「ツインレイ男性」の心理を、あなたは知ってます?



《広告》


あなたを思う彼の心理は、二つあります。

 

✔ 一つ目はあなたを愛する心理です。

 

  

あなたはツインレイの彼に愛して欲しい、

 

そう思いますよね?

 

大丈夫ですよ。

 

彼がツインならあなたを愛してくれるはずです。

 

彼の心理にはツインレイのあなたを愛するようになっているのです。

 

 

あなたに近づきたい、

 

もっと距離を縮めたい、

 

そばにいたい、

 

彼はそのような心理が強くなっていることでしょう。

 

まだあなたが、ツインレイの彼と出会っていなくても問題ありませんよ。

 

あなたと彼がツインレイなら時間をかけながら、

 

引き寄せあっているでしょうから。

 

もしくはあなたはすでにあっているツインレイの彼に、

 

気がついていないのでは?

 

その可能性もありますよ。

 

ツインレイとしてあなたと彼が愛し合うには、まずツインとして目覚める必要があります。

 

目覚め、

 

つまり覚醒がない期間は、あなたと彼が出会っていることに気がつかないのです。

 

私はそうでした。

 

私は20年もの期間、彼女に気がつかないままでした。

 

とても長い期間です。

 

でもしっかりと私たちがツインレイや魂のつながりがあると気がつくと、

 

それまでの20年間が帳消しされるのです。

 

とても不思議な体験です。

 

きっとあなたと彼にも同じようなことが起こると思いますよ。

 

そうなるとあなたと彼の距離は物理的にも魂的にも、

 

急接近することでしょう。

 

きっと彼はあなたを愛していますよ。

 

その愛にあなたは委ねるだけで大丈夫でしょう。

 

彼がツインレイとして意識が高まると、ツインレイ特有の心理変化も起こるでしょう。

 

ツインレイ 特有の変化とは、

 

あなたを引っ張るリーダー、

 

あなたを守るリーダー、

 

あなたを豊かにする男性、

 

としての意識的変化が訪れる傾向があります。

 

 

あなたの生活を向上させるために、一生懸命に働くかもしれません。

 

またあなたの幸福を最優先するでしょう。

 

これがツインレイ特有の心理的な傾向です。

 

あなたも彼にこんな変化があったらいいですよね?

 

大丈夫ですよ。

 

愛する人のためなら、男は自分を変えることだってできるのです。

 

あなたと彼はきっと、幸福なツインレイとして生きていけるでしょう。

 

 

 

✔ 二つ目はあなたを疑う心理です。

 

 

あなたと彼はツインレイ。

 

それなのに彼はあなたを疑っている心理を持っているかもしれません。

 

それはなぜか?

 

彼は過去か今現在も、大きな心の傷を抱えている可能性があるからです。

 

その傷によってあなただけでなく、多くの人間を信じられないのです。

 

多分彼はとても奥手になっています。

 

あなたと話したくても話せない心理です。

 

彼がツインレイなら正義感が強いでしょう。

 

この強い正義感は世の中の不正や不条理を無視できない傾向にあります。

 

彼は正直で素直に物事を受け取ってしまうのです。

 

そのため人に騙されたり、

 

利用されやすかったり、

 

人間関係で裏切られるなど、

 

心の傷を抱えていることがあるのです。

 

だから彼はあなたを信じることに対しても、躊躇してしまいます。

 

かわいそうですよね。

 

でも私にも彼の気持ちはわかるのです。

 

私の心の傷を癒してくれたのはやはり、ツインレイの彼女でした。

 

彼女の私に対する「愛」だったのです。

 

あなたは彼から信じてもらえなくても、心配し過ぎないでくださいね。

 

むしろあなたの愛で、彼を包み続けてみてくださいね。

 

私の体験から言えることは以下のことです。

 

 

「愛は人を変える」

 

 

というものです。

 

彼を変えることができるのは、

 

真実の関係を持ったあなただけかもしれないですよ。

 

彼が変わると(ツインレイのあなたを)、

 

自分のことよりも幸福にしたいと思う傾向です。

 

疑いがなくなり、

 

彼はあなたを強く抱きしめたくなるでしょう。

 

「もう離さない。」

 

「絶対に離れない。」

 

「君だけを信じる。」

 

それくらい変わってしまうと思います。

 

あなたは今まさに、心がキュンとなりませんでしたか?

 

それでいいのです。

 

あなたが感じることを今、あなたは少しだけ体験してみたのです。

 

あなたも彼が欲しくなりましよね?

 

大丈夫です。

 

求めましょうね。

 

求めることの何がいけないのでしょう。

 

何もいけなくないのですから!

 

あなたと彼の幸福を、心よりお祈りしていますよ。