【女の浮気 男が悪い】浮気されやすい男性の特徴 対策方法とは?

女性の浮気は男が悪いのでしょうか?その原因や浮気されやすい男性の特徴を、詳細にご紹介します。

 

そしてこれより先の、驚きの内容に、あなたはきっと何かを見出す可能性があります。



《広告》


 

「女の浮気は男が悪い?原因は男にあるのか?」

 

女性の浮気は男が悪いのかと言うことに対して、おそらくですが、何も原因がないとも言い切れないかも知れません。

 

それら考えられる原因は、以下のようなものが多くあるでしょう。

 

自分が選んだ女性が間違いだった。

浮気する女性だと気が付けなかった。

彼女から見下さるような関係を築いた。 

浮気の疑惑から目を背け続けた。

まさか自分の彼女が浮気するとは思わなかった。

まさか自分が浮気されるとは、思わなかった。

などなど・・・・

 

彼女が浮気をしてしまったのなら、多くの点で、浮気を実行に移した彼女に非があると思いたいかも知れません。

 

しかし、この結果を受け取るまでに、自分の中で、何かひっかかるものはないかを確認することは重要だと言えます。

 

もちろんこれは、彼女の浮気の原因はあなたで、浮気は男性が悪いと言うことを決定づけるためではありません。

 

これからの自分の選択に対して、今後はしっかりと責任をともなっていくことを育むためです。

 

つまり、過去に何か引っかかるものがあり、それを見過ごしてきた結果を、受け入れなくてはならない時、それが今だと言うことをしっかりと把握することが重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えているのです。

 

そしておそらく、過去に引っかかるものがありながらも、それを見過ごしてきたのなら、きっと後悔をしているか、あの時に聞いておけばよかったなどと、悔しい思いをしていることでしょう。

 

重要なことは、それは今後も必ずどこかである、と言う事実であり、この物理的な世の中では、それが常に付き纏っているからです。

 

過去の違和感を、その時に解決しなければ、必ず後悔が訪れると言うこともありません。

 

ただ、本当にそれが現実のものとなった時、違和感を感じたあの時を、後悔する傾向にあるのです。

 

はっきり言って、彼女の浮気は、あなたが悪いわけではありません。

 

とは言え、彼女がすべて悪いわけでもありません。

 

浮気相手が悪いわけでもありません。

 

原因は、誰にも特定できないし、特定しようしたら、それぞれがそれぞの正当性のある主張を言い合うだけになるでしょう。

 

もしかしたら彼女は、随分前から、あなたに不満を感じていたかも知れないし、実は深く傷ついたいたのかもしれないし、そうではなくても、彼女には彼女のなりの正当化する理由を持っていることでしょう。

 

誰もが、誰もを一方的に責め立てることは難しいのです。

 

そこに今は心血を注ぐのではなく、自分の過去に感じた違和感があったか、それをなぜ?指摘しなかったのか?

 

これらをよく考えた方が良いでしょう。

 

それを考えて、自分にも責任があったと実感するなら、それは自分のせいで彼女が浮気したのではなく、ただただ、自分に責任のある行為と選択を、自分がしてこなかったことを素直に認めるようになるでしょう。

 

これを認めるようになったら、彼女の浮気どうこうよりも、あなたは次の選択を、ほぼ確実に自分の責任のもとで決定を下す精神を育むことになっているでしょう。

 

そして、その責任のもと、彼女を許すか、別れるかの、次の自分の未来のために決定することが、きっと容易にできることでしょう。

 

本当に重要なことは、そこにあると、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。



《広告》


「浮気されやすい男性の特徴」

 

浮気されやすい男性はいるのでしょうか。

 

おそらくその可能性は高く、概ね特徴もあるかも知れません。

 

では、ここでお伝えする浮気をされやすい男性の特徴についてご紹介しましょう。

 

浮気されやすい男性の特徴としては、次の以下のものがあると考えられます。

 

・基本的に自分で自分のことを決められない。

・釣った魚に餌はやらない精神が(無意識に)ある

・自己愛性が高い

  

と言うことが主な特徴だと考えられます。

 

まずは、基本的に自分で自分のことを決められない。と言うことについてです。

 

これは例えばあなたの友人が、ほとんど何も自分で決めることがなく、その代わりにあなたが決める立場になっているとしたら、とても理解しやすいでしょう。

 

つまり、自分で決めないと言うことはほぼそのまま、相手が決めることになり、その決定を受け入れるしかない立場になると言う意味があるのです。

 

別にそれでいいと言う心境もあるでしょう。

 

ただ、それに伴う結果は、自分で受け入れるべきことにあることを忘れてはならないでしょう。

 

つまり、相手が決めているのだから、あなたに決定権がないと言うことであり、そこには浮気も可能性があると言うことです。

 

彼女が自分で、あなたか、他の誰かかを決めることに、最大限の権利と習慣があるのなら、そこに文句を挟む余地は限りなく少なくなるでしょう。

 

相手からすると、「私の勝手でしょ」と言い放つかも知れません。

 

自分で何かを決められるようなリーダーシップが、男性には必ずしも必要なわけではないですが、相手に決定を委ねるとは、それに従わざるを得ない状況を自分で作っているとも言えます。

 

次に、釣った魚に餌はやらない精神が(無意識に)ある、と言う特徴についてです。

 

これは意識的にそれを行っているのなら、是正の余地があると言えるでしょう。

 

しかし無意識で、全く悪気もなく、当たり前のようにしているのだとしたら、あなたに殆嫌気がさし、他の誰かに優しくされるなどすれば、きっと浮気する可能性はあるでしょう。

 

大抵の場合、このような男性タイプは、浮気をした女性を責め立て、とても怒る傾向があります。

 

自分が十分に彼女を満足させなかったことが、意識にほとんど上がらないか、あるいは正当化する言い訳をする傾向があります。

 

忙しかった、自分の目標のために時間を費やせなかった、仕方がなかったなどなどの、正当性のありそうな理由をいくつも持っているでしょう。

 

そして彼女は何らかの理由やきっかけによって浮気をした場合は、まさに自分が浮気されるとは夢にも思っていなかったと言うことがあるでしょう。

 

このような傾向がある理由には、自分のことしか考えていなかった、自分中心で見ていた、自分の価値観のみで彼女を判断していたなど言うことがあるでしょう。

 

どちらにしても、彼女が浮気をしたのは、満たされなかったものを、他に求めた結果であることが多くあります。

 

最後に、自己愛性が高いと言うことについてです。

 

これも上記のように、釣った魚には餌をやらない精神を持っている男性のタイプに似ています。

 

しかしこの自己愛性の高いタイプの男性と女性との付き合いには、女性側がかなりの痛手を被っているケースがある可能性が高い点です。

 

 

自己愛性の高い男性は、ほぼ確実に、彼女の浮気を許せないでしょう。

 

浮気は悪いこと、だからそれをどんな理由であれ実行した女性に非がある、と重いガチです。

 

しかし女性の意見を注意深く聞いてみると、もう彼から逃げ出したかった、と言うほど限界まで到達していた場合があります。

 

自己愛性の高い人を相手にすると、受け手側は、彼の自分勝手かつ正義感にも満ちたような勝手な行動と解釈に苦しめられることがあります。

 

最初は好きと言う気持ちと、信じたいと言う気持ちが強くあるため、多くの場合で肯定的にこれらを受け入れていくことがあります。

 

しかし、人には限界があり、また生まれてから育まれてきた価値基準というものがあります。

 

誰もが傷つくためだけに、今を生きているわけではないものです。

 

苦しいことからもし、抜け出せる方法があるなら、それを選択する機会はいつでもあるし、本人の強い意思と意図によって、可能なことです。

 

もしあなたが浮気をされやすいなら、それは、あなただけに原因があるわけでもありません。

 

どのような場合であっても、人は自分の幸福のために、合理的に動くという性質を持っている傾向があり、その手段の一つとして、今回は浮気をしたということが言えるかも知れないのです。

 



《広告》


「浮気癖のある女の特徴」

 

浮気癖のある女性の特徴として、おそらくかなり明確なことが言えるのは、まず外見や容姿はほぼ無関係であるということです。

 

例えば浮気をしそうにないというのは、幻想に過ぎない場合が多いのです。

 

浮気をしそうな外見、しなそうな外見は全く考える余地から外した方が良いでしょう。

 

最もな特徴があるとするなら、それは、都合の良い解釈をする傾向があるか、ということでしょう。

 

浮気が癖になっている人は、自分の快楽が得られそうだと思えば、それを獲得する方向に行動を起こせることがあります。

 

そしてその行動において、自分なりの正当性と妥当性、そして合理性さえ持っている可能性があります。

 

ほぼ全てが自分都合で捉えており、浮気したことに対し、あるいは浮気されたあなたに対して、ほぼ反省の意見を持ち合わせていないでしょう。

 

だからこれを、癖、つまり習慣的に行える心理を持っているという説明がつきます。

 

浮気癖があるかも知れないと、自分の彼女を疑うなら、質問をすることが重要でしょう。

 

それもただ質問するのではなく、例えば遊びにいくというのなら、誰と?どこで?という具体的な回答を求めるような質問が良いでしょう。

 

あまり逐一聞くと、相手も防御反応を示しやすいので、「そうなんだ、誰と?」と、一度相手の意見を受け入れてから、聞き直すと良いかも知れません。

 

そしてそれにすぐに答えられない場合や、誤魔化す場合は、浮気癖を疑うことも視野に入れておくと良いかも知れまあせん。

 

このように、自分都合でしか考えない傾向の女性は、どことなく「聞くなオーラ」を持っていて、それに無条件あるいは無意識に飲まれている可能性が男性側にあります。

 

もしそうだとしたら、一度受け入れて、質問をすることを忘れないようにしてみると良いかも知れません。



《広告》


 

「もう彼女に浮気されないために 対策方法とは?」

 

もう浮気をされないために、どのような対策があるのでしょうか。

 

自分に自信を持つことや、威厳をはっきするなど、またはよく監視することや、束縛をするということが考えられるかも知れません。

 

また他の良い方法が、インターネットや書籍などの情報には記載されているかも知れません。

 

残念ながら、 浮気されない完璧な対策方法は、存在しません。

 

なぜなら、どのような手段を使ったとしても、浮気されるリスクは消えることはないからです。

 

この物理的な世界とは、予測不能な、全く未来に確約のない環境であることを、理解する必要があるでしょう。

 

そして次に理解する必要があることは、それは一生変わらない環境であることです。

 

あなたにとって、今何がベストで最良の選択肢となるかは不明ですが、その選択の結果を、あなたはいつか受け入れなくてはならない事実があるものです。

 

これはあなただけでなく、この世界にいる誰しもが、そのような状況と環境と法則の中にいるのです。

 

対策方法や手段を考えることや、その情報集めに没頭しているのなら、それは諦めた方が良いでしょう。

 

いくら最高だと思える対策方法を見つけて実践したからと言って、それでもリスクは消えないし、消したことにもならないのです。

 

彼女には、いつだって、浮気の選択肢はあり続けます。

 

では、あなたが対策すべきことは何でしょうか?

 

彼女の浮気を阻止することでは、きっとないはずです。

 

あなたが対策すべきは、自分への対策になるのではないでしょうか。

 

その具体的な例としては、あなたがこれからの決断に対して、未来に怒るかも知れない最悪の結果があったとしても、それを受け入れることができるか?

 

将来の自分が、今からする決断を振り返った時に、あの時ああしておけばよかった、ということを全く思うことはない決定を下せたか?

 

ということを、とにかく追求することが重要だと言えます。

 

その結果として、彼女と付き合い続ける、結婚する、または、別れる、離婚するなどの選択肢を選ぶだけです。

 

これら選択肢は内容は違えども、あなたの決意が籠もったものである必要があります。

 

そうすれば、彼女が浮気しようが、何をしても、別れても、あなたはきっと自分のいくべき方向に、目線が写っているはずです。