ツインソウルのランナーの全て 覚醒,思い,期間,結婚,変化,連絡,降伏,気づきなど徹底解説



《広告》


  

ツインソウルのランナーの試練

 

ツインソウルとは一つだった魂が二つや複数に別れて、この物理的な世界で異なる体験と成長をしている存在のことを言います。

 

そしてツインソウル同士が出会ったり、時に恋愛したりということがあります。

 

ただ、恋愛となることは稀で、もし恋愛において運命の人だと感じることが強い場合は、それは魂を分けた同じ存在、ツインレイというものである可能性があります。

 

ツインレイについての詳細は、以下のリンクに徹底的に解説しており、独自の理論にてこれまでない内容をご紹介しています。

 

ツインレイの全て

 

 

ツインソウルでよくあることは、掛け替えのない友人、ビジナスなどのパートナーのような、つながりの強く、そして2人が揃うことによって、大きな結果や創造をするよう関係性です。

 

このように何かを創造して、世の中にむけて発信することによって、ともに魂の向上を成し、そして自己も成長させていくという関係性を築くことができると言われています。

 

このツインソウルには、ランナーとチェイサーという二つの種類に別れていて、それぞれに課された試練をこなし、成長していくことによって、引き寄せあい、出会うという現象が起こりやすいものです。

 

ツインソウルで言われるランナーとは逃げることを意味し、チェイサーとは追うことを意味しています。

 

これはどちらかが先に、ツインソウルという存在に気がつき、相手の人を欲するようになることで、ランナーとなり得るものです。

 

チャイサーの方はまだ、ツインソウルという概念あるいは、その存在が相手のランナーであることを認めることができておらず、しつこいとか、鬱陶とさえ感じたりして、距離をおこうとする側の人になります。

 

お互いが異なる場所で、自己の課題と試練に向き合い、成長していくことで逃げる側と追いかける側の距離が徐々に縮まっていくことがあります。

 

これは2人が出会う前から、チャイサーとランナーという役割が徐々に決まっていくことを示唆するものです。

 

そして運命的な出会いを果たすことになると、ランナーにおいてはチェイサーの人をとても気に入り、追いかけ回し、チェイサーは戸惑いながら距離を置きたくなることからスタートすることが多くあります。

 

あなたの運命の人や、運命の助け舟となる人、同時にあなたも運命の人や助け舟となれる相手との出会いは、お互いがまだ知らないうちから試されていると言えるのです。

 

運命の出会いが運命的だと思えるのは、そのようにして2人が場所は違えど、似たような試練を乗り越えてきて、苦しみ、乗り越えてきた2人にしか味わえないものがあるからと言えます。

 

だからこそ、出会った時に強いつながりを感じ取れるのでしょう。

 

ツインソウルのランナーであるか、チェイサーであるかは確かめることも重要ですが、2人とも今は、自分の目の前の試練に向き合い、そして乗り越える努力が重要だと言えるでしょう。

 

そして、あなたもその果てに、ツインソウルという運命の出会いが待っているかもしれません・・・・

 



《広告》


 

ツインソウルランナーの気づきとは

   

ツインソウルのランナーは追う側のツインソウルのチェイサーから逃げる方ですが、逃げているのに、自分がチェイサーのことを気にしている、と気がつく時があります。

 

その気づきや、気づきが訪れた時は、魂的なつながりを知る時とも言われています。

 

追われている期間のランナーは、チェイサーのことを全く気に留めていないことや、うっとしいとさえ思うことがあります。

 

しかし、ある時を境に、ランナーがチェイサー無くしては暮らしていけないとさえ思ってしまう時があるのです。

 

これは魂の結びつきが強くなりつつあり、魂やエネルギー的な融合をお互いが感じ始めたときとも言われています。

 

チェイサーの人は追っている方なので、自分の気持ちには気がついており、その気持ちに正直な行動をしている人が多くいます。

 

チェイサーの人は先に魂のつながりや一致を感じているので、おそらく先に、覚醒をしていると言えます。

 

一方でランナーの人は、まだまだツインという気づきそのものや、覚醒に遅れている可能性があると言えます。

 

まずは、ランナーの人がチェイサーの存在を気になり始める変化が必要でしょう。

 

そして、たとえばチェイサーからの連絡が全く来ない日々などが続き、異様にチェイサーからの連絡を待ってしまっている自分に気づくことがあるかもしれません。

 

それがランナー側における気づきの第一段階となることが多いでしょう。

 

とは言え、自分がランナーであると気がつき、相手の方がチェイサーだとしても、必ず幾度か冷静な思考に立ち返り、自分の中で真実を確かめて、責任ある決定を下すべきことは間違いないと言えます。

 

ランナーである場合は、チェイサーが自分から距離を置き始めたら、どう感じるだろうと創造しても何かしらのヒントが出てくるかもしれません。

 

 

ツインソウルランナーの覚醒

  

ランナーとして覚醒というのは、それにはいくつかの種類や段階があるようです。

 

ツインソウルのランナーとチェイサーの覚醒には、追うと逃げるの役割が異なるため覚醒もタイミングが異なることが多いものです。

 

しかし特にランナーとしての覚醒には、上述したようにまずはチェイサーの存在を気になり始めることから始まる傾向があると言われています。

 

連絡がこない、急に距離が離れた、違う人と遊んでいるのを知り感情が高まった、などなどそれまでは鬱陶しいとか、面倒だと思っていた相手に対して、何らかの変化がランナーが覚醒するのに重要だと言えるでしょう。

 

覚醒とは、ランナーであっても、チェイサーであってもあるもので、それは魂のつながりや一致を実感することを意味しています。

 

これは魂の一致、2人は一つであることを認識する気づきでもあり、つまり、ツインソウルとしての認識が強くなった瞬間だとも言えます。

 

覚醒はどちらかが先に起きていることが多く、この場合は明確にチェイサーの方が先に覚醒をしていて、ツインソウルとしての認識が何らかの状態で高まっていると言えます。

 

遅れてツインソウルの認識が高まる、つまり覚醒をするのが、ランナーとなる順番です。

 

そして、お互いが覚醒した時、それは2人ともツインソウルだという認識を強くもてた時、これを統合と言います。(ツインソウル統合詳細へ)

 

そしてランナーが覚醒した後は、徐々に追われていることや、逃げているという感覚が薄まりはじめ、それまで一向に縮まらなかった距離が徐々に近づき始めることでしょう。

 

そして何かをきっかけに、ランナー側が「この人(チェイサー)は自分にとって重要な存在だ。」という強い感覚に襲われる時が来るでしょう。

 

そしてそれが、覚醒の段階をさらに進めていき、ランナーという立場に終わりが訪れることにつながります。

 

もちろんずっとランナーでいることもあるかもしれませんが、それはずっと魂のつながりを感じないまま、終わっていくことにもなります。

 

また事実、そのようなツインソウルの関係もあるものです。

 

特にそのようなときは、自分にはもっと理想の友人が欲しい、もっと最良のパートナーが欲しい、理想の人が欲しい、という欲求に拘っている場合があるものです。

 

ランナーである人は、自分の気持ちに気がついていないから逃げることが多い傾向にあります。

 

たとえば自分の過去などのインスピレーションを思い出してみると、逃げたいと思っている人が、自分の運命的な人だったりもするのです。

 

ランナーとチェイサーの役割と立場に終わりを告げることができるほとんどのケースとは、ランナーの気づきであり、覚醒とも言えるかもしれません。

 



《広告》


 

ツインソウルランナーとの連絡

  

たとえツインソウルという関係であっても、長い期間において全く連絡をしていなかったり、2人の距離が全く縮まらないこともあります。

 

たとえば全く魅力を感じない期間や、または一度は関係を築いたけれど喧嘩したまま連絡をずっととっていないなど、そのパターンは人ぞれぞれなのです。

 

しかし、これも運命的な再会や、何かの出来事をきっかけに2人の距離が急接近し、お互いの連絡が密になることがあります。

 

そのようなタイミングで多いのが、お互いが何か共通のことで悩みを抱えていたり、またはそれによってとても親近感を感じやすくなっていることがあります。

 

同じ境遇で、同じことに悩み、それらを共有することによって、再び信頼関係が構築されていくという流れになります。

 

この時のランナーはほとんど逃げる理由や、距離をおく理由がなくなっていることでしょう。

 

ランナーとチェイサーの連絡には、このような時期的なタイミングなどが影響することが少なくありません。

 

久しぶりに話し合ったり、時間を共有したりすると、2人の距離はこれまでにないくらいに接近していることでしょう。

 

そしてランナーとチェイサーの立場も薄れていき、やがてツインソウルとしての認識をつよおくし、覚醒と統合へと向かっていくことでしょう。

 

 

ツインソウルランナーの課題

  

ツインソウルのランナーにには課題があると言われています。

 

その課題とは、たとえばチェイサーとの関係の良し悪しによって、ランナー自身の身体面や健康面に影響が出たり、金銭的な問題が出たりと表裏一体的な現象が起こることがあるようです。

 

恋愛的なツインソウルの2人の課題は、2人が愛情で満たし合うことが課題といえます。

 

しかし、これが深い愛情となると、ツインレイの可能性もあります。

 

ツインレイとなると、真実の愛を求める関係性になるので、ツインソウルにおける恋愛とは少し異なる様子があります。(ツインレイとはへ)

 

またビジネスパートナー的なツインソウルの2人の課題は、一方が感情的になることで、ビジネス面での影響が出やすくなることがあります。

 

感情面からくる影響の多くは、決して良いものばかりではなく、むしろ悪影響へとつながることが多くなる傾向にあります。

 

なぜ感情が悪影響となりやすいのかという原因については、そこには人間の脳機能と深くか関わっている部分があります。

 

感情とは理性的な思考や創造性を司っている脳の部位、前頭葉という部位の働きを抑制することが知られています。

 

これは逆である場合も多く、理性的かつ創造的でいると、感情を司る脳の部位、扁桃体の働きを抑制することがわかっています。

 

つまり人は、感情的に偏るか、理性的に偏るかのどちらか一方向に常にいて、それがいつも交互に繰り返しているものです。

 

そしてビジネスで必要なことはもちろん、感情ではなく理性が重要なものです。

 

 

理性的にお互いがいて、常に顧客の需要を調査したりして真実を見極めることが課題と言えるかもしれません。

 

ツインソウルの課題はそれぞれに異なるように見えますが、それはつながっている関係性があると言われています。

 

そのため、2人とも相手の課題の解決や改善に協力的である必要です。

 

ツインソウルのランナーの課題は、友人だったりビジネスバートナーだったりで異なる課題があります。

 

しかし共通する点はやはり、感情的になってしまう部分を抑えていくことは重要で、課題の根本をなすものだと言えるでしょう。

 



《広告》


 

 

ツインソウルランナーの結婚

  

ツインソウルのランナーが結婚をする時、それまではチェイサーに追われてしまっていて結婚など想像もできなかったことでしょう。

 

しかしいざ結婚を意識すると、それが扉を開ける鍵となり、徐々にツインソウルとしての認識が強まり、覚醒してくことがあるようです。

 

また何度も上述していますが、ツインソウルよりもツインレイの可能性が高い関係性が、このように結婚という目的へと到達する場合があります。

 

合わせてツインレイの解説もご参照になってみてください。

 

きっともっと多くのヒントや、気づきが生まれる、そんな助けになることでしょう。

 

 

ツインレイとは

 

ここではあくまで、ツインソウルとしての結婚という枠組みで解説とご紹介をしていきます。

 

最初はランナーとして逃げていて、それが一緒になりたいという意識に変わることで、結婚という選択肢も生まれるものです。

 

この意識の変化は、チェイサーが純粋にあなたと一緒になりたいという思いが、あなたのソウルに届き始めたことを意味しているでしょう。

 

2人が一緒になることで、不思議と物的な欲求やそれまで恋愛で求めていた理想や夢など求めない傾向となります。

 

言い換えるなら、ツインソウルとして、あるいは運命の相手として認めない自分がいる時というのは、理想に拘っている、固執していると言えることができるのです。

 

そして人間の脳は、よくこのようなことが起こることも事実の一つです。

 

人の脳には理想や目標というものを持つ性質があります。

 

理想はその反対の理想的ではないことを体験したからこそ生まれ、そして欲するものです。

 

例えば、幼少期に食べるものがないなら貧困を嫌い、豊かさを求めるでしょう。

 

これは恋愛にも通ずるものがあり、以前付き合った人や知り合った人からひどい体験をした場合、もっとこんな良い人と付き合いたいと、細かな理想的なイメージが出来上がるものです。

 

そしていつしか、それだけしか見えなくなり、理想に自分が支配されていくことがあるのです。

 

人の脳は理想を追い求めさせるようにするのは、それが体験的に裏付けがあり、嫌だったことを拒絶し否定することを強めるからです。

 

その反対に生まれた理想があり、それを手にしたらどれだけ幸福になれるか、という快感を与えることで、人は理想を追い求めるように仕向けられていくことになります。

 

しかし理想とはほぼ確実に、嫌な体験から生まれた反対の価値観であり、概念であるものです。

 

つまり、これが現実世界に転がり落ちている保証は、この時点ではないのです。

 

しかし人の脳は、それを見つけようと仕向け続ける傾向を強めるのです。

 

なぜなら、過去の嫌な体験を否定し、反対に生まれた理想という快楽を、脳はとても欲しているからです。

 

これによって脳は、理想以外のことしか見えないよう仕向け、文字通り、本人の思考と視野の幅を制限します。

 

これはスコトーマと言われるもので、盲点という意味があります。

 

盲点を脳に作られてしまうと、理想以外の可能性を見えなくさせ、考えせ及ぼないようにしてしまう状態へとつながっていきます。

 

これにより、ツインソウルのランナーは、チェイサーとの魂の関係性に気がつくことが困難になり、おそらく多くの場合で、軽視するようになります。

 

これは理想という架空の快楽を求める脳機能に、自分が囚われてしまったことを示唆しています。

 

理想を手放すことは、それを諦めることではありません。

 

まずこだわり、固執し、それに囚われている自分を解放することです。

 

そうすることで、新しい可能性が見えたり、考えられたりします。

 

つまり、視野と思考の幅の制限を正常に戻していくことが、理想を手放して見るということで可能となりやすいのです。

 

このようになると、ランナーであった意識が徐々に、ツインソウルという変化にもつながっていくでしょう。

 

 



《広告》


 

ツインソウルランナーの降伏

  

ツインソウルの降伏する理由の一つとは、どんなに逃げてもツインソウルのチェイサーが追っかけてくることかもしれません。

 

もし本当のツインソウルであるなら、ランナーとしてチェイサーから逃げれば逃げるほど、自分のソウルとは反対の行動をしているといえます。

 

ソウルに背き続けることは疲労やストレスにもつながり、一方でソウルに従うことで楽になったりもするでしょう。

 

もし逃げ続けることが自分の人生において、苦悩を生むようなら、チェイサーの人はあなたのツインソウルである可能性が浮上します。

 

よく考えて、自分の思いと、現状を受け入れて何度でも考えて答えを出してみると良いと言えるでしょう。

 

ツインソウルランナーの思い

  

ツインソウルのランナーの思いは、自分で自問自答や、静かな空間でゆっくりと1人で考え、自分と向き合うことで、それが何かをつかめることがあるようです。

 

つまり今は逃げているけれども、自分のことを追いかけているチェイサーの人が自分のツインソウルで、一緒になった方が良いかもしれないという思いが見つかったりもするようです。

 

逃げているという状況はとても自己防衛本能が強く働いていて、自分のことに思考が集中していることが多いと言われています。

 

そのため、誰もいない静かな環境を自発的に作り、今の状況を客観的に見てみる時間や機会が必要かもしれません。

 

これは恋人関係のツインソウルだけでなく、そのほかの人間関係も同じように考えると良いと言えます。

 

たとえば、他の会社に引き抜きでしつこく誘われていることや、人を紹介するからとしつこいことなども、逃げていると自分だけの世界に入っている可能性があります。

 

これはそのまま、自発的に良い機会を見逃しているかもしれません。

 



《広告》


 

ツインソウルランナーの変化

  

ツインソウルのランナーの変化には、チェイサーの人の情熱的な思いが関係していることが多くあります。

 

初めは面倒な人だという印象を感じていても、熱い気持ちや思いからは逃げ切れずに、自分の気持ちまで変化していくことがあるのです。

 

しかし、本当にツインソウルという関係であるなら、そうなることで、心がスッキリしたり、楽になることや、気分の良さを感じやすくなります。

 

ランナーの気持ちの変化や行動の変化は、まず考え方を変えてみることを試みることが重要です。

 

そしてその試みとは、上述でもしましたが、理想へのこだわり、固執を穏やかにしてみたり、手放してみたりすることが良いでしょう。

 

人は変化を嫌います。

 

もっというと、脳は変化を嫌い、快楽の追求に一生懸命でいたいものなのです。

 

理想を掴んだ時、それは誰にとっても大きな幸福感となるでしょう。しかしこれは、脳の幸福感であるものです。

 

これを例えるなら、それはまるで、かなり空腹状態でやっとありつけた食事に似ています。

 

空腹状態でやっと食事ができることは、誰にとっても大きな幸福となります。

 

そう、それは同時に脳が喜んでいることでもあるのです。

 

言い換えるなら、脳がこのような喜びを得るために、あなたが動かされていたとも言えます。

 

考え方を変えるとは、このような脳だけが求めている快楽や喜びを追いかけるのはやめて、いったん忘れてみることです。

 

きっとこれは、ツインソウルのランナーに大きな気づきと、変化となり得ることでしょう。

 

 

ツインソウルランナーのサイレント期間

  

ツインソウルのランナーとチェイサーにはサイレント期間という時期があると言われています。

 

サイレント期間とは、今までしつこく追いかけていたチェイサーの人が追いかけてこなくなったり、疎遠になったり、連絡が取れなくなったりする現象が起きやすいようです。

 

しかし見方を変えてみると、もしかするとそのチェイサーの人はあなたのツインソウルではなかったというとも言えます。

 

そのような場合は、あなたも考えすぎることなく、過去のものとして処理しても良いかもしれません。

 

逆にあなたが相手のかたを忘れることが困難になっている時、それはよく考えてから答えを出す必要があるでしょう。

 

ツインソウルであるという証拠は、実は誰にも知ることはできないものと言えます。

 

その理由は魂やスピリット、ソウルの次元は、この物理的な次元には反映されにくいことが多分にあるからです。

 

 

そこで必要なことが理性的に考えることだと言えるでしょう。

 

この思考が、あなたにきっと真実に気がつかせてくれる鍵になるかもしれません。

 



《広告》


人気のツインソウルコンテンツへ

 

ツインソウルとは

  

ツインソウルが男性の場合

 

ツインソウルランナーについて

 

ツインソウル統合

 

ツインソウルサイレントについて

 

ツインソウルの特徴

 

ツインソウル試練

 

「ツインソウルのエンジェルナンバー」

 

ツインソウルについて天使からのメッセージを知ることができます。

 

ツインソウルナンバーの一覧へ

(運命の出会いのメッセージとは)

 

混雑しているとき、表示が遅れたりうまくいかないことがあります。