徴」

 

浮気が楽しいという女性は、おそらくいるでしょう。

 

この世の中には、いろんな人がいて、そしていろんな人がいていいわけです。

 

さらにたとえ浮気が良くないことだと、多くの人の常識的な知識になったとしても、浮気を楽しめる人は消えることはないでしょう。

 

これは決めたことや、常識的なことなどはあまり関係なく、際限なく、ありとあらゆるものが創造され続けるこの世界において、止めることができない事実でもあるのです。

 

しかしこの無限の創造的な環境は、浮気が楽しいという女性の性格を、いとも簡単に変えてしまうことだってあるのです。

 

浮気が楽しい女性の中には、多くの場合で、自尊心の欠如があると言えるかも知れません。

 

自尊心とは、自分が自分として存在していいという心であり、自己認識であり、アイデンティティの一つと言えます。

 

自尊心に欠如している傾向がある場合、自分が自分でいいとか、自分は自分だということを許容していることが少ない傾向にあるでしょう。

 

そしてそのような傾向の人は、大抵の場合、自分の内的な評価が、外的な評価に一致していることがあります。

 

もう少し詳しく話しましょう。

 

自分の内的な評価とは、例えば、自分は料理が得意だという自負があったとします。

 

これは自分よりも料理がうまくない人の前では、この自尊心はうまく機能します。

 

ところが、遥かに腕の良い友人が出現した時、自分の料理の自信や自負、自己評価が著しく下がることがあります。

 

この時、同時に自尊心を失い、自己評価は低くなります。

 

つまり、自分の評価が、自分の内的なものと外的なものが一致していると、外的に起こる現象によって自尊心が傷つけられたり、あるいは増幅したりするということが起こりやすいのです。

 

この例で言うと、自分よりも料理が得意な友人の出現という外的要因によって、自己評価も連動して低くなり、自尊心を失ったと説明できます。

 

これは精神的かつ心理的なバランスにとても欠くものだと言っていいでしょう。

 

浮気が楽しい女性は、もしかすると、内的な自分と外的に起こる現象を一致させていて、内的な自分を満たし続けるために、浮気を繰り返している可能性が示唆されます。

 

このようなタイプの女性に、必要なことはおそらく、自尊心の確率であり、自己認識を素直な形にすることでしょう。