【彼女が浮気した】別れたくない 信じるか 許すべき条件は?別れた時など徹底解説

 

彼女が浮気した場合、あなたの心理状態はとても不安定になっていることでしょう。

 

ここではできる限り、詳細に、注意すべきことをご紹介します。

 

きっと、あなたの悩みの解決かその糸口を見つけられることでしょう。



《広告》


「彼女が浮気した でも別れたくない」

 

彼女が浮気したけど、別れたくないという気持ちはあるでしょう。

 

ただ重要なことは、別れたくないという思いの、根本的な部分だと言えそうです。

 

つまり、どのようなことが引き金となって、別れたくないという感情的な表現を生んでいるのか、ということを自分の中で明確にする必要があるということです。

 

例えば、それを突き止めると、彼女を大切な人だという認識よりも、失う恐怖かも知れません。

 

あるいは、浮気をされたという損失を、少しでも彼女から返してもらおうとする心理によるものかも知れません。

 

この明確な答えを見つけることができるのは、あなた以外にいませんが、それを自分でも知らないうちに、ただ別れたくないという感情だけで何かを決断をすることはあまり効果的とは言えないでしょう。

 

人は多くの場合で、自分を守ろうとする心理や欲求が働いていることがあります。

 

これは防衛本能の一種だと言えます。

 

そして本能のままに決断をするということは、大抵の場合で、将来に起こり得る想定外のことや最悪な出来事を、ほぼ無視した決定を下していることが多くあります。

 

なぜなら、本能はとても重要なものでありながら、それは短期的な思考によるもので、言い換えると反射的な答えだと言えるからです。

 

反射的な答えに、自分の人生の何かを委ねることは、かなりの賭けだと言わざるを得ないでしょう。

 

自分の人生をそのような、一か八かの不安定さが大好きだというのなら、それはむしろ生き甲斐や楽しさ、または生命力があると感じるかも知れません。

 

しかしそれは、たとえどれほどポジティブな感情に満たされたとしても、最悪の事態を免れたことを意味しません。

 

リスクは必ず、可能性の中に存在し続けます。

 

だからこそ、将来に最悪の出来事、つまりこの場合では彼女がまた裏切り、浮気をしたとしても、その女性と一緒にいることに納得がいくかということを、今、考える必要があると言えます。

 

もっというと、将来に最悪の出来事を本当に体験したあなた自身は、今から出す答えに、完全な納得と合意をしているか?ということが重要です。

 

人の心理は実は、過去の体験を中心に思考し、合理的な決断をしようとする傾向があるのです。

 

そのため、未来や将来に対しては予測をしていないことが多くあります。

 

先に、未来や将来に自分が意図と反する出来事、不都合なこと、希望通りではない結果を受け入れる時に、過去を振り返って、それでも良かったと納得できる決断に落とし込む必要があるでしょう。

 

今から出そうとする決断は、別れなのか、それとも別れないことなのか、それはどちらでも問題ありません。

 

将来、最悪の出来事に直面した時、あなたが余裕のある精神状態で受け入れていれば、もう問題はないのと同じと言えるでしょう。

 



《広告》


「彼女が浮気し 別れた」

 

彼女が浮気をして別れた、という決断をした人はすでにいるかも知れません。

 

浮気が許せない、裏切られた、最低の人だ、というように元彼女に対して否定的な印象を持っていることがあるかも知れません。

 

こんなことになったのも、彼女の浮気のせいだ。

 

そう連想してしまう気持ちは、理解できるものです。

 

ただ、別れた時にこのような負の感情に支配されていると、次に付き合う女性や相手に対して、支障が出る恐れがあります。

 

それはなぜか?

 

その理由の一つには、人の記憶は、過去に感情を大きく揺さぶった体験が、真実として受け入れ、それが次の行動や判断の基準になる可能性が高いからです。

 

つまり、過去に彼女に浮気をされて、その時に怒り、悲しみ、苦痛などの精神的なダメージが大きくあったほど、次も同じことが起こるという前提で判断しやすいと言えるのです。

 

これはやがて、ほとんどの女性や付き合った相手は、自分を裏切り、苦痛を与えるという感覚的価値観を強めていく傾向にあります。

 

そして、全くの別人の今の彼女や付き合いたい相手と、以前浮気され傷つけられた元彼女とを無意識で同一視していることにつながり、なかなか新しい恋ができないことや、または新しい彼女を心から信用することができなくなる心理を育むことがあるのです。

 

もし、あなたが彼女から浮気をされ、別れた体験があるなら、それはそれ、次は次という感覚を今素直に抱いているかを自問自答すると良いでしょう。

 

まさに今、これを読んでいるタイミングをきっかけに、自問自答してみましょう。

 

以前の相手は以前の相手、今の相手は今の相手。

 

これにすんなりとイエスという答えが出たのなら、問題はないでしょう。

 

しかし、何か心理的や心理の中で突っかかるものを感じた時、おそらくあなたは、以前の浮気した彼女と、今の彼女とを、同一的に認識しており、今の彼女も浮気をするのではないかという疑いを持っている可能性があります。

 

あなたはおそらく、この以前に植え付けてしまった(あなたにとって望まない)価値観を、早急に、潔く手放していく必要があるでしょう。

 

新しい彼女を作ることも、楽しく付き合うことも、新しい幸福の可能性も、この望まない価値観によって制限されて、とても歪曲された現実を見させられている可能性があります。

 

また以下のリンクでは、浮気した彼女と別れるべきかについて、詳細にご紹介しているページになります。

 

彼女の浮気 別れる 

 

あなたの悩みを少しでも、軽くできるかも知れません。



《広告》


  

「彼女の浮気 許すべきか」

 

彼女の浮気を許すべきか、それに悩む人は多くいるでしょう。

 

例えば彼女に悪気はなかった、つい魔がさした、深く反省しているなどの場合は、今回は許してあげたくなるかも知れません。

 

また逆に、絶対に許さないという人もいるでしょう。

 

この場合は明確で、別れるという選択肢になるでしょう。

 

許すべきかを悩んでいる場合は、まず、彼女の深い反省によってそれを考えるよりも、自分の心理と精神状態をより平常心に近づけることが先決だと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

それはなぜか?

 

心理と精神状態は、多くの場合で、その人の判断の影響を及ぼしやすいからです。

 

これらのバランスが整っていないと、よく考えて判断したつもりでも、実はかなり表層的な部分でしか思考しておらず、不測の事態に後悔する可能性があります。

 

人の心理と精神状態のバランスは、例えば身体的な状態でいうと、交感神経優位か副交感神経が優位かの違いがあり、この自律神経は全く逆の作用と働きを持っています。

 

そしてそれは、人間の思考や創造性と創造的思考にも関係していることがあります。

 

副交感神経というのは、人が眠りに入る時など、または寝起きの直後などに優位になっていることが多く、食後にも副交感神経は優位になります。

 

このような時の心理と精神状態は、概ねリラックスや落ち着きがあり、この時の人の思考も幅広くそして創造的であることが多くあります。

 

一方で交感神経が優位な場合は、この逆で、欲求の高まり、イライラ、焦り、不足感などが高まっており、人の思考を狭くし、制限を加えていく傾向にあります。

 

つまり彼女の浮気を許すべきかの判断をする時、あなたの精神と心理がリラックス状態ではない場合、言い換えると副交感神経が優位ではない時に判断した時、それは後々後悔する可能性があるということです。

 

先ほども言いましたが、交感神経は思考の幅を狭くします。

 

つまり、未来や先のことを考えにくくしている場合があり、この結果、その場しのぎの答えを出しやすくなるのです。

 

彼女が今、深く反省しているか、二度とやらないと言っているから、許して欲しいと懇願しているから、という表面的かつ今という短期的な思考に絞られてしまい、将来のことを考えない情動的な答えを出しやすいのです。

 

しかしこの世界の事実は、彼女がたとえいくら真剣に反省し、懇願していたとしても、彼女が次も浮気をしない確約などないことです。

 

彼女が将来、いつかどこかで、いいえ、いつだって、浮気をする選択肢とリスクは消えることがないのです。

 

もちろんその逆も然りですが、あなたがおそらく考えておくべき点は、将来に、自分の意図に反した結果を受け入れなくてならない時がくる可能性があるということです。

 

これをしっかりと、今のうちから感がておかないと、本当に彼女が再び浮気をした時に、一番苦痛を味わうのは、自分自身になるでしょう。

 

あなたにも人生があり、彼女にも人生があります。

 

そして2人はそれぞれの幸福のために、常に合理的な判断をしている個人だと言えます。

 

しかし2人にはそれぞれにリスクが、常に存在しているのです。

 

あなたがもし、彼女を許したいと思うのなら、彼女が再び浮気をする未来を、完全に受け入れておく必要があるでしょう。

 

そして本当にその日が来た時に、自分は感情的にもならず、また、彼女のことを憎むこともなく、受け入れらているか、今回の決定を振り返った時に、今日という日に満足しているか、それを明確にイメージできることが大切だと言えます。

 

常にリスクが起こり得る可能性の中で、人は誰もが生きています。

 

それは浮気をされて、傷ついた人のみに限りません。

 

そのような中で、人は失敗を重ねて、よりよくなるしかないし、次の失敗も受け入れて進むしかないのだと思います。

 

そして、体制を立て直して、より真っ直ぐに生きるしかないものです。

 

これはおかしな表現かも知れませんが、あなたが将来、笑顔で、失敗を受け入れらていることを願っています。

 



《広告》


  

「彼女の浮気 話し合いたい」

 

 彼女の浮気で、話し合いで解決ができるでしょうか。

 

それはきっと可能だと言えます。

 

話し合いをして、それでもなおあなたが好き、彼女も自分が本当に一緒にいたい人はあなただと気がつくことがあるでしょう。

 

しかし、最悪の場合も想定しておく必要はあります。

 

つまり、話し合いをしても関係性が改善するどころか、悪化するということです。

 

話し合えばわかるとか、理解し合えるというのは、幻想だという一面を持っておく必要があります。

 

必ずしも、話し合いがうまくいくことはなく、決裂や想定外の結果になることだってあるのです。

 

これを自分の心や覚悟や決意の中にないと、その想定外のことに、ただ無力感と、後悔だけが募ることになるでしょう。

 

厳しいことを言うようですが、これを怠ったことによって、最終的に受け入れるべき想定外の結末に対して、精神的苦痛を強くすることになる可能性があるのです。

 

そして、この最悪の結末や、想定外のことを受け入れた上で、彼女の浮気について話し合うことで、あなたはきっと、自分でも不思議なくらい平常心を保って話し合いに臨めることになるでしょう。

 

そしてこの平常心こそ、あなたが話し合いの中で、とても創造性の高い結論を出す助けになるのです。

 

どちらの答えを望むまでもなく、どちらの答えでも、あなたの人生はこれから良い方向にいくと言う、明確な答えにきっと気がつけるはずです。

 



《広告》


「彼女の浮気を許す条件とは」

 

彼女の浮気を許す条件があるとしたら、それはどのようなものがあるでしょうか。

 

もちろん個人差があり、とても一つの正解や正論を導き出すことは不可能です。

 

ここでは、浮気を許す条件を、あなたが設定しやすくするその助けになるかもしれないことをご紹介します。

 

浮気を許す条件を、あなたが設定することにおいて、とても助けとなることが、上述でもありますが、今浮気を許した自分を、今後後悔することはないか?と言うことにイエスと言えることだと言えるでしょう。

 

これがおそらく、最もあなたにとって良い浮気を許す条件として、機能することでしょう。

 

忘れないように気をつけることは、彼女は浮気を繰り返すかも知れないし、繰り返さないかも知れない、と言う両方の可能性があることです。

 

それを前提にした許す条件を、あなたが自分への納得と合意のもとで、決める必要があると言えます。

 

条件は人それぞれです。

 

それは多くの場合で、他人の条件と自分のそれとを同じものにすることは不可能です。

 

特に不測と想定外の事態が、現実のものとなった時、受け入れざるを得なくなった時、過去に決めた条件はしっかりと機能するか?

 

これはとても重要な基準となるでしょう。

 

条件を決めるのは、外でもないあなたです。

 

もしかすると、あなたの周囲の人も同じような境遇を体験し、彼女の浮気を許した人がいるかも知れません。

 

しかし、それとこれとは全く別であることを、覚えておくべきでしょう。

 

彼女はその友人の彼女とは異なる人格と思考と価値観の持ち主であり、話では似ているように聞こえても、全く別物の機会です。

 

そしてきっと、その友人も自分で条件を決めて、彼女を許したはずです。

 

あなたも自分で、自分の場合をよく考えて、これらを決めることが望ましいでしょう。



《広告》


「彼女が浮気していないことを信じる」

 

彼女が浮気をしていないことを信じたい、その気持ちはとても理解できます。

 

まだ確たる証拠がなくて、それでいて、彼女のことがとても好きなら、目を背けたい心理も働くものです。

 

人は自分の都合の悪いことから、目を背けたい欲求があるものです。

 

そして同時に、都合の良いことに目を向けて、ポジティブな気分でいたいものです。

 

どちらの心理状態も、とても人間的で、そして、誰もが持っている性質であると言えるでしょう。

 

ただ、事実はこれと異なることを理解しているか、理解しないか(それさえも目を背けるか)では、大きな違いがあると言わざるを得ません。

 

上述のように、人の人生には、あらゆることが起こる可能性があり、また実際に起こっているものです。

 

まさかとは思っても、彼女が浮気をしているかも知れないし、していないかも知れません。

 

これは彼女と(しているなら)浮気相手しか、知る由がありません。

 

そのような状況の中で、あなたが彼女に何も問いかけることなく、信じるのか、または事実を明らかにする方を選ぶのか、あなたには常に、過去から現在まで選択肢がありました。

 

選択肢がありながらも、それを選択してこなかったのは、あなたにそれ相応の責務が生じていることは、自身でしっかりと受け入れることが望ましいでしょう。

 

あの時聞いておけばよかった、という後悔の思いは、あなただけが受け入れるべき現実であり、負の感情だと言えます。

 

では改めて、あなたは事実を確認する選択をするか、あるいは彼女を信じる選択をするかを、今も選べる状況にあります。

 

どちらでも結構です。

 

どちらにおいても、迎える結末がどんなものでも、あなたが受け入れるだけの覚悟と決意をすでに持っているのなら、それはとても良い効果となるでしょう。

 

もしかすると、ここまであなたは考えてこなかったかも知れません。

 

その場合でも、そうでない場合でも、あなたはその彼女と付き合っている期間はずっと、今から未来まで、選択肢が用意されていることを、自分の胸の中で理解しておくと良いでしょう。

 

あとは、あなたの決断と覚悟次第です。