【浮気相手の彼女】妻と離婚する気はないけど好きすぎる 家族も彼女も大事な時どうするべきか?

 

浮気している彼女が好きすぎる場合、家族も彼女も大事で離婚にも悩んでいるかも知れません。

 

これより先は、きっと、悩めるあなたの何かの気づきやきっかけになるかも知れません。</p

「離婚する気はないけど、浮気彼女が好き」

 

離婚する気はないけど、浮気相手の彼女が好きだと言う感情が強いことがあります。

 

あなたが本当に浮気をしているなら、本当はどちらが好きとか嫌いとかと言う、感情による優劣をつける思考と判断基準から離れることが必要となるでしょう。

 

好きとか嫌いとかの感情的なものを判断基準にすると、おそらく以下のようなことが起こる可能性を自ら高めます。

 

その可能性とは、他に今以上の好きな人ができたら、今後はその人の方へいく、と言うことです。

 

好きとか嫌いの感情は、確かにそれを実感している本人とっては、大きくて大切な判断基準となっているかも知れません。

 

その大きさを感じるが故に、離婚もしたくないし、また同時に浮気相手を好きだとも考えているのでしょう。

 

しかしこの心理的状態では、何も決められないか、決めたとしてもおそらく裏目にでる可能性があるでしょう。

 

まずは感情に支配されている自分を、よく見つめ直し、自分を観察することが重要です。

 

感情に支配されていないと思っているかも知れませんが、それは感情とはとても合理性を持っていることがあるからです。

 

例えば誰かに対して怒りたくなったとします。

 

そして文句を言う、傷つく言葉を返すなどの行為によって、仕返しをしたとしましょう。

 

感情に支配されているときは、この仕返しや報復行為に対して合理性を感じてることが多くあります。

 

たとえ大きく信頼関係を崩すことになっても、自分もこれだけ傷ついたのだから、報復は当然の行為をしたまでだと、考えがちなのです。

 

感情に支配されると、どのような行為もどのような判断も、自分中心に考え、それが合理的だと処理してしまう傾向があるのです。

 

では離婚したくないけど、浮気相手とも一緒にいたいと言うことはどうなるかと言うと、感情に支配されているとしたら、その状態にとても合理性と正当性を感じている可能性が高くあります。

 

つまり、このままでいることが、自分にとってより良いことだ、と言う思考になっていると言えるでしょう。

 

挙げ句の果てに、それの何が悪いのか?と言う疑問さえ抱いているかも知れません。

 

そのための正当な理由をたくさん見つけようとしたり、すでに見出していることもあるでしょう。

 

例えば、家族のために自分は一生懸命に頑張っている。

 

別に迷惑をかけていない。

 

自分にはその権利があるはずだ。

 

好きなのだから、今は仕方がない。

 

どちらも選べない。

 

などなど、それは無限に、星の数ほど浮かんでくる可能性があるのです。

 

これが悪いことだと、決めつけることができる人は、おそらく自分の妻を含めて、誰もできないでしょう。

 

それを決めることができのは、本人だからです。

 

そしてそれを感情的な合理性に基づき決めることもできるし、理性的かつ創造性のある思考によって決めることができるものです。

 

上述のように感情的な合理性はよく理解できたと思いますが、理性的な創造的な思考とはどのようなものでしょうか?

 



《広告》