【彼女の浮気 別れるべき?】まだ好き 別れたくない 別れたけど復縁したい 話し合いたい人に

彼女が浮気をした場合、別れるべきかについて、当サイト(マインディストKEN)の結論から言うとあなたの心理によって答えは変わる、ということです。

 

その理由を、ここでは詳細に多くのケースからご紹介します。

 

きっと、あなたの悩みの解決の助けになることでしょう。



《広告》


 

「彼女が浮気したけど別れたくない」

 

彼女が浮気をしたけど、別れたくないという人もいます。

 

またこれは後述で詳細にご紹介しますが、別れたという人もいます。

 

もちろんその選択は、個人的なものであり、完全に自由なものです。

 

重要なことは、特に別れたくないという思いやその選択する前に、原因となっているあなたの心理に気が付き、それが自分にとって本当にこれから少しでも役に立つ決断となるのか、それをよく考えることでしょう。

 

そして、これはとても重要かつ、これからの彼女との人生を大きく分けていく根本的な部分になると言えるでしょう。

 

彼女が浮気したその事実を受け入れるとき、別れたくないという思考や心理が機能している場合は特に、自分の失ったものを取り返そうとしている心理が奥底で働いている可能性があります。

 

もちろんこの限りではありません。

 

あなたが自分が、なぜ?浮気をされてまでその彼女と別れたくないのか、その根本的な心理にアクセスする必要があります。

 

そしてそれができるのは、あなただけです。

 

しかし、人は自分の本質を見ないようにしたり、または、都合の悪いことには目を背ける傾向があります。

 

なぜでしょう?

 

その理由は、自分の日常が安全であって欲しい、という希望的観測をする傾向があるからです。

 

この希望的な観測は、実は、至る部分で行っています。

 

例えば明日が休みの日で、楽しみしている旅行があるとき、雨が降らないで欲しいとか、現地で楽しい思いがたくさんできたらいいなというものに、全く似ています。

 

これら希望的な観測は、自分の人生が安全で、得することができればたくさんあるといいな、という希望を持っていると示唆できます。

 

つまり、彼女の浮気によって別れない選択をするとき、もしかすると、自分の人生の異変やすでに変わってしまった事実や現実を、受け入れることを先送りしようとしているかも知れないのです。

 

このような心理で再び、その彼女と引き続き付き合っていたとしても、今後は失った何かや損失を取り返そうとする心理が強くなり、窮屈な付き合いになる可能性を高めます。

 

相手のことがとても好きで、浮気をされても別れたくないという気持ちが強いのは理解できますが、自分の心理が不安定な状態のままでは、2人の関係が改善することは難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

2人の関係がよりよくなるには、完全に浮気したことを許すことが重要となります。

 

浮気など二度としないように説得することも、あるいは、そうしないように監視や約束を強めることも、おそらく良い効果を発揮しません。

 

束縛が強くなりすぎると、何も悪いことをしなかった自分が、逆に相手から別れを告げられるということにもなりかねません。

 

 

むしろ、不都合なことにあえて目を向けて、そのような相手とこれからどれくらい長くいられるだろうか、ということを考えてみると良いでしょう。

 

たとえ次の浮気を阻止することに、たくさんの労力を費やそうとしても、次から二度と起こらない可能性が消えることはありません。

 

可能性はずっと、残ったままなのです。

 

 

相手を束縛しても、何かを求めても、どんなに約束したとしても、次もあるかも知れません。

 

そのような現実に、自分はいることを、自分でしっかりと認めることによって、今回の浮気の真相や、それに対する自分にとって良い選択肢が見えてくることでしょう。

 



《広告》


 

「彼女の浮気で別れた」

 

彼女の浮気で別れた、という人は当然のようにいるでしょう。

 

つまり上記とは全く逆の心理と、決断をした人になります。

 

別れるという決断をしたか、あるいはこれからしようとしている人の心理には、自分は二度とこんな思いをしたくない、馬鹿にされた、裏切られた、もう二度と信じない、という心理と思考が働いている場合があります。

 

これらの心理は特に、ネガティブなものでありますが、自分を守るためであることが主な目的として機能しているでしょう。

 

しかし、新しい彼女を見つけて、新しい恋愛をしようとしても、浮気をされる可能性は消えません。

 

また同じ思いをしたくないということから、とても恋愛に奥手になったり、恋愛をすることが嫌になったり、相手を信用しにくくなったりします。

 

これは脳が過去にあったその記憶を宿し、そしてそれをあなたには避けるように命令しているから、ということが言えるでしょう。

 

人の今現在の行動は、意識的であれ無意識的であれ、過去の脳の記憶によって、制限されていくか、それに基づいた行動と選択をする傾向にあることがわかっています。

 

これはとても重要で、例えば浮気をされた時に感じた強いネガティブな感情が、女性と付き合うことは、こういうことだ!という認識を強くすることがあるのです。

 

これは情動つまり、感情の強さに比例して、女性との付き合いや恋愛に対して、決めつけや偏見を持つ傾向を高めます。

 

そしてその思い込みとも言える、決めつけと偏見は、浮気をされた女性との付き合いに限らず、「すべて」の女性との付き合いに広がっていくことさえあります。

 

全ての女性との付き合いに広がる可能性があるのは、次もまた同じことが起こるかも知れない、という恐れと、二度とあんな思いはしたくないという自分を守ろうとする本能的な働きとによって、全ての女性との付き合いが、自分にとってはとても辛いことだという認識を高めていきます。

 

しかし、決して全ての女性や、全てのお付き合いが、あなたにとって危険で最終的に辛い思いをさせられるものではない、ということが事実です。

 

 

 

また浮気される可能性は消えないけれど、全ての女性があなたと付き合ったら浮気をしてしまうということも、同じくらい考えられないくらい低いことでしょう。

 

ただし、この思い込みという決めつけと偏見が、とても強くなっていくと、あえて自分で、全ての女性が浮気をすることを助長することはあります。

 

そして何度も付き合っては、浮気をされて、「やっぱりね。」という結論に至ることはあるものです。

 

しかし、これはそれまでに自分の中にある記憶、つまり、全ての女性は浮気をするということが強くあるため、そのような心理と思考が自然に生まれ、それは自然と行動になっている可能性があるのです。

 

言い換えるなら、自分でその世界観を作り上げている、ということが言えるでしょう。

 

これを解消するべきに、まず行うべきことが、自分の深層心理を見つめて、しっかりとした明確な答えを見つけることだと言えるでしょう。

 

明確な答えの中には、「自分は、女性と付き合って幸福になれる存在ではない」ということを、本当に信じていた、という事実が見つかるかも知れません。

 

だから自分で、そうなる(付き合っても幸福になれない)ように、思考し、選択し、動き、結果を自分で作っていたことに気がつけるかも知れません。

 

もしあなたが本当は女性との付き合いで、幸福を得たいという思いがあるなら、この深層心理にあるものを潔く捨て去る必要があるでしょう。

 

そうでなければ、新しい事実を見えるようになるには、とても難しいか、もしかすると一生それはできないかも知れません。

 

自分の当たり前だと思っていることや、行動していることは、実は過去の強い情動記憶によって支配されている可能性があります。

 

それは現在の自分と未来の自分を、すでに決めている可能性があります。

 

自分を変えることは、決して簡単なことではないかも知れません。

 

しかし、それをやるだけの価値があることでしょう。

 

あなたが幸福になりたい、その願望の強さと決意が、それを可能とすることでしょう。

 



《広告》


 

「彼女に浮気されたが、まだ好き」

 

彼女に浮気されても、まだ好きだという気持ちが残っていることもあるものです。

 

浮気よりも彼女と一緒にいることが、自分に取っては必要で、大切なことだという、とても硬い決意や愛情がないと、このような好きという感情は残らないことでしょう。

 

もし、あなたがその立場だとしたら、彼女の浮気よりも、一緒にい続けることに強い願望や素晴らしさを感じているのかも知れません。

 

これによる結果は、あなたが自分で責任のある対応をすることに完全に委ねられます。

 

これから先、また浮気されるなど、どんなことが起きても、この時の選択も彼女も責めないという覚悟と決意があるなら、とても素晴らしい選択なる可能性があります。

 

そして何よりもこれら覚悟のある決意は、彼女の何かを変えていくことにつながるかも知れません。

 

人は失敗をして、初めて気づかされることがあります。

 

それらは特に、自分の軽率さ、人間性、有頂天になっていた恥ずかしさなど、欠けていた何かを多く気がつくことがあるものです。

 

そしてもし相手の人がそれらに向き合う機会が訪れた時、本当に自分が望んでいた方向性に自分は進んでいなかったことに気がつかされることがあります。

 

例えばその場しのぎや、その場の気分によって、あらゆる答えと行動を選択してきたことや、本当は純粋な恋愛や幸せな恋愛、愛情の深い付き合いをしたかったのに、全く逆の可能性を高めることばかりしてきたことなど、これらに気がつくことになります。

 

それら結果的に浮気という行動に発展し、相手との信頼関係に著しく亀裂を刻んでしまったことに気がつくかも知れません。

 

失敗と後悔は、人を変えるきっかけとなり、それを受け入れる深い愛情は、その人がこれからはしっかりと付き合って行こうという下支えにもなり得るのです。

 

きっとあなたも辛い気持ちがあるでしょうが、そのさきにある、あなたの未来、あなたが成し遂げたいこととマッチしているのなら、浮気を許し、そしてずっと相手のことを好きでいるという選択は、素晴らしい結果となる可能性があるでしょう。

 



《広告》


 

「彼女に浮気され別れたけど、復縁したい」

 

 彼女に浮気され、一度は別れたけど、また復縁したいという場合、もしあなたの心理と精神と思考の中に、後悔があったとしたら、復縁を申し出る前に考えた方が良いものがあるでしょう。

 

後悔があることがいけないということではありません。

 

後悔はやり残したことや、再び構築したいことを実現する良い機会にさえなります。

 

ただ後悔がある時の自分の心理については、よく理解しておく必要があります。

 

そして浮気され、別れ、それでも復縁をしたいという思いがあるときの心理の多くには、受けた損失の元を取りたいという欲求があることが考えらます。

 

損失は誰にでも、どんなことでもあるものです。

 

恋愛にも、そして復縁した後でも、損失の機会は常にあり、そしてそれは消えることはありません。

 

しかしリスクという存在を忘れていて、自分の受けた損失ばかりを気にしていると、なんとかして受けた傷や心にポッカリと空いてしまった穴を埋めたい欲求にかられる傾向にあります。

 

例えば、復縁したという気持ちを一旦制して、こう自問自答してみると良いかも知れません。

 

「復縁した後も、浮気をされるリスクは消えない。」

 

「自分はそれでも、自分の目標に近づいていると思えるか?」

 

自分の目標とは、その彼女と復縁し、また何か不都合なことが起きても、自分の求めているものに近づいていると実感できたり、自信を持ってそう断言できるかです。

 

浮気は許されるべきものではない、そういう考えが残っていながら、そのリスクを実際に実現してしまった人と復縁するのは、おそらく矛盾した行為になるでしょう。

 

あなたの目標が仮に、その彼女との幸福だと強く願っていても、浮気という今回の事実と、今後もともない続けるそのリスクを、完全に許容でき、彼女との幸福に近づけていると、自分で信じることができるかが重要です。

 

逆に、それが可能なら、この復縁はあなたにとって素晴らしいものになる可能性の方が高いでしょう。

 

重要なことは、あなたがリスクを受け入れた決意と決断と、それを信頼しつづけるだけの覚悟があるかでしょう。

 



《広告》


「彼女の浮気が心配」

 

彼女の浮気が心配だという場合、おそらくですが、以下の方法は役に立たない可能性が高いと言えます。

 

それらとは、相手を力づくで制することや束縛、そして不信感を抱き続けること、その不信感を解消しようとするあらゆる行動や選択です。

 

これらはあなたの安心材料になると思われるかも知れませんが、効果としては逆に働く場合が多くあるでしょう。

 

なぜなら、いかなる安心感は、個人的な幻想に似たものだと言えるからです。

 

安心感を得られたから、その不安となる対象が実現しないわけではないのです。

 

不安にさせること、心配にさせる出来事は、常に起こる可能性があり、その可能性は消えることはないのです。

 

これは誰もが同じで、誰もが変えることはできない環境だと言えます。

 

浮気が心配だったとして、それを相手が完全にできない封じ込めようとしても、それは不可能で、むしろその窮屈さから逃げたくなるような心理を、相手に抱かせる助けにもなります。

 

そのため結果的かつ長期的にみると、幻想に近い安心感を、追い求めることや、その行為は、ほぼ望んだ効果を発揮し得ないことが多いのです。

 

 

浮気が心配なら、まずは浮気をされるリスクや可能性が常にある、この当然の環境を受け入れようとする度職や認識の獲得が重要になるでしょう。

 

そして、もし何かできることがあるとするなら、それを完全に受け入れた上で考えられるアイディアなどの方が、きっと効果的でしょう。

 

心配事は安心感では消えることはないのです。

 

リスクが実現化する可能性は常にある。

 

そうであるなら、今の自分の思考と行動と選択しようとしていることは、果たして適切であるか?

 

これらをより深く考えることで、きっと、お互いにバランスの良い回答を見つけることができることでしょう。

 



《広告》


「彼女の浮気で、2人話し合いたい」

 

彼女の浮気のことで、2人で話し合いたい時、とても効果的に働くであろうことは、あなたの精神と心理的な状態を、完全に理性的な状態にしておくことでしょう。

 

浮気は確かに、いけないことであり、相手を傷つけ、そして裏切るような行為の一つとなり得るでしょう。

 

しかし、それによって、必ずしも浮気をした相手が悪いという確証には至らないこともあります。

 

お互いにとって浮気をすることも、されることも、同じくリスクは存在していて、可能性は常にあるものです。

 

何かがきっかけで、今回は相手の彼女が浮気をしてしまったのかも知れません。

 

そしてそれを話し合う時に重要であろうことは、そのリスクがお互いに存在し続けていた事実を受け入れ、それを感情的にではなく、理性的に処理しておくことだと言えるでしょう。

 

結果は相手が裏切るような行為をしたとしても、2人がいる環境はお互い同じものだったという理解があるかないかは、きっと、あなたの今後の精神的な状態やバランスに深く関わってくるものです。

 

そしてこのような冷静で理性的で平常心である、精神と心理的状態が、2人の話し合いを破滅的から創造的なものへと変えることを助けるでしょう。

 



《広告》


「彼女が浮気したら別れるべきか」

 

彼女が浮気をしたら別れるべきか?

 

彼女が浮気をして別れるか、別れないかは、ここまでお読みなられたあなたなら、きっとそれは自分の責任のもと、明確で納得のいく答えを出す必要があることを理解しているでしょう。

 

そして、それ以外に、自分にとって良い改善策もないことでしょう。

 

自分の人生は自分で決めるものであり、それは彼女との今後の付き合いも同じことです。

 

これを外的な情報に頼ることもあるでしょうが、それも個人的な自由です。

 

いかなる情報も、それを知り、取り入れ、参考にして決断をするのは、最終的には自分だけなのです。

 

そして浮気をされたとしても、たとえ彼女と別れることになったとしても、これから数年が経過しても過去を振り返る必要が残らないくらいの納得した回答は必要でしょう。

 

ただし、他の人の意見や情報を頼って、妥当だと思える答えを出すことは控えた方が容易でしょう。

 

なぜなら、これこそ後悔の残る可能性を高めることになるからです。

 

他の情報を考慮しすぎると、善と悪の理論や損得勘定によって、決める傾向があります。

 

これは自分の意見と言うよりも、多くの場合で、損失や恐れから免れようとする行為と思考になっていることが多くあります。

 

つまり建設的な思考ではない、と言うことが言えるのです。

 

まずは理性的で平常心で、完全に落ち着いた心理を取り戻してから、彼女との別れを考えてみると良いでしょう。

  

 

「彼女の浮気のサインに気がつくには」

 

彼女の浮気のサインに気がつくには、きっと、容易なことではないでしょう。

 

そして浮気のサインに気がつけるようにするには、もし疑いがあると感じるなら、彼女の言動と行動の食い違いや矛盾を感じ取ることによって、何かのヒントになるでしょう。

 

矛盾を感じ取るとは、あれ?と思った部分や、感じたことを忘れないようにしておくことです。

 

多くの場合で人は、自分の人生に、または現状に、何かの変化が起こり始めているとは思いたくない傾向があります。

 

これは変化が起こっているという事実があろうがなかろうが、そう思いたくないと言う欲求が無意識で働きていることがあります。

 

順調に、安全に、そして安定的に 、自分の人生が存在していて欲しいと言うことを希望指定しまう傾向があるのです。

 

これによって、例えば彼女の言動と行動の不一致や疑問点を感じたとしても、まさかそんなことはないだろうと、すぐに片付けてしまうことが多くあります。

 

浮気のサインかどうかは不明でも、あれ?と感じたことをこれからは見過ごさないようにすると、何かのきっかけなどに気がつけるかも知れません。