【不妊治療中の妻が浮気】原因や具体的で効果的な方法を解説

 

不妊治療中の妻が浮気をされたら、とても腹が立つかも知れません。しかしそこにはそれなりの原因や理由があるものです。

 

ここでは、原因や効果的な方法の詳細を、ご紹介しています。

 

きっと、あなたのこれからの良い選択や、未来の助けとなることでしょう。



《広告》


 

「不妊治療中の妻が浮気をする時」

 

不妊治療中の妻が、まさか浮気をするという可能性はあります。

 

その理由の一つに、不妊治療中というのは、子供がなかなかできない不安やイライラのストレスが蓄積されやすいからのようです。

 

このストレスの増加や蓄積は、普段、日常的に感じているストレスにプラスオンの形で、妻にはのしかかる傾向があり、そしてストレスが大きくなることによって、人は理性的な判断と思考が抑制されることがあります。

 

これは心理状態にも大きく影響し、つまり、暴飲暴食のように、自分を制御できなくなる心理状態に傾倒してしまう可能性を高めます。

 

つまり、不妊治療中なのに、妻が浮気をしてしまった時というのは、心理的かつ精神的にすでに限界を迎えていることが考えられるのです。

 

とは言え、このような状況の中で浮気をしたということは、男性からするととても許せない行為とも捉えられるし、また裏切られたというような感情を抱いてしまうのは否めません。

 

これは確かに、男性にも精神的に辛いものであることは、多くの男性にとって言えることでしょう。

 

もちろん、妻がストレス過多の状況だからといって、浮気は許されることではないでしょう。

 

しかし、女性の精神的なストレスは、男性のそれとはかなり大きく異なっていることは、頭の中でも、あるいは知識だけでも理解することは、何かを理性的に判断する助けとなるかも知れません。

 

女性には周期的な身体的変化が訪れることは、あなたもきっとご存知でしょう。

 

そうです。

 

それによって、男性と女性は子供を授かる機会が与えられ、そしてそれは女性の精神的な負担の中で、実現されているという事実的側面があるのです。

 

これは周期的に音¥ずれる生理的作用によって、女性はホルモンのバランスが全く異なる身体環境になってしまいます。

 

そしてそのホルモン状態は、自律神経の優位性にも影響を与えていきます。

 

人には交感神経と副交感神経という、二つの異なる自律神経があり、常にこのバランスを取ろうとしていることがわかっています。

 

簡単にいうと、交感神経は興奮やポジティブとネガティブな感情の両方に働き安くなります。

 

一方で、副交感神経は食後や寝る前などに優位になることが多く、リラックスした精神状態を作ることを助けます。

 

そして女性は、周期的に興奮性を高める、交感神経が優位になりやすいのです。

 

交感神経が優位になることによって、女性の精神はとても不安や心配事にも敏感に反応する要因あり、概ね感情はネガティブに傾倒する時期があります。

 

もし、妻が普段の仕事や人間関係のストレスに加えて、不妊のストレス、治療のストレスがすでにあるとしたら、さらに追い討ちをかけるように、この周期的な生理作用によるストレスが増大することが言えるのです。

 

女性は多くのストレスの中にいて、それはおそらく男性のそれよりも大きくなる時期があるのです。

 

これを解消しようとするとき、これは男性女性に共通したことですが、大抵の解消方法は欲求の爆発によって、それを改善しようとします。

 

気分の良いこと、気持ちの良いこと、快楽を得られることに対して、敏感になり安くなっていき、やがてはどうしてもそれが必要だという思考を高めていく傾向があります。

 

これら気持ちの良いことや気分の良いこと、快楽は、例えは存分に食欲を満たす、テーマパークや旅行など楽しい体験をする、買い物でたくさんお金を使う、趣味の時間に没頭する、睡眠をとにかくとることや急速することなど、あらゆる方法が含まれるものです。

 

また刺激物や嗜好品によって、これらを解消しようとすることも往々にしてあります。

 

こうやって多くの場合で人は、蓄積したストレスを欲求を満たすことや、快楽を得られることに対して暴走的に動くことによって解消する傾向があるのです。

 

そしてちょっとのつもりが、ついやり過ぎてしまうことがあります。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ、買い過ぎ、お金の使い過ぎは多くの体験していることかも知れません。

 

そして、浮気への発展というものがあるでしょう。

 

女性は特に、多くのストレスに晒されなくてはならない時期が、一ヶ月の中に訪れることが多くあります。

 

つまり女性は、快楽の暴走にいつだって我を失いやすい、そのような身体的構造を持ち合わせていると考えられるのです。

 

 

これは男性には、体験できないことなので、理解を完璧にすることは困難を極めるでしょう。

 

もし男性において、この女性の身体的な状態を分かりやすいように例えるとしたら、今の本業の仕事に加えて、相当きつい肉体労働の仕事を3つほど増やしたような、過度なストレス状態が毎日続くことを想像してみると分かりやすいかも知れません。

 

きっと、もう無理だ!という心理状態になるかと思います。

 

もう無理だ!という限界状態ですが、3つの肉体労働をやめることはできないのです。

 

常にこの過度なストレスは、明日も、明後日も続くのです。

 

このような状況下で、果たして自分はどんな行動を取りそうか?どんな行為によってこのストレスを解消するだろうか?

 

ということを考えてみると、おそらくですが、かなり暴走的な行為でもしないと解消できないという思いにもなるかも知れないのです。

 

忘れないでおくと良いことが、どんな人でも、人は暴走的になることがある、ということです。

 

不妊治療中で、お互いが努力しあっているという時期でも、それはあるだろうし、むしろその新たなストレスが、暴走的な行為を促進することだってあるでしょう。

 

妻の浮気は、そのような精神状態の時に、実行された可能性があります。



《広告》


  

「不妊治療中の妻が浮気をする原因」

 

不妊治療中の妻が、浮気をする原因は、上述のように過剰すぎるストレスがそれにあると考えられます。

 

もちろん、これは本人と話し合ってみないと真実は明らかにはなりませんが、浮気の原因がストレスによるもので、さらには、それを解消しようとするための選択だったとしたら、考えるべきことがあると言えるでしょう。

 

それとは、不妊治療を続行するべきかどうか?

 

ということだと考えられます。

 

不妊治療をするということは、きっとお互いが子供を産みたいという強い願望があっての決断だったはずです。

 

それは当然、夫もそうだし、妻も同じく強い願望があったに違いありません。

 

しかし、不妊治療がなかなか効果を発揮してくれないと、それは本人がとても自己嫌悪や自己否定、または自尊心を失う傾向にあるでしょう。

 

これは大きな精神的な苦痛の一つとなり得るもので、そして大きなものだと言えます。

 

自分がダメで、原因は自分にあって、自分が迷惑をかけていて、子供産む資格がなくて・・・などなど、個人差はあれど、自分の存在を否定することにつながっていくと、これはかなりの精神的苦痛を抱く可能性を高めていきます。

 

新しい苦痛は新しいストレスとなり、それは多くの場合で、改善が難しいものです。

 

そして不妊とストレス過剰は、比例していることもあるようです。

 

子供が欲しいという願望が強く、それによって決意した不妊治療ですが、それによって妻自身の精神が破綻してしまうことは、本末転倒でもあると言えるでしょう。

 

そして結果的に妻が浮気をしてしまったのなら、現在行っっている不妊治療そのものを考え直す必要も出てくるでしょう。

 

 

上述のように、過度で過剰なストレスの継続は、その人をその人でなくすことに力を与えます。

 

つまり、今の妻は、本来の妻ではない。

 

ということさえ考えても不思議ではない、そんな状況だとも言えるでしょう。

 

もし、不妊治療やそれによって引き起こされた新しいストレスが原因であるのなら、まずは妻が本来の妻に戻ることが、良い選択肢の一つともなるのではないでしょうか。



《広告》


  

「妻の浮気を防ぐ具体的方法とは」

 

不妊治療中の妻の浮気を防ぐ方法は、ここまで読んでくれたあなたなら、きっと理解できていることだと思います。

 

その具体的な方法は、妻を休ませてあげることだと考えられます。

 

妻が過度のストレスによって、交感神経が優位なり、そして欲求と快楽が暴走的になっているなら、浮気を防ぐことができるのは、正義や正論、倫理観だったり話し合いだったりではないでしょう。

 

また、相手の行動の抑制や束縛だっったり、懲罰ではないでしょう。

 

むしろこれらは、新しい我慢のストレスを生むことを助けます。

 

新しい我慢ストレスは、快楽の暴走に拍車をかける原因ともなり得るでしょう。

 

今の妻は、本来の妻の考え、人間性、思考、精神状態、心理ではない可能性があります。

 

または、そうだという実感が少しでもあるのなら、妻の浮気を責め立てないという選択をすることも重要でしょう。

 

責め立てることはおそらく、良い解決方法とならないでしょう。

 

妻が本来の妻の、理性的な精神と思考を取り戻することによって、妻の考えと行動や全く別人のように変わる可能性があります。

 

なぜなら、浮気をした時や、今の現状が以前の妻とは別人のように、また変わる可能性はあるし、おそらく、それが本当の妻の姿だったりするからです。

 

防ごうとする方法を取るのではなく、まずは戻ってもらうという方法が、結果的には最も防いでいる結果につながることがあるのです。

 



《広告》


  

「これからどうするべき」

 

妻が浮気し、責めることなく、元に戻ってもらおうとするとき、とにかく相手にはよく休んでもらうことが重要だと言えます。

 

これは妻自身が浮気をしたことを、自分でより理性的に考えたり、理性的な判断をするためにも重要なプロセスにもなるでしょう。

 

例えばもし今、妻の浮気について2人で話し合うとしたら、いまだに交感神経の優勢が高い状態であると、これは主張のぶつかり合いになる可能性があります。

 

妻には休んでもらい、そしてあなたが夫である場合は、妻が冷静さを取り戻したら自分はどのような決断をした方が良いかを、よく考えておくことに時間を費やすことが重要です。

 

今の妻の姿、言動、行動には、欲求や快楽を満たしてストレスや、その脅威から自分を守るという合理的な思考が強い傾向があります。

 

合理的な思考は、その正当性を訴える強い主張と、自分の判断への正義感と妥当性が高いという内容に自信を持っている状態とも言えるでしょう。

 

そのような状態で話し合うことは、せっかくのこれまでの2人の関係性や不妊への努力、そして幸福の可能性さえ、全く無意味なものにしてしまうかも知れません。

 

 

とにかく妻がよく寝ること、よく休むこと、よく食べることなど、とにかく普遍的に人が持っている欲求をしっかりと満たしていく方が、回復は早くなるでしょう。

 

 

そうして回復した時に、あなたの考えもまとまった状態であることと、妻の本当の姿と理性と思考による話し合いの機会を作った方が、とても創造的な話し合いになることでしょう。