ライトワーカーの人生

ライトワーカーとして生きることは過酷な人生となるのか、といえば、それはご自身の覚悟によるもので決まるでしょう。

 

ライトワーキングに使命と誇りを感じて、自分は多くの人に愛のエネルギーを注ぐこと、それをポジティブに受け入れるには、決断と覚悟が必要です。

 

この覚悟ないと、やらされている感覚や、時間が勿体無いなどの感覚、さらには本当は自分はこんなことをしたくないとく結論に到達してしまうでしょう。

 

覚悟がないなら、人のために生きることは慎んだ方が良いでしょう。

 

あなたが愛を与えようとする存在は、あなたと同じく物理的な命のある人間です。

 

それを途中で投げ出してしまうのなら、初めからやらないか、もしくはもう少し鍛えなおしてからの方が良いでしょう。

 

例えるなら、電車の中でお年寄りに席を譲ったけど、「おばあさん、やっぱり疲れたから席を返して。」と言っているようなものです。

 

過酷と感じつか、幸福と感じるからは紙一重でもあり、それはあなたの最終的な覚悟が決めることが多くあります。

 

ライトワーキングは尊いことですが、それなりに気持ちの準備も重要です。

 

これからよく将来の自分のイメージを膨らませて、熱い正義感などの勢いに任せるのではなく、冷静になって考えてみてください。