【不妊治療中の妻が浮気】原因や具体的で効果的な方法を解説

 

不妊治療中の妻が浮気をされたら、とても腹が立つかも知れません。しかしそこにはそれなりの原因や理由があるものです。

 

ここでは、原因や効果的な方法の詳細を、ご紹介しています。

 

きっと、あなたのこれからの良い選択や、未来の助けとなることでしょう。

 

「不妊治療中の妻が浮気をする時」

 

不妊治療中の妻が、まさか浮気をするという可能性はあります。

 

その理由の一つに、不妊治療中というのは、子供がなかなかできない不安やイライラのストレスが蓄積されやすいからのようです。

 

このストレスの増加や蓄積は、普段、日常的に感じているストレスにプラスオンの形で、妻にはのしかかる傾向があり、そしてストレスが大きくなることによって、人は理性的な判断と思考が抑制されることがあります。

 

これは心理状態にも大きく影響し、つまり、暴飲暴食のように、自分を制御できなくなる心理状態に傾倒してしまう可能性を高めます。

 

つまり、不妊治療中なのに、妻が浮気をしてしまった時というのは、心理的かつ精神的にすでに限界を迎えていることが考えられるのです。

 

とは言え、このような状況の中で浮気をしたということは、男性からするととても許せない行為とも捉えられるし、また裏切られたというような感情を抱いてしまうのは否めません。

 

これは確かに、男性にも精神的に辛いものであることは、多くの男性にとって言えることでしょう。

 

もちろん、妻がストレス過多の状況だからといって、浮気は許されることではないでしょう。

 

しかし、女性の精神的なストレスは、男性のそれとはかなり大きく異なっていることは、頭の中でも、あるいは知識だけでも理解することは、何かを理性的に判断する助けとなるかも知れません。

 

女性には周期的な身体的変化が訪れることは、あなたもきっとご存知でしょう。

 

そうです。

 

それによって、男性と女性は子供を授かる機会が与えられ、そしてそれは女性の精神的な負担の中で、実現されているという事実的側面があるのです。

 

これは周期的に音¥ずれる生理的作用によって、女性はホルモンのバランスが全く異なる身体環境になってしまいます。

 

そしてそのホルモン状態は、自律神経の優位性にも影響を与えていきます。

 

人には交感神経と副交感神経という、二つの異なる自律神経があり、常にこのバランスを取ろうとしていることがわかっています。

 

簡単にいうと、交感神経は興奮やポジティブとネガティブな感情の両方に働き安くなります。

 

一方で、副交感神経は食後や寝る前などに優位になることが多く、リラックスした精神状態を作ることを助けます。

 

そして女性は、周期的に興奮性を高める、交感神経が優位になりやすいのです。

 

交感神経が優位になることによって、女性の精神はとても不安や心配事にも敏感に反応する要因あり、概ね感情はネガティブに傾倒する時期があります。

 

もし、妻が普段の仕事や人間関係のストレスに加えて、不妊のストレス、治療のストレスがすでにあるとしたら、さらに追い討ちをかけるように、この周期的な生理作用によるストレスが増大することが言えるのです。

 

女性は多くのストレスの中にいて、それはおそらく男性のそれよりも大きくなる時期があるのです。

 

これを解消しようとするとき、これは男性女性に共通したことですが、大抵の解消方法は欲求の爆発によって、それを改善しようとします。

 

気分の良いこと、気持ちの良いこと、快楽を得られることに対して、敏感になり安くなっていき、やがてはどうしてもそれが必要だという思考を高めていく傾向があります。

 

これら気持ちの良いことや気分の良いこと、快楽は、例えは存分に食欲を満たす、テーマパークや旅行など楽しい体験をする、買い物でたくさんお金を使う、趣味の時間に没頭する、睡眠をとにかくとることや急速することなど、あらゆる方法が含まれるものです。

 

また刺激物や嗜好品によって、これらを解消しようとすることも往々にしてあります。

 

こうやって多くの場合で人は、蓄積したストレスを欲求を満たすことや、快楽を得られることに対して暴走的に動くことによって解消する傾向があるのです。

 

そしてちょっとのつもりが、ついやり過ぎてしまうことがあります。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ、買い過ぎ、お金の使い過ぎは多くの体験していることかも知れません。

 

そして、浮気への発展というものがあるでしょう。

 

女性は特に、多くのストレスに晒されなくてはならない時期が、一ヶ月の中に訪れることが多くあります。

 

つまり女性は、快楽の暴走にいつだって我を失いやすい、そのような身体的構造を持ち合わせていると考えられるのです。

 

 

これは男性には、体験できないことなので、理解を完璧にすることは困難を極めるでしょう。

 

もし男性において、この女性の身体的な状態を分かりやすいように例えるとしたら、今の本業の仕事に加えて、相当きつい肉体労働の仕事を3つほど増やしたような、過度なストレス状態が毎日続くことを想像してみると分かりやすいかも知れません。

 

きっと、もう無理だ!という心理状態になるかと思います。

 

もう無理だ!という限界状態ですが、3つの肉体労働をやめることはできないのです。

 

常にこの過度なストレスは、明日も、明後日も続くのです。

 

このような状況下で、果たして自分はどんな行動を取りそうか?どんな行為によってこのストレスを解消するだろうか?

 

ということを考えてみると、おそらくですが、かなり暴走的な行為でもしないと解消できないという思いにもなるかも知れないのです。

 

忘れないでおくと良いことが、どんな人でも、人は暴走的になることがある、ということです。

 

不妊治療中で、お互いが努力しあっているという時期でも、それはあるだろうし、むしろその新たなストレスが、暴走的な行為を促進することだってあるでしょう。

 

妻の浮気は、そのような精神状態の時に、実行された可能性があります。



《広告》