【男性不妊で妻が浮気する】原因 どうすればいい?

男性が不妊治療中に妻に浮気された時、その原因とどうすれば良い判断を導けるかをご紹介しています。

 

これより先を読むことで、きっと、あなたの悩みの改善につながることでしょう。

 

そして少しでもその一役を担えたなら、これに勝喜びはありません。



《広告》


 

「男性(夫)側の不妊治療中に妻が浮気をする原因」

 

男性側が原因で不妊治療をしている時に、妻の浮気が発覚した時、男性はとてもショックだと言えるでしょう。

 

しかし一緒に子供を授かろうと、お互いに努力しているはずが、なぜ妻が浮気に走ってしまうのでしょうか?

 

当然、そこにはそれぞれに理由があるものです。

 

そしてもちろん、夫は大きなショックと裏切りなどの気持ちも感じるものです。

 

しかし、妻側にも、それなりの主張すべき理由を持っているということは忘れない方が良いかも知れません。

 

不妊の原因は全体的に見たところ、男性のみに原因がある場合が、24%だと言われています。

 

これが多いかの判断は不明ですが、このタイプに分類されてしまったとしたら、夫側が不妊治療を受けることになるでしょう。

 

そして子供が欲しくて欲しくて待ち望んでいる女性からすると、自分は用意ができているのに、子供がなかなかできないというジレンマを抱かずにはいられない、そんな心理が働いている可能性があります。

 

これはそのままストレスにもつながる可能性が高くあります。

 

そして人は、ストレスを抱え、それが長期間継続することによって、やがて欲求を解放したり、欲求の暴走を起こすことがあります。

 

この原因は脳機能や身体的な機能として、誰もが持っているものでもあります。

 

現代には様々なストレス要因があります。

 

例えば仕事、人間関係、将来の人生、お金や経済面、健康面のリスクなどなど、根本的なものと思われる悩みやストレス原因だけで、かなりの精神的消耗をきたすものが多くあると言えるでしょう。

 

それに加えて、不妊のストレスが追加されるということが、旦那さんにも妻側にも言えるのです。

 

そして多くの場合で、このストレスまみれの日常の中で、人は根をあげる時があるものです。

 

時としてそれは嗜好品などで、日々代用されたり、甘いものをたくさん食べる、味の濃い美味しいものを食べるなどして、ストレスによって爆発しかけている欲求の暴走を、食い止めている傾向があります。

 

しかし、それでも耐えきれない時は、それだけのストレスの蓄積は容易に考えられる世の中であり、社会でもあります。

 

その結果、妻が浮気をしてしまうということは、可能性の中にやはり存在すると言わざるを得ないでしょう。

 

言い換えると、浮気をしないという保証など、どこにもないということです。

 

そして、不妊でお互いが耐えて我慢している最中に、浮気をした妻にも、自分をストレスから守ろうとする自己防衛の本能や思考が強く働くものです。

 

浮気をされた方からすると、それでもこちらは頑張って努力をしているのだから、納得いかない思いもあることでしょう。

 

しかしそれをそのまま、妻にぶつけたとしても、彼女には自分のために、自分の精神状態を守ために、自分がつぶれないために、という合理的な主張と理由を持っていて、さには双方の主張が衝突する可能性があります。

 

我慢するべきはどちらかを問うよりも、2人はどのようなことを目指しているのか?

 

ということをより深く、話し合っていく必要があるでしょう。

 

そして多くの場合で、女性は男性に比べると、ストレスに抵抗力が強くない傾向があります。

 

それはいつも毎月に訪れる生理的な現象があり、常に自分の思い通りにいかないという現状の中でストレスを抱え続ける身体的環境であると言えるでしょう。

 

これは男性にはおそらく深いレベルで理解をすることは不可能で、女性は常に、心配事や不安ごとの中に自分がいて、そこから抜け出せない心理的な状況を余儀なくされていることがあるのです。

 

これは身体的かつ体力的なものだけでなく、精神的なことにも大きく関与していきます。

 

女性の周期的に訪れる身体の変化には、二種類の女性ホルモンが主に活性化することがわかっています。

 

その中でも、女性の精神的に負の感情を抱かせやすい時期があります。

 

これがひどくなるとPMS(生理前症候群)と呼ばれる症状になり、これはホルモンの分泌の量に関係していると言われています。

 

これは大なり小なりの精神的にネガティブな状態に傾きやすい身体環境とホルモンバランスになることが多く、女性は一か月の中で、アンバランスな心理状態を行き来している人が多いのです。

 

これは例え仕事でストレスを抱え、人間関係でストレスを抱え、そして夫婦関係でストレスを抱え、さらには身体的にストレスを抱えという、おそらく男性では予想や予測遥かに超えた精神と心理の中で、日々の生活をしていることがあるのです。

 

そして上述のように、ストレスが蓄積されていくと、嗜好品や食欲などだけではもう歯止めが効かない精神状態になっていく可能性もあるのです。

 

それがもしかすると、浮気ということにつながったのかも知れません。

 

とは言え、許すか許さないかは、浮気をされた旦那さん次第であり、その決断に伴う今後起こりうる全ての結果も、決断した人が責任を持つ必要があるものです。

 

もし、今の妻と別れることの方が、自分にとって、自分の将来にとって、受け入れ難い結末となると思うなら、自分の感情を抑え、理性的に考え直してみる必要があるでしょう。



《広告》


  

「不妊治療中に妻が浮気したら」

 

まずは、妻が浮気をしたという事実を、どのように受け入れていくかを考える方が良いでしょう。

 

上記のように、女性は傾向的に男性には理解のし難い精神的不安定な状況を、毎日生きていると言えます。

 

そしてそれによって蓄積され、どこにも解消の余地がなくなるストレスのレベルになると、悪気はなかったのに、気をつけていれば、冷静になっていれば、浮気などしなかったのに、それを行動にしてしまうことも可能性としてあります。

 

ストレスは人の理性を、徐々に、時として急速に奪い、機能を停止させてしまうことがあります。

 

これは、自律神経が交感神経が優位なっている状態になっていると言えるでしょう。

 

そして交感神経が優位になっている状態が続くことで、人は欲求の暴走をする傾向を高めていきます。

 

高まった交感神経はとても外的なことに対して、敏感性を強くしていくことや、反応を敏感にしていくことがあります。

 

これは交感神経そのものが、闘うか逃げるかの一瞬の判断に備えるための機能を有しているからと考えられています。

 

あらゆる外的に受ける刺激、情報に敏感に反応しやすくなることは、それまで正常で離席的だと思っていた人が、突然、驚くべき行為をすることにもつながるのです。

 

不妊治療という2人で乗り越えなくてはならない時に、妻がもし浮気や不倫をしたのなら、このようなことが原因で、行動をしてしまった可能性が考えられるかも知れません。

 

そしてその余地は十分にあると、考えられるでしょう。

 

そのため、確かに浮気や不倫はよくない行為の一つですが、妻側の心理的かつ精神的な状態、そして女性としての生理的な状態を全く考慮せず、一方的に責めるのか、それとも、理解した上で話し合いをするのかの違いは大きいと考えられます。

 

これまで行ってきた2人の努力は、確かに存在しているだろうし、たとえそれが十分でなかったとしても、2人は子供を授かり、きっと良い家族を作ろうとしていたはずです。

 

妻だけを責めることや、離婚や別れなどを選択することは、自分自身のその夢も捨てる必要があることを、決断の前には十分に受け入れておく必要があるでしょう。

 

人は都合の良いことには、率先して目を向け、都合の悪いことには率先して目を背ける傾向があります。

 

まずは、都合の悪いことが起きてしまったのなら、それを怒りや悲しみという感情任せで、現状をいくら見ても、事実は把握しにくいでしょう。

 

都合の悪いことかも知れなくても、事態を把握することにまずは冷静に取り組むことが望ましいと考えます。

 

そして、都合の良いことと、都合の悪いことを天秤にかけた決断を、できる限り避けた方が良いでしょう。

 

それはなぜか?

 

先ほど、人の多くは都合の良いことには率先して目を向ける傾向があると述べました。

 

つまり、都合の悪いことを頭では理解していたとしても、それを都合の良いことと比較するおt、大抵の場合で、都合の良いことが勝利を収めることが多いからです。

 

都合の悪いこと、それだけを考えた方が良い場合があり、そしてそれを受け入れるかどうかの判断だけに集中することが望ましいと、当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

都合の悪いことだけを考えるとは、例えば、妻と今後も不妊治療を継続し、子供を授かろうとする選択をした時に、起こるかも知れないリスクを受け入れることができるか?ということを考えてみることです。

 

またストレスが原因で浮気をするかも知れない。

 

今度は浮気相手が子供を作る能力があり、そちらにいくかも知れない。

 

それでも、自分は、今の妻と子供を作る努力をしていきたいか?

 

ということを考えてみると、どうでしょうか。

 

それまでよりもきっと、感情より理性的な思考が大きくなり、自分が何を諦めるべきか、どんな結果だけを手に入れるべきかの決断を助けることができます。

 

また妻と別れた時も、同じように、都合の悪いこと、リスクだけを考えた方が良いでしょう。

 

妻と別れたら、愛した人、結婚を決意したひととの人生は終わる。

 

(仮に)自分の子供を作る能力が完治したわけでも、完治するわけでもない。

 

妻がいなくなる日々が、これから本当にスタートする。

 

などなど、都合の悪いことを受け入れてまでも、別れを選択できるかにより深い考えを示した方が良いと考えます。

 

人は欲しいものを追う本能を持っています。

 

これはそれを可能にするホルモンもあり、ドーパミンというホルモンは自分の欲しいものを手に入れるために、とてもポジティブに身体にも精神にも影響を与えることがわかっています。

 

だから、欲しいものを追いかけること、都合の良いことに目が行きがちなのは、ある意味で仕方のないことなのです。

 

しかし、だからと言って、リスクが消えたわけではないのです。

 

欲しいものを選ぶことから離れ、捨てるべきものを明確にしてみると、将来その想定されるリスクが現実になった時、きっと冷静でいられ、次の選択を容易にしてくれることでしょう。

 



《広告》


  

「男性不妊が原因で浮気をした妻の立場」

 

男性側の不妊によって、あるいはそれが理由で妻が浮気したのなら、彼女の立場とはどのようなものでしょうか?

 

おそらく、一方的に責められるべき側の人になってしまう可能性は高いと思われます。

 

そして妻としても言い分、主張というのは上述の過度のストレス環境もあるでしょうが、そのほかに、不妊がストレスとなる可能性を考えなくてはならいでしょう。

 

女性は普遍的に存在しているストレスの他に、不妊というストレスが追加されたと考えられます。

 

そして、不妊に特にストレスを感じる時とは、特に、子供が欲しい願望が強いことに比例してしまう可能性があります。

 

なぜなら願望が強いだけでなく、その実現が難しいと認識するほど、人の心理のバランスは崩れやすくなり、それはそのままストレスとなることが往々にしてあるからです。

 

人の心理のバランスを崩れることも、また整えることも原理的には難しいことではありません。

 

なぜなら、願望や欲求が、目の前で満たされているという認識があれば、心理は落ち着き、満たされていないと認識をすれば、バランスは簡単に崩れることがあるからです。

 

つまり夫の不妊治療中に、妻が浮気をしてしまうことや、他の男性に恋してしまうのは、子供が欲しいという強い欲求を、どこかで埋めようとする行為に発展したことが考えられるのです。

 

言い換えるのなら、子供が欲しいのになかなかそれが実現しない、今の状況から逃げ出したいという思いか、離れた方が合理的だという思考が強く優っていると言えるかも知れません。

 

簡単な例えですが、例えば、ある人がずっと薄暗い部屋の中で閉じ込められ、まともな飲食もできない状況に長期間いるとしたら、ここから抜け出る方法はないかなど、ふつふつとわき起こる思考と衝動が生まれてくるの同じと言えます。

 

人は多くの場合で、自分の欲求が満たされない環境から、抜け出したいという欲求が生まれる傾向があるのです。

 

そしてその先は大抵、欲求が満たされそうだ、という可能性のある方向へ歩みを進めることがほとんどです。

 

おそらくですが、浮気をした妻の立場的なこと、心理的な状況というのは、このようなことがある可能性があります。

 

あなたがどのように、これを受け入れるか、あるいは実際に聞いて話し合い、どのような決定を下すかは、あなた次第になります。

 

ただし、どちらにしてもリスクがあることは理解しておくことが必要です。

 

そして上述のように、「もしかたら大丈夫かな」という希望や都合の良い方を考慮に入れるのではなく、妻が今後もストレスや逃避願望などで浮気をすることだってある、という考えのもとで決断をすることが望ましいでしょう。

 

それでも、あなたはどうするのか?

 

何を捨て、何だけを手に入れれば100点満点だと、覚悟できるか?

 

それがとても重要となるでしょう。



《広告》